« 『ゴーグル それをしろ』 | トップページ | ディスク容量が足りません »

2006年7月21日 (金曜日)

朝日美穂 XNOX(クスノキス)ライブ ゲスト「ミホミホマコト」

ミホミホマコト(DVD付) ミホミホマコトのインストアライブを知らずに逃した(そんなんばっかり)ので、これは行っとこう、と思い。吉祥寺MANDALA 2へ。とりあえず、インターネット予約(システムはかなり人力)で。

 XNOXは「くじら」の楠均さんのソロ。ドラマーではあるけれども、歌う。ドラムセットではなく、ダンボールのバスドラム風なやつと、イスみたいなスネア風のものをブラシで。さらにおもちゃっぽいものとか、シーケンサーとかサンプラーとか、Electribeみたいなやつとか、KAOSS PADとか。でもって、エレキギターも弾く。1曲めなんてその手作りドラムセットとボーカルだけ。音階楽器なし! その後、シーケンスも交えて。音の雰囲気はとっても80年代っぽい部分もありつつ、でもチリチリした今っぽい音も。でもメロディの感じは時代関係ない感じ。でも、これはやっぱりあの時代の感じだ(それは聴くほうがくじらを思って聞くからかもしれないけど)。
 とにかくすんごいよかった。トークもけっこうおもしろい。「これはできたてほやほやの曲です。今朝完成したと言っても過言ではないです。タイトルは仮なんですが、仮タイトルが正式タイトルになることが多いわけで」みたいな話を。
 楽器をとっかえひっかえのライブは1時間ほどで終了。次の朝日美穂バンドのドラムも楠さん。

 で、朝日美穂パート。楠さんドラム+エレキベース(茅ヶ崎くん、と言ってた)+朝日ピアノ&シンセ。シンセといっても、エレピとオルガンの音しか出さない。というかノードエレクトロ2なので、まあ、そういう感じ。朝日さんのもののよう。ピアノはライブハウス備え付け、だろうな。YAMAHAのグランド。
 少人数の編成だけど、グルーヴ感たっぷり。いわゆるシンガーソングライターって感じ(たとえば奥華子とか)とはやっぱり違う。どっかのインタビューで肩書きがシンガーソングライターってなってて違和感があったけど、普通にロックミュージシャンだと思う。エレピでジャジーなプレイを聴かせたと思えば、次のピアノは普通の白玉なんだけどベースがかなりアグレッシブなフレーズを弾くって感じで。物足りなさを感じさせない、さえいげなく腰にくるバッキング。
 アルバムとはまったくアレンジが違ったりもするのだけど。そういえば、このバンドでセルフカバーなベストを製作中だそうだ。楽しみ。ソニー時代のアルバムはすべて廃盤になってるので、出そうということになった企画ということなんだけど。
 途中でゲストのエマーソン北村をオルガンに迎えて。これがまたよかった。久しぶりにすばらしいオルガンを満喫。
 順序は違うけど。朝日トークでは。「ちょっと前までおとぎの国に行ってたので、ソロに戻るのが」どうこうみたいな話。ミホミホマコトとソロはやっぱり違うって話を。

 1時間ほどでソロパートひと段落。いったんはけてからミホミホマコト登場。エマーソン北村、高橋健太郎がギターで加わる。ミホミホマコトの3人はCDジャケットと同じ衣装だけど、髪はカツラなし(たぶん)。川本いわく「50%ミホミホマコト、アイラインとかちゃんとしてないし」もりばやし「つけまつげ忘れてきちゃった」とか。確かにイメージはぜんぜん違う。川本、意外と大きい。この3人の中では。
 セットリストは

 1. I want to be loved
 2. Three Topaz
 3. Sunset Blue

 1曲めのダンスはCDオマケのDVDのもの。DVD未収録曲も同じようなテイスト。川本のダンスは1人だけちょっと違う。しなやかさがない。意外と男っぽい人なのかもしれない(ダンスだけじゃなくって、トーク中の立ち居振る舞いとか見ると)。
 『Three Topaz』はエマーソン北村作曲のほぼインスト。途中で3人のコーラスが入る(高橋健太郎氏のブログでも触れられていたか)。そして、ミホミホマコトパートが終わって、再度朝日パート。これがすんごくよかった。
 前述の次のアルバムに収録される『くちびるに』。これはソニー時代にすんごいお金をかけてビデオを作ったそうなんだけど、今回もまたこれでビデオ作るそうです。ソニー時代に作ったビデオには今回のライブに出演してる北村さん、楠さんも出演しててすごく寒かったって話など。

 でもってアンコール。もう一度、ミホミホマコトメンバーを迎え、リハしてない「Gone The Rainbow」を。これは、もりばやしみほメインの。朝日は「一番気に入ってる曲なんだけど、インタビューなんかでは自分がソロをとってない曲を言うのもなんなので、ちょっとごまかした」とか。確かに俺も一番好き。客席にも踊ってほしいということで、曲の前にみんなで練習。踊ってない人を指差して「後ろに踊ってない人がいるー」と、もりばやし。「こっちからちゃんと見えてるんだからねー」。確かにこのへんの人は踊ってなかったけども。とにかく盛り上がって終了。

 で、狭いとは思ってたけど、想像以上に狭かった。おかげで、一番後ろでもよく見えた。まあ、機材の確認まではできなかったけども。
 あと、その他。
 エマーソン北村さんの足鍵盤にも注目、って朝日さんがいうんだけど、さすがに足元は見えなかった。プレイはすごくよかった。ただ、その足鍵盤がギチギチいうんだよね。その生の音が後ろまで聞こえてくる。あんまり大音量ではない狭いハコなので気になるってことだろう。『Three Topaz』のあと、朝日さんがその音を指摘してたけど、それは言っていいんだ!とちょっと驚いた。もりばやしさんが「年代モノですか?」って聞くと北村さんは「いや、そんなことない」だそうで。どうでもいいか。
 朝日さん「ミホミホマコト、やってよかった」、もりばやし「過去形?」ってのもおもしろかったな。

 開演が19:30、終わったのが22:30。ぜんぜん長く感じることはなく。終わったあと久々にほわーんと幸せな感じに。あんまりカチっとしてない感じがそんな印象を与えてるんだろうな。これまた。ライブmihomiho vol.2 レポート風のときよりも。ダンスはうまくなってるけど、まあ。また、見たいなあ。ミホミホマコトは次の予定ないそうです。


|

« 『ゴーグル それをしろ』 | トップページ | ディスク容量が足りません »

コメント

ノードエレクトロ2は朝日さんの持ち込みですね。
以前見た朝日さんの3回のライブでも同じものを使ってましたよ。
で、トラバさせていただきました。

投稿: mike | 2006年7月28日 (金曜日) 午前 12時32分

ノードはやっぱりそうなんですね。ありがとうございます。

そちらのエントリーも読ませていただきました。セットリストなど詳しくて感動。これまたありがたい情報です。

投稿: point | 2006年7月31日 (月曜日) 午後 10時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35726/11036670

この記事へのトラックバック一覧です: 朝日美穂 XNOX(クスノキス)ライブ ゲスト「ミホミホマコト」:

» 朝日美穂 / ミホミホマコト@MANDA-LA2 [mike's box]
音楽 ライブ 朝日美穂 ミホミホマコト昨日になりますが吉祥寺のMANDA-LA2で行われた、朝日美穂とXNOXの対バンに参加してきました。XNOXは朝日さんのDr.も担当している楠さんのワンマン・ユニットで、あまり縁が無かったのでレポ... [続きを読む]

受信: 2006年7月28日 (金曜日) 午前 12時29分

« 『ゴーグル それをしろ』 | トップページ | ディスク容量が足りません »