« 木更津キャッツアイ続編映画の続き | トップページ | 池玲子のCD『恍惚の世界』売り切れ »

2005年12月 7日 (水曜日)

「天使の恥部」菊地成孔とペペ・トルメント・アスカラール

 久々、と思うと実は半年もたっていないかもしれない。前回見たのは恵比寿リキッドでの6月20日だった。今回もゲストはカヒミ・カリイ。加えて内田也哉子(うちだややこ)。今日の昼、内田裕也さん宅に空き巣が入った件でインタビューを受ける内田裕也さんをテレビで見たばっかりだったので、なんか不思議な感じ。也哉子さん、すごい大きいです。いや、カヒミさんと菊地さんが小さいだけかもしれません。

南米のエリザベス・テーラー 今回は全席指定。演劇などをやる会場(アートスフィア)だったので、けっこうゴージャスで、思わず眠ってしまいそうに。眠ったらもったいないような気もしますが、それはそれで贅沢な感じではなかったかと思われます。しかし、MCはあいかわらず。カヒミを凍らせるフランスの暴動の話とか。
シングルV 「愛の意味を教えて!」 あと、会場が入ってる天王洲アイルの「アイルって何」、「アートスフィアのスフィアって何? それは知ってるけど」とか。いや、アイルもスフィアも意味わかりません。「アイルの意味を教えて」ください。

 ところで、「京マチ子の夜」と「「ルペ・ペレスの葬儀」のテーマ部分。SAXとバンドネオンがユニゾンするところ。ベースも同じ感じで弾いていた(ちょっと違うけど)。前聞いたときは違った気がするんだけど。とにかく、ベース、すごかったな。鈴木正人。あと、鈴木正人を見るのはけっして初めてじゃないし(それこそ最初に見たのは15年くらい前だったりする)、いろんなバンドでも見たはずだが。今日はじめて「中村ゆうじに似てる」と思った。口元の感じかなあ? たまたま最近中村ゆうじ出演番組を立て続けに見たからか。「冗談画報II」の「FUNKY KING」とかな。


|

« 木更津キャッツアイ続編映画の続き | トップページ | 池玲子のCD『恍惚の世界』売り切れ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35726/7502129

この記事へのトラックバック一覧です: 「天使の恥部」菊地成孔とペペ・トルメント・アスカラール:

« 木更津キャッツアイ続編映画の続き | トップページ | 池玲子のCD『恍惚の世界』売り切れ »