« AmazonのProduct Advertising APIは多くのツールを滅亡させてしまうのではないか? | トップページ | いかれたBaby »

2009年5月12日 (火曜日)

タケちゃん

 先週末の北野武の番組。清志郎の話を取り上げる。「ぼくの好きな先生」の演奏が放送される。それを見たたけしが言う。「さなえちゃんってのもあったよね」。答える三雲元TBSアナ。「ありましたよね」。

 残念。それはRCの相方のチャボの古井戸の名曲だ。

 そんなことよりも。

 『元気が出るテレビ』でテーマソングを作ったことに触れてほしかった。たけししかできないことだったはずなんだけど。

 で、今日、書店に行くとこんな本(ムック)が並んでいる。
音楽誌が書かないJポップ批評 (45) (別冊宝島 (1362))音楽誌が書かないJポップ批評 (45) (別冊宝島 (1362))

 ちょっと読んだだけで涙が出てきた。

 『谷間の歌』 by ティアドロップスの話がとくにぐっときた。買うかなあ。
 ちなみに。その本のライターはそのCDを持っていない、という話だった。おいらは持っている。
 この曲にインスパイアされた みうらじゅん の曲もしっかり聴いている。その曲はDTFに収録されているはずだ。そのDVDを持っているんだけど、番組放送当時は曲の名前さえ思い出せなかったんだ。

 膨大な曲が収録されてるDVDだけど、後半のほうが意外とぐっとくる。

DTF[非童貞編] [DVD]DTF[非童貞編] [DVD]


|

« AmazonのProduct Advertising APIは多くのツールを滅亡させてしまうのではないか? | トップページ | いかれたBaby »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35726/44993382

この記事へのトラックバック一覧です: タケちゃん:

« AmazonのProduct Advertising APIは多くのツールを滅亡させてしまうのではないか? | トップページ | いかれたBaby »