« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »

2004年10月

2004年10月30日 (土曜日)

SPANK HAPPYからドミニク脱退

 の模様。今年、新ボーカルが今年決定したばかりのスパンクハッピーが。
 明日のライブはしかも代役(タイに続いて)。今回は日本人のモデル。の模様。

 まあ、日記がソースなんで。明日いけないのが悔やまれる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年10月29日 (金曜日)

やっと見た。『スウィングガールズ』

SWING GIRLS オリジナル・サウンドトラック ほんとに、いまごろ、って感じですが。今日の朝、金曜日最初の上映は1300円で見られるてことで。映画の公式サイトもあり。
 で、すげーよかった。おもしろかった。泣かせどころで全部泣いてしまうのだった。ラストも当然のことながら。

 出てる人もけっこう細かく、それぞれ、おもしろいことを言う。徳井優、田中要次、木野花、渡辺えり子、大倉孝二とか。あと、岩佐真悠子もちょい役で。気づかない人も多いかもしれん。

 エンドロールは役名ではなくって、パート名でリストってのもいいなあ。
スウィングガールズ公式ガイドブック Swing a gogo!! スウィングガールズと始めるジャズ入門
 映画内で『東北学生音楽大会』とかいうイベントがあって、そのステージの上に掲げてある看板には「協力 下倉楽器」と書いてある。へー。このへん、協賛的なもんかな? エンドロールにも出てたけど。中古楽器のほうが担当か。
 当然ながらヤマハも。男子生徒が親に買ってもらったキーボードはめいっぱいヤマハ製品で、ロゴも出てたし。あと、学校用の楽器のほとんどをヤマハは出してるのだな。リコーダーに始まりブラスバンド用なんて、ないものはないくらい。ヤマハの学校教材用カタログは見るとすげー楽しい。映画の管はヤマハ、でいいのかな? 出てくる音楽教室もめいっぱいヤマハだったしな。
 それから。エンドロールには「FERNANDES」もあり。これはエレキギターだな。あと、「Roland」ってエンドロールに出てたんだが、どこで協力だ? ローランド製品なんてでてこなかった気がするが。もしかしてあの小さいギターアンプか?

スウィングガールズ オフィシャルブック 映画前半、野球でストライクを見送る選手に向かって客が野次るセリフが。
 すげー笑った(内容はネタバレなので、削除した)。

 主役級グループの1人。メガネのトロンボーンは本仮屋ユイカ(もとかりや・ゆいか)。来年のNHK朝の連続テレビ小説『ファイト』の主役が決まっているそうだ。ほう。ドラマ「3年B組金八先生」「世界の中心で、愛をさけぶ」などにも出てたそうだ。見てないなあ。げ、ミュージカル『LOVEセンチュリー』にも出てた模様。
 個人的にトランペットの貫地谷しほり(かんじや・しほり)がよかったなり。
 しかし、山形弁の威力はすごかったなあ。全員、「だんずー」とかいうし。よくできてる。いや、山形弁としてどうかはわからんが。

 映画とは関係あるようなないような話。
 所ジョージの番組では「日本全国吹奏楽部の旅」というコーナーが今人気。これは映画にあてこんでやってたのかな。この春から始まったようで。来週、コーナー最終回の模様。っていうか、全国大会の模様が。今週の放送では青森山田高校が出てたなあ。あれはスポーツのほうと違って県内の人が多かったりするんだろうか? 途中から見たからわかりませんが。あの卓球の愛ちゃんの学校。野球部なんかも県内出身者なんていないらしい。地元の応援もいまいちノリきれないようだ。なんの話だ。とにかく、来週は見る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年10月28日 (木曜日)

路上にて「雑貨を見てください」

 赤坂にて。TBSのすぐ前。「オールスター大感謝祭」のマラソンの「心臓破りの坂」の手前でのこと。20代なかばの女の子が、ダンボール箱をカートに載せて歩いてくるのである。「すみません」と声をかけてくる。道を聞かれるのかと思ったのだが。出てきた言葉がとんでもない話。

「すみません。○○という雑貨屋なんですが。キャンペーンで回ってるんですが、余ったので見てもらえませんか?」

 何が余ってるのか? ここで見てもらって、気に入ったら買えっていう話なのか? しかもこんな狭い歩道で。確かにあそこの階段を下りてきたら、重くてもうこんな荷物捨ててしまいたい、とか思うかもなんだが。
 まったく意味がわからないので、「時間がないんで」と言って、先を急ぎました。いや、ほんとに急いでたんだけれども。

 なんだったんだろう?

 その後、下に書いた仕事をとっとと終わらせて帰宅。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年10月27日 (水曜日)

バナー作成

 広告バナー作成の仕事が舞い込んでくる。知り合い価格で、とかいう話。デザイン関係の仕事が俺にできると思ってるのだろうか? まあ、趣味ではやったことあるけどなあ。イベントのWebフライヤーとか。
 近くに本職のデザイナーがいる人から頼まれると、逆に萎縮するよなあ。でも、受けることにした。どうせ、たいした話じゃないんだし。サイズの縛りとかは得意なほうなので。暇だしな。
 電車代が出ればいいことにしよう。打ち合わせに行く交通費も馬鹿にならんのである。
 今は「夜回り先生」を見始めたところだ。途中から。

 あと、DCPRGのスカパーでやってたライブ映像をDVD化の作業中。曲単位のチャプター打ったり、曲名の字幕つけたりで。ほんとは、こういう市販タイトルが出ればいいのだけど。出ないから内製。欲しい人いるよねえ、こういうの。でも、一層DVDの制限からかなり画質はよくない。音質はいいほうで録画したけど。まあ、趣味の話だからな。
 ちなみにDVDのGALAKTIKAのDCPRGのライブの音はすげー悪かった。5.1chと書かれてるが、うそだろ? ってくらい。分離悪すぎだろ。それに比べるとViewsicのライブは生のくせにすげーちゃんとしてるのだった。経験の差か?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鬼束ちひろが休養

鬼束ちひろ 年内休養
 あー、残念。久々の復帰だったのに。でもしょうがない。ご自愛ください。

 あと、鬼束で気になるのは、Mステでタモリが「ちひろちゃん」って呼ぶんだよな。ちゃんづけかあ。慣れた手つきでちゃんづけで、って感じか。てきとー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年10月25日 (月曜日)

iPodのイヤフォン

 iPodを使い始めて2カ月。くらいか。付属のイヤフォン(形状からしてヘッドフォンじゃなくてイヤフォンでいいのかな)の音が気に入らないのだが、代わりに何を買うか迷ってて、まだそのまま付属品を使用中。
 初代iPodを使っている連れはソニーの71とかいうのを使ってて、純正よりもいいという。まあ、そうだろ。で、飲みながらの話。買うのめんどくさいなら、Corneliusの『FANTASMA』初回分についてきたオマケのイヤフォン使えばいいじゃん。という話に。色も白だし、iPodに合うよな。ぎゃはは。ということで。まあ、白いイヤフォンはiPodまるだし恥ずかしいという前フリがあってなのだが。

 で、試してみました。久しぶりに出してみました。真っ白だったはずが、なんか黄ばんでますよ。ビニル系のものって使ってないと(使っててもか)どんどん黄色くなるのだよな。それから、イヤフォンのカバー(っていうのか)のスポンジは元はオレンジ色なんだけど、こちらはちょっと黒ずんできてる。
 それはいいとして、試聴。案の定、音悪すぎ。さらに、30秒ほど聞いて耳からはずしてみると、オレンジのカバーがボロボロになって穴が開いてる。っていうかところどころ破れてきてる。今にも本体から外れそうです。

 というわけで実験失敗。もったいない。保存用ってことで、そのままにしとけばよかった。もう見るも無残だ。あー。
 なお、『FANTASMA』の初回版は当然売り切れ。通常版はイヤフォンなし。あたりまえ。しかし、収録曲が増えてるのだな。嶺川貴子参加曲で、歌詞で「mc.A.T」とかいうのが入ってる。「Type Lesson」て曲。これがすごいいい。amazonだと在庫あと1枚、ご注文はお早めに。だそうだ。
 (2004/11/01)追記。『Typewrite Lesson』だった。今、CDを見て確認。これってTI社の「Speak & Spell」っていう子供用おもちゃをサンプリングしてるふうなんだけど、許諾ってどうなってるのかな? 同じタイトルのサンプリングCDをヤフオクで買ったんだけど、これって、CD作成者が許諾受けてるはずがないんだよな。探せばわかると思うけど。めちゃくちゃ自前の手作業っぽいので。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004年10月24日 (日曜日)

Logic 7説明会

 10月13日にアップルにてLogic 7の説明会が行なわれた。参加者はいつもの製品説明会と比べて少なかった模様。いろいろ聞いたんで、それを元に書いてみよう。気になる部分。感想を交えつつ。

 説明会にはミディア(MIDIA)の人達も参加。アップル広報の説明では「ミディアはLogic黎明期から普及に尽力、ブランドは変わったものの、これからも協力体制をしいて、販売、サポートをしていく」という。ミディアからの購入者のみ、従来どおりのサポートが受けられるっていうミディアの発表の真意がますます不明な感じだな、これ。まあ、アップルのサポートは、ほんっと、あてにならないわけだが。

 ではLogic Pro 7の新機能。ここで登場したのはミディアの社員。名前忘れたそうなんだが。Logic Pro 6付属のデモDVDの中で説明してる人の模様。

 新機能は100以上という話だが。
 まずは、トラックソロ機能。いままでなかったのが不思議なくらいって話。確かにそうだな。
 MIDIデバイスからのパラメータコントロールが強化。前からできたけど、簡単にできるってことかな。プラグインもコントロール可能になったのが大きいのか。
 あと、前後するけど、デモで使われてたオーディオインターフェイスはMOTU 828かなんか(とにかくMOTU製品)。アップルは囲い込みみたいなことはしないので、とか。前にローランドのFA-101の発表会も、ここアップル本社で行なわれてて、今後も協力、とかいってたのだが。まあ、各社のサポートを忘れませんよ、という姿勢を見せた感じか。あと、Emagic製ハードウェアの今後については語られずじまいだったようで。

 目新しいのがチャンネルスプリットのプリセット機能。エフェクトやInstの設定をチャンネルごとに保存、ロードできるそうだ。プリセットとして、ボーカル用、ギター用といったエフェクトプラグインを複数セットにしたものが用意されているそうだ。マルチエフェクターのような感じ、だとのこと。なるほどなあ。

 続いて、新プラグイン。Ultra Beatはリズムマシンだな。こういうTB/TRタイプのは「ランニングライト」方式というそうだ。へー。
 Match EQ。ソースの周波数と同じようにするやつ。Learn機能により、既存の音源のEQを解析、セーブしといて、自前の音にそのEQを加えるってやつ。こういうのはマスタリングソフトでは見られたけど、単体トラック用としては初、でいいのかな?
 リニアフェイズEQ.こちらは位相のずれがないのが特徴。負荷が高いのでマスターで使えってことらしい。
 グローバルトラックでは、ビートマッピング機能が使えるのがウリとか。MIDIでいくリクロック機能。テンポを抽出して、それにテンポをマッピングすることで、MIDIデータの追加(もちろん同期して)ができるようになるということで。アレンジウィンドウの操作で済む、という話。これは便利な人には便利かも。

 次。チューニング。デモンストレーターがあまり理解していない、ということで説明もほとんどなし。これって、12平均率以外のチューニングにも対応するってことじゃないのかな。バロックとか。昔のシンセとかにはあったような気がするが。
 あと、ライブでLogicをシンセサイザー、音源として使いたいプレイヤー(演奏者、ね)向けなのが「マルチプレイヤーモード」。これまでのLogicでは外部MIDI機器からは1音色(というかトラック?)しか制御できなかったのが、複数の音色の演奏もできるようになるってことで。これは前々から希望がいろんなところで出てたよなあ。複数のBBSで見ました。ちゃんとユーザーの要望が実現されてるって感じがすごいする話だ。

 バウンスはこれまでのリニアPCM、つまりWAVとかAIFF以外に、AAC、MP3にも対応。まあ、どうでもいいや、これ。iTunesにすぐもってけるってとこが強調されてたか。Logic本体でもCD-DAが焼けるが、1曲のみだそうで。複数曲の場合はWave Burner付属なんで、CDライティングはそちらでってこと。

 コントロールサーフェイスへの対応も強化。対応機器で、キーコマンドを割り当てるのが簡単になったそうだ。Learn機能の追加ってことっぽい。

 あと、GarageBand(ガレバン)との連携もすごいかも。AppleLoops対応は前々から言われてたのだけれども。ガレバンのプロジェクトがそのまま読み込める。ガレバンではキー変更はできないけど、LogicならOK。テンポ変更も対応。あと、Logicのインストリストにガレバンのインストが出てくるようになっているという。これはなるほど、って感じ。GarageBand Instrumentsとかいう名前の模様。EXSとかES1とかと同じように出てくるわけです。
 ギターのアンプシミュレータは、ガレバンのプリセットをセットした状態でビルトインのシミュレータが立ち上がるということだ。画面に表示されるパラメータは異なるけど、ちゃんと同じ音になるってことのようだ。私はガレバンのアンプシミュがどんなもんかしらんので、ちょっとわからないんだけど。まあ、大丈夫なんだろう。
 AppleLoopsユーティリティもつくので、AppleLoopsもLogic内で作成できるそうですよ。
 アレンジウィンドウ上のMIDIリージョンを右上ドラッグでループ(つまり複数回コピーした状態)できるそうだ。これはSONARっぽい、のか? もちろん、右下のドラッグでは従来どおりのリージョンを伸ばす動作になる。

 あと、Logic 7のプラグインを他社製ので考えると、875,000円相当だとか。大雑把だな。LogicビルトインのプラグインがWAVES並み、とかいうのは言いすぎだろ、ってのは2ちゃんにもかかれてましたが。

 まあ、そんなこんなで。とにかくすげーいいかも。いろいろ文句はあるけど、価値あるアップグレードなのは間違いなさそうだ。これからMacで始める人がうらやましい。オレなんかは、いままでEmagic製品にどんだけつぎ込んだことか。つっても30万円程度か。Emagic製プラグインを個別にコンプリート下人に比べればましだと。
 最後に。Expressがどんくらいの機能かがわからんのだが。少なくともAppleLoopsはフルサポートのようなので、Soundtrackは意味なくなりそうだよなあ。Expressのほうは約3万円、Soundtrackは5万円(だっけ?)。友達のMacユーザーにExpressすすめたんだけど、あんまり興味がないようだ。安いのに。
 まあ、話だけじゃ、なんかわからんことも多い。銀座で同じことやってほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年10月21日 (木曜日)

ZAZEN BOYS at ブヤ

 10月19日。雨の中、渋谷O-EastにてZAZEN BOYSライブ。いろいろあって、開演時刻に間に合わず。っていうか、間違えてAX行ってたからな。前回行った4月のライブがAXだったのでなんの疑いももたず。AXのチケットもぎり(っていうのか?)に変な顔されて「これはー?」とか戸惑われて。「会場違います」ってすぐ言ってくれ。

 で、案の定遅れて、すでに演奏中。入り口すぐそばで見る羽目に。つってもO-Eastは奥行きが短いので、けっこう近い感じで。荷物預ける余裕もなく、当然ドリンクもうけとれず、のまま見始めました。
 すげーよかった。前回の数倍。楽曲が増え、バリエーションが広がったのがよかったと思われる。それが第一。演奏もかなりエッジが立ってきた。いや、前もそれは感じたんだけど、キメの多いっていうか、ブレイク? それのすさまじさたるや。まあ、それも新曲に起因しているものだけど。
 林檎さんのコーラスパートは、『安眠棒』は向井が、『CRAZY DAYS CRAZY FEELING』はメンバーが。あと、シンセだと思ってた音がギターだった、ってのがすげー多かった。いやーすげーや。ディレイも当然。NUMBER GIRL時代の『NUM HEAVY METALIC』から、ディレイを積極的に使ってるのが多かったわけだけど、今回のライブは特に。『FENDER TELECASTER』の新アレンジも堪能。おもしろいおもしろい。なんか、変に興奮したなあ。
 それから、琵琶みたいな「べい〜ん」っていう音もあったな。あれもびっくり。あのベンドの感じはギターと違うよなあ。どうやって出すのか、ギタリストの人、教えてください。

 そうこうしてると、オレの左あたりにさらに遅れて入場してきた男女2人組が。女性は大きなツバの帽子をかぶっている。こんな格好の人はおかしな人か、タレントに決まっているのであるが。で、注視しましたよ。そしたら案の定、超有名若手映画女優でしたよ。っていうか、オレがすげーファンな人でしたよ。あと、大河女優って肩書きもOK? いやー驚いた。遅れていってもいいことってあるんだね。でも、最後の方はぐったりしてしゃがみこんでましたよ。結局つれの男性の趣味なんだろうなあ。あれが、有名なデザイナー(服飾のほうね)の彼か。なんか残念。

 そういえば、前回の4月のAXの帰りにつれと飲み屋でライブについてぐだぐだ言い合ってたら、そこがなんと打ち上げ会場だったらしく、向井+スタッフと思しき人たちがなだれこんできたってことがあって。

 ZAZEN BOYSのライブはいろんな奇跡が起こるなあ、っていう感想。本編と関係なくてあらですが。ちなみに「ブヤ」ってのは、向井のMCにあったやつ。渋谷を「ブヤ」という誰かわからないキャラクターで、かっこつけたロックミュージシャン(あるいはヒップホップの?)を揶揄したようなトークを繰り広げたんですが、っていうことで。何がなにやらだが。

 このライブ以降、アルバム聞くとまたいいんだな。まあ、アルバムはライブからすると物足りなく感じる部分もあるんだけど。違いを聞いて楽しむっていうか。まあ、そこはまたライブ版出して欲しいなり。あと、Tシャツ買いました。IIのジャケットのグラフィティのやつ。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年10月19日 (火曜日)

hiroの学園祭

 っていうニュース。ここ、動画ありなんですが。学園祭でのヒトコマ。
 SPEEDの曲はさすがにやれないのですが。という前フリで・SPEEDっぽい曲ってことで。元SPEEDのメンバーの歌を歌うという。HITOEの『INORI』とか、タカコの『My First Love』とか。あと、EIRKO with CRUNCHの曲とか。ERIKOの曲だけ記憶にねーや。でも、客のノリがすばらしく。ビデオ見る限りでは。

 で、hiroの『光の中で』ってのは映画『デビルマン』の曲であるそうな。そういうのはどうでもいいんだなあ。映画のエンディングで見たら感動するかなあ? しらんけども。でもがんばってほしいでございます。で、もう20歳ですよ。島袋寛子も。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年10月12日 (火曜日)

『下弦の月』の舞台挨拶

 『下弦の月』の舞台挨拶のムービーがここにいまんとこあるんだけれども。どうやら、ここは2、3日でなくなるようだ。ニュースサイトのムービーページだからそんなもん。
 でも、これ、ムービーファイルとしてがっつり普通に落とせるよねえ。ちょっとストリーミングのこと知ってると。500kだとそれなりに画質がよいので、保存に向いてるかも。期間限定のDRMとかにはなってないようだし。
 HYDEが『HAPPY BIRTHDAY』歌って栗山千明が感動してるところとかがありました。ほう。普通のニュースサイトとかTVとかだとここまではやってくんないよね。けっこういいかも。ここ。というメモ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年10月11日 (月曜日)

KREVAって的場浩二に似てるね

 HEY!HEY!HEYを見ての感想。まあ、顔だけじゃなくて、メンチきる(この言葉あまりわかりません)感じ。

 で、『ローレライ』って映画がどうこういう話で。なんだ? その映画。と思って調べたらこれ

 で、出演者の写真があるんだけれども。香椎由宇(かしい・ゆう)ってのは昨年のテレビ版『ウォーター・ボーイズ』に出てた花村さんですか。なんかすごいわかりにくい名前だな。

 あと、KREVAって『池袋ウェストゲートパーク』とかTBSのあのへんのドラマの音楽やってた人と同一人物? KICK THE CAN KREWのトラックもやってたはずだからありそうなんだけども。めんどくさいので調べない。

 あと、Utadaが出ててギター弾いたりしてて。曲はちょっとかっこいいかも、と思ったが。が、あの衣装はないと思った。まあ、前からセンスない感じなんだけど。ヒカルさん。日本とは違うってことでいいですか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004年10月 8日 (金曜日)

何年前の人選だ?

 ぼーっとテレビを見てると新番組『音神 GIG TV』が。インディー系のバンド紹介番組の模様。ゲストはクラムボン原田とか、ハンサム兄弟(知りません)の人とか。

 で、レギュラーコーナーに、ニューロティカのアツシ、それから若手バンドの父親的存在と紹介されてたスマイリー原島。これってアクシデンツのスマイリー原島? 家燃えちゃって募金してた人? アパートの大家さんがいい人で、「店子を大事にしなかったからバチが当たった」とか言われて、弁償しなくてすんだあの原島? 元バンドマンって紹介はいらないの? 

 なんかすげー昔の番組みたいでびっくりした。しかもスタッフロール見たら、ナレーションはDJ POKIだという。あの仙台方面で活躍してて、坊主頭でひげ生やしてて、ストリート・スライダーズのライブでサックスとか吹いてた人?

 さすが、テレビ東京。って納得できるような番組ではないわけだが。こういうのこそ地方でも放送してほしい。なんとなくだけど。
 で、来週は原田郁子のソロライブの模様が放送されるそうです。木曜日深夜1時くらいの番組でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年10月 6日 (水曜日)

宗像教授がビッグコミックへ移籍

 ビッグコミックオリジナルの広告で発見。10月9日発売のビッグコミックにて。

 タイトルは『宗像教授異考録』に変更。

 じゃあ、今後の単行本も小学館になるのかな。あそこよりはましだろうて。わからんけれども。
 そういえば、ミッチーのあのドラマもまもなく始まりますね。民俗学っていまブームなん?

宗像教授伝奇考 (第7集)
星野 之宣

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヤマハのイージートランペット

 とうとう正式な発表が(ヤマハのプレスリリース)。
 どうやら、発表会も行なわれた模様。それはクワマンの記事で知った。

 タレントでトランペット奏者の桑野信義(47)が5日、東京・青山ベルコモンズで行われた電子トランペットの記者発表会で、先月20日に銃刀法違反、翌21日に覚せい剤取締法違反(所持)で逮捕された元タレントの田代まさし容疑者(48)について悲痛な思いを語った。

 トランペットの有名人というとクワマンになるのだなあ。そこで製品とは関係ない田代の話をしなくちゃいけないクワマンってかわいそうだな。ちなみにモーニングの『ラブマシーン』とかはクワマンがトランペットをやっているのだな。確か。ミュージシャンとしてもがんばっているという話でした。

 えー、追記。nikkeibpのサイトにイージートランペット(EZ-TP、前はEZトランペットって表記も見かけた)の記事が掲載。予想価格は3万円だそうだ。内蔵された楽曲ががっかりな内容なんだけれども、まあ、欲しいのであった。電池駆動。ACアダプタはないのかな?
 そういえば、友達が昔、カシオのデジタルホーン(だっけ?)を持っていたけど、もう使ってないだろうなあ。あれよりは簡単な気がするが、やっぱり音痴だったらだめなんだよなあ。これも。ピッチ(音程)を検出して発音するわけだから。まあ、バルブで正確な音は出るんだろけど、それの練習がめんどくさい、って人も多く買うんだろうし。さて。
 一部のDAWソフトがもってるピッチ to MIDI(録音した音声をMIDIデータに変換する機能)よりも手軽だよなあ、これ。そのためだけにあってもいいかもしれない。って話は5月くらいに書いてるな。確か。ローランドの「はなうたくん」みたいだとかなんとか。あと、Auto Tuneだな、とか。

 これでDCPRGのコピーをやりたい。多重録音で。音源はあとで、ソフトシンセで差し替え。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004年10月 5日 (火曜日)

「KKK!?」とケリ子が言った

 『団地ともお』の話。そんなこという小学生いねーよ。
 あと、「TOMOO」。「トムーって感じだな。」「YAHOOみたいだな。」って会話はあるか。いや、ねーか。やっぱり。

 あいかわらずおもしれーなあ。ビッグコミックスピリッツ連載中。

団地ともお 2 (2)
小田 扉

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年10月 4日 (月曜日)

『大奥 第一章』のそっくりさん

 前々から思ってたんだけど、今日の『いいともスペシャル』での出演で確信。

 星野真里と野波麻帆は似ている。

 身長は野波がかなり高く(っていうか星野が小さい)て、星野はかなりO脚。野波のほうが美人なんだろうけど、ネームバリューでは星野。でいいのかな。

 野波は『案山子』、星野は『リング』シリーズのどれかとかに出演。けっこうホラー女優。いや、若手の女優はほとんどホラーに出てるか。っていうか、日本映画で元気なのがホラーのみってことか。まあ、単館が多いのか。てきとーにいってみる。

 で、このドラマ。『大奥』の新作。主役が松下由樹。さてどうかなあ。だめそうだよなあ。海外赴任の友達に録画を頼まれているんだけれども。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『怪 vol.0017』の『妖怪大戦争』情報

 これで知った新情報が多い。これの原作を元にした水木しげる御大の連載マンガも開始。あれ、『神秘家列伝』はもうやらんのか。残念。前に怪のサイトからの情報でいろいろ書いたんだけど、さすが、出し惜しみしただけあって、いろいろありまして。

 さて、「鳥刺し妖女・アギ」というのが栗山千明の役名なのだが。写真キャプションには「本作では悪霊の女王・加藤保憲を愛する妖女をクールに演じる」とある。

 まあ、妖怪なのはわかってたことだが、「加藤保憲」ってだれだよ! でキャスト一覧を見ると「加藤保憲 ●●●●」とある。これは私が気を遣って伏せ字にしてるんじゃなくて、誌面にこう載ってるのですよ。
 まあ、誰かは簡単に想像つくんだけど。脚本プロデュースは荒俣宏ですからねえ。違っててもいいけど。
 あと、小豆洗いのキャストも伏せ字だな。実は未定なだけ、ってことはないよな。

 ああ、楽しみ。つっても、来年の8月だからなあ、公開。だいぶ先。とりあえずは『下弦の月』のYahoo!キャンペーンでチケットもらうことにしよう。まあ、当然抽選だけど。そういえば、『イロメロミックス』(だっけ?)のTV CMでこれのタイアップってことで、栗山出演。けっこうびっくりするね。

(追記)
 えー、主人公の男の子、の母親(なのかな? 苗字がいっしょ)が、南果歩。きっと、「かとおおおお!」っていうと思うよ。
 それから、怪17の件(くだん)特集、いまいち。ユリイカの特集の100分の1って感じ。ああ、特集じゃなくて特報ってあるか。じゃあ、しょうがないか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年10月 1日 (金曜日)

HelixServer 9が期限切れ

 実験&遊びで使っていたストリーミング用のサーバーが期限切れ。これって最新のバージョン10を落とせってことになるのかな? なんかRealのサイト行っても古いサーバーはないようだし。
 RealMediaのストリーミングサーバーの話でした。また、ビルドしてっていうのは、そんなにUNIX知らないオレにとってはけっこうな重圧なのだった。まあ、なんとかするしかないんだけど。でも、ちょっと休んでもいいような感じだったし。タイミング的に。まあ、友達向けの遊びサービスなんてそんなもん。
 1年ごと(だっけ?)のライセンス取得が必要になるってのはいかがなものか。せっかく無料で提供してるんだから。つっても、その間に穴とかが見つかったらやばいってことなんかもしれんけれども。さあ、どうすっかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロンロバのペアーズ

 『ロンロバ金メダル』の後ろにいた二人組。最後の最後でスポットライトが当たったようで。
 里中あや、福下恵美だそうで。けっこうしゃべるな。安めぐみが目標という営業トークもばっちりで。前期のポニーズからは岩佐真悠子が出てるだけに、短い期間ではそこまでは無理ってことで。恵美は久本になりたい、里中はドラマに出たいという本音でオチ。安が目標ってのはうそってことで。あっ、Poohも終わりなんだね。
 
 といいつつほんとは『次長課長』が見たくてチェックしたわけだけど。木村祐一(漢字あやしい)が推してたね。いままでおもしろい気がしなかったんだけど、今回はおもしろかった。プラシーボ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スカパーは豪雨に気をつけろ

 えー、ただいま、先週録画したRISING SUN ROCK FES(略称はRSRでOK?)をチェックしている最中。LAYONAのとこで画面が乱れる。MPEG2特有のブロックノイズ。と思ってたら「受信できません」とかほざいてる。がーーーーん。というわけで、そこ録画できてませんよ。がっくり。佐藤タイジが出てるのにな。タイジのオバQクチビルで画面が固まってるのはおもしろかったけど。
 というわけで、こういうときは再放送してくれんもんかと。って、前も言った気がしてきた。

 で、サンボマスター。だんだん好きになってきたよ。日本一ブサイクなロッカー。なんかいうことあったけど、忘れました。CHARAのバンドのベースは高桑(GREAT 3 & HONESTY)で、パーカッションにハナレグミとLAYONAがいたよっていうメモだけで。

 とにかく、MacユーザーはみんなでLogic買えばいいじゃん。Expressでいいから。そんくらいいいなあ。さて。仕事以外でMac立ち上げないオレが言うのもなんだけど。そんなことよりもNI KOMPLETEのチェックにいまだ費やしている。さて、これが生きる場面はあるのだろうか? これでまた拍手作ってるだけだったら笑うな。うそ。

 あと、iPodの使い方メモ。Windowsの話。標準だと「同期する」とかになってるんだけど、それは却下。PCのHDD容量がNI KOMPLETEのせいで足りないので、MP3ファイルもぜんぶiPodに転送するために。どうせ空きはいっぱいあるし。手動で同期にして、HDDとして使うようにするとMP3データをiPodにおいて、それをiTunes経由でiPodに転送できることがわかったので。二重にiPodのHDD容量を食うわけなんだけど、PCの空きがないんだからしょうがない。これでもiPodは20Gバイトなので余裕なのだ。どうせFAT32だからビデオファイルの転送には使えないしな。データストレージとしては妥当な使い方か。同期にすると複数PCからの転送ができない(っていうか、iPodの中身がクリアされるから。これで臆してたんだけど、これはデマだった)。しらんけど。手塚治虫全集のDVDもiPodに入れてしまおうと思うよ。ぜんぜん見てないし。っていうメモ。

 えー、RSRの続き。今電気グルーブを見てるんだけど。卓球は自前のスタジオではWindowsでCubase VST/32を使ってると言ってたんだけど(いつの話だよ!)、ライブではPowerBookなんだよね。なぜ? 安定性とか? かっこよさとか? あと、DJ TASAKAがヒゲ伸ばしてました。

 それから、ソニーがレーベルゲートCDをほんとに撤退ってのが正式に発表。だそうで。いうことナス。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »