« 宮川泰さん、やすらかに | トップページ | コーネリアス新曲『toner』はどうなのかな? »

2006年3月21日 (火曜日)

『アンフェア』が示したエンドロールの使い方

 映画館でエンドロールの最中に立ち去ろうという人が多い。それを見ると、なんのために映画を見に来ているのか? とか思う。さらに。客電(っていわないか)をつけちゃう映画館は。やめちまえばいいと思う。

 まあ、それはいいとして。

 ドラマ『アンフェア』が最終回を迎えた。

 エンドロールで犯人の犯行現場を次々と流す。本編では流れなかった映像だ。

 その後。

 ドラマの初回と同じシチュエーションを主役の篠原涼子(雪平)が演じる。場所は違うが。死体と同じ格好で同じ現場に転がり。これもよかった。すばらしい余韻を感じさせるドラマ。

 そういえば、第一回からエンドロールに出てるのに、本編には出てない人がいて、そのエンドロールの背景に突然、次回の出演者が出てくるっていう演出があった。エンドロールも含めての演出(ログ「アンフェア」)。あのころはこんなにおもしろくなるとは思わなかった。とりあえず、脚本よりも演出が冴えてたと思う。同じ脚本家のドラマはこれまでおもしろくなかったので(言いすぎだったらすみません)。

 とにかく。ミヨちゃんが何事もなくてよかった。

 でもって。最終回エンドロールを見てたら、最初から見返したいって思ったりするわけで。DVD買うかなあ。

 近年まれに見るおもしろいドラマだったなあ、というのが感想。いや、本気で。

(追記)
 先週の放送が終わった時点で、犯人は○○だな、とか友達と言ってたのだが。ほんとに当たっててびっくりした。で、管理官のあれは不問になるの? わりとみんないい人で終わりになってるのがちょっとあれだけども。とりあえず、泣いたことだけは確か。それにしてもミヨちゃん、無事でよかったな(そればっかり)。推理ものとしてはアンフェアな部分が多かったという意見が多かったけれども(さっきそのへん見回したら)、それは見逃してるだけかもしれない。ここは原作読んだり、DVDで見直したり、ってとこが必要かもしれない。わざとそう作ってある(DVD見返してああ、みたいな)のかもしれない。やりかねない。まあ、それもいいかな。とにかくいいドラマでした。出演者の今後にまた期待が持てるって意味でも。とくに若手な。


|

« 宮川泰さん、やすらかに | トップページ | コーネリアス新曲『toner』はどうなのかな? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35726/9196879

この記事へのトラックバック一覧です: 『アンフェア』が示したエンドロールの使い方:

« 宮川泰さん、やすらかに | トップページ | コーネリアス新曲『toner』はどうなのかな? »