« 変わりゆく秋葉原 | トップページ | 「ブログはミニコミだ」と竹熊健太郎がいう »

2005年2月25日 (金曜日)

チューヤンが引退、帰国

 ひっそりと。

 って言葉がしっくりくる感じで。Web報知のニュースから。レポーターの梨本が彼を直撃、とかいう記事になってる。

 『進め! 電波少年』における俳優の伊藤高史とのコンビ名が「朋友(パンヤオ)」ってのはあんまり記憶に残ってないのではないかと思う。まあ、無理やりつけたような名前だったし。

Amazon.co.jp: 音楽: DIAMOND15 で、その伊藤高史のほうは役者として今も活躍中。ドリカムのビデオクリップにも出てたか、昨年。『砂の器』の主題歌だったやつ。「やさしいキスをして」か。ああ、あれには宮崎あおいも出てたか。で、このクリップ。ドリカムのアルバムのDVD付き限定版(?)に収録されてるそうだ。見たいな、これ。でも、Amazonでは売り切れか。しかも中古でもプレミアついてるし。時すでに遅し、か。ということでリンクは今でも買える通常版で。


|

« 変わりゆく秋葉原 | トップページ | 「ブログはミニコミだ」と竹熊健太郎がいう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35726/3073058

この記事へのトラックバック一覧です: チューヤンが引退、帰国:

» チューヤン、芸能界引退し香港に帰国 [流れにまかせるコト]
あの旅から7年も経ったんですね、少し残念です [続きを読む]

受信: 2005年2月26日 (土曜日) 午後 08時16分

« 変わりゆく秋葉原 | トップページ | 「ブログはミニコミだ」と竹熊健太郎がいう »