« Amazonふざけすぎ。ECSのレスポンスがあまりにもひどすぎる件 | トップページ | 村上ファンド村上氏「プロ中のプロ」を聞いて思い出す「男の中の男」 »

2006年6月 5日 (月曜日)

Googleで上位になるとどれくらい見に来る人が増えるのか?

 ちょっと前にはてブ(はてなブックマーク)でホットエントリーになるとどれくらいPV(ページビュー)が増えるのか? っていうエントリがどっかで盛り上がってた気がする。いや、見た記憶はあるのだけど、どのページかはすでにわからない。そこでは、はてブの影響は数日だった、とかいう結論だった気がする。確かにはてブのランキングは移り変わりが激しいようだ(いや、あんまり知らないんだけど)。

 その前後。このブログも通常よりも数倍のアクセスがあって、それはどうやらGoogleであるキーワードで上位にいるかららしい。ということが判明。まあ、判明ってほどのこともなく。普通にアクセス解析(SHINOBI使ってる)でわかったことなんだけども。

 で、そのアクセスを集めていたのは「ウナコーワ「もろこし体操」のCMに出てる人が高樹マリアに見えてしょうがない」っていうエントリ。

 でもって、検索フレーズ(複数単語の組み合わせ)と5月17日から6月4日までのアクセス数、そしてGoogleでの順位(6月5日時点)、は以下のとおり。関連検索フレーズで上位5位まで。

もろこし体操   563アクセス   2位
ウナコーワ    269アクセス   7位
もろこしヘッド   82アクセス  11位
CM ウナコーワ  77アクセス   3位
もろこし 虫刺され 33アクセス   2位

 5月17日に「もろこし体操」で19件あったのを皮切りに、現在もその影響が続いています。Googleの検索順位が大幅に変わるまで、2週間くらいの猶予があるってことなのかなあ?
 まあ、はてブの場合と違って、検索エンジンだとどんなキーワードになるかで結果が違うんで、まったくもって比較にならないわけですが。誰かがこれでなんかを考えてくれるとおもしろいかなあ、と思ったり。

 あと。このブログ。検索エンジン経由で来る人がほとんど(固定読者は1桁台と思われます。あはは)。でもって、そのうちGoogleが9割以上。Yahoo!からは嫌われている模様。っていうか、Googleに有利なディレクトリ構成だったり、HTMLマーキングだったりするんですかね。ココログ。

 まあ、たいしたアクセスが多くない当ブログの話なんでなんのネタにもなりそうにないんですが。

 で、あのCM。それなりに注目されてんのかな?

北乃きい オフィシャルカードコレクション「北乃図鑑」(セレッサ限定特典カード・バインダー...
 ちなみに北乃きい、では24件しかない。人よりもCMの内容なんだろな。あと、検索フレーズじゃなくって、検索ワード(単語単位での集計)では。

もろこし体操  592アクセス
ウナコーワ   465アクセス
CM        184アクセス
もろこし     183アクセス
ウナ        97アクセス
もろこしヘッド  97アクセス
北乃きい    55アクセス

 面倒なので、このへんで。アクセスって単位じゃねーし(件、か)。見やすくするための桁あわせの方法わかんないし。
ヤフー!・グーグルSEO対策テクニック まあ、ぐだぐだな感じで終わり。SEOともあんまり関係ないね。タイトルとは裏腹に。もっと人気のあるサイトの人にこういう話をしてもらいたいです。しかももっとまともなキーワードとかで。あと、こういう感じでたまたまGoogle上位になったりすると、宣伝目的のトラックバックがなぜかきたりするんですよ。見といてね。終わり。

(追記。0612)
 11日にまたアクセスが急増。200くらいさらに増えてる。Googleで『もろこし体操』検索すると1位になってた。ぐは。「ウナコーワ」は7位。という記録。


|

« Amazonふざけすぎ。ECSのレスポンスがあまりにもひどすぎる件 | トップページ | 村上ファンド村上氏「プロ中のプロ」を聞いて思い出す「男の中の男」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35726/10397092

この記事へのトラックバック一覧です: Googleで上位になるとどれくらい見に来る人が増えるのか?:

» Open Directory Project [マルコ式ネット白書]
dmozと呼ばれるオープンディレクトリプロジェクトがあります。 ずいぶん前から行われてきたものなので、知っている人も多いかと思います。 [続きを読む]

受信: 2006年6月 6日 (火曜日) 午後 11時09分

« Amazonふざけすぎ。ECSのレスポンスがあまりにもひどすぎる件 | トップページ | 村上ファンド村上氏「プロ中のプロ」を聞いて思い出す「男の中の男」 »