« ローザ・ルクセンブルグの唯一の映像作品DVD | トップページ | 小田扉の『マル被警察24時』 »

2006年4月 3日 (月曜日)

訂正履歴を載せないで訂正しているIT戦士とやら

 「あんたも変だよ『ここが変だよ、“国家認定ビンテージ”』」っていうエントリで触れた件。かいつまんでいえば、つっこみが足りてない、っていう話で。スペルミスを指摘してないことを指摘してたんだけれども。ただ、それだけだったはずなんだけど。そんなニュースがITmediaの「ここが変だよ、“国家認定ビンテージ”」だ。

 それが訂正されている。

 同じ機種がダブって記載されているものもある。Colombiaの欄には「EP-61C」「ELEPIAN EP-61C」とあるが、ELEPIANはブランド名で、この2つは同じものを指す。さらに言うと同機には電源がなく、PSE法の規制対象外。加えて社名の「Colombia」は「Col“u”mbia」のミススペルだ。
 太字部分ですが原文は普通の文字。こちらで太字にしました。で、この太字部分が今日(4月3日)になって追加された部分だ。しかし、タイトル下には「2006年03月31日 12時53分 更新」となったままだ。今日修正、っていうか追加したのは明らかなのに。どっかから指摘があったから修正したくせに、そのへんの説明もない。このへん、インプレスはしっかり修正履歴を載せるよね。このへんがIT戦士を目指していたくせに自分に不利なことはうやむやにする岡田有花の限界だろう。うそ。会社の方針なんだろうからしかたないですね。うそ。せっかくそれなりのライター抱えているんだから、プルーフリーディングとかしてもらえばいいのに(金が発生するからいやなのかどうかわかりませんが)。毎回同じフォーマットと自分の思い込みを盛り込んだ文章で本人の言葉が見えてこないインタビュー記事を作り続ける岡田さん。今後もがんばってください。

 間違いじゃなかったんだからいいだろうっていうのは「なし」だろう。企業のサイトなわけだし。一般のブログからネタを拾って確認・校正する力量もないくせに引用(しかも引用元も明記せず)しておきながら。他人を糾弾するときは自分も「ちゃんと確認しなくちゃ」。熊田曜子以下だな。とか毒はいてみる試み。今後も暖かく見守っていきたいと思います。

今後はリストの修正と対象機器の追加に奔走することになりそうだ。
 と元記事にありますが。ITmediaは今後もこんなふうにこっそりと、記事の間違いの修正と追加に奔走することになりそうだ。ぜんぜんうまいことが書けない。これ。


|

« ローザ・ルクセンブルグの唯一の映像作品DVD | トップページ | 小田扉の『マル被警察24時』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35726/9412877

この記事へのトラックバック一覧です: 訂正履歴を載せないで訂正しているIT戦士とやら:

« ローザ・ルクセンブルグの唯一の映像作品DVD | トップページ | 小田扉の『マル被警察24時』 »