« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月

2006年9月29日 (金曜日)

「ユビキタス社会」という言葉を日本語から消す

 気になったので乗ってみる。間違った用語を広めるべきではない、消してしまおう、という話(に思える)。

 詳しくは以下のリンクから。

 ブログを利用して日本語から言葉を一つ消すことができるか?

 「ユビキタス社会」という言葉は誤用

続きを読む "「ユビキタス社会」という言葉を日本語から消す"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月28日 (木曜日)

『邪魅の雫』もう出てます

 某サイトで知る。あれれ。発売日の告知とかがないなあ。と思っていたところだったのだけども。
 早く読みたい。

邪魅の雫邪魅の雫


| | コメント (0) | トラックバック (0)

『グエムル』ですべての感情を垂れ流す

 『グエムル -漢江の怪物-』。予告を見て、これは観なくちゃ、と思ってスルーすることが多い昨今だけど、今回はなんとか見た。いやあ、すばらしかった。ネタバレしない方向で書く。

 いきなり冒頭から怪物が出てくるところはモンスターパニック映画、怪獣映画のセオリーをまったく無視。韓国では初となる怪獣映画、とテレビで監督のポン・ジュノがいってたけど、そういうセオリーはまったく関係なく作れるのはそれはそれでいい方向に向かったんだろう。

 怪獣映画といえば、軍とかが出てくるんだろうけど、それもない。怪物に立ち向かうのは娘を怪物にさらわれた神無月に似た親父とその父と弟妹だ。まあ、見方を変えれば父親と3人の兄弟と長兄の娘だ。
 TOKIOの松岡も出てこなければ、新山千春も出てこないし、長澤まさみ や 大塚ちひろ も出てこない。ましてや前田愛や高嶋政宏だって出てこない。当然ながら沢口靖子も出てこないんだ。

 で、人間ドラマだ! とかいうようなしょぼい雰囲気ではない。確かにモンスターパニック映画にはなっている。すぐ家族愛、だとかいう感じにもなるけど、それとも違う気がする。ヘンな感じだ。こういうのは今までなかったな。

続きを読む "『グエムル』ですべての感情を垂れ流す"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月27日 (水曜日)

そんなところにそんないい話を書かなくてもいいよ

 映画『夜のピクニック』の特設ページがYahoo!にオープン。で、そこにキャストによる「みんなの告白」というコーナーがある。

ピクニックの準備 そこに俳優、田山涼成(たやまりょうせい)さんがとても泣けるエピソードを書いている。人のよさが垣間見えた感じ。まあ、見た目からしていい人そうだけども。
 一方、若手はほんとくだらないことばっかり書いてるのに。みんなまじめにやろうよ、とか思ったり。
 とくに主役の多部未華子のがひどい。貫地谷しほり との仲があまりよくなさそうなとこがナイス。どっちだよ。

 というわけでぜひチェックしてみてください。
 『夜のピクニック特集』言えなかったことが言えたとき

続きを読む "そんなところにそんないい話を書かなくてもいいよ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こないだ(BlogPet)

こないだ、pointが
iTunesに表示されているゲームのサムネイル(画像)をクリックすると認証のRDが出るので、そこでアカウント(ID)のパスワードを入力するとOKですよ(^^)。
とか思ってたらしいの。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「rallii」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Amazon最安商品

 たぶん、これだと思うんだけど、どうだろう?

プリンク フォーク レッド M-8201プリンク フォーク レッド M-8201


 単価が30円ですよ。これ、送料無料(1500円以上)にするには50個買わなくちゃいけない。あはは。

 いや、ねじの方が安かったっけ? と、思ったけど在庫切れで値段わからず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

KAMINARI

 12時くらいに雷。でも、すぐにおさまる。雨もやんでる。

 雷。

KAMINARI(紙) KAMINARI

 って書くとルースターズのアルバムになる。

 そういえば、夏フェス番組(スカパー)で大江慎也を見た。太ってた。いや、それは20年前もそうか。あの、映画の制作発表までしたけど、結局ぽしゃったやつ。『RUNNER』っていうタイトルだったと記憶している。
 それから。ロックンロール・ジプシーズも見た。メンバーはほぼ同じ。そりゃそうか。で、ベースが井上富雄じゃなかった気がするがどうだろう。あとで、もう一回見直す。

続きを読む "KAMINARI"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月25日 (月曜日)

RD-X1のMN3.0とRD-X5のMN3.0

 あまりにも画質に違いがあるのだね。今頃気づいた。RD-X5のMN3.0。

 長時間のライブにはぴったりだ。動きもしっかり追えるし。へんなノイズも出ないし。ありがとう。地上波。これが地上波デジタルになったらおもしろくないことになるんだと思ったら地上波デジタルなんて不要だと思った。いや、前からそう思ってたけど。コストってあるじゃんか。そういうことで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

丹波哲郎さん逝く

 Yahoo!ニュースで見出し見て「うわぁっ」ってほんとに声上げてしまった。

 ご冥福をお祈りします。

続きを読む "丹波哲郎さん逝く"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月21日 (木曜日)

平成の筒井康隆

 なぜか筒井康隆の作品が映画化されまくっている本年。

 「時をかける少女」「日本以外全部沈没」さらには「パプリカ」が控えている。最後のは今年中に国内公開されるかどうかは知らないけど、海外のコンペで好評だったという話は聞く。

 そんなとこにこんなインタビュー。

 パロディーとして見て…ひとりごと筒井康隆(1)

 これ、シリーズものらしく、続きがあるっぽい。

 リアルタイムで僕のものを読んだ人たちが今エラくなって物事を決定できる立場になった。それで、僕の作品が今になって映画化されたりする

 ってのはR30でも言ってたか。っていうか同じことを何回も言ってるのだろうな。今年は。

続きを読む "平成の筒井康隆"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平成の織田信長

 あいかわらず東京ガスのCMがおもしろい。

 というのも。ピエール瀧が演じる織田信長が再登場しているからだ。

 しかも、2回目の登場となる今回は明智光秀といっしょ。

 「えっ? 謀反?」っていう瀧。っていうか織田信長。

 さすが。パートが「瀧」なだけある。

続きを読む "平成の織田信長"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

平成の『北斗の拳』

 街を歩いてて見つけたパチンコ屋。パチンコやらないからぜんぜんわからないんだけど。

 こういう扱いになんか意味があるのか? もう人気がない機種だけど、ウチはまだやってますってことなのか? まったくわからない。

Hokuto

 「サンボールは最後まで北斗の拳を大切に使います」って。

 「使います」の感じもちょっとない感じ。そうでもないか。

続きを読む "平成の『北斗の拳』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平成のヤマトタケル

 ちょっと前から気になっていた電車内の広告。なんだこりゃ?

 で、電車内でデジカメで撮影。ぜんぜんうまく撮れてない。がっくり。
Takeru

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月20日 (水曜日)

児童たちに自身の漫画のセリフを考えさせる(BlogPet)

そういえば、pointが
児童たちに自身の漫画のセリフを考えさせる、iPod始まって、校内のポスターなどiPodおかしなところを探してくる、とか。
っていってたの。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「rallii」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iPodでゲームができない! iTunesでiPod用ゲームをダウンロードしても動かない人のために

 友達がiTunesでパックマンをダウンロードしたけど、遊べないよ! とか言っていました。動かない。試せない。でも、なんとか解決した模様。

Apple iPod 30GB ホワイト [MA002J/A] 解決方法は。

iTunesに表示されているゲームのサムネイル(画像)をクリックすると認証の画面が出るので、そこでアカウント(ID)のパスワードを入力するとOKですよ(^^)。

 だそうです。認証をちゃんとしなきゃいけないっていう話でした。これって、盲点だよね。
 ちゃんと第5世代のiPod(ビデオiPod)なら問題ないようですよ。

続きを読む "iPodでゲームができない! iTunesでiPod用ゲームをダウンロードしても動かない人のために"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iTunesのカバーブラウザ

 iTunes 7の記事が先週末にたくさん出回った。同時にいろいろ試してみた。

 で、そういう記事を見てカバーブラウザというのが気に入った。CDのジャケットを選ぶことでアルバムを選択する。なるほど。CDショップで1枚1枚めくってく感じだ。いや、どっちかっていうと、CDよりもLPをめくってく感じ。資生堂『uno』のCMで小山田圭吾がLPめくってく感じ。LPっていうかアナログディスク。とかいうのか。

Itunes01_1


 しかし、その表示方法がわからない。

 「表示」メニューにはそれらしきものは見当たらない。

Itunes02_1
 そうこうしてるうちにやっと見つけた。画面上の「表示」っていうとこにあった3つのアイコン。これか! 画面上のアイコンは普通メニューにも同じ機能が割り当てられている。というのはWindowsアプリケーションの常なのだが。Macを出自とするiTunesにはそれが通じなかったようだ。まあ、どうでもいいけど。

 とにかく、この表示モード。ぐっとくる。おもしろい。

続きを読む "iTunesのカバーブラウザ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月19日 (火曜日)

そんなに牛丼好き?

 意味わかんねーよ。

 俺、絶対食わない。

 『美味しんぼ』読者だから。最悪。すまん。

続きを読む "そんなに牛丼好き?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月18日 (月曜日)

CMC

 CMCといえば。ルースターズの名曲のタイトル以外にないと思っていたのだが。

続きを読む "CMC"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月13日 (水曜日)

アートワークを自動で更新してくれるiTunes 7。で、既存モデルのギャップレス再生は?

 さっそくアップデートしてみた。アートワークを自動で取得してくれるらしい。iTMSにある曲のみ、というのはもちろんだけども。試してみる。うん。確かに、タイトルから探してきてくれてるらしい。ほかのソフトでリッピングしたファイルもそれなりにアートワークが追加されてる。手持ちのファイルだとBuufalo Dauughterの『Pshychic』とかソウルフラワーとか、さらにTatsuhiko Asanoだとか、Karlyだとか。うお。菊地成孔の『デギュスタシオン・ジャズ』『南米のリザベス・テイラー』もジャケット画像きてるね。できないのもあるけど、iTMSで購入したやつだけ、みたいのとは一線を画す便利さだ。

Itunes

 で、さらに。普通に更新とかしてたら、新iPodの注目機能である「ギャップレス再生」に関するアップデートもあったらしく。こういうメッセージが出てる。

Itunes_1

 もしかして、既存のモデルでもOK?とか思ったけど、そうではないらしい。残念。実際にG3なiPodで聞いてみたら変わってなかった。微妙に曲間が短くなってる気がしたけど、気のせいかもしれない(コーネリアスの『FANTASMA』、ブライアン・ウィルソンの『SMILE』で試した結果)。微妙に曲間が短くなってる気、もするけど、これはプラシーボ。っていうか、記憶があいまい、ってことだ。やっぱり新iPod。気になるなあ。

続きを読む "アートワークを自動で更新してくれるiTunes 7。で、既存モデルのギャップレス再生は?"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

SF映画としての『日本沈没』(BlogPet)

きょうralliiはpointは主役も沈没したかもー。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「rallii」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新iPodでギャップレス再生が可能になったって

 でかい液晶のiPodビデオは出なかったけど、けっこういいな。mini、じゃなくってnanoか。と、shuffleとすべてのラインナップが一新。

 iPodでギャップレス再生ができるようになったのはうれしい。これは買おう。いや、金ないけど。

 あとはあとでチェック。仕事行かなきゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月12日 (火曜日)

DOOPEES新作『フォーエバー・ヤン ミュージク・ミーム3』

 ついに出るんだなあ。9月30日にシングル『フォーエバー・ヤン ミュージク・ミーム3』が発売。
 7月発売という話だった気がするんだけど延びたのかな。

 2ndアルバムはそのちょっとあと、になる模様。アルバム発売日は不明。とりあえず、ジャケットは1stの色違いっぽい。

 とりあえず、詳細はタワレコのサイト(ジャケット写真にリンク)で。

DOOPEE TIME 並べてみるといい感じ。
 になるかなあ。
 これは実物を見ないとわからない。

 で、このシングル。『フォーエバー・ヤン ミュージック・ミーム』シリーズになるのね。どういう仕掛けがあるのか楽しみ。とりあえず、ジャケットの時計は「3」を指してる。

 で、DOOPEES(ドゥーピーズ)といえば、フォーライフ、だと思ってたらNMNLレコーズからの発売になるんだそうで。タワー関連の会社? 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月10日 (日曜日)

ビョーク『サラウンド』(Surrounded)制作秘話

 秘話、って話ではないか。今月号の「サウンド & レコーディングマガジン」の特集記事。ビョークの5.1chサラウンドによるCDのDVD-Video化タイトルの話。このDVDボックス、本屋でサンレコ見るまで存在を知らなかったよ。

すべての音楽家のための専門誌Sound & Recording Magazine2006年9月号
 原題は「Surrounded」。でも日本だと『サラウンド』になってしまう。カタカナにするにしても『サラウンデッド』でよかったんじゃないか? そうでもないのか。とりあえず、ビョークのオリジナルCD『デビュー』から『メダラ』までと、サントラ『セルマ・ソングス~ミュージック・フロム・ダンサー・イン・ザ・ダーク 』『ミュージック・フロム“拘束のドローイング9”』を含む全7作品を5.1chでDVD化。DVD-Audioじゃなくって(もちろんSACDでもなくって)、DVD-Video。

サラウンド 映画を観るために、5.1chサラウンド再生環境を整えた人は多いと思うので、今回のフォーマットの選択はいたって当然というか、それ以外にはないだろうっていう感じ。DVD-AudioやSACDだと再生機が対応してないって場合が多いはず(アンプなんかも当然そう)。多くの人に聞いてもらうなら、もうこれしかないわけで、至極まっとうな選択だ。ビョークの一部のタイトルは5.1chのSACDでも出てるけど、やっぱり売れてないと思われる。

 というわけで、すぐにでもこのDVDボックスを買いたいのだけど、金がまったくない。Amazonも20%オフはもう終わってるっぽいし。楽天もそうか。とりあえず、現状10パーセントオフで13,500円くらい。

ビョーク/サラウンド〈Dual Disc 2000セット限定生産・7枚組〉

 月末までなんとかしのごう。がっくり。

続きを読む "ビョーク『サラウンド』(Surrounded)制作秘話"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 8日 (金曜日)

マンガのオチを思わず知らされる

 久々にたずねた知人のオフィスで。『最強伝説黒沢』の話をしている。

最強伝説黒沢 9 (9) で、今週号の話をしており。オチを言い始める。

 ギョエー。まだ、見てないんだけどな、俺。

 一晩たち、帰宅してマシーンを見ると同じようなことが書いてある。まあ、それはダメージは少ない。

 えー。オチを教えるのは勘弁。で、今週号をさっき買いました。これから読みます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 6日 (水曜日)

吉田戦車が『課外授業ようこそ先輩』(BlogPet)

奥州など考えさせる
pointたちが、からおかしなところを探してくる、からなど見たことが、からなど見たことがあったけど、顔は見たことがあった
どこで見た.
と、ralliiは思ったの♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「rallii」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Apple、9月12日にプレスイベント

 日本時間の13日。サンフランシスコにて。
 例によって日本でも録画したやつをみんなで見るというイベントが13日にある模様。

 numark iDJ Mixing Console for iPod 【新品】
 新しいiPodは出るのか?

 iTunes Movie Storeのローンチはほんとにあるのか?

 楽しみ。あと1週間か。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 4日 (月曜日)

KYOYAがラフィンに加入

 うわっ。そんなことが起きてたのかよ。というのが素直な感想。

GOOD EVENING WONDERFUL FIEND(紙ジャケット仕様)(DVD付) ラフィンノーズKYOYAインタビュー
 チャーミーのインタビュー
 (いずれもマシーンから)

 後のリンクに「元ウィラードン」って間違いがあるのは許すとして。

COME COME COME おもしろいことがあるなあ。ウィラードは野外フェスに見にいったのに、「病欠」しやがってその数年後に小さいライブハウスで見たんだった。でも、やっぱりかっこよかった。っていう感想なんだけど。
 そういえば。ラフィンのファンとウイラード(ウィラードってJUNは発音してたよ)のファンってけっこう対立してた気がする(っていうか相容れない感じ)んだけど、今となっては同じな感じなんかなあ。まあ、同じ時代だから、ってのはチャーミーが言っているとおり。

 チャーミーの本名は「小山ゆう」っていうらしいって話があって。『がんばれ元気』の作者と同じじゃん、っていうネタがあった。でも、読みは違うらしい、ってのもあった。ドラマ『ありがとう』の山岡久乃の役名も「小山ゆう」だ。っていうネタがその昔はやったよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

筒井康隆『パプリカ』映画化でベネチアへ

 ベネチア出品どころか、映画化すら知らなかったよ。『パプリカ』。

 これ、すんごい好きなんだよな。珍しく単行本で買った作品だし。

 アニメ「パプリカ」がベネチアで絶賛

 ベネチア映画祭「パプリカ」1時間で完売

 「パプリカ」にブラボー!今監督感激…ベネチア国際映画祭

 なんか知らんが、かなり好評だったみたいじゃないか! 監督は今敏

 アニメなのが残念な気もするけど(個人的な趣味ね)、それは観なくちゃわからない。日本公開してくれるんだよねえ。ここで知ってリンクタグ張ったよ。

 一方、こっちはくだらない。
 宮崎吾郎監督 次も作る…第63回ベネチア国際映画祭

 そんなことよりも『グエムル』(公式サイト)観たい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Gateway Platinum Edition MP8701j のキーボードがひどい話

 たまたまGateway(ゲートウェイ)のノートPCについてたら見つけたのがこれ。

 Gateway Platinum Edition MP8701j のクチコミ

 あまりにもひどい。キーの配列がおかしいという。キーボード左下。ZXCVの列が全部左にずれている。これ、普通のPCだと思って使ったら、全部ミスタイプになっちゃうね。日本語版のみの問題らしいけど。リンク先にはキーボード写真もあり。

 これ店頭でも気づかないよ普通。車だったら、アクセルとブレーキが逆になってるようなもん。間違って当たり前。みたいなたとえを思いついたんだけど、違うかもなあ。とりあえず、注意。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 3日 (日曜日)

吉田戦車が『課外授業ようこそ先輩』

 本放送を見逃したけど、なんとか再放送を録画して観た。奥州市(最近合併でできた市だと思われる)の小学校にて。

 児童たちに自身の漫画のセリフを考えさせる、から始まって、校内のポスターなどからおかしなところを探してくる、とか。最後は4コママンガを描かせる、といった流れ。2日間にわたって。

殴るぞ! 8 (8) 吉田戦車はテレビや取材には出ない(写真はほとんどない)という話を聞いてたけど、顔は見たことがあった。どこで見たんだっけな。で、とても43才には見えない。若い。さらに。向井秀徳にちょっと似ている。声も似ている。顔が似ると声も似るんだなあ、と。で、とってもまじめで几帳面であろう人柄が感じられた。いや、几帳面は違っているかもしれない。まあ、印象ってことで。

 タイトルは「ありえねぇ!のススメ」だった。なるほど。という内容だったな。BS2の再放送はまだ残ってて、木曜日ってことになってるらしい。番組のWebサイトで確認してください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »