« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

2008年1月31日 (木曜日)

コーネリアスのワールドツアーをNHKで

 2007年のツアーのステージと舞台裏、だそうだ。

 BShi 2月11日(月) 午後11:00~11:55 BS2 2月25日(月) 午前0:00~0:55 (24日深夜)

 こう書いておいて忘れるのが最近の常だ。

 えーと。NHKのBSとかBShiとか観られる友達、よろしく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月29日 (火曜日)

インターネットマシン by シャープ

 ソフトバンク・モバイルの新しい端末が「インターネットマシン」。なんつー直球な商品名。

 「閉じて電話、開いてキーボードスタイルの新しいユーザーインターフェース」とかいう感じも含めて、もろW-ZERO3な感じなんだけれども。

 というわけで公式のニュースリリース

 えーっと、これ、テンキーっていうかダイヤルキーないっすか? アンテナの感じも微妙。どっちかっつーと、電子辞書っぽい。ワンセグ機能付きの電子辞書なフォルム。

 ミュージックマシーンでは「ポケットボードを思い出した」なんて書かれてたけども。

 使ってみたいなあ、これ。同じシャープ製のZERO3系よりは作りもよさそうだし。しかし、通信料が高いんだろうなあ。この端末がウィルコムから出てたら、なんて思うけども。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月28日 (月曜日)

宗像教授のビッグ最新版

 えーと、4巻まで買いました。

宗像教授異考録 4 (4) (ビッグコミックススペシャル) 伝言でした。

 伝奇考はさすがに買い直さないと思います。

 おいおい続きを買っていくのでだぶって買わないように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニュースキャスター

 大阪府知事に橋下弁護士が当選した。それはどうでもいい。

 それに対する報道側の姿勢がちょっとおかしい。

 ガソリンの暫定税について聴く。それは国政の範囲。それを府知事に聞いてもしょうがないだろう。

 NEWS23は好きでみていたけど、メインキャスターが病気で降板。それでも贔屓目で見てきた。
 でも、これで、いよいよだめな感じだ。

 ちゃんと理路整然と反論できる橋下弁護士にちょっと感心した。声枯れてたけど。
 けっこういいんじゃね? とか思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月26日 (土曜日)

大江慎也ドキュメント

 去年やった番組の再放送があるそうだ。スカパーなどのフジテレビ721にて。

 詳しくは以下のリンクで。2月20日放送。

 大江慎也ドキュメント~何処へ行こうか~

 ところで、大江慎也が最初のソロでポートレートで出してたころ。その活動の後期に映画の主役をやるという話があったと記憶している。『ランナー』だっけ? 大江が太りすぎたから計画が中止になったと友達が言っていたんだけど、ほんとのところはどうだったんだろう。そういう話が上記番組で知れたらいいな。いや、ありえないだろうけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月23日 (水曜日)

iPod nanoのピンクが登場

 この色、わりといいかもしれない。
Apple iPod nano 8GB ピンクApple iPod nano 8GB ピンク

 iPod Classicを買ってはや数ヶ月。小さいのがあってもいいかもなあ、とか思ったりするんだけど。

 小さいからこそおもしろい、って感じもありそうだし。そういえば、Coverflowはnanoのほうが早いっていうか、スムーズなんだよな。あの感じも試してみたい。

 一方、バレンタインのキャンペーンとかもある模様。いろいろ考えるね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月21日 (月曜日)

豆腐を手のひらの上で切るたびに思い出すこと

 味噌汁に入れる豆腐を切るときにまな板を使う人はいない。手のひらの上、というか、手のひらに豆腐をのせて、包丁を入れる。

 長いことこれをくりかえしているわけだが、いつも思い出すことがある。いまだに。

 大学進学に際して、上京、その2年前に上京していた姉と同居することになった。晩飯は早く帰った方が作る。二人とも金がないので、家で食べることが多かった。

 定番は、焼き魚と味噌汁。そんな感じ。味噌汁の具は豆腐のことが多かった。

 で、ある日。

 姉が、「ぎゃー」と大声をあげた。味噌汁を作っていたはずだ。

 「どうしたんだ?」と聴くと、「間違って包丁を引いてしまった」という。

 包丁を手のひらで手前に引いてしまったら、手は切れるわけで。
 手のひらは真っ赤にそまっている。
 血が流れているのである。
 豆腐の底面は赤くにじんでいるのである。

 姉は料理の初心者ではない。小学生時代から包丁を握っていたような人で、一人暮らし時代もきちんと自炊をしていたのだ。もう何年も料理をやってきたはずである。

 それなのに、何を血迷ったか、「なんとなく」包丁を手前に引いてしまったのだそうだ。

 「なんでそんなことをしたのかわからない」とも言っていた。

 というようなことを、手のひらで豆腐を切るたびに思い出すので、さすがに、そこで包丁を引くことはない。

 っていうことを、書きたくなったので、書いてみた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月16日 (水曜日)

風邪ひいたっぽい

 鼻水とまらず。

 風邪薬きかねー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うちの女房にゃ髭がある

 やぐちひとり。

 矢口、かわいいな。

 で、「うちの女房にゃ髭がある」っていう曲は実在。

 で、「百万円」っていう曲の原曲がみつからず。

 ふちがみふなと

 のバージョンが流れる。あれ、ふちがみふなと って誰だっけ? 調べない。

 『マイフェアレディ』を観てない矢口を春樹さんが責める。観てないのはないだろって話。俺も、それはないと思う。矢口、ちゃんとしろ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月15日 (火曜日)

1月18日にソウルフラワーの番組をNHKで

 ソースはナタリー。

1月18日放送のNHK総合「プレミアム10」にて、SOUL FLOWER UNIONのメンバーが昨年12月に神戸・長田神社で行ったライブの模様がオンエアされる。

 SOUL FLOWER UNIONの被災地ライブがNHKでオンエア

 とりあえず、メモ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

遠回りのタイアップとアミューズの意地とキャンディーズと『Little DJ』

 今日、友達のすすめで見た映画。『Little DJ』。

Little DJ 小さな恋の物語 オリジナル・サウンドトラック もう、泣けといわんばかりの設定と、芸達者な出演陣で、そうでなくても涙腺がゆるい30代にはつらいAMラジオネタ。

 入場前にもらったチラシの制作陣には「film partners」として、一番目に「アミューズ」の名がある。

 リスク分散のため、最近の映画では「○○制作委員会」みたいな名前が入るのが通例。その下で複数の企業の名前が並ぶ。でもって、一番目に出る会社の多くはテレビ局だったりする。

 でも。この映画の制作委員会ことfilm partnersの第1はアミューズだ。詳細はWikipediaのアミューズの項も見ていただければよろしい(ここ)。

 いわずとしれた音楽出版会社だ。サザン・オールスターズやミスチルを擁する大音楽出版社というか、芸能事務所。ポルノグラフィティとか福山雅治の名前もWikipediaから引用しておこう。おれのイメージではSETだけど。

 アミューズといえば。社長の大里洋吉の名前が一番に浮かぶという人も多いだろう。年末ともなれば、「大里くん祭り」なるイベントが毎年催されたらしい。それも80年代末までと聞いている。実際観たことないからてきとー。

 なぜ、この映画の制作にアミューズが1番に名前を連ねているのだろう? 上映直前にチラシを見て、不思議に思ったものだ。キャストを見ても、アミューズの有名俳優は出ていない(俺の知る限り)。元BOYSTYLEの村川絵梨は確かにアミューズだけど、それは順番が逆だろう(いや、すげーすきだけど)。

 で、この映画『Little DJ』はラジオが1つの重要なテーマとなっている。神木龍之介くんが演じる主人公が病院内のラジオDJを務めるのである。そこでかかる曲がサントラにまでなっているのだが、そのへんはまあいい。

 最も重要な曲がキャンディーズの曲(あえてタイトルは伏せる)である。

 キャンディーズといえば。アミューズの創始者の大里洋吉が渡辺プロダクション時代にマネージャーを務めていたアーティストである。キャンディーズあっての大里、キャンディーズあってのアミューズである。
 出版権はナベプロが持ってるだろうけど、それを題材にした映画は俺(アミューズ)が作りたい。そうおもったんじゃなかろうか。

 もう、こういうのはタイアップとかじゃなくって、マネージャーの意地的なもんなのかなあ、とか思った。
 俺が育てたアーティストのいい話で映画が作りたいんじゃあ、なんつって。

 邪推。

 背景も何も調べずに、ロマンティックな妄想をしてみました。

 で、その後。

 調べてみたら、神木くんもアミューズなんだね。それはよかった。

 とにかく、いい映画でした。おすすめ。

 おいらは、SETとかFAIRCHILD時代からアミューズが好きなんだよ。

続きを読む "遠回りのタイアップとアミューズの意地とキャンディーズと『Little DJ』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月11日 (金曜日)

墓場鬼太郎の主題歌が電気グルーヴ『モノノケダンス』

 ほんとに始まった。本編は動きの少ない、不思議な映像だ。

 で、オープニングテーマが電気グルーヴなんだ。話には聞いていたが、実際に観てみると、不思議な感じだ。

 モノノケダンス

 どこがどうこう、っていうわけではないんだけど、すんげー80年代を思い出す音、っていうかメロディ。80年代っていうか、人生っぽい。というかナゴムっぽいんだ。どこがそう思わせるのか?

 音は確かにテクノなんだろうけど、そんなにダンスオリエンテッドじゃない。
 部屋の中の音っていう感じ。こっそり作ってみました、っていう音。ボーカルもそんな感じ。

 いや、違うかも。

 それから。

 オープニングは原作の静止画をふんだんに使ったもので、「シーン」っていう擬態語が動く(その一方で絵は動かない)ちょっと新鮮。

 っていうか、蛭子能収っぽい。逆か。蛭子さんが、実は水木サンの影響を受けてたのか。

 そういえば、今売ってるTV Brosでもちょっとした特集記事が組まれている。電気のコメントとか、野沢雅子をはじめとする声優陣の対談とか。

 「白黒が一番雰囲気が出てていい」みたいなことを野沢さんが言ってのが興味深かった。第1作のことね。さすがにそれは見たことがない。第2シリーズは再放送で何度も見たはずだけども。日本兵が隊列を組んでこっちへ向かってくるやつがすんげー怖かった思い出がある。あと、水のバケモノとか。あれはなんていう妖怪だったか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 7日 (月曜日)

PSPがSkypeに対応

 PSPがSkypeに対応するそうだ。別売りのマイクが発売になるそうで、2500円っていう絶妙な値段だ。ソースはこちら。

 SCE、1月下旬のアップデートでPSPに「Skype」機能追加 -新型PSP専用。マイクも発売し、固定/携帯電話と通話も

 同じソニーのmyloの新モデルの発表もあったり。

 米Sony、130万画素カメラを搭載した無線LAN端末「mylo」

 まあ、無線LAN搭載でサイズも似たような端末なんで、似たような機能がついても当たり前かも。つっても、ゲーム端末がメインのPSPにこういう機能がつくことは、いろいろおもしろい気がする。

 PCで重い処理をしてる間は、同時にSkypeを使うのは困難(たとえば、DAWでソフトシンセをがんがんに鳴らしてるときとか)。その間はこうした端末で会話、ってのが想定される。

 こういうことをAdvanced/W-ZERO3[es]でやろうとしたら、音が悪いって言われたんだよな、そういえば。PSPやmyloなら音質はどんなもんだろう? そういえば、Gyaoでプレゼントキャンペーンやってたmyloだけど、あれの発表ってどうなってるんだっけ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 4日 (金曜日)

ASUSの低価格ノートEee PC日本版がAmazonで

 Eee PCがAmaqzonで買えるようになってることを「すぴりっつおぶぜろ」で知る。

 Eee PC日本版がAmazonに

 ただし、商品ページを見ても、スペックがわからない。上記リンクに書かれているように、商品名で類推するしかなってのが中途半端なところ。
 ASUSTek ノートPC EeePC 701/4GA/512M/JPN/Win/W EeePC 701/4GA/512M/JPN/Win/W

 これ、Windows XP抜いて売ってくれればいいのに。Windows 2000くらいでいいや(Linuxがいいとは言わない)。

 ちなみに、海外版のレビューみたいなのはここ(ITmediaにリンク)にある。

 あと、ASUSの商品って、Amazonでパーツ類もいっぱい扱われているのだな。ぜんぜん知らなかった。

続きを読む "ASUSの低価格ノートEee PC日本版がAmazonで"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 3日 (木曜日)

タイカレーの店、駒沢「ピキヌー」

 ダウンタウンDXではるな愛という人(藤原紀香の親友だそうだ)が紹介してた。激しく食べたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

相武紗季と『ウォーターボイズ』のなぞ

 ドラマ『歌姫』が終わり、主演の二人の交際がニュースになっているのだけど、どうせ、ドラマDVDの宣伝だろう、という読みもよく見られるところ。

 いや、芸能ニュースではそんなことは触れてないんだけれども。

 長瀬&相武やっぱり真剣交際!熱愛報道否定後も堂々深夜デート

 で、この記事の相武紗季のプロフィール欄には「15年にフジテレビ系「ウォーターボーイズ」でドラマデビュー」とある。確かに出ていた。でもかなり端役。ほんのちょっとしか出ていない。最後のほうだけ、だっけ?

 しかし、ドラマが終わり、しばらくしてからのことだ。

 注目の新人としてある番組(忘れた。たぶんワイドショー的な番組)で、相武紗季が紹介されていた。「ウォーターボーイズにも出演」といった紹介のされ方である。

 そこでは、ドラマでは放映されなかったシーンが映し出されていた。
 主人公の男子数名となんかの弾みで着衣のままプールに落ちて、みんないっしょに笑っている、というシーン。これはまさにヒロインがやりそうなシーンなわけだけど、本編にはなかったはず。っていうか、ほんとにちょい役だったし。

 これはきっと、最初はヒロインは相武紗季で進んでて、撮影もある程度済ましたんだけど、なんらかの事情があって、ヒロインを急遽変更したっていう流れではなかったか? とか。

 当時思ったって話で、その後、そんな話は聞かないし、調べたりすることもなかったし、今も調べない。とりあえず、数年前の記憶を意味もなく書き留めてみた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »