« がんがん歩くよ。相対性理論 | トップページ | ナットをヤスリで削るのだ »

2009年3月 9日 (月曜日)

エレキギターの弦がびびらなくなる

 「エレキギターの弦がビビる、びびる」の続き。

 ナットの溝を瞬間接着剤で埋める作業。埋めてみたら、びびらなくなった。ということで、弾いていると、微妙にほかの弦もびびってる。というか、開放弦の状態で弾くと1フレットに弦が触れてこれまたびびってる。

 ということで、その該当弦のナット溝も埋めてみることに。結局ほとんどのナット溝を埋めることになった。

 問題は埋めすぎて弦高が高くなってしまったところ。再度、溝を切るためのヤスリがないんだよな。うちに。専用のヤスリはセットで1万円とかするっぽい。さて、どうしてくれよう。楽器屋行っていろいろ調べてこよう。

 とかなんとか、いろいろ調べてるうちに、ナットごと取り替えると音がよくなることがある、というのもあったので、勢いづいてナット交換とか面倒くさがらずにやろうとかも思ったりしてきて。どっちにしろ、費用がかかるんだけども。ナット自体は溝が切ってあるやつで800円とかそんなもん。まあ、底を削るためにヤスリは必要になるんだが。

|

« がんがん歩くよ。相対性理論 | トップページ | ナットをヤスリで削るのだ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35726/44293812

この記事へのトラックバック一覧です: エレキギターの弦がびびらなくなる:

« がんがん歩くよ。相対性理論 | トップページ | ナットをヤスリで削るのだ »