« W-ZERO3購入の顛末 | トップページ | 中川翔子 松田聖子 歌詞が天才 »

2005年12月21日 (水曜日)

W-ZERO3が壊れる話

 どんなに不運なんだよ、俺。今日、ちょっと落としたら、液晶にひびがはいって、何も表示しなくなりました。最悪な状態。液晶はまっくら。っていうか、右半分がちょっと光ってるけども。ぜんぜんだめ。
 せっかく今日、ウィルコムアキバに行って京ぽんのデータを写したばっかりなのに。明日もまた行くよ。弱すぎ。

(追記)
 ちなみに。
 1mくらいの高さから落としただけで壊れました。普通の携帯電話ならこんくらいでは壊れないわけで。重いからなあ。W-ZERO3。ストラップつけとけば手から滑り落ちる確率は減ったであろうなあ、とか。後悔ばかりが。
 あと。「天国から地獄」って言葉も浮かぶな。


|

« W-ZERO3購入の顛末 | トップページ | 中川翔子 松田聖子 歌詞が天才 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35726/7740704

この記事へのトラックバック一覧です: W-ZERO3が壊れる話:

« W-ZERO3購入の顛末 | トップページ | 中川翔子 松田聖子 歌詞が天才 »