« 若いぜ、戸田誠司。?年ぶりのライブ | トップページ | iPod mini今週発売 »

2004年7月16日 (金曜日)

戸田誠司ライブ続き

 先の話の続き。一応ライブレポート。また長いです。

 3曲目はインスト曲。タイトルわかんないや。記憶あやふや。続いて、MC。
 「あと、2曲です。思ったよりも手際よくやれたので早めに終わりそう。もっと手間取るかとおもったんだけど」というような話で。言い回しはぜんぜん違う気もするが、内容的になこんな話で
 4曲目はアルバムでは鈴木さえこがドラム、コーラスをやってる「So I'm In Love」。客席にいるさえこさんがステージに上がるわけもなく。
 本編最後は「この曲では泣けません」とのMCを伴い「スローバラード」開始。RCサクセションのカバーです。これがすごかった。アルバムとはぜんぜん違ってて。ギターバリバリ。テンポはおそらくいっしょなんだけど、ディストーションギターを3連のダウンストロークでジャジャジャ、ジャジャジャャとえんえん弾きまくり。しかも歌詞は「ぼくら夢を見たのさ とってもよく似た夢を」の1フレーズを何度も歌うだけ(違ったかも)。サビのフレーズなしのまま最後まで。すごかったなあ。

 本編終了後、アンコールの拍手が。「もう1曲練習しといてよかった」というMCで登場。メンバー紹介(メンバーについては前回参照)。りょう君のライブ告知なんかの話もここで。アルバムに協力してくれた人とかの各種告知もいろいろ。これに10分くらい費やしたのかも。参加ミュージシャン関連のほか、水を持ってきてくれたとこ、衣装のお店、さらにビデオ作ったタナカカツキ、伊藤ガビン関連の作品の告知などなど。義理がたいんだかなんだか。まあ、人柄の出たところではある。あるいは業界向けのなんかか? 鈴木さえこさんがかかわっているゲームだかアニメのサントラの告知などもあり。鈴木さんが歌っている曲もあるという話に、客席のさえこさんが「私、歌ってなーい」と声を上げます。どうやら名前を替えて(隠して?)歌ってるらしい。

 さらに、今後の戸田さん自身のライブについての告知も。サエキけんぞう主催のライブを青い部屋にて(日にち忘れたけど、公式サイトに出るよね、たぶん)、さらに「サイケデリック物理学」(おー、まだあったのか)に出演。こんなもんだっけ? とにかく、「リハやってみたらけっこううまくいったので、もっとやりたい」というような話になってたかと。で、このとき、サエキけんぞうも客席にいました。名前を出されたときに「ハイ」と返事してたのでわかりましたよ。律儀な方だ。
 サイケデリック物理学は前にも書いた気がするけど。まだ、連綿と続けられてたそうだ。「昔Real Fishとかが出演してたり」という話もはさみつつ。FAIRCHILDで出たのは本人は覚えてないかもしれない。89年の年末(確か)。ピチカートも出てた回。私はこれが最後だったと思ってましたよ、サイケ物理。

 で、最後は「There She Goes」でしめ。いやー曲数は少なかったけど、1時間15分くらいやったのか。充実した内容だったと思います。曲はそれぞれ長め、イントロ前に他の曲のシーケンス流してたりしたので、そんな感じなのかな?

 まだまだいけそうですね。表舞台で。TVなんかも出たらすごいかも。戸田さんがTVで歌ってるのは「瞳はサンセットグロウ」以来見てないので。FAIRCHILD時代のライブでは「NEUTROPIC」(けっこうやってた)とか「Bye-Bye Yuppie Boy」、「憧れのヒコーキ時代」(これはデビューライブで鍵盤弾き語りだったか)なんかも歌ってましたが。90年(確か)のEgg-manでのクリスマスイベントではペイル・ファウンテンズのカバーとかも歌ってたか。違うときかもしれん。自信なし。
 えー、もうぐちゃぐちゃになってまいりました。記憶も錯綜しております。とにかく、あの時代の人々が大挙して押し寄せている不思議な空間でした。それでもライブ自体は古い感じもなく。フランス出身のニューウェイブ、ダンスミュージックに影響を受けた新人ロックバンドといわれても信じるようなパフォーマンスだったと思われます(いいすぎ)。
 ライブの内容もほとんど知らず1曲目の途中から遅れて入場した友達は「前座の新人バンドかと思った」と言ってましたよ。あはは。よく見ると、真ん中が戸田誠司とわかったのが数分後だったという。ぎゃはは。
 フリッパーズ時代の英語で歌う小山田圭吾を評して「カタカナ英語でぶっとばす」と表現した記事をどっかのサイトでだいぶ前に見たのですが、こういうのは戸田誠司が先だったなあ、と改めて思った。なんの話だ。
 あと、PCでリズム、シンセなどのバックトラックを流してたのですが、これの操作もぜんぶ戸田さん本人です。ライブ中に液晶ディスプレイ見ながらマウス操作するのはあんまりかっこよくなかったですよ。まあ、それも戸田さんらしいところではありますが。

 最後に。ここに書かれてる曲順とか、各種MCの内容は間違っている可能性がありますので、うのみにせぬよう。あとは思い出したら書き足します。

 まあ、これからも楽しみにしとこう。次は「水色」を歌ってもらいたいです(どーしよ、ほんとは歌ってたら)。

(追記、7月19日)
3曲目は「Bookshelf」だった模様。ほかのサイトで見たんだけど。想像(記憶?)してたのと同じだった。そういえば、戸田さんがハーモニカ吹いてた曲もあったなあ。コードを白玉で吹く(吸う)だけだったけど。なお、ハーモニカは吹く、吸うで音を出すんですよ。


|

« 若いぜ、戸田誠司。?年ぶりのライブ | トップページ | iPod mini今週発売 »

コメント

当日会場にいた者です。
「So I'm In Love」よかったです。
シーケンスのフレーズが左右にパンする感じ、
戸田さんらしいなぁと思いました。
「今後のライブは業界人が減っていくだろうから、
 今日来ている業界人以外の人たちが増えていくといいな」
と言ってましたね。
(「そんなことなーい」という声も聞こえましたが)

投稿: QP | 2004年7月19日 (月曜日) 午後 02時18分

おお、そんなことも言ってましたね。いろいろ書いたわりには、思い出せないことも多かったです。いずれにせよ、今後も追いかけたいと思います。コメントどうもでした。

投稿: point | 2004年7月20日 (火曜日) 午後 07時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35726/984848

この記事へのトラックバック一覧です: 戸田誠司ライブ続き:

« 若いぜ、戸田誠司。?年ぶりのライブ | トップページ | iPod mini今週発売 »