« 「20世紀少年」テレビ版第2章 | トップページ | 「The Producers Conference Tokyo 2009」行ってきた »

2009年8月30日 (日曜日)

24時間テレビ、感動のエンディング

 夕方ぐらいの時点で、これは番組のエンディングまでにゴールできないだおるなあ、と思ったんだけど。

 その後、途中、録画してあったビデオとかを見てたので、ちょこちょことしか見てない。

 それでも、番組のラスト40分は釘付けになってしまった。

 おめでとう。有野。

 よくぞ、レミングス30面、全部クリアーしたものだ。

ゲームセンターCX DVD-BOX5

 ということで、スカパーでやってたゲームセンターCXの24時間テレビの話でした。

 昼くらいに観たときは、スタジオ内の有野を、シアター(?)にいる観客が映像で観てる、っていうシーンだったんだけど、有野が仮眠から起きたら、有野も観客のいるシアターに登場。ステージ上でゲームをプレイ。観客が有野にクリア法を教えたりといった場面も。

 レミングス。スーファミだったんだなあ、あのころ。

 当時はパソコンでしかやったことないけれども。

 また、やってみたいなあ、と思う一方。あんなつらいんならやりたくないなあ、という気持ちも。いろいろあるね。

 おいらが、この番組の話を聞いたときは、30面を1日なら余裕だろうなあ、とか思ったんだけど。

 番組スタッフは無理だと思っていたそうだ。

 それにしても、レギュラーでやってる番組も平気で1つのゲームを24時間とかやってるわけで。観客がいないだけで、それは同じ。それを1時間の番組に編集してるわけだ。それを考えれば、普段から大変な思いをしてるんだなあ、とあらためて思う。

 とにかく、おつかれさま、ということで。


|

« 「20世紀少年」テレビ版第2章 | トップページ | 「The Producers Conference Tokyo 2009」行ってきた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35726/46075473

この記事へのトラックバック一覧です: 24時間テレビ、感動のエンディング:

« 「20世紀少年」テレビ版第2章 | トップページ | 「The Producers Conference Tokyo 2009」行ってきた »