2018年2月22日 (木曜日)

USB-MIDI foot controller / USB-MIDIフットコントローラー作った


DIY MIDI Foot Switch with Arduino and Game Pad, BIAS FX

 PlayStation用のゲームコントローラーとArduino Leonardo互換機を使って、USB接続のMIDIフットコントローラー作った。動画を公開したのはだいぶ前だけど、コードを公開してほしいということであらためて。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月21日 (水曜日)

トラ技付録IoT ExpressとESP32、ESP8266

4p1110275

 去年の話になってしまうのだが、トランジスタ技術2017年11月号の付録「Wi-Fiアルデュイーノ」ことIoT Expressを作った。

 付録はESP32を積んだArduino互換ボード。付録としてはプリント基板のみで、パーツはaitendoで購入。

 雑誌を買ったのが10月末でパーツを買ったのは12月5日頃だったか。今更ながらメモ。

 aitendoのパーツセットはいくつか種類があり、実際に購入したのは、USB-シリアル変換が付属したもの。それもいくつか種類があったのだけど、使いやすそうな形状のやつを選択(なにもわかってない)。並べてみるとこんな感じ(なんか足りない気がする)。

1p1110271

 袋に小分けになってたのを開けるとこんな感じ。

2p1110273

 本誌を見ながらはんだ付け。こんな細かいくて点数が多いものを作るのは初めてなので、かなり緊張。なんとかできた。作成中は必死だったので、写真なし。でもって、こんなふうに出来上がった。

3p1110274

 サンプルのプログラムを入れてみると見事に動かない。たぶん、バグがあるんだろう。とか適当に思いながら修正して、なんとかWiFi経由で内蔵ウェブサーバー機能にPCからアクセスできるように。なるほど、いろいろできそうだ。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月22日 (月曜日)

Aspire V5-122PがWindows Updateでマウスの動きが悪くなる

 家人のパソコンの調子が悪い。前日にWindows 10でWindows Updateがあり、大規模アップデートであるFall Creator Updateが適用されて以降。マウスの動きがおかしい。かくかくになる。反応がひどく悪い。

 以前もアップデートで調子が悪くなり、ブルースクリーンが頻発するようになっていた。その際は、ビデオドライバを削除することで問題なくなったのだが、今回は別の方法で解決。

 一応、型番で検索してみる。そのものの話はなかったのだけど、別の機種で最新のビデオドライバの導入で第上になったとか。
 Acerのサイトでドライバを探すと、これが見つかる。

 VGAドライバだ。これがマウスの動きに直結するかどうかはわからなかったが、チップセットもAMDのようだし、なんらかの影響はあるはず。と思い、ダウンロードして解凍のうえインストーラを実行。

 結果。

 まったく問題なし。ひっかかる感じは皆無! 

 というわけで、アップデート前と同じ快適な状態が復活した。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月12日 (金曜日)

micro:bit JavaScriptブロックエディタ(Makecode/PXT)でパッケージ開発

 micro:bitのメインの開発環境と思われる「JavaScriptブロックエディタ」。さまざまな機能を持ったブロックを並べていくことでプログラミングしていくのですが、パッケージを追加することで、機能を増やすことができます。そのパッケージの作り方の話。というか、そのための環境構築の話。使ったことのないツールが多く、今後もまたつまづきそうなので、自分用のメモに。

 「JavaScriptブロックエディタ」は、「Makecode」とか「PXT」とかいろんな呼び方があり、使い分けもされてるようなされてるような感じなのですが、とりあえず、ここでは「JavaScriptブロックエディタ」ということにします。ただ、パッケージの開発について検索する際には「PXT」や「makecode」で探したほうがよさそうです。

 で、Windows環境については公式のドキュメントがあります。

 Building your own package

 Step 0にあるリンクにあるとおり、各種プログラムをインストール。node.jsにはじまり、YottaやPython、Visual Studioなど、どれが何をするかも理解せずにとりあえずインストールすればOK。
 で、ローカルでサーバーを構築してエディタを起動。ここまでは問題ないはず。
 しかし、その後、うまいこと自作のパッケージがロードできません。

file:で指定するディレクトリの起点はどこか?

 上記ページのStep 3で設定ファイル(pxt.json)を編集するのですが、これがうまくいかない。

  "banana": "file:../pxt-banana"

 とすることで、ローカルのファイルを参照できるはずなのですが……。

 「file:」で指定するパスの起点はどこだろう? という感じ。どこを指定してもだめ。

 これに困り、ツイッターでつぶやいていたら、エディタの開発者からコメントあり。日本語のつぶやきに、英語圏の人から返事がきました。

 このスレッド

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月14日 (木曜日)

PAM8403 アンプキットの電源まわり

 昨年、Amazonで200円で買ったアンプキットでアンプを作った。とりあえず作ったっていう話をここでしたのだけど、その後ケースに入れた話を書いていなかったことに気づいた。動画は作ってたのに。

 で、この時にLEDを加えたのだけど、その配線が思い出せない。

 動画を見たら経過が残ってた。

 そして、動画に使った写真も残っていた。

 これ。

20160729pam8403power

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月12日 (火曜日)

micro:bitにいろんなスピーカーをつないでみた

 シンセとかに組み込んでみようと買っておいたスピーカーやブザー各種。そういえば、micro:bitで鳴らしたらどうだろう? と思ってテスト。

 最初のは音量が調整できるアンプ+スピーカーの組み合わせ。スピーカーはFOSTEXのやつ。

 その後は小さいやつを中心に。スイッチサイエンスの緑のやつは見た目がいい。

 1つだけほぼ聞こえないやつがある。抵抗の問題だろうか。電圧だろうか? そのへん、まったくわからない。

 とりあえず、音量の目安という感じで記録を残す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月18日 (土曜日)

micro:bit 2台目

 パシフィコ横浜で行われていたET 2017/IoT Technology 2017(2017/11/15-17)に行ってきた。chip 1 stopが出展しており、いろいろ安く売ってたので、micro:bit買ってきた。

Microbit2

 パッケージ開けたら、すでに持っていたのと同じ色。赤。残念! 思えば、Maker Faireでは箱なしで売ってたので、好きな色が選べたんだよなあ。なんて思ったり。でも、安かったのでラッキー。税込で1900円だった。

 あと、ARMのブースではハンズオンもやっていた。SeeedStudioのGROVEシールドなんかもあった。初めて本物見た。試す時間がなかったのが残念だった。2回ほど近くを通ったのだけど、触っている人が1人いた。教えてくれる人はいないようだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月14日 (火曜日)

mbedでHID

 mbedな環境でプログラミング。オンラインコンパイラというやつで、ブラウザ内で完結。インストール不要。これはこれで便利。

 で、まったく知識がないので一から作ることは無理。サンプルを見ながら試行錯誤。とりあえず、動きはするのだけど、再接続に難あり。

 iOSはBluetoothをOFFにして再度ONにしても自動的に接続する。しかし、WindowsとAndroidではだめ。ペアリングからやり直さないといけない。OS側は接続されてると言ってるのだけど、データが届いてない感じ。入力した文字列が表示されないというかなんというか。

 何かが足りないんだろうなあ。ということで、えんえん検索。まだまだ時間がかかりそうだ。BLE自体の理解も必要になりそうで、ハードルは高い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月12日 (木曜日)

BLE-MIDIをSC-04E Dirty Unicornsで使う

 SC-04EをカスタムROMのDirty UnicornsのAndroid 7.1.2にしたのだけど、Android 6.0(Marshmallow)以降で使えるというBLE-MIDI(MIDI over Bluetooth LE / Bluetooth MIDI)が使えない。いろいろ調べて、なんとか動くようにした。という話。長い。

 きっかけは「Chrome 62 on Android M以降でnative MIDI APIの利用が始まります」という記事を読んだこと。それならということで、Chrome Devを入れて試すも、ポートに何も出ず。Bluetoothの設定でQUICCO SOUND mi.1とのペアリングが済んでるにも関わらず、だ。

 で、調べると「MIDI BLE Connect」というアプリがあり、これで認識させてから、他のMIDI関連アプリを起動すると、BLE-MIDIで接続されたデバイスが見えるということがわかる。

 Adafruitのデバイスを使うための記事「Wireless UNTZtrument Using BLE MIDI」に出ていた。

 「BLE MIDI Connect」と「General MIDI Synth」を使うという例だ。

 しかし、両アプリともGoogle Playで探しても出てこない。上記ページのリンクから開くと、アプリが出てくるものの「この端末には対応していない」みたいなことを言われる。「このアプリはお使いの端末に対応していません。」だったかも。

 あらら。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月11日 (水曜日)

SC-04EのカスタムROM入れ直し

 というか、また更新。ちょっと気になることがあったので。9月にも更新したのだけど、それより新しいROMがあったことにいまさら気づく。

 ということで、最初に導入した時とはやることが違うので、改めてまとめる。

 いろいろ忘れてる。ポイントはこのへん。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«micro:bitで2桁表示するカスタムブロックを作る