« 高橋ジョージとYMOの共通点 | トップページ | 滝クリ »

2006年12月26日 (火曜日)

ジェームス・ブラウンとマント

 ジェームス・ブラウン死去。

 年末はいつもこうだ。死んでほしくない人が死ぬ。

Sex Machine 73歳。

 死因は不明と、夜のニュース。昼のラジオでは肺炎って言ってた。

 ジェームス・ブラウンといえば、マントプレイ。バブルガム・ブラザースのブラザー・コーンがアポロシアターでそれをまねしてオーディション合格っていう番組が思い出された。

 そういえば、今年の忌野清志郎はマントプレイ三昧だった。いや、去年か。どんとトリビュートライブとか夏イベントとか。

 で、今夜のニュース。フジテレビでは音楽なし。無音のままアナウンサーが死去を告げる。一方、のTBSのBGMは『SEX MACHINE』だ。

 『SEX MACHINE』といえば、ピチカート・ファイブの『月面軟着陸』が思い出される。おととい、友達の家で聞いた。

 ピチカート版の『SEX MACHINE』はもろオリジナルぱくり。というか、サンプリング。90年代を代表する曲だ。しかし、90年代後半の再発ではその曲はカットされている。もちろん、2000年代の再再発でもカットされている。

 あのアルバムのジャケットはかなり特殊だったのだが、再発、再再発では、ジャケットが変わっただけでなく、収録曲もかなり変わっている。

 無邪気にサンプリングができた時代とは違うのだ。今は。

 それは、フリッパーズ・ギターの『ヘッド博士の世界塔』が再発されないことと同義だ。

 それについてはまた別の機会に書く。

 月面軟着陸


|

« 高橋ジョージとYMOの共通点 | トップページ | 滝クリ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35726/13203694

この記事へのトラックバック一覧です: ジェームス・ブラウンとマント:

« 高橋ジョージとYMOの共通点 | トップページ | 滝クリ »