« 米コダックがデジカメ生産から撤退 | トップページ | 魔界村はまだ存在している »

2006年8月 2日 (水曜日)

ローリング・ストーンズの納税額は低い

 なぜ、今こんなニュースが?

 ストーンズ、節税にサティスファクション!そのヒミツ…(ZAKZAK)
 ストーンズは節税も一流だった(デイリー)
 ストーンズは節税上手…納税率、わずか1・6%(報知)

 芸能誌がこぞって取り上げている。以下はスポーツ報知。

楽曲や映像などの印税や著作権使用料に対する直接税がないため、税率が極端に低くなっているオランダで資産管理を行っているためという。ストーンズは英国の金融機関が信用できないとして1972年に、印税などの管理をオランダの会計事務所に移管していた。
「ブライアン・ジョーンズ ストーンズから消えた男」公開記念盤 Premium Tribute to STONED(DVD付) なるほどなあ。まあ、結局はソースは同じ、なのかな?
 タイトルのつけ方が微妙に違うのが誌面の性格か。うそ。そこまでちゃんと見てない。
 


|

« 米コダックがデジカメ生産から撤退 | トップページ | 魔界村はまだ存在している »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35726/11225309

この記事へのトラックバック一覧です: ローリング・ストーンズの納税額は低い:

« 米コダックがデジカメ生産から撤退 | トップページ | 魔界村はまだ存在している »