« 2004年7月 | トップページ | 2004年9月 »

2004年8月

2004年8月31日 (火曜日)

CCCDとか還流とか

 mihomiho関連で検索してたら、見つかったのが。owner's log by Kentaro Takahashi。高橋さんの最初の書籍の出版記念パーティにも行ってたのをmihomihoのときに思い出したので。ピチカートとかサンディーが出てたはず。ECDとかランキンタクシーもいたかも。ほかにはだれが出てたかなあ。と思って検索。本人のサイトにこんなんが。思い出した。渋谷ON AIRだ。元SUPER BADのエージが「チエコは?」と会場前で言ってたわ。チエコ・ビューティも出てましたよ。さらに追加、サンディーのときに、ゼルダのチホも出てたか。最後の曲のアレンジ、PAは福富さんだった、と思った。
 で、話は現代(3日前)に戻って。ライブ。チケットの受け渡しを待ってたときに自販機でジュースを買ってたパーマの人。というと、待ってた人はわかるかもしれない。
 で、今まで、知ってたくせにしらんぷりしてたなあ。というサイト。よく読んでみました。すみませんでした。理解が足りませんでした。っていうか、問題意識か。そういうわけで、『リンク』の項に入れました。

 で、思い出した話。音楽関連のメディアをやってる人から。CCCD反対を表明してたアーティストの話をその人に教えてたんだけど、そのアーティストにインタビューする機会を得たんだそうで。じゃあ、せっかくだから、CCCDについて語ってもらおうと思ったら、「もうすぐメジャーとの契約が決まりそうだから、その話はしたくないんだよね」とやんわり断られたそうだ。そりゃそうだ。アーティストの立場が一番弱いんだよなあ、きっと。
 カーネーションの話も同様だと思った。あんまりせめてもなあ。言い方によるけれども。まあ、みんなはそれをわかってるんだろうけれども。さあ、どうやってこうかなあ。やっぱりわからなくなるよなあ。

 俺は関係ない、って言ってる元メジャー、現インディーの人も意識を新たにせねばなるまいに。いや、その言い方も失礼ですね。なんか、10年ぶりのなにかがいろいろつながってきてるのをまとめないでメモしてみました。どっかでまとめます。たぶん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iPod 20GBを買いまして。

 自慢。じゃなくて記録。まあ、入手したのは先週の火曜日だからもう1週間たつわけですが。amazonで予約してたんだけど、いつまでたっても入荷待ちだったもんで、知人に秋葉原を徘徊してもらったら、普通に売ってるってことで買ってきてもらいました。
 で、正しくは「Apple iPod 20GB (Click Wheel) Mac&PC [M9282J/A]」という名前のようで。Click Wheelってのが、iPod miniから採用された操作性とボタンの仕様ってことのようです。知りませんが。今年に入って仕事関係でApple製品が増えたわけですが、iPodを買うことになるとは思ってもみませんでした。が、使ってみるとすごいいいなあ。MD(MDLPでもNetMDでもないやつ)をながらく使ってたのですが、iPodのほうが数倍便利です。いまさらですが。まだ、2Gバイトくらいしか使ってないんですが。まあ、データ移動用の小型ストレージとしての役目を担わせるつもりなんで。まあ、そんな用途はしばらくなさそうなんだけれども(こういう言い回しがblogでは多い気がするが気のせいだ)。

 そういえば、普段転送に使ってるのと違うPCにつないでiTunesと同期するには、iPodの曲データをすべて消してしまうって知ってた? 著作権保護とかそういうあれだと思うけど。データを蓄積してるPCのHDD容量が少ない場合はたいへんだよねえ。そういう私のメインマシン(ノート)も空きがだいぶ少ないんだよなあ。3Gバイトくらい。iPod 20GBは埋められませんよ。とりあえず、昨日は朝日美穂アルバム2枚と、戸田誠司のデジオ全回+ボーナストラックを転送。戸田さんのサイトで8月限定で公開されてるやつ。CD買った人はボーナストラック落とさないと損ですよ。すごくいいので。お知らせでした。戸田さんサイトにもリンク
 あと、PCに最初につなぐ場合はMacと違って、iPodのHDDを初期化するんだよなあ。付属CDのソフトのインストールが必須、のようです。iTunesはダウンロードしてあったし、HDD自体はWindowsでも認識するのだけど(まあ、フォーマットが必要といわれるけど)。手動でフォーマットしちゃってもよかったのかな? まあ、マニュアルは読んだほうがいいてことで。当たり前。

 で、おとといくらいに、このblogに検索窓を設置。記事の検索をしたいという人もいるかと思って。というか、自分が探すのが楽になるようにと。過去記事の参照リンクを作る際に便利に利用させていただいてます。ココログル、です。作った方ありがとうございます。これもメモ。

 さらに、ページ左上は最近のこととかを適当に書くスペースになりました。プロフィール代わり。ぜんぜん違うけど。とりあえず、現在はDOOPEESキャロライン・ノバク関連の記事にコメントいただいたことで真実がわかりましたので、それを。megさん、blogや個人サイトなどお持ちでしたら教えてください。って、ここじゃ見ないか。

 仕事したくないので、逃避モード100%で書いてみました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004年8月30日 (月曜日)

ライブmihomiho vol.2 レポート風

 「朝日美穂ともりばやしみほ(hi-posi)がお届けするミニマルキュートなイベント"mihomiho"」、8月28日、渋谷gabowlという普段はカフェ兼イベントスペースみたいなとこでの開催。自分としては初の朝日美穂&川本真琴。ここで書いたとおり、ちゃんと行ってきました。
 イベント告知はWebのみだったのかな? 大手プロモーターがからんでないことは、予約時のメール返信で感じてたこと。手作りっぽいイベントのような気配。で、実際の場所&スタッフの仕切りも手作り感覚げな雰囲気でした。
 で、観客は160人くらいってとこ。メール予約の人は80人くらいか。当日目当ての人も同じくらいだったので。推測。
 gabowlのサイトにQuickTime VRでの店内の映像があったんだけど、だいぶイメージは違う。けっこう古くて汚い建物。塗装しなおしとか内装でなんとかおしゃれげにしている。まあ、いいや。

 キャパに対してかなり混んでいたのと、暑かったので、入り口近くの最後尾でゆるーく見ることに。しかし、1番手の朝日さんが出てきたときにわかったのが、ステージが低すぎて後ろからはまったく見えないということ! がーーん。まあ、それでも密集した前の方で見るよりはいいかとも思ったり。ときおり、左右に歩き回ったり、つま先立ちしたりでなんとか。
 朝日さんのセット。エレピ&ピアノ音色によるシンセの弾き語り、リズムトラック載せ、といった感じ。PAは高橋健太郎さんの模様(彼女のデビュー作からのプロデュース)。一部の曲はピアノのみ。さらに紙に自分で孔を空けて、ハンドルを回すことで演奏する手回しオルゴール(って言ったっけ?)による「momotie」! デビュー作でありながら私個人的には最も好きな曲。しかし、「現在は廃盤で入手困難」との朝日さんのコメント。ありゃ、ソニーのデビューアルバムも廃盤ですか。確かに物販のとこにはなかったなあ、メジャーの2枚のアルバム。
 CDジャケや雑誌記事から、男の子っぽいルックスとの印象を持ってたのですが、髪は肩くらいまで伸び、女らしくすごくきれいな人でしたよ。実際は。また、好きになりました。歌も演奏もうまかったし。生はやっぱり違うなあ。

 次、川本真琴さんでございます。これ、ぜんぜん見えませんでした。ステージの上にはさらに段がもうけてあったようですが(最後で確認できた)、川本さんは最下段で演奏です。むー。アップライトピアノの弾き語りで開始(ピアノだけは見えました)。「日本で最も有名な曲」との紹介で始まったのがなんと『いとしのエリー』。サザンの。すげー。ピアノはシンプルな伴奏というよりもテクニックを感じさせるもの(言葉がわかりません)。クラシックの素養ゆえ? 続いてこもピアノのみで『やきそばパン』。1stアルバムの異色(?)曲。これもすげー。で、後半はサポートを呼んでの2本のアコギによる演奏で。ラストはこれまた1stから有名な『DNA』だ。イントロをCDほぼまんまで弾きます。ギターもうまいのだなあ。歌もびっくりするくらいうまいのだった。これまた。

 で、ラスト。もりばやしみほさんです。久々。こっから移動してステージ全体見られました。ラッキー。今回はhi-posi編成ということです。サポートには元ブラウニーの牛山くん、サトコちゃん(聞いただけで、字もわかりませんが、もりばやしさんの呼び方に準じて敬称つけます)を従えて。『エーデルワイス』『上を向いて歩こう』のカバー2曲で開始。もりばやしさんのパッド系シンセに、打ち込みリズム(CDJの模様)、サトコちゃんの鉄琴やウクレレ(生マイク)、んで牛山くん(ウッシーと呼ばれてたか、そういや)のエフェクト(KAOS PADが見えた)やサンプラー系ポン出しマシン、シンセなど。ウッシーがもりばやしさんの口笛にディレイかけてるな、と思ったらピッチチェンジまでしてました。ちょっとびっくりした、これ。あと、SE系の音もばりばり。バックトラックがなんかビョークみたいになってたなあ。そうーか、『ベスタパイン・ライブ』みたいなのがやりたいのだな、と勝手に納得。ウクレレってときにハープみたいな音も出せるのだな、と思ったのもあり。まあ、うまいからそうも聞かせられるということで。懐かしい『あと何日』もぜんぜん違うアレンジでした。最初わかりませんでしたよ。

 そんなこんなで、もりばやしさんのステージから、そのまま裏に掃けずに、朝日さん、川本さんを呼び、セッションコーナー。演奏間違えまくりで、かなりぐだぐだでしたが、たいへんおもしろかったです。ステージ照明もなし(っていうか建物もともとの裸電球のみ)であんまりわからなかったのだけど、川本さんは日焼けしてるようで、髪も短かったので、夏休みの小学生の男の子みたいな女の子って感じでした(わかりにくい)。セッションの内容は詳しくは書かないことにしよっと。とりあえず。3人とも仲がよさそうだったです。とくに朝日、川本コンビ。身長も155cmと同じだそうで。まあ、mihomiho二人がなかいいのは当然として。
 最後。情報のみ残そう。メモで。朝日さんは岡村靖幸さんプロデュース曲を含むアルバムを制作中だそうです。それもあって、入り口には岡村さんからのお花が届いてました。『川本真琴様&朝日美穂様』あてで。川本さんデビューシングルは岡村さん。いわずもがな。で、朝日さんに川本さんの連絡先を教えてくれたのも岡村さんだそうですよ。で、「友達になってやってね」と言われたそうです。なんかいい話だ。


HOLIDAY
朝日美穂


Amazonで詳しく見る

 次はこのメンバーで渋谷クアトロあたりでよろしくです。朝日さんだけでも。あと、最初にhi-posiを見たのもクアトロだったなあ。その次はNHKの公開録音。そんなこんなで、後ろの人も見られるイベントでさえあれば。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年8月26日 (木曜日)

ファンケルのマイルドクレンジングオイルのCMも、つぐみ。

 一応言及しておこう。坂井真紀じゃないので、よろしく。
 ホースの水を顔にかけられるやつね。前に書いたのはこれ。スズキ SOLIO(ソリオ)のCM。勘違いしてる人が多かったようなので。


月刊つぐみ


Amazonで詳しく見る

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004年8月24日 (火曜日)

8月の現状

 フィッシュマンズの名作をパクったタイトルですみません。 ここ1、2か月の現状を書いてみます。
 7月は、がらにもなく動きまわったんですよ。そのメモでございます。

 7月 7日。ライブ上々颱風。新宿、花園神社。
 7月14日。映画『MAIL』を見る。主演は須賀貴匡、栗山千明。舞台挨拶で栗山にメロメロ。うそ。
 7月16日。ライブ戸田誠司 at 渋谷TAU KITCHEN。感動した。10年ぶり。
 7月23日。映画『ほたるの星』。菅谷に泣いた。
 7月24日。映画『スパイダーマンII』。ぶさいくヒロインに泣いた。
 7月29日。ライブ菊地成孔のトーク&ライブショー。池袋東武デパート。
 8月02日。映画・『ラブド・ガン』永瀬正敏と宮崎あおい主演。
(ほとんどが個別記事ありです。めんどくさいのでリンクなし)

 で、ここ、数日『DOOPEES』『キャロライン・ノバク』でリンクを多数いただいております。100パーセント勝手な推測記事なんですが。
 どういうタイミングで、こうなってるかわかりません。どなたか教えてください。あと今までで最高のページビューを記録したので、びっくりしてます。 「はてな」のパワーを感じる最近です。ありがとうございます。
 でも、なんで「はてな」の人はここにトラックバックしてくんないのかなあ? 「はてな」内でやってればいいってことなん?

 そんな感じの1ヶ月。よろしければ、リンクしてください。リンクフリーです。
 今日のニュース23に「こっこ」が出てたのに感動。
 今週末はmihomihoに行きます。全部、自己リンクなしでやってみました。

 8月23日にはカーネーション関連でいろいろいただきましたありがとうございました。でも今日のクアトロにはいけません。9月には行く予定。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2004年8月18日 (水曜日)

菊地成孔のサイトが見られない

 菊地のサイトが見られない。今日の昼間は見られたので、夕方以降だろうか?
 現在見られるのはこんなメッセージである。

ご指定いただいたURLでは、ページが見つかりません。

このページが表示された場合、次のような理由が考えられます。
ページのアドレスが変更されている
ページがすでに削除されている...など

お気に入りやブックマーク登録をされていた方は、
新しいURLに変更をお願いいたします。

元のページへ戻るには、[戻る] をクリックしてください。


 何が起こったのかなあ? ちなみに日記のURLに直接いくとCGIエラーが出ます。
 単なる設定ミスとかだといいんですが。

(追記 19日13:47)
 いまだにサイトダウン状態は変わらず。まあ、サーバー自体は生きているのですが。
 WAKWAKのエラーメッセージが出るわけだから。ファイル名やパーミッションの間違いとか?

(追記 19日20:50)
 今、見たら復活してました。安心しました。19:00くらいはまだだったんだけど。
 まあ、こんな時間にえんえん心配してるのは、普通の社会人じゃないわけですが。
 とにかくよかったなあ。これに関する言及はあるのかな? あるわけないか。

(追記 20日0:27)
 そんなのを追いかけてる俺がおかしい、といま気づいた。遅い。
 そういってる状態の俺がおかしいんだろう。同じエントリでえんえんひっぱってみました。

(追記 20日0:33)
 プロバイダのミスらしいですよ。今日の日記にあり。いきなり解約されたそうで。
 ひでーな、WAKWAK(名指し)。
 で、消されるかもしれないので(余計なお世話。でも前もあったので)、勝手に引用。残しておく。
19日23:25:52の日付だ。確認しないで、上の書いてしまいました。でも気にしない。

大変お騒がせしました 04/08/19(木)23:45:52
 
 プロヴァイダと引き落とし口座(新宿に越したのでね)について行き違いがあり、いきなり解約されてしまいました。すぐ復旧したから許すけど、本当にフザけた話で、全く警告も何もなく、金も総て引き落とされて、一円たりとも滞納してないのに、印鑑一つが足りないとか言って、いきなり解約しやがったのです。

 最近は切れることに何の遠慮もない中年になってきたし(名古屋ブルーノートで、サインして握手した直後に、暗く「ああ・・・でも僕が握手した人はみんな死ぬか自殺しちゃうからなあ・・・」とか抜かした馬鹿がいたので、ゲラゲラ笑いながら「縁起でも無いこと言うな。テメエが世界の中心か。テメエが死ね!明日自殺しろ!」と大声で怒鳴ってしまった。ブルーノートなのに・笑)例のモード界の息のくっさ〜い低脳のクソ豚に致命傷も与えられなかったのが心残りで心残りでしょうがないままなので、大喜びで窓口担当者に(メッッチャクチャに切れ声でしたが・笑)「料金も総て滞りなく全部引き落とされている上に、メールでの警告も一本も無しにいきなり解約するわけですか?こっちは死活問題なんですよ。3時間以内に復旧させてくださらないと、申し訳有りませんが、わたし物書きを生業とさせて頂いておりますので、話がこじれた場合には申し訳有りませんが相当な面倒起こしますよ。先ずはあなたのお名前と部署からお教え頂けますかね?まあこの会話総て録音させて頂いてますけど(嘘)」と言ったら、さっきまで印鑑変更がどうのこうの、解約のお知らせはハガキをお送りさせて頂いておりますのグズグズ言っていたのが、すぐ復旧しました(笑)。

 と、せっかく休暇返上で出てきたので速報を


 関連部分のみ抜粋。これで安心して眠れます。ありがとうございました。なんのお礼だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

M-AudioがAvidに買収された

 ソースはここ。AV Watchからの記事です。
 ありゃりゃ。

M-Audioの業務内容、本社所在地、各国オフィス、サポート窓口に変更はない。また、M-Audioのブランドや商品名も変更しない。なお、Pro Toolsなどを含むDigidesign製品とM-Audio製品の統合は否定。「M-Auido製品用Pro Toolsの開発は、今回の買収計画の一部としては予定していない」としている。

 つってるけど、どうかなあ? なんか不安。いろんな例がこれまでにあるからなあ。
 宅録派にとっては微妙なニュースではある。

(追記、8月19日)
 そういえば、M-AUDIO JAPANって、M-AUDIOの前身であるところMIDIMAN、の日本の代理店であったところのミュレイディアの一部門から独立した会社だったはず(ややこしい)。で、そのミュレイディアは2年前(3年前?)、ミュートランスに変わるとかいってたけど、いまはそれもなし。あのへんってどうなったの? 誰か教えてください。
 ミュレイディアから通販で商品買ったら、「ミュレイディアの業務はミュートランスに移行しました」とかいう紙が入ってたんだけれども。いまやサポートさえ受けられないってことか。
 教えて、名古屋の人たち(ミュレイディア、ミュートランスは名古屋の会社だったはず)。コメントお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

真心COVERSが楽しみなんだよ

 これ
 まあ、詳しいことはリンクでって話なんだけど。「真心ブラザーズ」の話。でも、書こう。富田ラボ、奥田民生、HALCALI、スネオヘアー、PUFFY、東京スカパラダイスオーケストラ、Rosseta Garden、サンボマスター、YUKI、忌野清志郎、MB's。
 下手すると、ソニーグループのショウケース? みたいな感じもあるんだけど。でも、注目せずにはいられないよなあ。YO-KINGの元女房役(っていうか真心メンバー)の桜井のRosseta Gardenと、現女房(っていうか奥さんの)YUKIが参加。あと、菊地関係ではあれな(まったく意味わからないな、この表現じゃ)HALCALIとか。

 でも、一番聞きたいのが、忌野清志郎なんだよなあ。真心で一番好きな『素晴らしきこの世界』だからなあ。ライブで何回泣いたかなあ。最初は日比谷野音だったか。

 まあ、そういう感じの俺の期待感。公式サイトの視聴はミュージックマシーンにあったように、確かに期待度の高いものが、試聴できないのだなあ。とにかく、最近では珍しく発売日に買うかもしれない。

 あと、MB'sこと、元真心のライブでバックバンドやってたメンバー&本人たち(ほんと?)による『新しい夜明け』はすげー泣けそうだ。まあ、セルフカバーっていうことになってるが、メンバーの内容は不明。試聴がこれもないのだが。最後ほうの真心のライブは最盛期(?)メンバーじゃなかったので、食い足りなかったなあ。っていうか、ドラムの佐野さんが、真心には合ってなかったと思う。やっぱり、真心といえば、このメンバーだ!!!!!!! っていうくらい、長くやってたメンバーがいたんだよ。まあ、DVD見ればわかるけど。俺の命名では『ストロングスタイル』の真心。コーラスは元ソウルフラワー・ユニオンの内海洋子で。違ったら怒るよ、俺。


真心COVERS (CCCD)
オムニバス

発売日 2004/09/01
売り上げランキング 477

Amazonで詳しく見る

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004年8月17日 (火曜日)

帰省明け仕事

 帰省からもどった当日に仕事再開。まあ、こんなこともあるなり。
 今日の電車はすいていました。普段なら、終電間際って混んでるもんだけども、ぜんぜんいませんでした。
 で、家に帰ってきてからも仕事の続き。IWGP再放送(何回目だ!)見ながら。マコト、血出しすぎ。
 そんなこんなな2004年夏。愛なんていらねーよ、夏。関係なし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年8月12日 (木曜日)

PCよりデジカメ、よりDVDプレイヤー? 親孝行する100の方法

 えー、帰省日記の続き。田舎の親の話だ。長いよ。うらみがこもっているので。一応、PC&DVDの話だ。

 2年ほど前に還暦直前の親にPCを買い与えた(この言い方もどうかと思うが)。というのも、姉の息子こと俺の甥っ子が生まれたので、その写真をPCで見られるようにと思って、PCを実家用に買ったのだった。姉はデジカメで甥っ子の写真を撮るので、そのデータをメールで送ればいつでも見られると思ったからだ。姉も親とはかなり離れて住んでるので(俺とはすぐ近くなんだけど)。メールならいつでもやりとりできると思ったのでした。

 だがしかし。親はPCの操作を覚える気がまったくない。甥っ子こと俺の親にとっては孫、の写真を見たいというモチベーションはあるものの、PCを覚えようという気がまったくないのだ。正直ショック。
 とりあえず、PCにコピーしたデータを、「こうすればいつでも見られるから」と操作方法を教えたんだけれども、
 「これはTVに映せないのか?」「この間来た○○君(いとこ)はデジカメの写真をTVで見せてくれたよ」
 とかいいやがります。おいおい、デジカメよりも、このPCのほうが高いんだけど。

 そんなこんなで、PCは敷居が高すぎると改めて認識。PC業界にいたのに、その親の気持ちはわからない私でした。というわけで、1年後にはDVDプレイヤーを買い与えました。サムスンの安いやつですが。とりあえず、DVDレコーダーで録画したDVD-Rなんかもいっしょに渡して。スカパーでやってる昔の映画とかは見たいだろうという思惑で。

 だがしかし(2回目)。あんまりそれも見てないのだな。

 で、DVDレコーダーとかデジカメとか、PCとかで飯を食ってる身としては、その経験を生かして、親を喜ばせようと考えるわけですよ。みうらじゅんファンとして。っていうか、「親コーラー」として。いや、「親孝行プレイ」をやろうとして、ですよ。まあ、みうらさんとかタモリ倶楽部ファンじゃないとわからないネタかもしれませんが。まあ、そういうことです。

 今回の帰省に際して、甥っ子(俺の親にとっては孫、何度もいうけど)のデジタルデータはいっぱいある。しかも、最新の(っていう言い方もだめなんだけど)動画対応のデジカメも持って帰ってたので、これで動画を撮って、DVDにすればどうかと思ったわけである。DVDにすれば、再生も簡単だろう、いくらメカに弱い俺の親でも、と思ったのだな。

 で、撮りましたよ。デジカメでムービーを。甥っ子の水浴びシーンを。

 でも、デジカメがしょぼいので、解像度が低いんだよな、ムービーだと。DVカメラはめんどくさくてもってこなかったのだな。HDDとDVDマルチドライブは持ってきたのに。
 というわけで、静止画をDVDのスライドショーに残すことに路線変更。いったんDVDフォルダを書き出してみたりするわけです。しかし、容量がDVD焼くにはもったいないくらいの容量。100Mバイトくらいなんだな。
 ここで、さらに路線変更。VideoCD(ビデオCD)にしようと。VideoCDは動画は352×240ピクセルと解像度は低いんだけど、静止画はその4倍くらいの解像度なのだな、確か。うろ覚え。VideoCD 2.0の規格からそんくらいの解像度の静止画がサポートされたのですよ。それもだいぶ前なんだけど。まあ、メディア代が安いので、CD-R。そんだけ。
 で、最近のDVDオーサリングソフトは、VideoCDのオーサリングもサポートするものが多いので、それでやってみました。VideoCD作成。静止画メインで。

 その結果。すげーいい。しかもDVDプレイヤーで見られる! 静止画はTVで見るには十分!

 というわけで、やっと親を喜ばせることができましたよ。俺の子供じゃないけど。

 CD-Rで焼ける写真集はけっこういいネタだと思う。DVDプレイヤーなんていまや1万円以下だしね。
 で、ソフトのオススメはUlead。

Ulead DVD Movie Writer 3 入門セット

| | コメント (0) | トラックバック (0)

@Freedで田舎でも常時接続

 えー、ただいま帰省中。田舎はかなり田舎なので(おかしな表現)、ADSLもきてません。ADSLが開通したら、たまの帰省のためにでも契約したいところなのですが、局舎からかなり離れてるらしく、一向に開通の気配なし。

 ということで、ネットがないと不安になるような仕事をしてるので、帰省の際はなんとかネット接続環境を確保したいわけです。そんな私は、前回の帰省からPHSのカード+ノートPC環境を揃えてます。PHSカードは当然ながら@Freed。定額コースです。契約に3000円、月額4800円。いずれも税抜き。月額は日割り計算してくれるので、10日未満の滞在なら合計5000円以内。高いような気もするけど。ほかに選択肢がないもので。いや、どうだろ。

 久々のPHS、というかPCから見ればモデムなんだけど、設定方法を忘れてたなあ。「圧縮あり」に設定してなかったので、最初はすげー遅かった。ONにしたら、多少は早くなった。だいぶ前からルータ環境(ADSLの前のフレッツISDNのときから)だったので、モデムの設定には実際のところ記憶が薄れてたのだな。

 電話番号は全国共通の0570800166#6401。だけど、田舎も田舎なので、64kではつながらない。32kでやっとつながっても、切れまくり。そこで、アンテナ部分にほかの金属物質を隣接させると、それなりに安定。昼間はデジカメをくっつけてたんだけど、夜はそれでもだめなので、携帯電話をくっつけました。それなりに安定。これがびっくりするくらい効果がある。うそみたいな話だけど。
 で、結局64kでつながらないので、32kのほうが安定しそうなので、電話番号は0570800166#3201に変更。これでより安定するようになりました。

 メッセンジャーもえんえん待ち受け中。これなら関東にいるときと変わらない。そんな重いデータをダウンロードする予定もないので。

 13日からZAZEN BOYSの新作アルバムのネット放送があるが、それはさすがにPHSじゃ無理。友達に録音頼みました。さて、友達はどうやって録音するのだろう? そのへんは打ち合わせ忘れた。とりあえず、MDでいいと思うよ。設定めんどくさそうなので。どうなるかなあ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年8月10日 (火曜日)

アップルがアフィリエイト開始

 ここ。LinkShareと提携してるそうだ。
 これで、iPod買いたい。なんつって。
 しかし、アップルもblogにアプローチってことになるのだろうな。これ。Microsoftがblogを始めるとかいうのもあったけど、アップルは別のアプローチか。わかんないけど。まあ、アフィリエイト=blogではないけど、ある程度は意識してるに違いない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年8月 6日 (金曜日)

戸田誠司と小山田圭吾(コーネリアス)との意外な会話

 BARKSの戸田誠司インタビュー。すげーおもしろい。聞く前に内容を知りたくないという人は以下は読まないでください。一応。

 今から10年ほど前、戸田誠司がソロ『HELLO! WORLD』を出した際に小山田圭吾に「戸田さん、ソロってどう?」と聞かれたそう。「やめといたほうがいい」という戸田。
 その後、小山田はコーネリアス(CORNELIUS)名義でデビューしたという。戸田は「やられた」と思ったとかなんとか。笑った。
 これは『ジャズ・ジャージー』のころの会話なのかな? このblogではこのへん参照。
 そんな感じで久々にリンク。

There She Goes
戸田誠司

発売日 2004/06/16
売り上げランキング 8,884

Amazonで詳しく見る

 しっかし、このインタビュアーいまいちだな。『スローバラード』をかけてるんだけど、それに対する質問が気が利かないんだよなあ。「なぜ、今、これ?」っていうのを聞いてほしかったよ。ファンはみんなそう思ってるのになあ。
 で、サエキけんぞうの話もあり。これも笑った。マメらしいですよ。
 えー、ついでに戸田さんの公式サイトにもまたまたリンク。
 こちらでも、戸田さん本人がラジオ番組的なものをmp3でアップしてます。しかも毎日。こっちの方がおもしろいや。すごいな、このモチベーション。感服しました。

 さらに追加。このBARKSのレギュラー放送、303回なのね。テクノ好きの人にとっては意味を感じる『303』回。これってのは偶然なのか?
 次回のライブはロック色が強いらしいですよ。うわー、全部ネタばれだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年8月 5日 (木曜日)

PCでTVを録画

 PCでTVを録画したいという友人から電話。先週も電話で相談に乗ったのだが、実はロープロファイルのPCだということで、普通のカードが刺さらないとのこと。早くいえよ。
 で、結局、オススメはアイ・オー・データ機器のGV-MVP/RXLE。TVの映り自体はいいということなので、ゴーストリデューサーは不要だろうという判断。さすが、田舎に住んでるだけある。
 あとは、ADAMS-EPGがどれだけ配信されるかだ。関東とかは1週間分だけど、一部の地域は2日分しか配信されないということなので。さらに一部は配信さえないという。これはインターネット使ったところでいっしょ。データ自体が作られてないから。さて、どうなるかなあ?
 キーワードによるおまかせ録画ができる分、いいのだろうと思うが。さて。

 ほんとはHDD&DVDレコーダーをすすめたいところだが、そこまでの金はないというので。まあ、上記のカードなら15000円以下だしなあ。ほんとのとこ一番オススメは東芝RD。
 ちなみに、私は3年前にPC用カードを試して約1年後にHDD&DVDレコーダーに乗り換えました。今もそのまんま。PCでやろうとは思いません。DVD&HDDレコーダーの裏番組をとるときだけ仕方なくPCが活躍してます。そんな感じで。詳しくはまたいつか書こうと思ってるんだけど、そんな暇がないのでした。もう少しお待ちを。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワコール「感じるブラ」のCMは、みさきゆう

 ちょっと滝沢沙織に似てると思ってたのだが、この人は、みさきゆう。24歳。
 ルックスもしゃべり方もなんかいいなあ。メモ。
 CMの発表会の記事がスポニチにあり。
 DVDや写真集も出してます。女優系の人かと思ってたらグラビアの方の人だったようで。まあ、どっちでもいいや。
 特技は中国語/日中同時通訳・料理。趣味は映画、インテリア、ビリヤードだそうで。身長は168cmもあり。プロフィールもリンク。ここの写真はCMとかなり違うなあ。映画『渋谷怪談2』に出演。東京、大阪、名古屋での公開は終わってしまっている。残るは広島? 不明。初のDVDについてこんな記事もあった。

新‐ARATA―みさきゆう写真集
Tsukada Kazunori

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004年8月 4日 (水曜日)

NHK『視点・論点』でピーター・バラカンが再販制度、CCCDについて語る

 おう。TVでは初めてじゃないか、こんなちゃんとした話。
 再販制度の撤廃をしないことで自分たちの商品を貶めている。日本版は日本語解説の質は高くなく、ボーナストラックもオリジナルには収録できなかった理由がわかるもの。大手レコード会社の最大の義務は株主を守ることで、ばくちのようなこと(売れないCDを作る)はできない。お金のない若者が違法ダウンロードした曲を聞いたり、還流CDを買ったりとか。それをなんとかするのはレコード会社だ。などなど。
 『音楽は誰のもの』というタイトルでした。たった数分の番組だったが。どれだけの人が見たんだろうか。たまたまおきてたけど。これって再放送はあるのかな? っていうか、これが再放送だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年8月 3日 (火曜日)

滝沢沙織は永井大とセット?

 すげー注目の滝沢沙織。ドラマ『アットホームダッド』で永井大の恋人役だった。で、『恋愛果実』でも共演してるのな。『恋愛果実』は素人参加のバラエティで、テリー伊藤も出てるやつ。今クールでも続いてたのがびっくりだが。事務所がいっしょなので、どこまでもバーター?(事務所がいっしょかどうかも知りませんが) まあ、そんなことはどうでもいいんだけど。
 滝沢沙織はユニチカのモデルだったそうで。なるほどかっこいいなり。一応、メモだから。

滝沢沙織写真集「thanks」
河野 英樹
 
 えー、追加。今年の11月には滝沢沙織主演の映画『ゴーストネゴシエイター』が公開予定。テアトル新宿が製作に乗り出したんだとか。滝沢は5年前から幽霊が見えるようになってしまった主人公を演じる。なんかだめそう。予想。これも永井と川島なおみが出る! 永井と川島のセットは『アットホーム〜』に加え『ああ探偵事務所』でも見られるな。なんだ、これ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年8月 2日 (月曜日)

永瀬正敏、宮崎あおいの『ラブドガン/ LOVED GUN』

 映画『ラブドガン』を見た。金曜日。テアトル新宿の最終日。これで東京は全部終わりである。主役は殺し屋の永瀬正敏、そして殺し屋と会ってしまいいろんなことに巻き込まれる宮崎あおい(崎の字は右側の上が"立"が正しい表記の模様)がメインか。監督は『プープーの物語』の渡辺謙作。『プー〜』はDVD買ったけど見てなかったことにきづいた。
 で、『ラブドガン』感想。「よくも悪くも永瀬の映画だなあ」ってとこ。それなりに楽しめた。飽きることもなく。

――銃弾は撃つ人間の感情によってその色を変える。感情がこもってなきゃ地金の色。悲しい奴が撃った弾は青。憎しみの込められた弾は黒。そして赤い銃弾――

 この見方(?)はちと斬新。さらに見たことないカット割り(というのだろうか)が多々あり、映像的にもおもしろかったかも。キャストとらえたカメラをパンしていくとキャストはもちろんフレームアウトするのだが、パンした先に違う角度からとらえられたキャストが再び現れるというもの。複数の角度からとらえたシーンをこんなふうに見せるってのは今まで見たことなかった。おもしろい。
 ストーリーは師弟関係で結ばれた殺し屋ってのがキーか。しかし、あからさまなヤクザは出てこない。このへんが見てていやにならなかった理由か。ヤクザ映画は見たくないので。あくまでもファンタジー世界(といっても現代の日本の話なんだろうけど)の「殺し屋」なんである。ちなみに、なんの前情報もなく行ったのですが、タイトルから想像してたのとはまったく違いました。それも映画の楽しい見方か。すげー損する可能性もあるけど。
 ただ、永瀬にひっぱられて、撮らなくていいシーンを重ねている、という印象もあり。『贅沢な骨』のラストみたいな感じで。違うか。まあ、考えすぎ。
 宮崎は成長していく少女として描かれるが、さほど新鮮味はなし。まあ、ほかの女優にできる役でもないような気がするし、悪いはずはないのだが。また、盛り込み過ぎの感はないんだけど、宮崎のシーンをもっと増やした方が最後が生きたような気もする。岸部一徳のほうが目立ってるのは正解だろうけど。構成がいまひとつかなあ。
LOVE GUN
宮崎 あおい , 黒瀬 康之

 若い殺し屋役の新井浩文は青森県出身の'79年生まれ。豊田利晃監督に見出され『青い春』でデビュー、行定勲『GO』、松岡錠司『さよなら、クロ』、荒戸源次郎監督『赤目四十八瀧心中未遂』、犬童一心『ジョゼと虎と魚たち』などに出演してるそう。初めて見た。なんか垢抜けない感じだけど、どうなんだろ。
 ついでに出演者のインタビューにもリンクを加えておこう。宮崎あおいインタビュー、ムービーあり。です。「映画にこだわりたい」だそうです。そうだろな。

 この日は家を出る直前に背中がつってしまい、たいへんな思いで新宿まで往復。ちょっと動くたびに激痛が走る。夜、寝るときも寝返りが打てないというひどい状況。すげーつらかった。今日になってやっと痛みがひいてきた。まだ、時折、痛みが走るが。たまに背中がつるときはあったが、これだけ長引いたのは初めて。だれか治し方を教えてください。あと、宮崎の映画はいまだにこれが最高なのだろうか?

害虫 スペシャル・エディション

| | コメント (1) | トラックバック (1)

« 2004年7月 | トップページ | 2004年9月 »