« 純喫茶磯辺 | トップページ | それは全部avexが拾ってくれる »

2008年6月10日 (火曜日)

原信夫とシャープス&フラッツ

 こんな記事。

 原信夫ジャズバンド58年の歴史に幕

 ジャズバンド「原信夫とシャープス&フラッツ」が58年の歴史に幕を閉じることが8日、分かった。オーナー兼リーダーの原(81)が51年に結成した同バンドは、初代リーダーが現役で活躍する最年長バンドとして知られている。

 「ジャズは人生そのもので、私にとっては神様。結成以来、一番よい音をしている今このときに、このビッグバンドという形式から離れようと思う」。最高の音をファンの心に刻もうと、原は全国ファイナルコンサートを決めた。11月1日の神奈川・よこすか芸術劇場を皮切りに、来年の夏まで、体力とファンの要望の続く限り全国を飛び回るという。


 ジミー原田さんはもうだいぶ前に亡くなってるんだよね。関係ない話ですみません。「青二才エバーグリーン」。

 それにしても58年って何年だ? っていう感じで実感がわかないんだけど、その昔は、20年前から存在するバンドっていうのを畏怖の念で見てた。いまから思えば、20年前のバンドなんてレピッシュとかだったりするからね。

 自分の年齢なんてなんでもないんだと思った。

 伝説のバンド、っていう言い方が昔っからきらいだったのは、いまもかわらない。

 頭脳警察もじゃがたらもレピッシュもアンジーもエレファントカシマシもチャットモンチー同列。うそ。最後のはあんまり知らない。


|

« 純喫茶磯辺 | トップページ | それは全部avexが拾ってくれる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35726/41487639

この記事へのトラックバック一覧です: 原信夫とシャープス&フラッツ:

« 純喫茶磯辺 | トップページ | それは全部avexが拾ってくれる »