« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

2008年6月24日 (火曜日)

井上富雄がアルバムを出す

 あの井上富雄だ。元THE ROOSTERSの。という紹介が一番わかりやすい。んだろうか。

 DREAM UNSEMBLE

 ナタリーにも「ROOSTERS井上が豪華ゲスト迎えジャズアルバム発表」。

 俺なら、元blue tonicのリーダー、って書くな。

 オリジナル・ラヴのメジャーデビュー当時のメンバーとしても有名。っていうか、メンバーではなく、サポート扱いだったようで、アーティスト写真とかでは後姿だけだったこともあった。ジャケットには載ってたのに、みたいなこともあった気がする。当時の扱いはいまだに不明だ。

 とにかく、買う。

 そういえば、blue tonicのベーシストはスカパラの冷牟田さんだったんだよね。オリジナル・ラヴ参加と同時くらいにレピッシュのマグミとやってたバンドはなんていったけ? ベースで参加してたやつ。ドリフネタを歌ってたバンドだ。だれか教えてください。
 で、キーボードはオリジナル・ラブの正式メンバーだった木原龍太郎。

 そういえば、最初にオリジナル・ラブを見たときのベースはその後THE COLLECTORSに加入することとなる小里誠だった。ピッキー・ピクニックの小里誠である。

 相変わらず記憶の断片を断片的に書くだけである。

続きを読む "井上富雄がアルバムを出す"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

iPodのCMじゃなくてShakeのCMだよ、あれ

 COLDPLAYの演奏が出るやつ。

Viva la Vida 光の束とか煙とか出てるじゃん。

 ああいう効果をつけるのが簡単だ、っていうのウリ。

 2年前くらいに時間つぶしにApple Storeでセミナー見たよ。確か、あんなんだった。


 きっと、今行われてるだろうセミナーでもデモされてると思うよ。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月20日 (金曜日)

iPod用スピーカiBlock

 やっと買った。iPod用スピーカ。飲み会とかで見るのに、こういうのがほしかったんだ。

Cimg1944 電源は不要。
 つなぐだけでOK。

 長いこと店頭では見つからなかったんだけど、先週、有楽町のビックカメラでみつけた。

 いろんな色があるはずなんだけど、そこでは赤とピンクしか置いてなかった。

 まだ、品薄?

続きを読む "iPod用スピーカiBlock"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月19日 (木曜日)

大森南朋って誰の息子

 大森南朋。

 ああ、あのURのCMの。伊藤歩のだんな役の。

ハゲタカ DVD-BOX あれ、だれかの息子だよね?

 浜木綿子? 違う。それ、香川照之。

 李麗仙? 違う。それ、大鶴義丹。

 唐十郎? 違う。それも、大鶴義丹。

 暗黒舞踏の人じゃね? 

 誰だよ。

 あれだよ。麿赤児。

 んなわけねーよ。違うだろ、それ。

 で、調べてみると。

 やっぱり、麿赤児だった。そういうことってあるよね。

続きを読む "大森南朋って誰の息子"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「週刊真木よう子」には日本映画のだめなところがすべてつまっている

 エンディングテーマはスチャダラパー。

週刊真木よう子〔DVD-BOX 初回限定生産版〕 「12人の加藤あい」よりはましか。

 いや、どうだろう。

 それにしても、東京メトロのCMとかもあるし。

 最近のスチャダラパーの露出っぷりはすごいね。
ライツカメラアクション Gyaoの板尾さんの番組にも出てたんだっけ? 観てないけど。今ならまだ見られるっぽい。

 あと、この番組。

 日本映画のいいところもつまっている。っていうふうにも思える。

 まあ、正常な判断ができるのはあと数年後だったりするんだろうなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うさぎ小屋

 こうさぎ、飽きた。っていうか、ロードが遅くなるのもどうかと思った。

続きを読む "うさぎ小屋"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タイ風焼きそばはまずいのか

 「タイ風焼きそばはまずい」と友達が言っていた。

 タイフェスとか行って、焼きそば食べてもうまいのにあたらない。きっと、タイの焼きそばはまずいんだ。

 そんな感じ。

 でも、うまい店のはうまいんだよ。ということで、先週、久々に有楽町の「あろいなたべた」に行ったんだけど、そこで初めて焼きそば頼んでみた。向こうの言葉ではパッタイという模様。

Cimg1933

 例によって630円(この店はなんでも630円。ドリンクは除く)。ビール(500円)とともに食べた。

 すげーうまかったよ。量が少ない気がしたけど、つまみとして、何品か頼むのが普通、と思うと、まあ、許せるかなあ。食事として頼むとちょっと少ないのはしょうがないかあ。

続きを読む "タイ風焼きそばはまずいのか"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月12日 (木曜日)

京都のたぬきうどんはあんかけ

 関西のたぬきうどんは、油揚げが刻んだやつ、だと思ってたけど、あんかけのことだそうだ。刻んだ揚げは入ってたけど。あと、しょうがが重要っぽい。

 ナニワのモーツァルトことキダ・タローも出演。ほんとはショパンが好きだそうだ。

 「かに道楽」「アホの坂田」「プロポーズ大作戦」など。そのへんは知ってたけど「出前一丁」もそうだったんだなあ。

 日テレの番組。『秘密のケンミンSHOW』だっけ? くだらねー。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

うどん屋

 近所に讃岐うどん屋ができてたんだけど、いつのまにか、夜の営業がなくなってた。

本場さぬきうどんの作り方 17時で終わりってなんだよ。
 がっかり。

 京都のうどん屋でがまんするしかないのか。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

『神様のパズル』感想

 休み。ニュースサイトをチェックしてこんなのに目が行く。

 角川氏×三池氏、映画「神様のパズル」ぶっとび対談

日本映画に革命を起こしたメディアの寵児、角川春樹氏(66)と、限界無用の破天荒な描写が持ち味の三池崇史監督(47)。鬼才2人が映画「神様のパズル」(公開中)でタッグを組んだ。宇宙を作ろうと挑むカップルのぶっ飛んだSF青春映画である。映画完成までの舞台裏を語り合った。
 そうか。上映中か。近所のシネコンではやってないので、二駅先のシネコンへ。

 宇宙を作る。

神様のパズル (ハルキ文庫) これだけでもちょっとわくわくする。物理の理論をけっこうわかりやすく解説してある。いや、途中からわかんなくなった。でも、主人公がわからないなりに勉強して発表するっていう仕掛けなんかはよくできてた。SF映画だなあ。しっかりと。

 ただ、主人公の市原隼人には感情移入できなまま終わったのが残念。っていうか、この俳優、苦手だ。演技もどうもなじめない。モノローグどうもしっくりこない。一方、ヒロインの谷村美月。自分を「ボク」という天才。17歳でアメリカでものすごい論文を発表し、日本の大学に入学(はしょりすぎ)。「自分から天才と言ったことはない」とかいろいろ。このキャラクターもちょっと違和感ありまくりで、あんまりうまくないじゃん、っていうふうに見てくと、後半、ぐっと盛り返す。やっぱりうまい。やっぱりレビューにはならないなあ。

 上記リンクとか、「谷村美月の肢体にクラッ…「神様のパズル」の市原ら」っていう記事を見ると、谷村美月の衣装に注目が集まってそうなんだけど、確かにそこはかなり注力されてる感じがした。これまでの谷村美月の出演作からすると意外なんだけど。ちょっと三池監督の『妖怪大戦争』を思い出させる感じ(『妖怪大戦争』はエロを小学生に教える映画)。

 ところで。

 映画の音楽は鳥山雄司。RIZEも参加。クライマックスの曲は演奏もRIZE。テレビに映ったPVは「PINK SPIDER」だった。主人公の部屋にはポスターが貼ってある。

 でも、そのクライマックスがなんかわかりにくい。まあ、いいか。強引なところも三池監督だ。それにしても、市原演ずるところのロッカーは個人的にすげーだめ。こういうのをロックとしちゃうのが受けつけない。ヤンキー臭がきつすぎる。まあ、そういうストーリーっていうか演出になってるのだから、しょうがない。市原が悪いわけではないんだろう。

 公式サイトはこちら
 
 ちなみに、公式サイトにあるような衣装は出てこない。谷村美月はずっとジャージしか着てない。

 それから、小島よしお がちょっとだけ出てた。大学生。フットボールアワーの岩尾も大学生。意外と違和感がない。松本莉緒も大学生。『おじいさん先生』では教師だったのに。田中幸太郎が主人公の友達。まあ、これは普通。

 映画の感想になってない。書くのが難しい。とりあえず、原作を読んでみたいと思った。人にすすめられるかといえば、『奇談』なみにすすめられない、という感じだ。主役の二人が好きなら見に行くべき、っていう感じ。それじゃあ、まるでアイドル映画みたいだ。いや、角川映画だから、そういう認識でいいのか。往年の角川映画を思い出させる、という点では、見所はたくさんある、とも言えそう。いや、当時の角川アイドル映画よりも役者は格段にうまくなってるけど。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年6月10日 (火曜日)

「アミノコラーゲン」の藤原紀香

 藤原紀香のCMはださい。そんな記事が載ったのはTV Brosだったか。

 しかし、今回のCMはかっこいい。いかにもビョークのあれだ。

 髪の毛を振り乱す。熊にはなりはしないが、かなりスタイリッシュ。

 いつ、CGで熊になってもおかしくはない。髪を振り乱した瞬間に熊になる。いや、ならないけど。

 でも、最後には、いつものしょぼい音楽でだいなし。それがアミノコラーゲンのCM。

 そこが藤原紀香。

 わざとだろ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

それは全部avexが拾ってくれる

 好きなバンドが契約を解除されていく。

 それでも拾ってくれるところがある。

 最近、それをすごく実感する。

 拾ってくれるレーベル。それがavex。

 pillowsもスチャダラパーもavexへ移籍。ちょっと前だと、カーネーションとかスカパラとか。

 やるじゃん、avex。っていうメモ。

 えーと。次は鈴木蘭々もavexが拾ってくれるよね。
 その次は希良梨 で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

原信夫とシャープス&フラッツ

 こんな記事。

 原信夫ジャズバンド58年の歴史に幕

 ジャズバンド「原信夫とシャープス&フラッツ」が58年の歴史に幕を閉じることが8日、分かった。オーナー兼リーダーの原(81)が51年に結成した同バンドは、初代リーダーが現役で活躍する最年長バンドとして知られている。

 「ジャズは人生そのもので、私にとっては神様。結成以来、一番よい音をしている今このときに、このビッグバンドという形式から離れようと思う」。最高の音をファンの心に刻もうと、原は全国ファイナルコンサートを決めた。11月1日の神奈川・よこすか芸術劇場を皮切りに、来年の夏まで、体力とファンの要望の続く限り全国を飛び回るという。


 ジミー原田さんはもうだいぶ前に亡くなってるんだよね。関係ない話ですみません。「青二才エバーグリーン」。

続きを読む "原信夫とシャープス&フラッツ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

純喫茶磯辺

 『純喫茶磯辺』。すげー楽しみ。

 出演は宮迫博之と仲里紗(ドラマ『ハチワンダイバー』)。さらに麻生久美子。

 見ないわけはない。

 公式はここかなあ。『純喫茶磯辺

純喫茶磯辺純喫茶磯辺

 なんつっても、音楽がクレイジー・ケン・バンドだ。上記公式サイトで流れるBGMがすんげーぐっときたんで、見てみるとCKB。やるなあ。もう、これだけで、いいな。

 90年代に好きだった音楽をいまもちゃんとうけついでるのはクレイジー・ケン・バンドだけだ。っていう意味もこめて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 9日 (月曜日)

KAMINARI

 今日の夕方の雷はすごかった。

 7時ごろの都内はほんとにおっかなかった。でも、みんな、なんでもないように歩いてる。

 落雷での事故はゴルフ場とかでよくあるという話だけど、都内の市街地とかだと、おっかなくないんですかね? 大きなビルとかに避雷針があるから大丈夫とか?

 とにかく、駅につくまでおっかなくてしょうがなかったよ。

KAMINARI(紙) で、家の最寄駅に着くと、雨までやんでるっていう状態。

 よかったはよかった。

 ところで、KAMINARIといえば、ROOSTERZだ。

 聴いたことはあるものの、手元に音源はないけど。

 こういうのを自由になんちゃらしたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 6日 (金曜日)

録画しても見ない

 録画した番組を結局見ないままで消す。

 ビデオテープ時代はテープが痛むとか考えて、録画した番組を観ないのはもったいない、という感じがあった。上書きはできるけど、上書きするたびに新しく録画した番組の画質は落ちるからだ。

 しかし、HDDレコーダーっていうか、デジタルレコーダーだと、そういうのはまったく関係ない。録画した番組を消すのも簡単だし、新しく録画した番組の画質が落ちるということもない。まあ、それよりも便利だったのは、頭だしの必要がない、間違って録画済み番組を消す心配がないってことだったんだけど。

 ただし、容量は無限ではない。新しい番組を録画するために、録画済番組を消さなくてはならない、という場面は多い。30Gバイトの時代からつかってて、今は300Gバイトのモデルを使ってるのだけど、やっぱり、いつも限界ぎりぎりで使っている。DVDメディアに退避すればいいのはわかっているのだけれど、それも面倒だ。だから、いつも限界ぎりぎりだ。

 というわけで、見ないで消すことも多い。まあ、テープ時代ほどの罪悪感(?)はない。

 今、見ないで消す候補第1位はこれだ。
 「エイリアン VS ヴァネッサ・パラディがTVで

続きを読む "録画しても見ない"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

谷村新司・高橋真梨子の国債CMソングが似てる

 「あなたの○○に包まれていたい」とかいうやつ。○○の部分は聞き取れなかった。さっき聞いた。

 このメロディは聞いたことがある。っていうか、なんかにすげー似ている。

 思い出した。

Anthology FAIRCHILD best FAIRCHILDの1stアルバム『YOURS』の1曲目に収録されていた『偽名の口唇』だ。

 「ああ うわさがあとを ついてくるわ」っていうサビ部分。

 表記は「くちびる」でも「唇」でもなく「口唇」だ。「くちくちびる」な模様。

 このアルバムは88年リリース。確か。これはかなり聞いた。その年いちばん聞いたアルバムかもしれない。

 もう廃盤なんだな。そりゃそうか。しかたないので、ベストでも貼っておく。

続きを読む "谷村新司・高橋真梨子の国債CMソングが似てる"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 4日 (水曜日)

何度目だ、ナウシカ と「古畑任三郎」

 「何度目だ、ナウシカ」

風の谷のナウシカ DVD コレクターズBOX これはドラマ『トリック』第1弾で、主人公、山田の母親の書道教室の生徒(小学生)が書いた習字に書かれていた言葉だ。

 そんなわけで、今週末、何度目かの『風の谷のナウシカ』の放送がある。

 その裏では、『古畑任三郎 』のラスト回の再放送がある。フジテレビでは、今週末と来週末にラスト3回の再放送があるわけである。で、今週末の金曜日のやつは石坂浩二が出演する回だ。

警部補 古畑任三郎 サウンドトラック Vol.2 なぜ、今、古畑なのか。

 6月14日に放送される『古畑中学生』のPRってことなんだろう。
 古畑任三郎の中学生時代を描いた作品。主役はHEY!SAY!JUMPの山田涼介である。『探偵学園Q』に出ていた子だな。

 で、本編の古畑の再放送は13日と14日にもある。イチローと松島菜々子の回ね。

BRUTUS (ブルータス) 2008年 6/15号 [雑誌] それにしても三谷幸喜。仕事しすぎだ。いくら映画『マジック・アワー』の宣伝とはいえ、だ。
 ちなみに。BRUTUSの記事はけっこう気合が入ってておもしろかった。清水ミチコのインタビューが秀逸。くだらなくて。

 って、このへんの古畑話は今週号の「SPA!」の20周年記念号で知った。「SPA!」買うのは久々だ。
 もしかして、キャロライン・ノバクが出てた号以来かもしれない、とか思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 3日 (火曜日)

QuickTimePlayerでチャプタースキップ

 HandBrakeとチャプターの続き。

 QuickTimePlayerでもチャプタースキップできたよ。プレイヤーのスライダーの右側に選択肢があるのね。ごめんなさいな。

 Qtplayerchapter

 それにしても、YOSHIKAかわいいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 2日 (月曜日)

さようならウガンダさん

 ウガンダさんがなくなった。

 ご冥福をお祈りします。

 ウガンダさん訃報に嶋大輔ショック

 この記事で、ウガンダさんの本名が「佐藤信一郎=さとう・しんいちろう」であったことを知った。

 佐藤シンイチロウという表記だと、the pillowsおよびThe ピーズのドラマー、シンイチロウになる。そうか、同姓同名で、しかも同じドラマーだったんだな。

 さらに。Wikipediaによれば、シンイチロウは、ウガンダさんが所属する『環七エミちゃんズ』という草野球チームの監督を務めている。

 縁がありまくりなんだなあ、と思った。

 the pillowsは最近、レコード会社を移籍。テレビ番組『MUSIC JAPAN』にも登場したばかり。何度目かのブレイクを迎えつつある。

 話はもどって、ウガンダさんの追悼文としては菊地成孔の日記ページ(6月2日づけ)に感動させられた。

 個人的には、やはりビジー・フォー」時代の記憶がよみがえる。といっても、子供のころだったので、かなりうっすらとしているのだが。グッチさんよりもモトさんよりもウガンダさんが抜群におもしろかったはずだ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドメイン更新

 手持ちのドメインのうち、1つを更新。サーバーの契約も同時に。

 もう1個の契約切れは8月だ。忘れないようにしよう。まあ、メールくるんだろうけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »