« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月

2006年5月30日 (火曜日)

YouTubeとシルヴィ・バルタンとバルタン星人(BlogPet)

前美女などを紹介しなかったよ
 最近、YouTubeを楽しんでる(いまごろ)
で、「犬にかぶらせろ」
の「Youtubeで見る“ディスコ史をかざった美女たち”」
っていうエントリ経由で見た
これ1年くらい前にどっか経由で見た
これを菊地はパクってるっていう書き込みがどっかにどっか経由で見た
と、pointは考えてるはず。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「rallii」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

YouTubeとシルヴィ・バルタンとバルタン星人

 最近、YouTubeを楽しんでる(いまごろ)。で、「犬にかぶらせろ」の「Youtubeで見る“ディスコ史をかざった美女たち” 」っていうエントリ経由でいろいろ思ったこと。

VENDOME,LA SICK KAISEKI まず、ここで紹介されてるオリビア・ニュートン・ジョン「Olivia Newton-John - Physical」。これ1年くらい前にどっか経由で見た。これを菊地はパクってるっていう書き込みがどっかにあったっていう話。SPANK HAPPYの『Physical』についての話。それはパクってるんじゃなくって、カバーだよ! と思ったってのを思い出した。

 で、上記犬かぶエントリで触れられている「partygirlの日記」の『youtubeでロック史(ポップスも)を飾った美少女を探した(1)』っていうエントリがこれまたぐっときた。名前と音は知ってるけど、映像は知らないものが多数。

夢見るフランス・ギャル ~アンソロジー '63 / '68 フランス・ギャルについて「容姿は・・・ぎりぎり可愛いのレベル(と思ったら、ファン多い)」っていう言及があるんだけど、すんげーかわいいと思ったよ。というわけで、フランス・ギャルの『夢見るシャンソン人形』。あと、オーケストラもすげー。これ、DVDとかのちゃんとした映像で見たいと思った。DVDがあったら絶対買う!(Amazonで調べたらないっぽい)

 あと、シルビー・バルタン。『バルタン星人と関係・・・ないか(笑)』って言ってるけども、これおおいに関係あり。バルタン星人は、シルビー・バルタンからとったというのは有名な話。20年以上前の知識。いや、うそかもしれないけど。こういう知識はあとでうそだったっていうことを知ることが多い昨今だ(トリビアのガセビアとかね)。バルタン星人とシルビー・バルタンの関係を知ってる方、教えてください。

 いずれにせよ。これまで見ることがなかったものを見せてくれるYouTubeとそれを紹介してくださるサイトには感謝したいと思う今日このごろでございます。

 あと。自分でもYouTubeにアップロードしてみたりしたんですが(友達に見せるため)。再エンコードされるせいなのか、画質がいまひとつなんですよね。なんかコツがあるんでしょうか? MP4とかDivXがよくって、320×240ピクセルならいい、みたいなことが書いてあるんですけれども。今回はその解像度でMP4にしたんですが、やっぱり画質はだめだめでした。ちょっと調べてみたんですが、探し方がまずいのか見つけられず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月29日 (月曜日)

Amazon ECS 2006-05-24リリース

 恒例(?)のAPIの更新。今回から日本語のリリースノートもあるそうで。詳しくはAmazon Webサービスの日本語サポートについて。ブラウズノード情報で上位のノードも得られるとか、アダルト情報の追加とか、けっこううれしいバージョンアップです。

 で、放置され続けてたDiscussion Boardも、今後ちゃんとやりますみたいなことが書かれてます。期待してます。

 まあ、長いこと放置されてる問題はまだまだあるわけで。それにすべて答えてもらわないと困るわけです。ちょっと思いつくものをあげただけでも。

 ・ウィッシュリストが取得できない(Listlookupのtype=wishlist)
 ・カスタマーレビューが取得できない
 ・従来からの「ASIN/」と最近の「gp/product/」といったURL変更に関するアナウンスがない。今後はどうなるのか?

 とかですね。きっと、これからいろいろ解決していっていただけるんでしょう。ほんとに期待してます。よろしくお願いいたします。珍しくトラックバックしてみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ザ・ヒットパレード』の陣内孝則が植木等に似すぎ

 5月26日、27日の2夜連続でフジテレビで放送されたドラマ『ザ・ヒットパレード 芸能界を変えた男・渡辺晋物語』がとてもおもしろかった。

 昭和20年代のテレビ創世記の話で、そこに関わる芸能プロダクションの悲喜こもごも。てきとー。簡単にいうとナベプロの社長の話。昭和のヒット曲を生み出した名作曲家、作詞家、歌手が実名でばんばん登場するのにはちょっと興奮。

ワイルド・ジャンボ・ロック いちばんすごかったのが、クレイジー・キャッツの植木等を演じる陣内孝則。これがそっくり。テレビに出てるアッパーな植木ではなく、普段の植木。ええ声で落ち着いた感じがなんとも。ダイエットでかなりやせた陣内は見た目はやっぱりぜんぜん似てないんだけれども、発生の仕方とか話し方とか完璧。あとはいつもハイテンションでだじゃればっかり言ってた宮川泰(みやがわひろし)を演じた近藤芳正もよかった。なんか思い出してぐっときたね。

 このドラマの制作発表があった前後に宮川さんは亡くなってて、完成したドラマを見ずに逝ったことになる。見てたらどんな感想を言ってただろうなあ。

IT’S TOO LATE~ザ・ピーナッツ・オン・ステージ 宮川さんがザ・ピーナッツに教えるシーンもよかった。で、ピーナッツは安倍なつみ、安倍麻美姉妹が演じている。妹のおかげで姉が仕事がもらえるとは誰が予想しただろう(麻美はナベプロ)。いい姉孝行ができたのではないか?(うそ) あと、TV出演シーンではザ・ピーナッツの歌は本物が流れてるけど、ドラマ内でのシーンは違う。ザ・ピーナッツ・レア・コレクションただ、安倍姉妹だったかどうかは不明。安倍姉の声っぽい感じはあったけど、安倍妹の声知らないからな。吹き替えの可能性もなきにしもあらず(まあ、全部ではないと思うけど)。あと、このドラマのおかげでザ・ピーナッツのCDがバーンと売れ始めるね。きっと。っていうか、俺が買おうと思った。どれがいいんだろうな。いっぱいあるけど(掲載写真のアルバム左はライブ版。岸部シローが司会らしい。とりあえず、これ買ってみる)。

 ドラクエの作曲で有名な、すぎやまこういち、はネプチューン原田泰造が演じる。すぎやまさんはニッポン放送から開局時にフジテレビに移動。ナベプロ主導の番組『大人のまんが』『ザ・ヒットパレード』などを手がけ、その後独立、作曲家へ転身。『ザ・ヒットパレード』のオープニングテーマをフジ社員時代に作曲している。それも番組開始3日前に渡辺晋のすすめで作り始めるのだ。このへんすごいおもしろかった。つっても、すぎやまこういちが音楽をやってたっていうエピソードはぜんぜんここまでなかったんだけど。

 2日にわたる物語はやはり、1日目がだんぜんおもしろかった。後半は財界人とのコネクションつくりとかなんか生臭い話ばかりで、さらにそれが原因で主人公(柳葉敏郎)が体を壊したりとか。

 まあ、ナベプロがスタジオ押さえて制作費も全部持って、それでレコードを作って流通だけは東芝に頼む、でもって、プロモーションは当然番組で流すことによって行うってところはおもしろかった。原盤権とかも当然ナベプロなわけで。その曲がこれまた『スーダラ節』だったりする。
 これもTV番組によるタイアップの例なんだろうな。しかもごく初期の。植木の鼻歌をおもしろいと思った渡辺がすぐさま放送作家の青島幸男(石黒賢)を呼び寄せ、詞を作らせたりとか、てきとーかつ瞬発力のある対応がなんとも。こういうフットワークの軽さは今の音楽業界ではないんだろうなあ。しらないけど。

 それから、「ナベプロだけで芸能界かくし芸大会の番組が成立するのはすごい」といったセリフもあった。なるほど、当初はそういうメンバーだったのだな。「かくし芸」といえば、ハナ肇(もちろん、このドラマにも出てる)が銅像役、ってこととか堺正章(この人は出てない)のあれとかがあったなあ、なんて思ったり。そう。ザ・スパイダースは出てないのだ。このドラマ。ザ・タイガースはちょっとだけ出てたけど。キャンディーズ解散のところもほんのちょっと。サエコがキャンディーズの誰かの役でセリフあり。ほかの二人は誰かわからない。

 まあ、そんなこんなで。とっちらかってきたので(でも推敲もしないで終わる)。

 これ、今も生きているドラマの登場人物が見て、どういう感想を持つんだろう? 特別番組とかでやってくれないかな? 当時の話や時代背景も含めて、実際の登場人物とドラマの出演者がトークするみたいなやつ。渡辺プロとフジテレビのみなさん。ぜひお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月28日 (日曜日)

ジョジョービジョーバーの山崎努がこわすぎる

 サントリーDAKARA(だっけ?)のCM。あれは古代ローマなのかな?

 ジョジョービジョーバー ジョービジョバーッ!

 バーが強い。っていうか、最後叫んでる。

 キョンキョンのはどうかなあ? って感じだったけど、これはすごいとしかいいようがない。怖すぎる。恐すぎる。

 『クロサギ』で年とったなあ、と思ったけど、これはまた違うインパクトがあるね。『八つ墓村』で30人殺しをする役をやってたはずだけど(映画かドラマか? どれかは不明)、それはそれは怖かった。

 でも、今回のほうがもっと怖いかもしれない。

続きを読む "ジョジョービジョーバーの山崎努がこわすぎる"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Apple Storeにソウル・フラワー・モノノケ・サミット

 6月10日(土)。渋谷のApple Storeにて。

タイトル未定 これほどApple Storeに似つかわしくないバンドはないような気もするが、関係ないか。無料なんで当然行くことに決定。

 あと、6月30日のヤン富田の同じく無料のイベント。別のライブに行くのでチケットとってたこと忘れてた。誰か代わりに見てきてください>ともだち。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スペシャで堀江くんを見る

 スペシャでライブイベントの番組見る。カエラのサポートに堀江くん。キーボードを弾いてると思ったらエンディングでギター弾いてる。コーネリアスのツアー以来だな。ギター弾いてるの見るの。キーボードではよく見るんだけど。メモ。

 「次はこーなーゆきー」。と、次の出番のレミオロメンを紹介するカエラ。馬鹿にしているようにも聞こえる。いや、どうだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月22日 (月曜日)

SMAP! SMAP!に松任谷由美(ユーミン)

 松任谷由美(ユーミン)といえば、若いころから金持ちで(by 高橋幸宏)というのが思い出されるんだけれども。そこにレコーディングに行ってたのもすごいメンツだったりするんだよね(ほんとはあんまり知らない)。

 で、SMAPメンバーがユーミンについての思い出を語る。木村と中居は『守ってあげたい』をあげるんだけれども。それは薬師丸ひろ子の『ねらわれた学園』の主題歌だぞ。いいのか? それともその映画は無視か!(古すぎるよ。薬師丸ひろ子の『ねらわれた学園』)。まあ、無視されてもしょうがない映画だけどね。

昨晩お会いしましょう あと、曲コーナーで『カンナ8号線』をやってたのだけれど。たぶん『昨晩お会いしましょう』収録曲。アレンジのせいだと思うんだけど、間奏がハマショーの『Money』みたいだった(『ガキの使いやあらへんで』の全員がハマショーの野球で有名、か?)。いや、オリジナルもあんな感じ? 当時にそういうパクリ元(っていうかパクられ元)みたいな海外のヒット曲があったのだろうか? まあ、ハマショー知ったのはそれからだいぶ経ったあとだったよなあ。

 関係ないけど、数年前にハマショーを題材にしたPS用(PS2?)ゲームがあったらしい。数ヶ月前のTV Brosの特集に載ってた。すんげー売れなかったらしい。それやってみたい。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

Amazonの個別商品ページのURL、再び変更。と、ISBNの桁拡張

 もう何が何やらだ。「Amazon個別商品ページのURLが変更に」で触れていたURLの変更。これが今日くらいからまた元に戻っている(追記:言いすぎ。全部がそうだというわけではないようだ)。全部のカテゴリで「ASIN/**********」に戻っている。というわけで、公開しようと思っていたブックマークレット(ASIN、product両方のURLに対応したもの)も公開をやめました。

 という記録。いろいろ迷走を続けているんでしょうか? Amazon(アマゾン)。つっても、スポーツカテゴリはそのままみたいだけど。これは最初からそうなんだっけな?

 そういえば、amazletツールが動かないっていう人が先週くらいに一部いたっぽいけど(G-Tools用も同じか)、今回の改変でまあ、なんとかなるかな? って思ってるんでしょう。

 つっても、amazletツールのコードは近いうちにまた使えなくなるはずだ(追記:これ言いすぎ)。近いうち、がいつになるのかはちょっとわからないのだけれども、とりあえず。2007年だと思われる(後述)。

 ASINはAmazon固有の商品管理ナンバーなのだけれども、書籍に関しては国際ルールに基づいたものになっている。たとえば、日本では書籍のコードはISBNというものになっていて、書籍に関してはASIN=ISBNと思って問題ない。いずれも10桁の数字+アルファベット(大文字小文字の区別はAmazon的には関係ないらしい)で構成されている。でも、これは近い将来、13桁に拡張されることが名言されている(追記:これも言いすぎ)(詳しくは『俺流amazonの作り方―Amazon Webサービス最新活用テクニック』80ページ)。

 とすると、現在のままのamazletツールは使えなくなることが確定しているのである。なぜなら。(追記:これも言いすぎ)

 amazletツールはURLの「ASIN」という文字列が何文字目かを検出して、そのあとの10文字をASINとして認識して、リンク作成ページに飛ぶという仕様だからだ。もちろん、現在スポーツカテゴリには対応できてないわけだ(さらに言うと今月10日くらいから先週まではおもちゃやホーム&キッチンにも対応できてなかったわけで)。では、どうすれば対応できるだろうか?

 「ASIN」に加えて、「PRODUCT」もマッチの対象にすればよい。まあ、そこまでは考え付くけども、ASINが13桁になった時点でその対処も意味がなくなってしまう。やはり、正規表現で10桁あるいは13桁にマッチするものを作る必要が出てくる。まあ、Javascriptをちょっとかじってれば予想がつくところだろうが。

 現在動いてるからといって、それが今後もうまくいくとは誰も確約してくれてない。

 それが現在のAmazonのサービスを使ううえでの制約になっているような気がする。以前は公式のフォーラムが機能しており、「それは公式ドキュメントには書かれていない、バッドノウハウだ」というありがたい指摘があったのだけれども、最近はそれがまったくない。AWS(ECS)サポートの担当がAmazonをやめてしまったのが理由だと思うが。なんらかのアナウンスは欲しいところですよね。

 新URLに対応した「amazletツール改」を作ったら俺がすんげー得するんだったら公開するけど、たぶん、その前に本家が対応するだろうから、やっぱりやらない。とか考え続けて二週間。まあ、もうどっかで公開されてるんだろうな。見つけられてないけど。

(追記)
 いろいろ言いすぎな部分があったので、そのへん追記しておきました。すべてを鵜呑みになさらぬようお願いします。こちらの推測がメインのエントリなので。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

盛岡ぴょんぴょん舎の冷麺

 近所の買い物はイトーヨーカドー。そこでやってた東北うまいもの市(うそ。記憶あいまい)。気になったのが「ぴょんぴょん舎」の冷麺。これどっかで聞いたことある社名だ。と思い。ああ、あれだ。SHINOBlogさんとこで見た。ぴょんぴょん舎の盛岡冷麺盛岡冷麺が東京進出。しかし、2食で800円とは高い。というわけでスルー。

 してたら、次の週には300円くらいに値下げされてた。えー! というわけで買ってみた。

Trim 結果。かなりうまい。これで2食300円なら満足だ。麺とスープと、さらにキムチも添付。そのキムチがめちゃくちゃ辛い! 写真ではゆで玉子ときゅうりを自分でトッピングしたもの。画質が悪いのはいつものことなので勘弁してください。

 で、盛岡冷麺は、韓国のそれとは違って、麺にはそば粉は入っていない。よって、麺の色も黒っぽくない(灰色っぽくない)。それでも、透明感はある。そして、コシはかなりある。これが冷麺の醍醐味、とか思ってるんだけど、どうだろう。どうやら、ジャガイモのでんぷんを使っている模様。でもって、スープもあっさりしてるんだけど、しっかりだしの旨みが感じられる。パーフェクト!

 昔っから(というか、俺が子供のころから)盛岡では冷麺がけっこう有名で、しかもその由来をまったく知らなかったのだが。それは先のリンク先にいろいろ説明があるので、参照してもらうとして。

 とりあえず、銀座と川崎でも食べられるようになるようなので期待したいです。

 で、ヨーカドーで売ってたやつの値段は間違いだったような気がするんだがどうだろう? いくらなんでも安すぎだ。しかも、賞味期限ぎりぎりというわけでもなかったし。

「ぴょんぴょん舎」盛岡冷麺スペシャル焼肉屋さんの味だ!
 これ、おとりよせできないもんかね? と調べると。さすが、楽天。なんでもありました。しかし、高いよ。ぴょんぴょん舎。まあ、直接ぴょんぴょん舎が売ってるわけじゃないっぽいのであれですが。都内に店ができたら、行ってみよう。メモ。

 しかし、このコシ。すごすぎる。うどん好き、とくに讃岐うどん好きにもたまらないものだろう。うどん大好きな俺も満足。いや、こんなんでいいのか?

(追記0601)
「お茶の時間」さんとこの「盛岡冷麺ぴょんぴょん舎銀座百番」にお店の詳細ありました!

| | コメント (3) | トラックバック (2)

弛緩音楽 黙想音楽

 弛緩音楽 黙想音楽

 って何?

続きを読む "弛緩音楽 黙想音楽"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月18日 (木曜日)

『OMOIDE IN MY HEAD 3~記録映像~』感想

 NUMBER GIRL解散後に発売されたCD/DVDシリーズ、『OMOIDE IN MY HEAD』のDVD。今頃書く。レビューっていってもいいよ。

OMOIDE IN MY HEAD 3~記録映像~ すでにCDで発売されてたもの、スカパーなどで放送されてたものをDVDにまとめた作品だ。買うまでもないかもなあ、とか思ってたりしてたのだが。やっぱり買うね。

 なんといっても、音声が2chじゃなくって、5.1ch収録っていうので。いや、あとで無理やりやったものならひどくなりそうなものだけど、そうじゃないような気配がしたので買ってみた。せっかくそういうのを聴く環境があるしね。と思ったのはいつだったけな? 購入後だいぶたってから聴いてる、見てるわけだけど。

 思ったより、すんげーいい。1枚目の『渋谷ROCK TRANSFORMED状態』は画質悪い。でも、『サッポロOMOIDE IN MY HEAD状態』はとてもいい。これはスタッフが違うんですかね?

 で、音もいい。というか、1枚目は気づかず2chで聴いてしまった。メニューで選択しなきゃならないのだね。再生が全部終わってから気づいた。いきなり本編再生っていう構成の難点が出てしまった感じか。こういうのよくある(俺だけか?)。もう、最初に選択画面出してくれって思ったりもする。ということで、1枚目はいまひとつな感じだったんだけど、2枚目は最初から5.1chにしたせいか、音もすんげー迫力。いや、こういうこというとプラシーボっていう人がいるけど、違うのだな。5.1chだと各チャンネルのダイナミックレンジが広がるから、わりとてきとーなミックスでも音がよくなるんだよ。っていうと、5.1chのミキシングエンジニアが怒りそうだ。

 いや、空間が広がるってことで、ぜんぜん違う音が出てくるのがサラウンドの魅力。たとえば、1枚目だとトークがぜんぜん聞こえないんだけど、5.1chならよく聞こえるんだよ。全体をとおしてボリュームをいじる必要がない(いや、これは2chミックスが下手だからもしれないけど)。

 うーん。これは聴いたことないとわからないかもしれない。なんかしたい。いや、そういう話をここでするべきじゃないんだけど。

 とにかく、これはすばらしかった。iPodがサラウンドだったらいいのになあ、とか思ったりするね。言いすぎ。

 仕事から逃避するとこういうエントリがいっぱい出てくるね。1枚目見直してみたり、続き見たりしたら、当然ながら続きも書くよ。

 それにしても。

 田淵ひさ子。かっこよすぎる。ギタープレイはもちろんとして。最後のあの泣いてないよ、っていう表情とか。

 NUMBER GIRLはなんか、この開ける感じがいいんだよなあ。音で突き抜けるような。
 ZAZENはつんのめって、行き場なし、っていう感じがするんだよなあ。ドラムが変わってからとくに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゲンカクGet Up Baby

 エレファントカシマシのベストなアルバムといえば、『エレファントカシマシII』な俺ですが。

エレファント カシマシ II ZAZEN BOYSの向井もエレファントカシマシがすきらしく(そういえば、FACTORYでも呼んでた)。で、向井のエレカシ・ベストソングは『ゲンカク Get Up Baby』だそうだ。

 ソースはナンバーガール大辞典(改訂版)

 で、こういうすばらしいコンテンツを期間限定にしてる東芝EMI。ロングテールなんて言葉とは無縁なんだろうな。

 しかし、『エレファントカシマシII』。友達には評判がよくなかった。次のアルバムのほうがいいという人も多かった。いろいろだな。あと、俺、『G.T.』も好き。という記憶があったんだけど、そんな曲収録されてない! あれ? 原点探す余裕がいまない。どうやら、それは3rd『浮世の夢』収録作だったようだ。あらら。

続きを読む "ゲンカクGet Up Baby"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヤン富田 フォーエバー・ヤン ミュージック・ミーム 1&2 発売記念イベント

 うわ。インストアイベントが決まってるって。

 6月30日のTOWER RECORDS(タワーレコード)渋谷店にて。20:00から。行かないわけがない。

 いとうせいこう、高木完も参加。さすがにキャロライン・ノバクはでないっぽい(いや、出たらどうしよう)。

 詳細はタワレコ インストアイベントのページで。

フォーエバー・ヤン ミュージック・ミーム2

 で、関連エントリは。
 ヤン富田とDOOPEESが新作だって!
 DOOPEES、キャロライン・ノバクは誰だったか?
 いや、関連してるわけでもないか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DVDドライブ買った

 DVD±RW/RAMドライブ(GSA-4082Bだっけな?)がへたってきたのかメディアをまったく認識しなくなったので、金もないのに買ってきた。久々に仕事帰りに秋葉原へ。

DVD+-x16/+ーRWx13/+-RDLx12/RAMx12 SOFT付 BULKLG電子 GSA-H10N BL
 しかし、もう最新ドライブ(そうでもないかもしれない)が6000円以下で買えるのね。びっくりした。またもLGのドライブだ。GSA-H10N。スペックをPC Watchから引用。「書き込み速度は、DVD+R DLが10倍速、DVD-R DLが6倍速、DVD±Rが16倍速、DVD+RWが8倍速、DVD-RWが6倍速、DVD-RAMが12倍速。DVD-RAMのカートリッジはサポートしない。」とのこと。RAMのカートリッジは既存のドライブで対処することにして。相変わらずこういうのは衝動買い。とりあえず、一番か二番めによさそうで安いもの(そのへんのバランスは気分に左右される)。

 で、さっそく取り付けてテスト。うお。買ってあったDVD-Rがちゃんと8倍速で焼ける(これまでは4倍速までしか対応してなかった)。

 TUSKUMO eX.で購入。ポイントカードでの前回購入から2年以上たってるので、クリアされました、とか言われる。ああ。そりゃそうかも。やはりこういうポイントはがんがん使っていったほうがいいのだろうな。忘れるともったいなさすぎる。ヨドバシも1万円くらい損したし。確か。あと、この間買ったけど、書き込み不可能だったDVD-RWメディア(読み込みはできた)もきっと使えるだろう(これまではRD-X5専用として使ってた。あはは)。やっぱり新しいものはいいよなあ。いまさら。

 で、バルクなんだけど、多少ソフトが付属。CyberlinkのPowerDVDとかPowerDirectorとかがLGロゴのついたCD-ROMに収録されてる。っぽい。もう、こういうソフトはすでにあるのでいらないのですよね。でも、親切だね。LG。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MacBookがiBookの後継に(BlogPet)

きのうralliiが、ここに想定しなかったー。


なぜ、ゴールデンウィークの真っ只中に?と思わないでもない均一セール1000円!鍋とか包丁とかやかんが半額とかで買えます。
.


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「rallii」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月17日 (水曜日)

ウナコーワのCMは北乃きい

 写真がメーカーのCM出演者紹介に載ってる。『純情きらり』の第1話から5話に主人公の姉(長女)苗子役で出ていたという。うわ。ぜんぜん気づかなかった。昨日見たばっかりなのに。

 で、やっぱり似てないか。→ウナコーワ「もろこし体操」のCMに出てる人が高樹マリアに見えてしょうがない

北乃きい「Oops!」北乃きい「Oops!」北乃きい ミスマガジン2005 事務所は瀬戸朝香やアジャコング、緒沢凛、鈴木杏らを擁するFOSTERだそうだ。北乃きいプロフィールのページに直接リンクしようと思ったけど、Flashなんでできないんだね。こういうのはもうどうかと思うな。前も言ったか。

(追記)
 きいさんがブログやってるようで、CM撮影について触れてました
 っていうか、「北乃きい」で検索して一番最初にこなきゃいけないのは、このブログじゃないのか?
 ということで、SEO対策(最近、この言葉覚えました)しておく。おせっかい。

 北乃きい ブログ

 いや、これオフィシャルじゃないのか? 何? タイトルに本人の名前が入ってないことの不利さをわかってらっしゃらないのかもしれない。これもおせっかい。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

MacBookがiBookの後継に

 まあ、MacBook Proが出た時点で想定されたことだけども。

 黒は最上位モデルだけ、ってのはどうなんだろう?

 iPodとそろえてね、ってのはいいアイディアかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ディレトクリ

 ふと思い出した話。90年代なかばのことだ。

 マイクロソフトがMicrosoft Worksをリリースした。バージョンがいくつかは定かではないのだが、Windows版の2番目くらいだったと思われる。

 ヘルプが充実している、というのがウリだったのだが、そのヘルプにはこんな文字列があった。もうわかるだろうけど。

 「ディレトクリ

 というわけで、マイクロソフトがこんな間違いしてたのでは、用語を間違う一般ユーザーが減らないのは当然だろうという話だ。インストロールとかね。聞く側のそういう間違いが使い方を教えようとする人の障害になってる確率も高い気がするけど、教える側も似たような間違いをしてることもあるってのがややこしい。

 ちなみに、Googleで「ディレトクリ」を検索すると1410件ありました(今日現在)。意外と少ない。で、「インストロール」は33400件でした。多い! 2chでネタみたいに使われることもあるので、もうわけわかんないけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月15日 (月曜日)

THE LONG SEASON REVUE @ SSTV

 『THE LONG SEASON REVUE』のライブの話を知ったときは正直見る気がしなかった。いや、見たいような見たくないような、という気持ちだったのだが。で、スカパーでそのライブがあるということを知ったのは昨年末。でも見逃し、再放送を録画。で、やっとみて。で、数回目。やっと感想を書く気になった。

 クラムボン原田郁子が歌う『ウェザー・リポート』は予想できる範囲、と思ってたのだけどけっこう違う。とかそんな感じで。すべて。

 演奏はもろCDそのままの曲がほとんど。メンバーが本物だからそれはそうだろう。一部では「カラオケみたい」という反応もあるのだけど、それでも、ぜんぜんよかった。

 メンバーに山崎まさよしがいたのは驚いた(ライブの発表のとき)のだけど、みてみると(聴いてみると)けっこう違和感がない。物まねじゃないからちゃんと聴けるっていう感じだ。

 それから、あんまり好きではなかったBonobosだけど。そのボーカル(名前知らない)が『感謝(驚)』をやっている。これが唯一物まねっぽく聞こえるんだけど(失礼)。これもまたいい。佐藤くんに似てるけど、もう少しうまい。こういうのを聴きたかったとこもあるんだよね。FISHMANSに関しては。というとすんげー怒られそうだけど、そう思ったのだからしょうがない(似たような話でコレクターズがもう少しボーカルが下手だったらいいのに、って思ったこともあるね。似てないか)。この曲が一番好きなのでそう思うだけか。で、最後まで聞くと、やっぱり佐藤くんのほうがうまいわ、とか思ったり。っていう発見も。

 で、UA。これがやっぱり一番すごいと思った。それ以上はない。

 UAとハナレグミ(永積タカシ)はこの間、どんとトリビュートライブでも見たんだけど、やっぱりUAのほうが格が上、っていうか、そんなんじゃなくって、もう何を言っていいのかわからない。ダブはUAで。UAはダブで。お願いします。

 番組の最後は先述の山崎まさよしなんだけど、曲の途中で終わり。「続きは映画で」みたいなメッセージが出る。もう見逃しましたよ。えー、DVDが出たら買います。

 それにしても、いずれも名曲ばかり。これは再認識するまでもないか。あと、欣ちゃんの歌のうまさも。メンバーもすばらしい。あー、これをずっと聞いてたい。ある意味、誰が歌ってもすばらしい。これは曲の力だと思う。あー、ありきたり。でも、そう思うのだからしょうがない。まあ、いまさらだけど。

 FISHMANSがあのまま行ったらどうなってただろう? という話がある(あった?)。佐藤くんが今もいたら、という話ではなく。『空中キャンプ』以前の方向で行ってたら? という話だ。そこにはすごい興味があった。それもすごい聴きたかった。もちろん、そうなってたら、いまある名曲の数々の多くは聴けなかったわけだけど。でも、という気持ち。誰かがどこかで書いてた話を思い出した。いろいろとりとめもなく思ったことを順番めちゃくちゃで書いておく。記録。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

次々と壊れる

 DVDレコーダーのRD-X1が壊れた。数ヶ月前。修理したのは1年ちょっと前。RD-X5があるのでそれほど使ってなかったんだけども。修理後は数回しか使ってない。しかし、DVDメディアをまったく認識しなくなっている。がくーん。

 で、MD/CDコンポも壊れている。これも数ヶ月前からCDトレイが開かない。修理したのは2002年。それ以降、iPodを買ったこともあってあんまり使ってなかったのだが。で、外部からの録音はOKかと思うと、MDも入れてみると「TOC Error」と出て再生も録音もできない。CD側はCCCDのせいじゃないかと思ったりしてるんだけど、MDは修理してからほとんど使ってなかったのになあ。これまた。

 そして。PCのDVDドライブもメディアを認識しない。日立LGのGSA-8041とかいうやつ。しかたないので、もっと前に買った松下の最初のDVD-R対応ドライブ(DVD-Rライト1倍)でなんとか試してみる。とりあえず進んでるようだが、これもだいぶ前から調子が悪いのだ。最後の最後でエラーが出る。さて、どうなるか。

 さらに。テレビが壊れる寸前だ。1日に数回。画面が一瞬真っ暗になる。これも8、9年使っているのだが。フルデジタル以降まで、最後のブラウン管になると思われたが、もう一個ブラウン管を買うことになりそうだ。今、現金がないんだよ。

 いろいろがっくり。誰か助けてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月14日 (日曜日)

サッポロ『雫』生のCMのナレーションは

 春風亭昇太(しゅんぷうていしょうた)じゃないか? サッポロ雫生(しずくなま)。

 クドカン(宮藤官九郎)が出てるやつ。

 どうでもいいけど、予想しておく。予想じゃないか。

 今日はタイフェスティバル2006に行ってきました。腹いっぱい食べた気がしたけど、ビールばかりで種類はさほど食べてないかもしれない。前半、写真撮り逃した(まったく忘れてた)のも失敗だ。毎年カレーと麺ばかり食ってる。写真は明日。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年5月12日 (金曜日)

小沢健二『Ecology Of Everyday Life 毎日の環境学』感想

 収録曲が発表されたとき(だいぶ前だけど)。思い浮かんだのは竹村延和の『こどもと魔法』だった。で、アルバムを聞いてみると、その直感はさほど外れていないものだったと思う。タイトルの1つである『空飛ぶ政府』から想起されたイメージとか。エレクトロとジャズみたいな。ノイズはあるかな? という想像。最後のノイズはなかったけど。

Ecology Of Everyday Life 毎日の環境学 2chのジャズ版のどっかで、えんえんこのアルバムのレビューげなものをコピペする人がいて、ジャズがどうこう書いてあったのを不安に思ってたのだが。

 コンピュータでエディットされたジャズ風フレーズ。ヒップホップ以降の手法、といえば聞こえがいいかもしれないけど。そのループはそれでいいのか? いいと思うとこもあるけど。

 フリッパーズ・ギター後期のサンプリングに回帰。とかいう人は誰もいなさそうだけど、これはそれだと思う。でも、今回のアルバムには「今」が感じられないんだよなあ。『LIFE』にイカレてたミュージシャンの話(『秀俊の一番長い7分間 [桜井秀俊] 』 from 『桜井秀俊の「続・あんた最高だ!』なんかをこのタイミングで読むと、これまたいろいろ思うこともある。

 それでも、なんらかの焦燥感を感じさせるのも確か。しばらく聞いてるとまた変わってくるかもな。今日はえんえんデスクワーク。4回くらいリピートしてみた。仕事にはばっちり。歌詞ないから。いや、それだったら、ジェフ・ミルズのほうがいいか、とも思ったり。

 そういえば、QJにも2ページ使ってレビュー風な対談が載ってたな。

こどもと魔法 それから。当ブログにリンクしていただいたことのある方も竹村延和『こどもと魔法』っぽいのではないかという予想をあげてましたね。発売前に。もうどこか忘れましたが。ああ、同じことを思う人がいるのだなあ、とそのときは思った次第。まさかこんなことになるとは。90's ノット・デッドとはいわないけど、この状態はどうかと思われる。といいつつ数日後にはまったく違うことを書いてるかもしれない。そんな予想もしてみたり。そういうアルバム。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月10日 (水曜日)

Amazon個別商品ページのURLが変更に

 ここ数日、なのかな。この変更。以前は
 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000ECWZ7U/xxxxx
 って感じだったのが(xxxxはアクセス経路とかによって変わる)
 http://www.amazon.co.jp/gp/product/B000ECWZ7U/xxxxx

 ってなってます。

 ということで、以前紹介した「Amazonに情報がないなら「はてな」を見ればいいじゃないか。っていうブックマークレット」も更新。まあ、使っていただいてる方がいるかはわかりませんが、とりあえず。

 はてなでの評判

 上記リンクをお気に入りに追加とか、ドラッグでツールバーに、とかしてください。どうでしょう。

(追記5月11日)
 全ジャンルが変わったわけではなく、音楽、DVD、和書、洋書なんかはASINのままのようだ。URL。いや、昨日はそうじゃなかったような気がするんだけど。一部元に戻ったっていう報告があったので、実際にそうなのかもしれない。めんどくさ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

青森県六ヶ所村で起きていること

 「青森県六ヶ所村にある核燃料再処理工場による、甚大な放射能汚染」について坂本龍一が行動を起こしている。

 「坂本龍一です.」という不思議なエントリータイトルになっているのだが。

なんと、この再処理工場からは通常の原発から出る放射能の一年分が、一日で
出るというのです.美しい縄文の地と恵みをもたらす三陸の海が汚され、
その被害は何百世代先にまで及びます.
 確かに知らなかった。とりあえず友達に広めることにする。

追記
詳しい資料へのリンクがあるページ。みんな、知ってるか???

| | コメント (4) | トラックバック (0)

『タイガー&ドラゴン』おもしれー

 落語ブームを生んだとかいわれてるドラマ。その再放送が3月に行われてたのだが。それを今頃見る。

 あらてめて見ても、やっぱりおもしれー。落語の天才、小竜(こたつ)を演じるのはV6の岡田准一。破天荒なヤクザ(そして話がまったくおもしろくない)の小虎(ことら)はTOKIOの長瀬智也。その二人の師匠を演じるのが西田敏行。ワキを固めるのがこれまた豪華。めんどくさいので、尾美としのり、ってことで。小竜の兄を演じる阿部サダヲがパーマン2号のかっこして松戸から中継してる風景にちょっと笑った(阿部は松戸出身なんだね)。ほんとに松戸の駅前のコンコース(たぶん南口)だった。一瞬だけだったけど。

タイガー & ドラゴン DVD-BOX 落語を知ってるとより楽しめる、のであろう。知らなくても楽しめる。問題はクドカン特有のスピードと、場面が変わりすぎるのに付いていけるかどうか。と思う。これが一番の難関か。とりあえず、落語好き(しかも、『タイガー&ドラゴン』を見てない)の友達のためにDVDを作ろうとダビング中。今、再生されてるのは猫にえさをやる皿が高いとどうこういうやつ(てきとーな説明。『猫の皿』ね。で、そこで『子別れ』が振られるんだけど、その話は最後になるのだな。それがまた泣ける)。

 っていうか、めんどくさいので誰かDVD買ってくれないか? で、貸してください。っていうか、俺が買うことになりそうな気配。いや、どうだろう。しかし、伏線の張り方がすばらしいな。あいかわらず。で、舞台となる寄席のモデルはたぶん新宿の末広亭だな。今、気づいた。映画『の・ようなもの』はほんとにそこを使ってたけど、このドラマは確かセットなんだよね。金のかけかたが違う。なんつって。

続きを読む "『タイガー&ドラゴン』おもしれー"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 9日 (火曜日)

ウナコーワ「もろこし体操」のCMに出てる人が高樹マリアに見えてしょうがない

 ウナコーワといえば、「もろこしヘッド」で有名な虫刺され用の商品だ。ここ数年はあの透明なキャラクターを全面に出してたのだが、今年はちょっと違う。

新ウナコーワクール もろこしヘッド 50ml×3個かゆみ・虫さされ用薬
 で、女の子を中心に数人が踊っているのだが。メインで歌って踊ってる子が高樹マリアに見えてしょうがない。いや、よく見ると確実に違うんだが。しかし、知らない人を認識するときは「○○に似てる」っていう認識の仕方をするのが常で。それでめんどくささを解消するっていうか。あの人が誰か判明するまで、俺の中では高樹マリア、ってことで。あえて調べない。俺、目が悪いし、人の顔をおぼえるのも苦手なんだよ。

 ちなみにウチももろこしヘッド常備してます。意味ないわりになげー。アゴなげー。

(追記)

北乃きい オフィシャルカードコレクション 北乃図鑑 BOX北乃きい/Oops!
 で、結局。この人(←写真、リンクあり)らしい。
 続きみたいなエントリも書いたけど、まあいいか。ウナコーワのCMは北乃きい

| | コメント (5) | トラックバック (0)

ハードディスク 異音

 「ふいーん」って言う。

 なんか遠くで犬かなんかが鳴いてるみたいなやつ。

 まあ、ここ4年くらいそうなので気にしない。メインマシンじゃないし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 8日 (月曜日)

mixiが『カンブリア宮殿』に

 平成の『RYU'S BAR』(©犬かぶ)こと『カンブリア宮殿』。見た感想。まだ途中だけど。

 気持ち悪い。俺、mixiやめるわ。

 とりあえず、ピエール瀧がしれっとナレーションしてるのも気持ち悪かった。

 悪意のあるコメントを言う小池栄子に好感。うそ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 4日 (木曜日)

ミホミホマコトがCDリリースですってよ(BlogPet)

ralliiはろうも仕事する?


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「rallii」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 3日 (水曜日)

酔ってながらも意識あり

 ゴールデンウィーク。夕方からえんえん飲み続ける。酒がなくなればコンビニで買い足す。

若いながらも歴史あり 96.3.2@新宿LIQUID ROOM そんな状態の中。今日の夕方から見逃していたライブ番組の再放送があったのを今気づいた。やべー。もう終わっている。

 しかし、DVDレコーダーを見てみると、録画されてました。酔った状態でも大事なことは忘れてないようで、ちゃんと予約してた模様。こういうのに対する意識はちゃんと残っているわけだな。すげー。

 ところで、今日は楽天ポイントで買った商品が3つ届いた(CD2枚と本1冊)んだけど、全部別梱包。送料無料だからいいと思ったけど、資源もったいない。まとめて送って来い。と思った。楽天はなんか買うとポイントがたまるんだけど、それを使ってみた。前回、本を頼んだときは宅配便の人がはんこもらいに着たんだけど、今回はポスト投函だった。いずれも楽天ブックス。なにが違うんだろうね? まあ、ポスト投函のほうがありがたいけど。めんどくさくないので。一方、Amazonは。これも投函か宅配便かが注文が通るまでわからない。DVDでジュエルケースは宅配だけど、トールケースはポスト投函、なのだろうか? そう思っているとまた違ったりするし。まあ、どうでもいいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

菊地成孔がPOP JAM出演

 日記(もう、日記だなこれ)にて。公式の。5月2日(パーマリンクってのがないのかな、これ)。

 ペペで出るんだろうか?

 先日の「夜の全裸」もNHKBSでチョイ流れるのですが、最近は「プチTV仕事」が続いておりまして、何と「ポップ・ジャム」に出ることになりました。一体どういう経緯による物か、国営放送との癒着を感じさせる、我ながらちょっと良い&わけわかんない話。ですな~。番組と視聴者にとってプチ・トラウマをもたらせることをお約束しましょうわははははは。
 DCPRGで出てほしいけどな。SPANKSだったらもっとおもしろいし。

 ところでPOP JAM(ポップジャム)。毎週じゃなくて年8回くらいのスペシャルなプログラム(NHKいうところの)に変わったそうで。つまらん。さらに『爆笑オンエアバトル』が金曜日になったのも残念。見忘れることが多い。曜日変わると対応するのに時間がかかる。『マシュー』(ベストヒットUVだっけ?)も忘れがち。金曜日深夜だし。

 続き。POP JAM出演の詳細をマシーン経由で知る。

 番組名はPOPJAM DX.になってるのだな。Apple Store渋谷で5月17日。無料ライブだそうだ。
 NHKのPJDXのページとApple Store渋谷にリンク。後者にはまだ詳細出てないけど、たぶん、ここに出るんろうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 2日 (火曜日)

FAME と GAME

 スパンクハッピーの『FAME』を聞いたとき。これは宮沢りえの『GAME』じゃないか! と思った話。

 宮沢りえの『GAME』がデビッド・ボウイのカバーだというのは知ってた。

 NHK紅白歌合戦にも出てたしね。

 しかし、スパンク・ハッピーの『FAME』を聞いたときに、あれ、これは『GAME』じゃねーの? とか思ったり。

 結局は。宮沢りえの『GAME』は『FAME』をカバーした曲なんだけど、タイトルも変えてたっていうことで。

 それに気づくのに10年。

 そんなことをあらためて思ったのは、DCPRGの『FAME』を聞いたときだったのだ。しかもそれが昨日! どうでもいい。

 そういえば、その昔。小西康陽(こにしやすはる)が、宮沢りえはアイドルとして完璧。曲書きたい、っていってたのはどの媒体だったか? 歌はうまくないけど、っていうのもあったけど。今、宮沢りえに曲書きたいとかいう人はいないんだろうなあ。もう、だいぶうまい女優っていう認識っぽいし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マーティ・フリードマンの番組

 タモリ倶楽部に出てた人だ。元メタリカだっけ? メガデスか。ゲストが野村義男らしい。ローリーはレギュラー?

 とにかくロック番組。ギター、ギター、ギター。かっこいい。おもしろすぎる。

 ピンクレディーの『UFO』はロックだとかいいはじめて、『旅立てジャック』みたいな曲(俺、ロック知らないんだよ)を弾く。ある意味「グッチ」さん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 1日 (月曜日)

Web 2.0 と バズワード 飽きましたよ

 もうネタにしかなっていない『Web 2.0』っていう言葉。企業のリリースに『Web 2.0』ってあるだけで苦笑してしまうようなことにまでなってる。

 「アフィリエイト 2.0」ってのが出た時点でも「どうかな」って感じだったのだけど、ネタのテンプレートになってしまった「○○ 2.0」が出るにいたってとどめをさされた格好だ。

 キーワードとしてはAjaxのほうがまだ有効な気がする(とりあえず技術としてはくくりやすいから)。

 それから「バズワード」って言葉もすごい恥ずかしい気がする。インタビューの場で、一生懸命「バズワード」ってのをインタビューする側とされる側が発するのもかなりどうかなあ。この間どっかで見たはずなんだけど思い出せない。

続きを読む "Web 2.0 と バズワード 飽きましたよ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホーム&キッチンで均一セール

 なぜ、ゴールデンウィークの真っ只中に? と思わないでもない均一セールをAmazonが実施。


 鍋とか包丁とかやかんが半額とかで買えます。

 まあ、前からやってたのかもしれませんが。

 ホーム&キッチン 均一セール

 1000円均一、1500円均一、3000円均一、5000円均一なんてのをやってます。

続きを読む "ホーム&キッチンで均一セール"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »