« いろんなメソッドがあるらしい。「憂鬱と官能を教えた学校」出版記念イベント | トップページ | 『真心COVERS』の感想 »

2004年9月15日 (水曜日)

映画美学校のパンフレットの手タレは松前公高

 って、本人のサイトのBBSにありましたよ。もう何枚もらったんだよ、っていうパンフの話でした。
 で、そっからリンクたどってたら見つけたのがAll About Japanの松前公高クロニクルっていうインタビュー記事。「ハイポジ+ハボハマニア」(+の部分は「と」だったかもしれない)でイカ天に出てた話とか。ハイポジ、としかかかれてないが、イカ天出演時はグループが分裂したので、あの名前になっていたはず。ここに菊地成孔も出てたといううわさだが、どうやら本当のようだ。
 「サックスはナルちゃん(菊地成孔)、みたいな感じで」っていう発言が。「ナルちゃん」かあ。で、ハイポジが東芝EMIからデビューしたときは、EXPOの相方である山口優が「宇宙人」名義で参加してて、ジャケットにも宇宙人のかっこで写ってたはずだ。面倒なのでCDを探すのはあきらめたが。で、インタビューにあった『ハレはれナイト』もあるはずなんだけど、これも探すのはあきらめておく。
 とにかくこのインタビューおもしろい。松前さんはカシオペアのファンで、96年くらいのリリースだったカシオペアの『フレッシュネス』ってアルバムのMIDIデータ集の制作をやってたことは触れられてない。っていうか、ほとんど誰も知らないんだろう。というのはあとで考えたら思い違いだ。野呂一生のソロのマニピュレーターをやったって話だった。訂正。


|

« いろんなメソッドがあるらしい。「憂鬱と官能を教えた学校」出版記念イベント | トップページ | 『真心COVERS』の感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35726/1445238

この記事へのトラックバック一覧です: 映画美学校のパンフレットの手タレは松前公高:

« いろんなメソッドがあるらしい。「憂鬱と官能を教えた学校」出版記念イベント | トップページ | 『真心COVERS』の感想 »