« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月

2006年3月31日 (金曜日)

あんたも変だよ『ここが変だよ、“国家認定ビンテージ”』

 PSE問題。まあ、問題である。先日公開されたいわゆるビンテージ認定リスト。確かにおかしなところばっかりなのである。「俺の家、ビンテージもんだらけじゃん」なんて思ったもの。ありえねー。

 で、そのへんを指摘している記事がITmediaにアップされた。「ここが変だよ、“国家認定ビンテージ”」。

 他のブログから拾ったと思われる情報らしく、書いている本人だってわかっていないと思う。

同じ機種がダブって記載されているものもある。Colombiaの欄には「EP-61C」「ELEPIAN EP-61C」とあるが、ELEPIANはブランド名で、この2つは同じものを指す。さらに言うと同機には電源がなく、PSE法の規制対象外だ。
 ColombiaじゃなくってColumbiaだろ、っていう突っ込みはいらないのか? 指摘する記事がこんな状態ではなんともはや。ほかにも指摘したいとこはいっぱいあるけど、このへんでやめておこう。って、これも間違ってたらどうしよう。まあいいか。個人ブログだし(ひどい)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東芝のHD DVDプレーヤー発売、今日から!

 これびっくりするね。タイトルの発売の延期がついこの間伝えられたばかりだったのに、プレーヤーは本日発表、本日発売。いや、出荷はまた違う、とかいいそうだけれども。ソースはインプレスのWatch。「東芝、HD DVDプレーヤーを3月31日発売

小野真弓 OVERTURE 発売予定のタイトルラインナップも写真で紹介されている。売れ筋と思われる洋画、邦画(『パッチギ!』も!)がそれなりにあるという印象。その中に「小野真弓 OVERTURE」ってのがあるのがおもしろい。DVDですでに出ているやつっぽいけど、もともと画質にこだわったタイトルなんでしょうか(ここで掲載してる写真はDVDのジャケット)。これだけ違和感あり。まあ、いいか。

 なんでも、この発表会。メディアへのお知らせが昨日だったという。前日ってのはこの業界では珍しいことのはず。いや、一部のメディアだけ昨日だったのかも。発表会に来場する人の人数が足りないとかっこつかないからもともと声をかけないつもりだったとこにもかけたとか? いや、わかりませんが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月30日 (木曜日)

ココログのバージョンアップ

 いや、ぜんぜん知らなかったんですが。行われたようです。RSSリーダーでチェックしてるSHINOblogさんとこで知りました。で、バージョンアップを楽しもうを参考に、スタイルシートをココログの機能にしたがって変更してみました。これまでは無理やりマイリストの項目に無理やりつっこむということをしてたんですが、その必要がなくなったってことで。これは楽! っていうか、前に使ってた方法もSHINOblogさんとこで知ったんだったなあ。でもって、スタイルシートのカスタマイズは昨年始まったココログFreeのほうが先に実現されてたわけで。このへんがいろいろありますよね。っていう話よりはこの時間の投稿ページの重さのほうが気になる。まあ、こういうことはたびたびありましたよね、ココログ。

 メモ的な記事はあえて、改行なしで飛ばしてもらう。そんな私です。なんつって。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

黒電話型USBフォンはけっこういいらしい(BlogPet)

きのうはここまでpointと文章を電話した。
pointのフォンも理解するつもりだった。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「rallii」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月29日 (水曜日)

黒電話型USBフォンはけっこういいらしい

 懐かしいダイヤルのついた黒電話。そんなデザインでちょっと前にちょっと話題を集めたっぽい商品。「DC-NCTEL1」。レビューがインプレスのWatchで公開された。
 古き良き時代の黒電話をかたどったスカイプ対応クラシックUSBフォン

 これ読むとけっこうよさそう。重みがある、ワイヤードであるってことはなんとなく理解できてても、文章を読むまでは実感としてわかってなかったのだなあ、と思ったり。しゃれで買うには高い気がしてたけど、そうでもないかもなあ、と思えてきた。問題はやっぱり置き場所かなあ。

 そういえば、最近Skypeで大爆笑、なんてことをしてないなあ。W-ZERO3のSkypeもバージョンアップしてなかったか。久々に試してみよう。誰かよろしく>友達。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さすが、ウッチャン。鶴の間

 おもしれーなあ。

 こんな番組が終わるのはすんげー残念。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年3月28日 (火曜日)

いまできること、できないこと

 Webサービスを使ったサービス。できるだけがんばっている。でも、できないこともある。ブラウザ間の互換性とか。2時間くらいけかてもできなかった。すんげーがっくりした。俺、もうだめかも。とかいう。うそ。

 泥酔プログラミングだからだ。明日は酔っ払わない状態で望んでみよう。とか。どうだろう。

 とりあえず、友達へのDVDとCDは送れたようだ。どうだろう?

 不思議な商店街っていう歌はないんだよ! 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

忍者ツールズ、機能追加? とβ版、ベータ版。

 アクセス解析の忍者ツールズ。NINJA TOOLS、とかshonobi.jpとか言い方はいろいろあるだろうと思うけど。

 検索フレーズが追加されたのがうれしい。単語じゃなくってフレーズ。単語+単語っていうやつ。

 そのへんはBlogPetに頼ってたので。で、検索エンジンごとに分かれている模様。

 β版ってことになってる。「ベータ版」。っていうか、この言葉は一般的なのかなあ?

 前にいた会社でこの言葉初めて知ったんだよな。ベータ版。開発途中のバージョンっていう意味。かなりおおまかに言って。でも、コンピュータ業界じゃないとこんな言葉は通じないと思う。10年以上たってもこういう言葉を平気で使う人がいるのにはびっくりする。誰でもがアクセスできる範囲にそういう言葉があることにちょっとびっくり。

 ベータ版、β版、ていう語句とか言葉とか単語は一般的じゃないですよ。>忍者ツールズ。忍者TOOLS。まあ、いいか。

 β版にいたらないバージョンはα版。アルファ版。これもどうかと思う。まあいいか。そういうとこで育った(教育された)俺には違和感なし。じゃあ、いいじゃん。

 でも、誰かが言っておかないといけないと思った。少なくとも、俺の友達はβ(ベータ)版、α(アルファ)版、って言葉は知らないと思う。知らなくてもいいけど、知ってる人が不用意に使うことが多い昨今、警鐘を鳴らしておいた。うそ。気にいらないやつがいたから、へこましてやった。これもうそ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月23日 (木曜日)

引用部分をblockquoteタグではさむブックマークレット(BlogPet)

きょうpointの、引用するはずだったの。


ちびまる子ちゃんの実写版、ドラマがこの春、放送される。
キャストでは清水ミチコが母親だとか、お姉ちゃんが福田麻由子(ふくだまゆこ)だとか、お父さんが特殊な髪型の俳優だったりとか、おじいさんがモト冬樹であるとか、お姉ちゃんが美山加恋(みやまかれん)であるとか、たまちゃんが福田麻由子(ふくだまゆこ)だとか、それだけでもけっこうおもしろそうではあるのだが。
大人になったまる子として、木村カエラ(!)が出演するということが今日発表。
で、いいのか.


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「rallii」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月22日 (水曜日)

コーネリアス新曲『toner』はどうなのかな?

 CORNELIUS + 高木正勝 による『toner』。サウンド & レコーディング マガジン(サンレコ)の付録DVDの話だ。どんだけ期待してたかは、「コーネリアス+高木正勝「toner」がサンレコ付録DVDに収録」で書いた。で、感想をいうのがこのエントリ。

 結果。期待はずれ。まあ、付録だから。

 これについて、「さすがコーネリアス!」とかいう感想もあるだろうけど。結局付録用でしかないよなあ、ってのが俺の正直な感想。プリンタの音を使った練習曲、っていう感じ。tonerってのはトナーか。プリンタの。とかそういう感じ。もちろん、これがアルバムの中の1曲ならなんの問題もない。でも、久々の曲なので過大な期待をしてしまったような気配。たとえば、「Point of View Point」とか「DROP」とかのシングルとは意味がまったく異なる。なのに、そういうものと同じ期待をしてたこっちが馬鹿だったのかと。シングルじゃないんだよなあ、これ。やっぱり。

 これがすんごくよかった、って人の気持ちがまったくわからない。悪いけど。いや、なにが、ってことだけど。

 でも、コーネリアスの新曲に飢えてたこの気持ちはなんとか報われる、と思う。最初と話が違ってるけど、そういうアンビバレンツな感情を持たせるのが、この曲だ。まあ、ファンなら買わざるを得ない、っていうのは最初の期待と変わらないのな。てきとーすぎるか。これじゃ。映像についてはなにも言うことはない。曲相応にはがんばっている、とか。

 それよりも、このサンレコ。特集がすんげーよかった。あとで、ひまあったら書く。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年3月21日 (火曜日)

『アンフェア』が示したエンドロールの使い方

 映画館でエンドロールの最中に立ち去ろうという人が多い。それを見ると、なんのために映画を見に来ているのか? とか思う。さらに。客電(っていわないか)をつけちゃう映画館は。やめちまえばいいと思う。

 まあ、それはいいとして。

 ドラマ『アンフェア』が最終回を迎えた。

 エンドロールで犯人の犯行現場を次々と流す。本編では流れなかった映像だ。

 その後。

 ドラマの初回と同じシチュエーションを主役の篠原涼子(雪平)が演じる。場所は違うが。死体と同じ格好で同じ現場に転がり。これもよかった。すばらしい余韻を感じさせるドラマ。

 そういえば、第一回からエンドロールに出てるのに、本編には出てない人がいて、そのエンドロールの背景に突然、次回の出演者が出てくるっていう演出があった。エンドロールも含めての演出(ログ「アンフェア」)。あのころはこんなにおもしろくなるとは思わなかった。とりあえず、脚本よりも演出が冴えてたと思う。同じ脚本家のドラマはこれまでおもしろくなかったので(言いすぎだったらすみません)。

 とにかく。ミヨちゃんが何事もなくてよかった。

 でもって。最終回エンドロールを見てたら、最初から見返したいって思ったりするわけで。DVD買うかなあ。

 近年まれに見るおもしろいドラマだったなあ、というのが感想。いや、本気で。

(追記)
 先週の放送が終わった時点で、犯人は○○だな、とか友達と言ってたのだが。ほんとに当たっててびっくりした。で、管理官のあれは不問になるの? わりとみんないい人で終わりになってるのがちょっとあれだけども。とりあえず、泣いたことだけは確か。それにしてもミヨちゃん、無事でよかったな(そればっかり)。推理ものとしてはアンフェアな部分が多かったという意見が多かったけれども(さっきそのへん見回したら)、それは見逃してるだけかもしれない。ここは原作読んだり、DVDで見直したり、ってとこが必要かもしれない。わざとそう作ってある(DVD見返してああ、みたいな)のかもしれない。やりかねない。まあ、それもいいかな。とにかくいいドラマでした。出演者の今後にまた期待が持てるって意味でも。とくに若手な。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宮川泰さん、やすらかに

 昭和の偉大な作曲家、宮川泰(みやがわひろし)さんがなくなった。

 大好きな曲がいっぱいあったなあ。Yahoo!のニュースでは、「『宇宙戦艦ヤマト』や歌手ザ・ピーナッツのヒット曲などで知られる」ってあるけども。

 『てるてる家族』の音楽もやっていた模様。インタビュー記事「宮川泰さん 誰も書いたことがないメロディを」。このインタビュー、ぐっとくる。『てるてる家族』。すんごい見たいんだけども、DVD化されてないんだよね。もったいない。

 ここ数年は紅白歌合戦のエンディングでの指揮でしか見ることがなかったけれども。昔はいろんなバラエティでおもしろいこと言ってたよね。

 ご冥福をお祈りします。

 告別式の喪主は長男の彬良(あきら)さん。

 ミュージカル『星の王子さま』の音楽や、NHK教育『クインテット』の音楽を手がけるこれまた作曲家だ。

 ジャンルこそいまはお父さんと違うけど、お父さんのような偉大な作曲家になると思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月18日 (土曜日)

ウィルコムファンサイトってのができてるが

 W-ZERO3専用なのかな? ドメイントップ行ってもwzero3っていyフォルダにリダイレクトされちゃう。

 でもって、ASCIIなのだった。むー。あとでよく見よう。メモ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月16日 (木曜日)

Amazonに情報がないなら「はてな」を見ればいいじゃないか。っていうブックマークレット

 いろんなところで見かけるAmazonアソシエイトのリンク。「おっ、この商品もう出てるのか?」「こんなもんが!」とか思わされ「教えてくれてありがとう」なんていう感想を持ったりする。ついでにそこ経由で買ったり、ってこともあるのだけど(恩返し、って意味で)。でもって、Amazonの商品ページに行っても情報が少なーい。他人の感想がもっと知りたい、なんてこともある。それを解決するためのブックマークレットBookmarklet)。なげー。アゴなげー。

 そもそもAmazonのレビュー。投稿があっても反映されるのにけっこう時間がかかったりする。発売されたばかりの商品だとレビューがない、なんてことも多い。あるいは発売前にてきとーに予想で書いてたりするレビューとか(あれ、やめてほしいな)。じゃあ、別のとこを参照すればいいじゃないか、ってことで、挙がるのが「はてな」だ。「はてな」では、はてなダイアリーで言及された商品のASIN(簡単にいえばAmazon独自の商品番号)を集計、管理している。でもって、注目商品のランキングなんかも公開している。これすんげー便利。

 まあ、そういうわけで。
 Amazonのサイトで個別商品ページ( http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0007KWPDI みたいなURL)で、ここで紹介するブックマークレットを実行すれば、はてなの同商品のページ(はてなダイアリー - OMOIDE IN MY HEAD 1 ~BEST&B-SIDES~ -)が新しいウィンドウで開きます。ページ上部には各種情報があり、その下にあればユーザーレビュー、その商品を含む日記が表示されるという寸法です。その日記などで評判を確かめれば買い物で失敗は減るんじゃないかと。希望的観測。

 じゃあ、インストール用リンク。

 はてなでの評判(←現在動きません。下のリンクから最新版を)

 名称がしょぼいのは気にしない方向で。右クリックで「お気に入りに追加」とかドラッグでツールバーのブックマークに追加する、とかで。警告が出てもそのままOKしてやってください(とくにまずいコードはないはずなので)。とりあえず、WindowsのIEとFirefox、Operaで確認してます。MacOSはどうだろう? テストしていただいた方、コメント、トラックバックいただけるとありがたいです。

 あと、Googleツールバーをインストールしてたり、Windows XP SP2だとポップアップブロックが働いたりすると思うので、Amazonについてはそれを解除しておいてください(許可だっけな?)。

 ちょっと便利。な気がする。どうだろう?

 ついでに。
 Amazonだけじゃなくって、URLに「ASIN」(小文字でもOK)が含まれているようなページでも動きます。たとえば、amazlet.comとか。じゃあ、よろしくお願いしまーす。

追記:3月19日。
 はてなに同じような目的を持って動作をするものがすでにありました(はてブのコメントで知りました)。
 http://www.hatena.ne.jp/tool/bookmarklet を参照。というわけで、そちらをどうぞ。

追記:5月10日。
 AmazonのURLが変更になったので、ブックマークレットを更新しました。
 「Amazon個別商品ページのURLが変更に」 からどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

W-ZERO3新色発売日が3月8日に決定(BlogPet)

ネットで早い基本を使いたおす本思ったよりも早い
とかを混乱したかったの?
だよ♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「rallii」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月15日 (水曜日)

引用部分をblockquoteタグではさむブックマークレット

 引用部分は「blockquote」タグで挟んで(っていうか囲んで)、段落を下げる。そうすることで、地の文(自分の文章)との差別化を図る、なんてことをよくする。引用なのに、自分の言葉みたいに書くのはやめていきたい。

 ということで、blockquoteはよく使う。さらに、よくわかるようにスタイルシート(CSS)を使ってさらに差別化をしたりするのだけれども。

 毎回、「blockquote」タグを手で書くのは面倒だ。ということで、またもブックマークレットBookmarklet)を作成。まあ、前回、前々回のエントリ(アフィリエイトリンクを右寄せ、左寄せにしたい)の応用。っていうか、そのまんま。またもWindowsのIE専用。なんで専用かは上記リンク参照。

 じゃあ、インストール用リンク。

 sel2blockquote

 これを右クリックの「お気に入りに追加」かなんかで。リンクバーとかに入れると楽でいいかも。でもって準備完了。

 で、使い方。エントリー入力時。どっかのサイトから引用したい部分をコピペしますね。でもって、そのペーストした部分を選択(マウスでドラッグ、または、[Shift]+カーソルキー)。その状態で先ほど登録した「sel2blockquote」をクリック。そうすると、選択範囲が「blockquote」タグで囲まれて、段落を下げることができるようになります。

 ついでに。スタイルシートの設定もしておきましょう。これは「sel2blockquote」を使わない人でも、やっておくと見た目に変化が出ていいかも。このブログで指定しているのはこんな感じ。

blockquote { background-color:#eeeeff;
border:1px dotted #DDDDFF;
padding: 5px;
}

 上から背景色、枠線のデザイン、枠と内容の間、って感じ。dottedをsolidにすると点線じゃなくって実線になる、だっけかな。

 じゃあ、これを使った例。ソースは日刊スポーツ

クドカンがTBS昼ドラに初挑戦
 脚本家宮藤官九郎氏(35)が昼ドラに初挑戦することが13日、明らかになった。TBS愛の劇場「吾輩は主婦である」(5月22日スタート、月〜金曜午後1時)で、斉藤由貴(39)及川光博(36)を中心にしたホームコメディーの脚本を手掛ける。主婦に夏目漱石が乗り移るという奇想天外な設定で、宮藤氏は「連ドラ以上の気合で書く」。昼ドラ界もクドカンワールドが席巻しそうだ。

 これで、引用も楽にできます。だといいな。例によって質問などはコメント、トラックバックなどで。後者の場合はあなたのサイトに答えを書きに行きます(いや、できないかも。まあ、できる範囲で)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月13日 (月曜日)

楽天アフィリエイトの画像を左寄せ、右寄せにしたい

 楽天アフィリエイトで生成されたリンク用コード自体に手を加えないで、デザインに自由度を出すためのブックマークレット。

 楽天アフィリエイトではおすすめ商品を紹介するための画像リンクおよびテキストリンクが作成できます。

 でも、それでリンク用コードを作って、そのまま貼り付けると、右側ががら空きでデザイン的に美しくない、っていう悩みがあったりします。たとえば、こんな感じ。

女王の教室 DVD-BOX【VPBX-12949】=>20%OFF!女王の教室 DVD-BOX

 右側ががら空きでなんかさびしい。でも、これを左寄せ、とか右寄せできたらどうだろう? たとえば、こんな感じ。

女王の教室 DVD-BOX【VPBX-12949】=>20%OFF!女王の教室 DVD-BOX
 このドラマ、すごいおもしろかったです。とくに、主演の○○さんの冷徹無比なキャラクターと、それに対抗し、成長していく生徒たちの演技がすばらしくよかったです。  とかなんとかー。

 っていう、感じ。こうすると、無駄な空きスペースとか気にならないですよね。

 こういうのをやる場合には、「img」タグにいろいろ足して、っていうふううにすると思うんですが、楽天アフィリエイトでは、タグの改変を認めてないわけです。まあ、そんな気にすることない、っていう人もいっぱいいると思うんですが、気にする人も多いようで。

 じゃあ、楽天で生成されたタグはそのままで、それをはさむ形で別のタグを加えれば問題ないだろう、ってことで。ここで紹介するブックマークレットを利用すれば、規約違反を気にせずに、左寄せ、右寄せのレイアウトが簡単にできます。

 sel2l(楽天広場用) | sel2r(楽天広場用)

 上記2つのリンクをそれぞれ、ドラッグでお気に入りに追加します。XP SP2だとうまくいかないので、右クリックで「お気に入りに追加」してください。警告が出ますが、それは無視してください。これで準備段階は終了。

 実際にエントリを書く際には、アフィリエイトリンクを記事中にペースト。その貼り付けた部分を選択した状態で、先に追加した「sel2l(楽天広場用)」(左寄せ用)または「sel2r(楽天広場用)」(右寄せ用)を、お気に入りからクリック。これで、左寄せ、右寄せ用のタグが追加されます。

 楽天ではclassの指定ができない(やるとエラーが出る)ので、背景や枠線などを楽に加えるといったカスタマイズはできませんが、それでも、簡単だからいい! っていうメリットはあると思います。当然ながら「アフィリエイトリンクを右寄せ、左寄せにしたい」をもとにしたブックマークレットです。

 なんか、うまくいかないー、などの質問、ご要望はコメント、トラックバックなどで受け付けたいと思います。よろしくです。

 おまけ。

 画像とテキストの両方を使う場合(間に改行入ってます)も、このブックマークレットがうまく効いてくれます。

 ここでは、画像のあと、改行入れて、合計2つのリンク用コードを選択しておいてから、ブックマークレットを実行してます。あと、ブックマークレットで加えられたDIVタグに「width:100px;」を加えてます。どうでしょう? いま、SMAP! SMAP!に荒川選手が出てたので、そんな感じのセレクトに。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

アフィリエイトリンクを右寄せ、左寄せにしたい

 アソシエイトリンク作成時に画像+テキストの情報をもっと自在にレイアウトしたい、ってときに使えるブックマークレット。右寄せ、左寄せが自由にできるっていうやつ。名前は「sel2lr」。ただし、IE専用。

 ブログでお気に入りの商品、自分が購入した商品のレビューを書くことはよくある。写真も載せたいな、とか、ついでにアフィリエイトもしておくか、これで儲かればラッキー、とかいろいろ思うわけで。

 で、よく使うのはAmazonアソシエイト。本家のツールは使いにくいからG-Tools使ってみたりするわけですが。このサービスを使ったブックマークレットなんかはとくに便利。amazletとかfun9.netでもいいんですが。

 で、両者のサービス。デザインが複数あるんだけど、どうも帯に短し、襷(たすき)に長し。だったりしませんか?

 たとえば、価格だとか、発売日はいらないんだよなあ。画像とタイトルだけでいいんだよなあ。とか。確かにそういうのはあるんだけど、本文とうまいことデザインしたいんだよなあ、とか。とくに、画像とデータの横が空きすぎちゃう、とか。たとえば、こんな感じ。

saku saku Ver.2.0 ヴィンの復習
木村カエラ
B000E1ZBZY

 うーん。惜しい。この無駄なスペースもったいない。とか。いかにもG-Toolsです! って感じとか。

 じゃあ、こういうのはどうかな?

 今日、こんなDVD買いました。このDVDはテレビ神奈川ことtvkで放送されている番組で。以下、いろいろ。  でもって、内容はこんな感じです。

 とか、そういうレビューを書く。どうだろう。これなら、無駄なスペースもないし、見た目もすっきり、とかそういう感じ。

 こういうのをやりたくって、毎回、CSS、というか、スタイルシートを書いてたんですが、それも面倒。こういうときこそ、ブックマークレットだ! ってことで、書いてみたのが、これ。回り込み(まわりこみ)を簡単に指定できます。

 「sel2l」ってのが左寄せで、「sel2r」ってのが右寄せ。

 sel2l | sel2r

 上記リンクをお気に入りにドラッグ、あるいは、右クリックで「お気に入りに追加」すれば準備OK。

 その後、いつもどおり、G-toolsブックマークレットその他でリンクをエントリ作成時に貼り付けたら、第一段階終了。でもって、そのコード全体を選択してから、ブックマークレットを実行すれば、右寄せあるいは左寄せのコードが追加されます。

 さらに。ブログのスタイルシート(CSS)が変更できるなら、さらなるカスタマイズが可能です。作成されるコードには、「sel2lr」っていうクラス(class)を当ててあるので、幅や背景、色、文字のサイズなども指定可能になります。

 上で示してある例にはこんなclassが指定してあります。

.sel2lr { line-height: 130%; font-size: xx-small; background-color: #eeffff; width:170px; }

 幅指定は「width:」って部分なんですが、これは利用する画面サイズによって変えればいいでしょう。また、CSSはいつも使うものにしておいて、一部のリンクには別の幅を指定したい、っていう場合には、ブックマークレットでコードを貼り付けたあとで、「style="float:right;"」を「style="float:right;width:○○px;"」って加えればいいと思います。どうでしょう? とりあえず、170ってのはCDやDVDなどの正方形で中サイズ用にほぼぴったり、ってことで。右側にタイトル回り込ませるやつとかの場合も具合がいいです。

 ついでに左寄せの例。こっちはamazletで作成したコードを、sel2lrで挟んでます。幅をなんとかしたかったので、これは「width」で240とかを指定してます。ブログのデザインによってはなんかおかしいかもしれないけど、まあ、そこはうまくやってくださいな。まわりこみを解除したい場合はclearとかを使うといいと思います。

 ブックマークレットの名称は適当。「amL-R」に準拠しようかと思ったけどやめた。とりあえず、短いほうがいいだろう、ってのは共通。それから、最初にWindowsのIE用に作って、FirefoxとかSafari用も作ろうと思ったけど、同じようにはいかないことが判明したので、気が向いたら作るかも、っていうくらいの方向で。それから、楽天広場の人は同じブックマークレットではうまくいかないので、あとで別エントリ設けます。「楽天アフィリエイトの画像を左寄せ、右寄せにしたい」が、それ。こちらも回り込みのためのやつ。

 ずっと使ってきたブックマークレット(Bookmarklet)ではありますが、コピペミスで動かない可能性もあります。「動かねーよ!」「思い通りにいかねーよ!」って方はコメントやトラックバックでお知らせください。「使ってるよ!」っていう報告もありがたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

俺流amazonの作り方

 俺流amazonの作り方

 なんともすごいタイトル。まあ、Amazonそのものを作るわけじゃなくってサブタイトルにあるように「Amazon Webサービス 最新活用テクニック」ってことで。APIが公開されているAmazonのデータベースを使って、自分好みのサービス(を備えたサイト)を作ろうっていう本だ。

 Amazonにリクエストを出して、返ってきたレスポンスを見やすいように(使いやすいように)プログラムで整形してWebページとして出力する。これが基本。
 そのリクエストの要となる、Amazon Web Services(およびE-commerce Services : ECS)の基本(RESTの組み立て方)が詳しく解説されている。
 この手の情報はWebでも多く見つけることができるが、順を追って丁寧に書いてあるので初心者でもわかりやすいと思う。AWSのレスポンス例が載っているので、わざわざリクエスト出して、レスポンスを見て、っていう試行錯誤が最低限に抑えられるはず(まあ、その実際に試すってのが大事だったりもするんだけど)。日本語である、っていうだけでも読みやすさはぜんぜん違ってくるし(本家含めて海外のドキュメントはたくさんあるけど、長文読むのはつかれる、っていう俺にはたいへんありがたい)。

 また、こうした情報がわかったとしてもプログラミングがそもそもわからないんだよ、って人にとっては最高の参考書になるはず。というのも、実際のサイト構築に使えるプログラムリストがしっかり掲載されてるから。使用されている言語はPerl。プログラミング経験のまったくない人にはまだこれでも難しいと思うけど、Perlの基礎がある程度わかればなんとか応用がきく範囲だと思う。また、Webサービス用としてはPHPのほうが習得しやすいのに、って声もあるかもしれないけど、PHPがPHP4からPHP5への移行期だということ、国内の多くのレンタルサーバーがPHP4のみであること、PHPはライブラリ関係のインストール状況がこれまた各レンタルサーバーサービスで違うこと(それによって、プログラム内容は大きく変わる)ということなどを考えれば、仕方ないだろうなあ、と思う。

 筆者のブログによれば「ブログでアフィリエイトを行う場合、常に更新を行って情報を追加していかなければなりませんが、サービスを作ってうまく放置できる仕組みを作れば、後は寝ていても勝手にサービスが仕事をしてお小遣いが入ってきてしまいます。」とあるのだけど、ほんとにそんなにうまくいくかなあ? というか、そんなに儲かってるのかなあ、この人。なんて思ったりするけど、希望は持てるのは確か。そんな内容。

 で、昨年10月からListLookupでWishListが取得できない件についてはなんか書かれてるかなあ、と思うとぜんぜん触れられていない。3月発売の書籍としてはどうなんだろ? と思ってさらに読みすすめると。アメリカのAmazonでは搭載されてるけど、日本ではまだ、っていう機能の紹介のとこで「2005年10月の時点では」っていう記述がある。あー、じゃあ、この本の情報は不具合が出る前の状態なのかあ、と納得してみたり。まあ、こういうのは執筆から出版まで時間がかかる書籍ではしょうがないのかなあ。なんか、アフターフォローみたいなのをしていただけないものかなあ、などと思ったり。まあ、そういうのはAmazon本家にしろって話だけれども、公式のフォーラムも放置されてる状態だからなあ。いや、なんかこっちが勘違いしてるのかもしれないけど。でも、改善されたっていう話もぜんぜん聞かないしなあ。

 あと、この本。帯に見える部分が実は帯じゃない。こういうアートワークにもびっくりしていきたい。なんつって。にしても、すんごい役立つ本だと思った。これがこれからのAWS利用者のスタンダードになると思うな。Goodpicさんの情報に続いて。いや、ほんとに。大事なことを隠す方向が出てきている中、ここまであけすけにした本はないと思う。さすが、いい会社に転籍した人は出す情報が違う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月10日 (金曜日)

間違い電話か詐欺か?

 携帯電話を持っていない。PHSだ。しかも機種はW-ZERO3だ。トイレから戻ると不在着信の表示が。知らない電話番号だ。さらに、ちょっと前に留守電にも入ってる。同じ番号だ。「○○です。連絡ください」とメッセージが。

 もちろん、その○○さんも知らない。

 こういう場合はどうするべきか? 「違いますよ」と電話するべきか? いや、普通はしないだろうな。

 ワン切り、ってのが昔はやったけど、名前を名乗って留守電まで残してるってことは違うんだろう。普通に間違い。たぶん。

 そういえば、知り合いに連続で間違い留守電が入ってた話を聞いた。しかも、連絡がないことをすごい怒ってるヤンキーが何人も! っていう話を聞いた。「コロス」とか「集会」とか「鉄パイプ」とかいうメッセージ。しかもタイミングが重要そうな話題だったそうで。そんなのがあまりにも多いので、その人はそのうちの誰かに「間違ってますよ」って電話を入れたのだそうだ。それで、向こうに丁寧に感謝されたとか。ちょっといい話。いや、もっとすごい緊迫感のある話だったはずなんだけど、詳細忘れた。

 まあ、気をつけよう。いや、どこを?

 先週、取引先からの着信履歴があった。いや、いまなら、その人だとわかるのだけど、そのときは「また間違い電話か?」と思っていた。なぜなら。知らない携帯電話の電話番号だったからだ。その人の電話番号は登録してあったのだけど、それは会社の電話の番号だった。ふだん使われる番号。でも、そのときだけは、個人の携帯電話から連絡してきたのだった。その番号知らないし。無視するじゃん。普通。
 そんな行き違いから、大事な仕事を1個フイにしてしまった。

 まだまだ難しいな。電話。昔なら家電しかなくって、着信履歴なんてものもなかったのでそんなものを気にすることはなかったんだろうけど。ところで、ワン切りって言葉。最近、聞かない。さすがにもう使われない手口かもしれない。でも、忘れたころに!ってのがあるかもしれない。
ヒロイン!ーその他大勢なんかじゃないー さらに。ワン切りって言葉を聞くと「ワンギャル」を思い出すね。うっすらと。ワンギャルといえば相沢真紀しか思い出せない。「感じるジャッカル」おもしろかったなあ。「はねとび」なんかよりぜんぜんおもしろかったのに。感じるジャッカル中川家はもちろん、ホームチームがすごいよかった。シャカもこれでけっこう見直したのだった。また再開してくんないかなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 9日 (木曜日)

iTMS10億曲目 合法 ダウンロード(BlogPet)

以来3年を待たずして、これまでに10億曲ってすごいね
キャンペーンの間はすごい音楽などしました
「合法的にダウンロードされた?」
pointたちが、広い音楽が合法的に10億曲の音楽が合法的にダウンロードされたわけで
で、アップルは本日、iTunesMusicStore(アイチューンズミュージックストア)
の開始以来3年を待たずして、これまでに10億曲ってすごいね
一行目にこの表現
とか書いてみるの♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「rallii」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 7日 (火曜日)

小田扉を大人買い。と、終わらないでほしい願望

 小田扉。メジャー雑誌ではビッグコミックスピリッツで連載中の『団地ともお』を書いてる人だ。

 最初に見たのはクイックジャパン(Quick Japan : QJ)だったか。

こさめちゃん―小田扉作品集 『団地ともお』は全巻買ったのだが、そのほかの作品も読みたいと思うようになり。さらに、弟が『こさめちゃん』を貸してくれたりしたので。全部読みてーなあ。と思ったので。

 Amazon Web Services使ったサイトで「小田扉」を検索して、全部注文してやった。「生意気なやつがいたから、へこましてやった」。

 数日前から読み始める。ゆっくりと。一気に読むのはもったいない。

 そういえば、おもしろい小説を読んでると、終わるのが残念、とかもったいない、っていう感情がわいてくることがある。このまま続かないかなあ。とか。続きがあればいいなあ、とか思ったり。続きがありそうな小説ならいいけど、そうもいかないこともある(そっちのほうが多い)。

Heaven?―ご苦楽レストラン (6) マンガでは、佐々木倫子の「Heaven」を思い出す。連載を楽しみにしてたのに突如最終回。こんなのいつまでも続けられるじゃないか! と思ったのだけど。第一話を見ると、もう最終回までのストーリーが決まってたのだなあ、と納得してしまったり。

 ドラマでも似たような感情を抱くことがある。このまま終わらないでほしい、っていうのが。心地よい感じをそのままで、とか。こういう感情を『渡る世間は鬼ばかり』を見ている層も抱いてるのかもしれない。と思うと、そうそう馬鹿にできなくなるね。いや、違うかもしれない。

 あと、小田扉っていうペンネームは小田空からとった、っていうのはほんとなんだっけ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 6日 (月曜日)

Mac Peopleの対談、元インテルと元マイクロソフト会長

 今月号のMac Peopleがおもしろい。

 元インテル会長の西岡郁夫と、元マイクロソフト会長の古川享の対談。もちろん、テーマはMacにインテルCPUが採用されたことで。

 古川がその昔アップル日本法人の社長のオファーを受けた話がとくに。当時のアップルはMacの互換機のライセンスを他社に供与していたのだが、それについて古川がいろいろな提案をしたものの、「日本法人は売り上げを上げればいい」などといわれたので、社長のオファーを断ったとか。

 「ソニーに作らせる」ってことを主張したんだそうで。結局、国内ではパイオニア、アキアなどから出てたんだよね、Mac互換機。ソニーの出井さんも作りたいとオファー出してたとかいう話をしたのは西岡のほうだったか。

ご予約順にて出荷いたします。【送料無料】 【3月発売予定】MacBook Pro Intel Duo 2.0G 15.4イ...
 まあ、そのほかにもいろいろ。ずっとコンピュータ業界を見てきた人にとっては、とってもおもしろい記事である。これ、Mac専門誌だけでなく、ASCIIに転載してもかなり受けると思うんだけど。

 えー、アスキーのその号の情報は「MacPeople 4月号」から。いや、なんの情報もないページだな。じゃあ、こっち。「MacPeople 2006年4月号」。編集部のページ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 5日 (日曜日)

コーネリアス+高木正勝「toner」がサンレコ付録DVDに収録

 コーネリアス、久々。

 サンレコ(サウンド & レコーディングマガジン)が通巻300号を達成。その付録がすごい。

通巻300号達成を記念し、サウンド&レコーディング・マガジン編集部がコーネリアスこと小山田圭吾に“記念楽曲”の制作を依頼! 快諾&即座に仕上げてくれた曲が非常に映像的なものだったので、すかさず高木正勝に映像制作を依頼! かくして出来上がった作品「toner」を付録DVDに収録したので、2人の制作手記と併せてお楽しみいただきたい。
 だそうだ。

 ということで、2号ぶりに買うか。一昨年に年間購読の申し込みして、それが終わってから買う気がおきなかったサンレコ。10年以上買い続けてたというのに。まあ、そういう気分。それでも、こういう内容なら何をおいても買うよね。「今ならポイント15%還元、送料無料!」なんてことも書いてあったので、珍しく通販で買うか。

 サウンド&レコーディング・マガジン 2006年4月号

 とにかく楽しみだ。

●3000円以上購入で全国送料無料!(一部地域除)電気グルーヴ×スチャダラパー/聖☆おじさん
 そういえば、これにもコーネリアスMIXの曲が収録されてるんだよね。アルバムも買ったけどまだ開封もしてない。昔だったらこんなことは考えられなかったはずだが。そんなこのごろ。

(追記)
 で、実際に聞いてみての感想は『コーネリアス新曲『toner』はどうなのかな?』に書きましたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年3月 3日 (金曜日)

気づかずに得し損ねるAmazonの割引キャンペーン

 ああ。損した! いや、損したってのは言葉が違うのだろう。

 Amazonでは3月1日から月末までDVD、CD、本を5000円以上買うと500円を割り引くというキャンペーンを行っている。それを知ったのが今日。

 2月28日に本数冊とDVDを注文したばかり。余裕で5000円を超える値段だった。がーん。こういうのってすげーくやしい。

 ということで、本とかCDとかDVDを買う予定がある人はキャンペーンを利用してください。以下のリンクから。

 Amazonの割引キャンペーン

1リットルの涙 DVD-BOX 先に上記ページに行ってギフト券の番号を入手しないとキャンペーンに適用されないので注意。あと、ギフト券還元プログラムは割引前の価格に適用されるようなので、これはうれしいです。

 『1リットルの涙 DVD-BOX』が欲しかったりしますが。このキャンペーンを利用するにも高すぎるので……。

 あと、リンクは当然アフィリエイトリンクですが、あなたは別に損しないからでいいでしょ? と思うと、そうじゃない人が多いらしい。むー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 2日 (木曜日)

新キャラクター「熱血」が登場する『団地ともお』

 久々の新キャラクターだ。いや、違うかもしれない。小学1年生の辻野ってのが出てくるのだが、そいつがメインではない。「熱血」だ。バイオ部の部長だ。バイオ部はともおのねえちゃんと、ガリベンくんが所属する部だ。

団地ともお 6 (6) 『団地ともお』の世界とは相容れない雰囲気、とか思うけど、そうでもないのな。

 熱血。とにかくいいやつ。今後はそんなに出てこないと思う。

 いや、どうだろう。

 熱血を苦手だと思う辻野くん。

 「男の涙を気軽に見るんじゃねえ!!」

 いつもの余韻だ。すばらしい。今週号のスピリッツの話でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久世光彦さん、死去

 昭和のテレビドラマの巨人、演出家の久世光彦くぜてるひこ)さんが亡くなった。

 「寺内貫太郎一家」のDVDが発売されたばかりという、なにか因縁を感じるようなタイミングだ。

 発売記念イベントでも元気な姿を見せていたという。その8日後である。

 有名どころの「時間ですよ」とか以外では、ビートたけし主演の破天荒なドラマ『学問のススメ』なども手がけていたはず。そのドラマの出演者である山田邦子は、久世さんがたいへん嫌いだったらしい。自著にそう書いてあった、というのはTV Brosのタレント本のコーナーで知った。吉田豪の連載。

 まあ、それはどうでもいい。「死因についてはわかっていない」っていう言い方が気になる。いずれにせよ。

 ご冥福をお祈りします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トリノオリンピックのBGM(BlogPet)

こないだ、pointが
2006年2月24日、アップルは本日、iTunesMusicStore(アイチューンズミュージックストア)の開始以来3年を待たずして、これまでに10億曲の音楽が合法的に応援されたことを発表しました。
とか言ってた?

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「rallii」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちびまる子ちゃん 実写版 大人になったら木村カエラ

 ちびまる子ちゃんの実写版、ドラマがこの春、放送される。

ちびまる子ちゃん全集 1990年1〜2月 キャストでは清水ミチコが母親だとか、お姉ちゃんが福田麻由子ふくだまゆこ)だとか、おじいさんがモト冬樹であるとか、たまちゃんが美山加恋みやまかれん)であるとか、お父さんが特殊な髪型の俳優だったりとか、それだけでもけっこうおもしろそうではあるのだが。

Circle(初回盤DVD付) 大人になったまる子として、木村カエラ(!)が出演するということが今日発表。で、いいのかな? 大人になって漫才師になる、とか言ってたか。

 まあ、ストーリーはどうでもいいくらいキャストが魅力的。絶対見逃すまい。と思ったり。

 そういえば。「『ちびまる子ちゃん』は嫌い」という知り合いがいる。「子供のいやらしさが出てるから」っていう理由だったか。「そういうのをわざわざ出すことはないだろ」っていう趣旨だったかと思う。「子供に見せたくない」という子持ちならでは(?)の意見もあった。どうなんだろうなあ?

団地ともお 6 (6) じゃあ、『団地ともお』はどう思うだろうなあ? その人。読んでないと思うけど。

美味しんぼ (93) ちなみにその人は『美味しんぼ』も嫌いだったはず。「食べ物で人の心が動くと思ってることが許せない」だそうだ。まあ、そんな話ばっかりなわけだけど。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »