« 平成のヤマトタケル | トップページ | 平成の織田信長 »

2006年9月21日 (木曜日)

平成の『北斗の拳』

 街を歩いてて見つけたパチンコ屋。パチンコやらないからぜんぜんわからないんだけど。

 こういう扱いになんか意味があるのか? もう人気がない機種だけど、ウチはまだやってますってことなのか? まったくわからない。

Hokuto

 「サンボールは最後まで北斗の拳を大切に使います」って。

 「使います」の感じもちょっとない感じ。そうでもないか。

 だれか、このコピーの意味を教えてください。

 お願いします。

 ところで、ケンシロウの声を阿部寛がやった映画って評判どうだったの? ぜんぜん聞かないね。

 ユリアの声は柴崎コウだったんだっけ?

 これか。一応、DVDは出てるんだね。

真救世主伝説 北斗の拳 ラオウ伝 殉愛の章 ディレクターズ版 通常版真救世主伝説 北斗の拳 ラオウ伝 殉愛の章 ディレクターズ版 通常版



|

« 平成のヤマトタケル | トップページ | 平成の織田信長 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35726/11977361

この記事へのトラックバック一覧です: 平成の『北斗の拳』:

« 平成のヤマトタケル | トップページ | 平成の織田信長 »