« 『一週間の恋』 雑誌のパブ記事、ドラマのパブリシティ | トップページ | オリビア・ニュートンジョン来日 »

2006年1月 6日 (金曜日)

『女王の教室』 思い出し泣き 思い出しただけでも泣く

 思い出し笑い、という言葉がある。それを実感することはあんまりない。でも、思い出し泣き、ってのは個人的にけっこう多い。そういう言葉が一般的にあるかどうかは別として。

女王の教室 DVD-BOX 2005年末は『女王の教室』で個人的に盛り上がったんだけれども。DVDが欲しくなったりしたので、Amazonのレビューを改めてチェックしてみたり。そのレビュー見てるだけで、涙があふれてくるってのはどういうことか? あほあほ。そういえば、春には続編、っていうか、阿久津マヤがどうしてああなったか、っていうスペシャルがあるそうだ。

青の炎 特別版 映画の内容を思い出しただけで泣きたくなるってのは、『青い炎』でも味わったか。すんげー単純なのな、俺。

 あと、びっくりしたのが。

 アクツマヤ=悪魔、神田和美=神っていう解釈。そして、進藤ひかる、も神童からきてるので神、つまり、悪魔に対抗するためのキャラクターっていう説。元ネタわかったらあとでリンクするけど、これすごい。確かにそうなんだろう。っていうと、高校時代の阿久津っていう友達に怒られそうだ。その阿久津のオヤジも先生だったな。習ってないから知らないけど。どうしてるかなあ、阿久津。


|

« 『一週間の恋』 雑誌のパブ記事、ドラマのパブリシティ | トップページ | オリビア・ニュートンジョン来日 »

コメント

阿久津魔矢
国語の高校教師阿久津は毛が少なかった。どんな人かはまったくわからない。

投稿: まお15才 | 2006年1月 7日 (土曜日) 午後 10時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35726/8024208

この記事へのトラックバック一覧です: 『女王の教室』 思い出し泣き 思い出しただけでも泣く:

« 『一週間の恋』 雑誌のパブ記事、ドラマのパブリシティ | トップページ | オリビア・ニュートンジョン来日 »