« XML パースエラー: 実体の初めに XML またはテキスト宣言がありません。 | トップページ | 明日の「スタジオパークからこんにちは」は菊地成孔 »

2010年4月12日 (月曜日)

Googleが検索結果の順位決定に表示速度を考慮

 うわさされていたことですが、公式にそれを発表した模様。英語の公式ブログから。

 「Official Google Webmaster Central Blog: Using site speed in web search ranking」

 インプレスRDからのメールの解説によれば、

どんな形で速度が順位に影響するのかは、グーグルからは明らかにされていませんが
これまでの情報によると、次のような形になるのではないかとおもわれます。

・遅いサイトの順位が下がるのではなく、速いサイトの順位が上がる
・上位20%が速いとみなされ、現在そのしきい値は約1.4秒
・HTMLだけでなく画像やCSSを読み込み、
 JavaScriptの動作が完了するまでの全体の時間が対象

 だそうです。

 ちょうど、最近、サーバーの引越し作業とかにより表示速度向上を図ったりしてたんで、グッドタイミングとか思ったりそうでもなかったり。まだ、結果が出るまではテストが必要な今日このごろ。


|

« XML パースエラー: 実体の初めに XML またはテキスト宣言がありません。 | トップページ | 明日の「スタジオパークからこんにちは」は菊地成孔 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35726/48066725

この記事へのトラックバック一覧です: Googleが検索結果の順位決定に表示速度を考慮:

« XML パースエラー: 実体の初めに XML またはテキスト宣言がありません。 | トップページ | 明日の「スタジオパークからこんにちは」は菊地成孔 »