« 弛緩音楽 黙想音楽 | トップページ | Amazonの個別商品ページのURL、再び変更。と、ISBNの桁拡張 »

2006年5月22日 (月曜日)

盛岡ぴょんぴょん舎の冷麺

 近所の買い物はイトーヨーカドー。そこでやってた東北うまいもの市(うそ。記憶あいまい)。気になったのが「ぴょんぴょん舎」の冷麺。これどっかで聞いたことある社名だ。と思い。ああ、あれだ。SHINOBlogさんとこで見た。ぴょんぴょん舎の盛岡冷麺盛岡冷麺が東京進出。しかし、2食で800円とは高い。というわけでスルー。

 してたら、次の週には300円くらいに値下げされてた。えー! というわけで買ってみた。

Trim 結果。かなりうまい。これで2食300円なら満足だ。麺とスープと、さらにキムチも添付。そのキムチがめちゃくちゃ辛い! 写真ではゆで玉子ときゅうりを自分でトッピングしたもの。画質が悪いのはいつものことなので勘弁してください。

 で、盛岡冷麺は、韓国のそれとは違って、麺にはそば粉は入っていない。よって、麺の色も黒っぽくない(灰色っぽくない)。それでも、透明感はある。そして、コシはかなりある。これが冷麺の醍醐味、とか思ってるんだけど、どうだろう。どうやら、ジャガイモのでんぷんを使っている模様。でもって、スープもあっさりしてるんだけど、しっかりだしの旨みが感じられる。パーフェクト!

 昔っから(というか、俺が子供のころから)盛岡では冷麺がけっこう有名で、しかもその由来をまったく知らなかったのだが。それは先のリンク先にいろいろ説明があるので、参照してもらうとして。

 とりあえず、銀座と川崎でも食べられるようになるようなので期待したいです。

 で、ヨーカドーで売ってたやつの値段は間違いだったような気がするんだがどうだろう? いくらなんでも安すぎだ。しかも、賞味期限ぎりぎりというわけでもなかったし。

「ぴょんぴょん舎」盛岡冷麺スペシャル焼肉屋さんの味だ!
 これ、おとりよせできないもんかね? と調べると。さすが、楽天。なんでもありました。しかし、高いよ。ぴょんぴょん舎。まあ、直接ぴょんぴょん舎が売ってるわけじゃないっぽいのであれですが。都内に店ができたら、行ってみよう。メモ。

 しかし、このコシ。すごすぎる。うどん好き、とくに讃岐うどん好きにもたまらないものだろう。うどん大好きな俺も満足。いや、こんなんでいいのか?

(追記0601)
「お茶の時間」さんとこの「盛岡冷麺ぴょんぴょん舎銀座百番」にお店の詳細ありました!


|

« 弛緩音楽 黙想音楽 | トップページ | Amazonの個別商品ページのURL、再び変更。と、ISBNの桁拡張 »

コメント

うおおお!すっかり見逃しちゃってましたっ!
ぴょんぴょん舎の冷麺、コシがすごいどころか、正直ゴムですよね(笑)。
まあこれが良いというか、どちらかと言うと
噛みごたえを楽しむよりも喉ごしを楽しむ麺、なんでしょうね。

私も盛岡に行くとお持ち帰り用のセットを買って帰ることがあるんですが
確かにお土産屋で売ってる他社の冷麺と比べるとダントツに高いです。
しかも要冷蔵ですしね。
けど、やっぱりそれだけのことはある味ですよね。

来月2日に銀座店オープンってことで
盛岡冷麺中毒(笑)の私は今からとても楽しみにしています。

投稿: しのぶ | 2006年5月27日 (土曜日) 午前 12時11分

あの歯ごたえはちょっとクセになりそう。銀座、いってきます!

投稿: point | 2006年5月28日 (日曜日) 午後 09時59分

TB、ありがとうございます

いよいよ本日オープンですね
なんとか時間見つけて行って見たいと思います
チヂミ、ビビンパや地酒、地ビールも置くそうなので
そちらも楽しめそうです

投稿: まこっちゃん | 2006年6月 2日 (金曜日) 午前 04時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35726/10189578

この記事へのトラックバック一覧です: 盛岡ぴょんぴょん舎の冷麺:

» 盛岡冷麺ぴょんぴょん舎銀座百番 [お茶の時間]
6月2日に盛岡冷麺のぴょんぴょん舎が、東京銀座に アンテナショップを出店するそうです 「盛岡冷麺ぴょんぴょん舎銀座百番」というお店で、 銀座4丁目4−1の2階建てビル1階に構えるそうで 座席数は10席程度のようです 夜は「地酒コーナー」もあるとか? 今後は、川崎市駅前に建設中の「LAZONA(ラゾーナ)川崎」にも 出店することが決まっているらしいです 麺はともかく、水はどうするのか興味があるところです 以前... [続きを読む]

受信: 2006年6月 1日 (木曜日) 午後 07時57分

» ぴょんぴょん舎銀座百番、創生水のこと [お茶の時間]
ぴょんぴょん舎の辺さんからお話を聞くことが出来ました 銀座百番では、「創生水」という水を使っています 「洗浄活性軟水」 どういう水かと言うと、創生水生成装置を使い 「界面活性効果」があるらしく、「洗浄力」を持つほど 綺麗な水にする事が出来る水だと言うことです なので、銀座で唯一、環境面に配慮した飲食店 洗剤を使わない飲食店とのことでした 詳しい説明は「創生水」、こちらにあります 飲んでみても、まろやかな感じで口当たりが良い感... [続きを読む]

受信: 2006年6月 3日 (土曜日) 午後 04時46分

« 弛緩音楽 黙想音楽 | トップページ | Amazonの個別商品ページのURL、再び変更。と、ISBNの桁拡張 »