« 次々と壊れる | トップページ | ディレトクリ »

2006年5月15日 (月曜日)

THE LONG SEASON REVUE @ SSTV

 『THE LONG SEASON REVUE』のライブの話を知ったときは正直見る気がしなかった。いや、見たいような見たくないような、という気持ちだったのだが。で、スカパーでそのライブがあるということを知ったのは昨年末。でも見逃し、再放送を録画。で、やっとみて。で、数回目。やっと感想を書く気になった。

 クラムボン原田郁子が歌う『ウェザー・リポート』は予想できる範囲、と思ってたのだけどけっこう違う。とかそんな感じで。すべて。

 演奏はもろCDそのままの曲がほとんど。メンバーが本物だからそれはそうだろう。一部では「カラオケみたい」という反応もあるのだけど、それでも、ぜんぜんよかった。

 メンバーに山崎まさよしがいたのは驚いた(ライブの発表のとき)のだけど、みてみると(聴いてみると)けっこう違和感がない。物まねじゃないからちゃんと聴けるっていう感じだ。

 それから、あんまり好きではなかったBonobosだけど。そのボーカル(名前知らない)が『感謝(驚)』をやっている。これが唯一物まねっぽく聞こえるんだけど(失礼)。これもまたいい。佐藤くんに似てるけど、もう少しうまい。こういうのを聴きたかったとこもあるんだよね。FISHMANSに関しては。というとすんげー怒られそうだけど、そう思ったのだからしょうがない(似たような話でコレクターズがもう少しボーカルが下手だったらいいのに、って思ったこともあるね。似てないか)。この曲が一番好きなのでそう思うだけか。で、最後まで聞くと、やっぱり佐藤くんのほうがうまいわ、とか思ったり。っていう発見も。

 で、UA。これがやっぱり一番すごいと思った。それ以上はない。

 UAとハナレグミ(永積タカシ)はこの間、どんとトリビュートライブでも見たんだけど、やっぱりUAのほうが格が上、っていうか、そんなんじゃなくって、もう何を言っていいのかわからない。ダブはUAで。UAはダブで。お願いします。

 番組の最後は先述の山崎まさよしなんだけど、曲の途中で終わり。「続きは映画で」みたいなメッセージが出る。もう見逃しましたよ。えー、DVDが出たら買います。

 それにしても、いずれも名曲ばかり。これは再認識するまでもないか。あと、欣ちゃんの歌のうまさも。メンバーもすばらしい。あー、これをずっと聞いてたい。ある意味、誰が歌ってもすばらしい。これは曲の力だと思う。あー、ありきたり。でも、そう思うのだからしょうがない。まあ、いまさらだけど。

 FISHMANSがあのまま行ったらどうなってただろう? という話がある(あった?)。佐藤くんが今もいたら、という話ではなく。『空中キャンプ』以前の方向で行ってたら? という話だ。そこにはすごい興味があった。それもすごい聴きたかった。もちろん、そうなってたら、いまある名曲の数々の多くは聴けなかったわけだけど。でも、という気持ち。誰かがどこかで書いてた話を思い出した。いろいろとりとめもなく思ったことを順番めちゃくちゃで書いておく。記録。


|

« 次々と壊れる | トップページ | ディレトクリ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35726/10085618

この記事へのトラックバック一覧です: THE LONG SEASON REVUE @ SSTV:

« 次々と壊れる | トップページ | ディレトクリ »