« 『魍魎の匣』感想。前作よりぜんぜんよかった | トップページ | 『栞と紙魚子』ドラマ化 »

2007年12月25日 (火曜日)

THE BOOMの『中央線』

 毎年の年末恒例(?)の小田和正のライブ番組にTHE BOOMのミヤこと宮沢和史が出演。

 でもって、歌うは『中央線』。これ、シングルも買ったなあ。

 コーラスをやる小田和正がすごいいい感じ。

 この曲は確か矢野顕子もカバーしてたはずだ。いっしょにやってたんだっけ? そのへんの記憶があいまい。

 いまごろ、この曲を本人以外が歌うのを聞くことになるとは思わなかった。うれしかった。

 「BOOMの歌は参加型なんで、みんなも歌ってほしい」みたいなことをMIYAがいうんだけど、「この曲は参加しにくいんだよね」とか小田さんがいいやがります。まあ、歌いにくいよな。これ。いい曲だけど。

 不思議な曲だ。と小田さんが言ってた。それも同意。

 でもって、MIYAは来年ブラジルでツアーをやるそうだ。ブラジルに移民してから100周年だそうで。なるほど。

 で、『風になりたい』。名曲。

 あいかわらず、すごい表情だな。宮沢。

 で、客席にときおり、めちゃくちゃかわいい子が映るんだけど、これは仕込みだよな。


|

« 『魍魎の匣』感想。前作よりぜんぜんよかった | トップページ | 『栞と紙魚子』ドラマ化 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35726/17480458

この記事へのトラックバック一覧です: THE BOOMの『中央線』:

« 『魍魎の匣』感想。前作よりぜんぜんよかった | トップページ | 『栞と紙魚子』ドラマ化 »