« メロン記念日『涙の太陽』とサンディーの話 | トップページ | カーネーションがCMタイアップですよ »

2004年6月 9日 (水曜日)

DOOPEES、キャロライン・ノバクは誰だったか?

 DOOPEESドゥーピーズ)のキャロライン・ノヴァクの話。

 Doopees 「少女偏愛の核心。」

 久々に気になって検索したらこんなページがみつかった。かなりするどいように思われる考察。うーむ。で、思い出して書いてみよう。DOOPEES(ドゥーピーズ)について。サンディーにつづいてプレイバック。

 当時、渋谷HMVなどではパワープッシュされてて店頭のデコレーションもすごかったです。ヤン富田関連では最も売れたんじゃないでしょうか? 日本のPOPSの中でも特異な存在でありつつ、とってもハッピーでキュート、実験性もありつつ、POPSとしての完成度は非常に高い。95年にフルアルバム『DOOPEE TIME』リリース、翌96年にバンダイのゲーム機「ピピンアットマーク」(Macの互換機)のCMソングとして、「DOOPEE TIME]タイトル曲が採用されたのを同曲を再録したミニアルバム『DOOITS!』リリース。ここまでが基礎知識。詳しくは上記リンクもご覧になってください。

 で、DOOPEESボーカルのキャロライン・ノバクキャロライン・ノヴァクの表記も散見。こっちが正しいっぽい)の正体について。2年ほど前にgoogleで見つけたのが「キャロライン・ノバク = 仲村綾乃」説。確かにそっくりだ。仲村綾乃は映画『Shall we dance?』で役所広司の娘役で出演してた女優。年齢もだいたい合う。
 で、当時、SPAの巻頭記事でキャロライン・ノバクの記事としてグラビアなんかも載っていたと思う。都内のなんとかスクールに通うベトナム人のハーフとかなんとか。これも、仕掛けのひとつだったんだろう。インタビューした体(てい)の記事でした。
 では、その声はだれか? テープ編集(早回しとか)による架空のボーカリストという話は多く見られたが、その正体は見つけられず。しかし、個人的にはすでに回答が得られている。

キャロライン・ノバクの声はバッファロー・ドーターの大野由美子だ。

 DOOPEESのアルバム制作において、声がかわいく聞こえるようにテープの回転速度を調整したというのは、当時のサウンド&レコーディングマガジンにて、ヤン富田が語っていたとおり。それでも、元の声の性格は残るわけで。

I で、2001年発売のバッファロー・ドーターのアルバム『I』にはキャロライン・ノバクそのまんまの声が収録されている。それはテープの回転速度は調整されてないんだろうけど、大野の声はやっぱりキャロライン・ノバクそのものだ。
 バッファロー・ドーターの前身バンドハバナ・エキゾチカ(BDの大野とシュガーが在籍)のメジャーデビューアルバム『踊ってばかりの国』のプロデュースはヤン富田。その後、ヤン富田のいくつかのセッションアルバム(と読んでいいのだろうか?)には大野が参加している。そのつながりから見てもこの線は濃いような気がする。(この段落、あとで追加しました)

 以上が、自分の推理。まだ、どこでもその正体を明確に記述されたものを見たことがない。それはあえて、言わないことになっているのかも。ネタバレはアホがやることかもしれないし。もし、そうだったらすみません。まあ、違ってたらそれもまた、あほだな、ってことで無視されるわけですが。
 さらにアイコ(aiko)も好きだったようですよ。っていう情報を追加しておこう。んでもって、ここには「1995年にDoopees名義で発表したアルバム「Doopee Time」は、テープレコーダーが生んだ架空の女の子、キャロライン・ノバクの心の成長を描くポップな1枚。」という素敵な一文が。こちらの方は正体をご存知なんでしょうか?
 で、最後に公式というかメーカーのサイト。いまやジャケット写真もないのですね。さびしい。なにかご存知の方、コメントなりトラックバックなりお願いします。

(2004.08.30追記)
続きはこのblog内のここ。コメントで決定的な事実が明かされました。ありがとうございました。

(2006.06.01追記)
やっぱり合ってたようですよ。
やっぱりDOOPEESキャロライン・ノヴァクは大野由美子だったそうだ
を参照のこと。ちょっと本文、改行とかいろいろ修正してみたり。このタイミングで。


|

« メロン記念日『涙の太陽』とサンディーの話 | トップページ | カーネーションがCMタイアップですよ »

コメント

映画 Shall We Dance を見たときにわしもキャロライン・ノバクだ!と思ったよ。役所こうじの娘。顔そっくりというか本人でしょあれ。声が違うかなって思ったけど、Doopeesの音声は何か処理してるんだったよね。

投稿: kats | 2004年6月21日 (月曜日) 午前 10時04分

Shall we danceはつい最近TVで見たばっかりだったのです。話には聞いてたけど、本人だということが確認できてよかった。ちなみに、現在仲村綾乃さんはセブンイレブンのCMに出演されてます。「777円です」「おめでとうございます」とかいう店員の役。セブンのWebサイトにCMがあったなあ。あとで、改めて投稿予定。

投稿: 私 | 2004年6月21日 (月曜日) 午後 07時19分

io 『ayanoはキャロラインなの?』
lei 『...何でしってるの?』

て会話を彼女とした。もう5年前。
連絡も途絶えて(私の筆不精が原因?)
情報の中でしか会えないのが悲しくもあり悲しくなくもあり。
ayanoちゃん、ちびっと会いたいです。

投稿: iulie | 2005年5月 4日 (水曜日) 午後 02時40分

どう反応していいのかわからないです。iulieさんが綾乃さんと知り合いだったってことでいいのでしょうか? と今頃書いてみる。

投稿: point | 2005年5月 6日 (金曜日) 午前 02時29分

うん、そゆことで。
謎をいっこ減らしてみたのでした。

レスが来るとは思わなかったけどちと嬉しいもんですね。

投稿: iulie | 2005年6月17日 (金曜日) 午前 01時21分

私、綾乃ちゃんと同級生ですが、あのCDが発売された時学校内で噂になり、「綾乃すごいね!握手して~!!」なんて冗談言ったら、「写真は私だけど、歌ってるのは別の子なんだぁ」って言ってました。もう、全然あってないけど、元気かなぁ。中学の時からアイドル的存在な可愛い子でした!

投稿: noa | 2005年6月27日 (月曜日) 午後 06時28分

うわ。なぜかいつのまにかキャロライン情報がかなり集まってしまいましたね。というか仲村綾乃さん情報ですか。noaさん、iulieさんコメントありがとうございます。なんかおもしろいことになってる気がしないでもないです。

投稿: point | 2005年6月28日 (火曜日) 午前 02時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35726/736698

この記事へのトラックバック一覧です: DOOPEES、キャロライン・ノバクは誰だったか?:

» 春は"DOOPEES" [アライグマは鳴かない]
春で、こんなにも天気が良くて、暖かくて…。 でもね、外出は厳禁なの。 そう春先は外に出ていけないカラダになってしまったの…。 というわけで、部屋にずっといるの... [続きを読む]

受信: 2005年3月31日 (木曜日) 午後 03時29分

» Doopees - Doopee Time (For Life/1995) [acid over the rainbow]
新発売、これがキュート・ミュージックです。 ヤン富田の5thアルバム(一応そういうことにしておこう)、ドゥーピーズ名義の1stアルバム『Doopee Time』。 表面上のキュートさとポップさに隠された毒の部分を嗅ぎ取れるかどうかでこのアルバムの評価はかなり変わってくると思うんだけど、先ずはこの表向きのキュートさとポップさに身を委ねてみようではないか。 音的には、カットアップ・ポップ、ジャズ、アシッド・ロック、エレクトロニクス、etc…に登場人物のキャロライン・ノバクやスージー・キムの... [続きを読む]

受信: 2005年4月16日 (土曜日) 午後 02時10分

« メロン記念日『涙の太陽』とサンディーの話 | トップページ | カーネーションがCMタイアップですよ »