« それ、楽器の名前 | トップページ | UTADAのセカンドのジャケットがお母さんにそっくりな話 »

2009年3月18日 (水曜日)

ユニコーン/シャンブル

 おもしろかった。

 おまけのDVDにレコーディング風景とかインタビューが収録されている。レコーディングは全パート同時に録っているのがわかってよかった。ちゃんと演奏スキルがあるメンバーだったんだなあ、とか。

シャンブル【初回生産限定盤】 シークレットでレコーディングが進んでいるからこそ、の話とかがおもしろかった。

 ゲストを呼べない感じとか、だからこそ、へたくそなパートを録音するとか、結局、使えないからシンセで差し替えるとか。


 大人のレコーディングだよなあ、とか。

 「ケダモノのアラシ」のレコーディング風景とかも見たいよなあ、とか思った。

 それにしても。

 アルバムは曲を詰め込みすぎ。もっと短くてもいいのに。とか思った。
 でも、入るだけ入れる、っていうのもユニコーンらしさだよな、とか思い直した。

 そうだよ。こんな感じだったよ。とかなんとか。


|

« それ、楽器の名前 | トップページ | UTADAのセカンドのジャケットがお母さんにそっくりな話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35726/44384289

この記事へのトラックバック一覧です: ユニコーン/シャンブル:

» ユニコーン / シャンブル [SINGSTYRO*musicblog]
試聴 試聴 2009年、まさかの再結成。 そしてMステで見た新曲「WAO!」の5人の勇姿に、当時青春ど真ん中であったうちの妻は卒倒しそうになり、同じく往時からの大ファンである同級生にソッコー電話し涙を流しながら称え合っておりました。もちろん我が地元山形からスタートするツアーのチケットもゲットして当日までのカウントダウン中。にしてもすごい人気ですね。16年ぶりのアルバムがオリコンで1位を獲得したり、ライブのチケットは高値で取引されるなど、あまりの人気ぶりに吃驚しています。 ぼくもユニコー... [続きを読む]

受信: 2009年4月10日 (金曜日) 午後 01時28分

« それ、楽器の名前 | トップページ | UTADAのセカンドのジャケットがお母さんにそっくりな話 »