« テクノポップなサウンドで人気の | トップページ | 『笑っていいともスペシャル』に大泉洋 »

2005年1月 8日 (土曜日)

珍しく朝から活動

 朝早く目が覚めたので、勉強の続き。Amazon Webサービス(AWS)でいろいろテスト。昨日の夜から作っているBookmarkletをいじっているのですが。

 AWSが止まっている模様。最新版のAmazon E-Commerce Services(AECS)も同様。ありゃりゃ。G-Toolsの検索機能(マイ・ショップからの検索も同様)もおかしな表示(XMLのレスポンスだけが生で表示される、っていう表現でいいのかな?)になっているのでした。
 まいったな。

 まあ、先月からこういうことがたびたび起きているようですが。

Amazon.co.jp: 本: Amazon Hacks 世界最大のショッピングサイト完全活用テクニック100選 AWSがちゃんと動いてないとなんも進まないのだよなあ。いろんなところから膨大なリクエストが行っててあっぷあっぷしてるとか? いや、わかりませんが。

 で、結局自分がやりたいことには昨年末に買った本は役に立ってません。いちおう読了したのですが、やっぱりCGIなんかが動くサーバー(およびWebスペース)がないと本格的には役立ちそうになくって。いや、まあ、今後役立つとは思いますが。
 結局Goodpicさんとこ(左下のBlogPeopleにリンクあり)とかをえんえん回っておりますです。

 と、書いてるうちにAWSが復活。この調子だとなんとか今日中に公開までいけるかな?

 ちなみに、今何を作っているかというと。ページの左下にNUMBER GIRLのCDタイトルがずらっと並んでおるわけですが。こういうリンクを簡単に作ろうというツールなのでした。Amazonの検索結果をどうこうする、みたいなことを考えてたのですが、他の方が作った既存ツールを利用すれば簡単そう。ということで、G-Toolsのマイ・ショップで作ったものをリストできるようにということで。最初は同じくG-Toolsのマイ・コレクションというのを使って作成してたのですが、そちらはメンテナンス停止でマイ・ショップに移行ということでしたので。
 マイ・ショップはとっても便利で簡単です。G-Toolsからどうぞ。これを使えば、自分自身のセレクトショップが簡単にできます。Amazon本体のリストマニアなんかと比べると雲泥の差。すばらしいです。
 これを自分Dみに使いたいってことでBookmarklet作成が進んでいます。マイ・ショップのリンク作成機能にいまひとつ好みのものがなかったので。あれ、この話前にもしたか。過去ログの「勉強」カテゴリ参照。

●すげー便利なマイ・ショップ

 えー、そうこうやってる最中なんですが。マイ・ショップのすげー便利だと思った機能について書いておこう。

 マイ・ショップは最大15のカテゴリが作成でき、それぞれのカテゴリについて30件の商品が登録できます。で、そのショップ内の商品用のリンクを画像付きで作成できるわけです。

 そのリンク作成機能が多岐に渡っててすごい。マイ・ショップのトップページや各カテゴリページへのリンクはもちろん、カテゴリ内の商品のリンクも作成できます。で、その商品リンク。
 商品全部へのリンク(当然画像つき、なしが選べる)をずらっと作るほか、カテゴリ内のうちいくつかをランダムで表示するってのもできるのでした。うわ、これ気がつきませんでした。今まで。しかもリンク先はマイ・ショップの自分のページだけでなく、Amazonの商品紹介ページに直接リンクすることもできます。

 というわけで、サイドバーの左(追記05.02.04:現在右上。今後場所はころころ変わる可能性あり)の「ランダムリンク」でテストしたりしてるわけです。リロードするたびに違う商品画像が出るので、見た目の変化があっていいかな、と思ったり。画像がない商品を登録から除外すれば、確実に画像が出ます。Amazon本体の検索によるリンク作成と違ってこういうワザが使えるのもナイス。

 という友達への伝言でした。何をいまさら、といわれるかもしれませんが。感動したので書いてみました。あと、Bloglinesへの登録用リンクもちょっと前につけました。メモ。


|

« テクノポップなサウンドで人気の | トップページ | 『笑っていいともスペシャル』に大泉洋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35726/2506735

この記事へのトラックバック一覧です: 珍しく朝から活動:

« テクノポップなサウンドで人気の | トップページ | 『笑っていいともスペシャル』に大泉洋 »