« 俺の友達はみんな『宇宙サウンド』持ってる | トップページ | 例の教団、ザインはまだがんばってるし、DVDも出してる »

2006年10月 3日 (火曜日)

『アンフェア』スペシャル最悪の結末

 それだけは避けてほしかった。想像してた犯人でなくってよかった。っていうのは、本編の最後に思ったことだったのだけど。実際は真犯人はみんなが、「そうでなかったらいいのに」と思ってた人だった。

アンフェア DVD-BOX がーん。

 すげー。

 ドラマの出来が最悪だったわけじゃない。念のため。

 そういえば、このブログで一番アクセスがあったのは『アンフェア』ネタだ。瞬間風速では。
 『アンフェア』が示したエンドロールの使い方

 以下、ネタバレありな今回の感想。

 今回は安藤の幽霊が出てきたとこがちょっとよかった。まあ、本編の犯人だったけど。

ケイゾク DVDコンプリートBOX で、安本さんだ。安本さんが犯人じゃなくってよかった。ってのは本編が終わったときにみんなが言ってたことだったのだが。まあ、ちょっと違うけど。主人公にとってはもっとひどい結末。あー。すげー。理想を追うために、ってのはどっかで見たな。

 で、短い時間にけっこうちゃんと収めてたなあ、というのが今回のスペシャルの印象。

 本編の再放送をしてたのに、それを見逃したのが悔やまれる。

 映画化にも期待。

 篠原涼子が「アンフェア」完結編で映画初主演−来年3月公開

 映画では加藤雅也が犯人だったらショックだなあ。今回は寺島進が意外にいい人だったのにな。本編では犯人だったけど。

 ところで。本日のアクセス解析にて。「アンフェア」「ケイゾク」「パクリ」という検索語でウチに来てた人がいたのだけど。ぜんぜんパクリじゃないだろ。と思ってた。で、今回のスペシャルには『トリック』の最終回で悲しい役で出演してた(たぶん本放送では気づいた人はあんまりいないんじゃないか。DVDで確認して知った)大倉孝二(おおくらこうじ)が重要な役で出演。なんかちょっと考えるとこがあった。まあ、パクリじゃないけど、『ケイゾク』がなければ『アンフェア』というドラマが存在しなかった(別の形になってた)というのは確かだろう。

 とにかく、この数年では一番レベルの高いドラマだったと思う。まあ、求めるものは人それぞれだけど。最初っからもう一回観たいなあ。再放送見逃したのが悔やまれる。もう一回言ってみた。

 それにしても、江口洋介が悪いやつじゃなかったのは残念だな。悪いやつでいてほしかったよ。

 それから。主人公の娘役の子が普通にしゃべれるようになっててよかった。本編の最後でやっとしゃべれるようになってたんだよな。もう、あの子が不憫で不憫で。で、縦笛の発表はどうなったのか?

 でもって、また。エンドロールで安藤がいい顔してたなあ。

 今、エンドロールが終わりました。濱田マリがまたとんでもないことになっている模様。CD-R(DVD-R?)渡した相手は誰だ? 加藤雅也じゃないことを祈ります。怖すぎるよ。

 最後。ちゃんとお母さんが縦笛を聞いてくれたようです。安心しました。で、映画の宣伝に突入。2007年3月公開だそうです。見るよなあ、きっと。その前にもう一回再放送あるよね。今回のスペシャルを含めて。待ってます。


|

« 俺の友達はみんな『宇宙サウンド』持ってる | トップページ | 例の教団、ザインはまだがんばってるし、DVDも出してる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35726/12139352

この記事へのトラックバック一覧です: 『アンフェア』スペシャル最悪の結末:

« 俺の友達はみんな『宇宙サウンド』持ってる | トップページ | 例の教団、ザインはまだがんばってるし、DVDも出してる »