« スキャットマン・ジョンをカバーするSNAIL RAMP | トップページ | 木村カエラ VS 石野卓球 »

2008年2月 5日 (火曜日)

言いたいことを言われたメソッド

 この記事読んで考えた。

 これ以上は外からじゃわからない - 書評 - Googleの全てがわかる本

 こんな感じで始まるエントリだ。

以下で言いたい事をほとんど言われてしまったorz。

TechCrunch Japanese アーカイブ - Googleは未だにMicrosoftに対してゴリアテだといえるのか? ノー。
Can Google Still Claim To Be David To Microsoft’s Goliath? No.

 リンクを提示し、そこで自分が言いたいことはここに先を越された、みたいな感じ。

 そういえば、昔。「『私が言いたいことをナンシー関が言ってくれた』みたいなことをいう人がよくいるけれども、それは自分がなんとなく思ってたけど、まとめられないことを、しっかりと言葉にしているのであって、あなたが言いたいこととは実際は違うんんだ」みたいな話をどっかで読んだ。それを思い出した。

 そんなわけで。

 よくできたエントリをピックアップして、「それ、俺も思ってた」みたいに書くと頭よく見えたりすんなかな?

 俺が言いたいことは、もうここで言われてるんで、それ読め。

 とか。手抜きだな。

Googleのすべてがわかる本 そういう手法ばっかりで書かれたブログを作る人がいたらおもしろいのに。何をピックアップするかがポイントになるけど。いや、単なるコピペブログだろ、それ。

 それにしても、この本はちょっとおもしろそうだな。


|

« スキャットマン・ジョンをカバーするSNAIL RAMP | トップページ | 木村カエラ VS 石野卓球 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35726/40008894

この記事へのトラックバック一覧です: 言いたいことを言われたメソッド:

« スキャットマン・ジョンをカバーするSNAIL RAMP | トップページ | 木村カエラ VS 石野卓球 »