« ウォークマンに足りないものは秀逸なキャッチコピー | トップページ | 知らなかった。田渕ひさ子のtoddleについて(BlogPet) »

2005年9月 9日 (金曜日)

ハウスの定番KORG M1もソフトウェアシンセ化

 ついにM1もソフトウェアシンセになる時代ですよ。KORG Legacy CollectionでMS-20、Polysixをソフトウェア化したKORGなので、当然いつかはM1も! と思ってた人は多いはず。

 M1といえば、ハウスのピアノはこれ! といわれたくらい定番のシンセであり、その後のKORGのTritonとかTRINITYなどにもM1由来のピアノプログラムが内蔵されていたのは記憶に新しいところ。

 とかいってはみたものの、いまだにハウスのピアノの定番がM1のあの音色、ってことはないかもなあ。

 とにかく。
 KORG Legacy Collection DIGITAL EDITION

 注目しておきましょう。しかし。

LegacyCollection M1のほかに収録されるのがWAVESTATION v1.5とマルチエフェクトのMDE-Xってのはどうだろう? 先のLegacy Collection(MS-20のレプリカがついてて話題になったあれ)とかぶってるよね。バージョンアップ版はニュープロダクトではないわけで。

 と思ってたら、ラインナップが変わってるのな。10月1日にそれぞれ発売になる模様。
 新たにANALOG EDITIONってのが出て、それにはMS-20とPolysixとLegacy Cellをバンドル。
 ANALOGとDIGITALかあ。まあ、わかりやすい分け方ではあるな。

 そんなこんなで旧来のCollectionユーザーには優待価格が用意されるとのことで、まあ、ひとまず安心。

 知り合いでいまだにマスター鍵盤はM1って人が少なくとも二人いる。ソフトウェアシンセ版の登場でリアルM1を手放せると思うわけではないと思われるところが、やはりM1が名機だったことの証明になるだろう。いや、大げさ。さすがに鍵盤もへたってるだろうなあ。どう?

KORG M1R(中古品) なんでも取り揃えている楽天でも、さすがにM1は扱ってなかった。しかし。ラック版のM1Rはあった。すげー。


|

« ウォークマンに足りないものは秀逸なキャッチコピー | トップページ | 知らなかった。田渕ひさ子のtoddleについて(BlogPet) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35726/5854018

この記事へのトラックバック一覧です: ハウスの定番KORG M1もソフトウェアシンセ化:

« ウォークマンに足りないものは秀逸なキャッチコピー | トップページ | 知らなかった。田渕ひさ子のtoddleについて(BlogPet) »