« 『ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン』ってゲームじゃなかったんだね | トップページ | RIP SLYME『UNDER THE SUN』のシンセはSH-101 »

2005年9月20日 (火曜日)

悲しき175R

 知り合いと最近のロックについて話したりすると、必ず「175Rってなんだよ」って話になる。

 で、今、スカパーで「ROCK IN JAPAN FES」を見ていると、その175Rが出ている。

 音楽性の話は置いておこう。

 ドラムの人が、イシバシハザマのパーマの人に似ている。

 ギターが猿岩石の丸顔の方に似ている。

 そう思うとちょっと面白いよね。うそ。

 ジュンスカのカバーをやるっていう話を聞いたんだけど。しかも『白いクリスマス』。確かに175Rにはジュンスカの影響が垣間見える。3割引きのジュンスカ。少なくとも、ジュンスカのほうがルックスは数倍上だなあ。

KEEP ON SMILE そんなジュンスカのリーダーの森純太はAI+BANDでギターを弾いている。ドラムは元ユニコーンの川西(西川)さんだ。なんかいろいろあるよね。どっかの出版社の年末パーティのゲストが篠原ともえで、ギターとベースがユニコーンの人(テッシーとEBI)だった、って聞いたときにはちょっと悲しかったよ。


|

« 『ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン』ってゲームじゃなかったんだね | トップページ | RIP SLYME『UNDER THE SUN』のシンセはSH-101 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35726/6038908

この記事へのトラックバック一覧です: 悲しき175R:

« 『ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン』ってゲームじゃなかったんだね | トップページ | RIP SLYME『UNDER THE SUN』のシンセはSH-101 »