« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月26日 (月曜日)

サンヨーICR-PS501RMレビュー(POCKETRAK C24との比較あり)

 小型のICレコーダーでリニアPCMも録れるレコーダーとして購入したサンヨーICR-PS501RMの使用レポートです。

SANYO リニアPCMレコーダー(ホワイト) [ICR-PS501RM(W)] 購入検討時に比較したのは発表直後のヤマハPOCKETRAK C24でした。価格を比較すると、ICR-PS501RMが1万円ほど安い約1万円。POCKETRAK C24はおそらくサンヨーのOEM。筐体はほぼ同じ。

 C24のほうがボタンが少なく、一見使いにくいように見えるものの、24ビット/96kHz対応であるとか、チューナーやメトロノーム機能といった音楽制作向けの機能が充実しています。それでも、価格差1万円は大きい。そんなこんなでサンヨーICR-PS501RMを購入してしまいました。

 両者共通のポイントは、スライド式USBダイレクト端子装備で、PCに直接挿せること。そして、外部メモリとしてPCとデータのやりとりが楽なこと。USBマスストレージクラスということですね。本体充電は両者とも非対応(サンヨーの後継モデルICR-PS502RMは対応したようです)。ただし、ICR-PS501RMは同社のエネループ対応なので、エネループを普段から使っている人にとっては、デメリットというほどでもないかも(ちなみにC24はエネループ対応モードに切り替えるということはできず、マニュアルでもアルカリ電池対応のみとされています)。

 POCKETRAK C24に対するICR-PS501RMの利点といえば、音声ガイドの存在。しかし、これは普段の使用時に邪魔なのでOFFにしてしまいました。この手のデバイスに慣れてない人には心強いものだと思います。

 また、もう1つの利点は、シーンセレクト機能の存在。録音時には音質やマイク感度、オートレベルコントロールやピークリミッターなど複数の設定を行う必要があります。これがちょっと面倒なわけですが、ICR-PS501RMなら目的に合わせてシーンセレクト機能を選ぶだけでこれらが適切な値に簡単に設定されるのです。口述/会議/講義/音楽などのプリセットに加え、お気に入りとして、最大3組の設定値のユーザープリセットが可能になります。

 内蔵マイクの充実ぶりもC24に対するアドバンテージ。全方向性ステレオマイクに加え、指向性のズームマイクがあるので、講義の録音などに威力を発揮します。このズームマイクがないことから、C24は音楽録音に役割を振った製品であることがわかるわけですが、音楽にも講義録音にも使える、というほうが魅力に思う人も多いはずです。

 これまで、講義やアコースティック楽器の録音などさまざまなシチュエーションで2ヶ月ほど使ってきましたが、音質に対して不満はまったくなし。

 講義などの録音では、録音したものを聞く際には、聞き逃したとき、すぐに戻って再生できる「センテンス再生」、ファイル内をすばやく移動できる「タイムスキップ」などが強い味方になってくれます。また、ノイズを減らして再生できる「クリアボイス」も、エアコンなどのノイズが多かった場合に重宝します。

 ICR-PS501RMのデメリットとして、早送り時に音声がまったく出ない、というのがよく挙げられるようですが、私の使い方だとさほど問題には感じませんでした。タイムスキップで事足りるのではないか、という思ったわけです。

 しかし、その後、C24を触る機会があったのですが、C24は早送り時に途切れ途切れではあるものの音が出ることに気づきました。これにはちょっとしたショックを覚えました。そして、機能があればあったほうが便利に感じるるかもなあ、という印象を持ちました。複数の人が話している部分をその声で探せる、というのはやはり便利です。話によると、ICR-PS501RMの後継モデルICR-PS502RMも早送り時の音は出ないそうです。

 このへんで、両者の比較写真を掲載。

Img_0639


Img_0640

Img_0649

 縦の長さはヤマハがちょっと長いですが、サイズはほぼ同等なことがわかると思います。ボタンの数こそ違いますが、配置は同様。ただし、それぞれの役割がだいぶ違います。

 音楽向けのはずのC24は早送りで音が出る、会議・講義向けも考慮したOEM元のサンヨー製品は不可。これにはちょっと疑問がわきました。まあ、価格を考えればこれも取るに足らない要素です。

 音楽録音時には、16ビット/44.1kHzまでというスペックがちょっと気になるところでしょう。確かにヤマハ製品が対応する24ビット/96kHzと聞き比べるとちょっと見劣りがします。それでも、両者を静かなところでしっかり聞き比べるという機会でもない限り、ICR-PS501RMの音に不満を持つことはないように思いました。

 これまで、アコースティック楽器の録音には、ダイナミックマイクのSM-57+オーディオインターフェイス(型番は書きませんが5万円くらいしたもの)を使っていました。それとの比較では、格段にICR-PS501RMのほうが上です。耳で聞いていたものがそのまま録れる、といった感想を持ちました。両者の録音環境を知らせずに知人数人に聞き比べてもらった際にもICR-PS501RMのほうが音がいい、との感想をもらうことができました。そのくらい音は満足できるものです。ICR-PS501RM、小さいながらもさすがコンデンサーマイク。しかも感度は抜群です。小さい音もばっちりです。

 操作性については、ボタンの配置がちょっとよくないです。前面パネルのほか、右側面にもボタンがあるのですが、これがちょっとめんどくさいのです。また、よく触る設定項目がメニューの階層を潜らないといじれない、というのもマイナスです。この点、ボタンが少ないはずのC24のほうが印象はよかったです。ボリュームや録音レベル調整など、よくいじるボタンがすべて外に出ているからです。ここはよく考えられているなあ、と思いました。まあ、これは用途が異なるためでしょうか。音楽録音をメインに考えるなら、やはりヤマハかも、という感じです。

 ICR-PS501RMを買ったあとで、ヤマハC24の最大の魅力を考えると、それは音質のよさよりも、付属クリップの存在であろう、という結論になりました。これがあれば、好きな向きでレコーダーをセッティングできるわけです。接続もUSBコネクタにはめこむというスマートな方法。サンヨーの純正オプションではこの手軽さは望めそうもありません。

 C24を拝借した際に、このクリップをICR-PS501RMに取り付けてみるということを試しました。
Img_0580

Img_0954

 同じボディの製品だから普通に使えるだろう、と予想はしてましたが、それは当然正解。ばっちり、はまりました。ヤマハさんにはこのクリップを単体で売ってほしいと思いました。サンヨーユーザーに爆発的に売れるはずです! 3000円くらいでどうですか、ヤマハさん。

 以上、思いつくままに書いてきましたが、またなにか思い出したら追記していきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

相対性理論「シンクロニシティーン」感想

 相変わらずギターがうまい。それが第1の感想。相対性理論「シンクロニシティーン」について。

シンクロニシティーン とにかく、演奏は抜群にうまい。それは、ギターに限らずなわけですが。

 なんといっても、ディレイの使い方が心地いい。フレーズもオリジナリティがあるというか、一方でロックの歴史を踏まえたニクさ、とか。

 前作同様、歪みは控えめ。かといって、薄っぺらい感じもなく。構築された音像の配置にうならされるところなんですが、その一方でたまにちょっと歪んだ音が出てくるとこれがまたいいアクセント。 バリエーションに富んだアレンジもぐっときます。

 言葉の使い方であるとか、ボーカルの表情とかは、デビュー当時から言われてたことですが、これまた独特。でも、やっぱりそれ以上に音が耳が引き寄せられます。ほんとにこの人たち、若いの? っていう感じがしないでもないです。ちょっとオリエンタルなフレーズがそう思わせるのでしょうか?(YMO的なオリエンタリズムを感じるのですよ、これが)。いいオーディオ装置で聴きたいなあ、と思われせる作品。たぶん、今年一番となるでしょう(気が早すぎ)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Bluetoothヘッドセット「MM-BTSH3 BK」レビュー

 Bluetooth対応ヘッドセット「MM-BTSH3 BK」のレビューです。だいぶ前に購入したのですが、使い勝手はどうよ? という友人からの質問に答える感じでレビューをお届けします。

 もともとはSkype用にワイヤレスのヘッドセットがあったら便利かな、ということで購入。価格は8000円前後。メーカーはサンワサプライです。

 ヘッドフォン部分が取り替えられる、というのが購入時のポイント。音質が満足できなくても、ヘッドフォンさえ取り替えれば音楽も楽しめるくらいにはなるだろうというもくろみです。また、手持ちのPCはBluetooth対応なので、すぐ使えるはず。せっかくPCがBT対応なのに使わないのはもったいないと思ったわけです。

 対応プロファイルは、HSP(ヘッドセット)、HFP(ハンズフリー)、A2DP(ステレオヘッドフォン)、AVRCP(メディアコントロール)。ワンセグなどの著作権保護のためのSCMS-Tも対応ということで、不満はありません。購入後すぐにセッティング開始。ペアリングは指定の数字を入力するだけです。

 しかし、ここで大きな落とし穴。手持ちのPCが音声関係のプロファイルに対応しておらず、ヘッドセットとしては使えなかったのです(2007年当時)。がーん。仕方なく、USBタイプのレシーバーを追加購入。BT-MicroEDR2という製品で、2000円程度。これでヘッドセットとしては使えるようになりました。Skypeもばっちり。音質はかなりこもっているという感じ。音楽を聴くにはちょっとなあ、というのが正直な感想。

 で、設定画面を見ると、ヘッドセットとして認識されている模様。A2DPならよりよい音質で聞けるはず、と思ったのですが、これを高音質モードに設定できない。購入したUSBドンぐるタイプのレシーバーはA2DP対応ではあったはずなのに、付属のドライバがそれに非対応だったのです。2度目の「がーん」。このへんについては、ドライバの入れ替えやOSの入れ替えで対応が可能で、これについては「Windows 7 RCをVAIO Z1VEに入れる: point of view point」を参照。

 その後、PCを買い替え、内蔵BTが各種プロファイルフルサポートだったので、問題なくいまは使えております。Windows VistaでThinkPad T400という環境。環境さえ整えば、快適そのもの。

 使い勝手においては、ネックストラップになるヘッドフォン部分が非常にいい感じ。そのまま首から下げるとマイクがちょっと遠くなるので、クリップをシャツの襟にひっかけたりして使っています。とにかくハンズフリー&ワイヤレスは快適! 電源ON時にビープ音がけっこう大音量で鳴る、しかもそのビープ音がOFFにできないという外での使用には致命的な部分もありますが、家でのSkype用途なら気になりません(いや、ぜんぜん気にならないといえばウソ、できればOFFにしたい)。

(追記 2011/05/23)
 上記のビープ問題、間違いでした! すみません。OFFにできます。

Img_0955_2

Img_0956

Img_0957

 とはいうものの、音質についてはいまだ満足できるものとはなっていません。Skypeはまあ音質はそこそこでも会話ができればいいわけです(声が聞こえにくいとは言われますが)。音楽を聴くにはちょっと残念な感じです。これはBlutoothそのものの限界なのか、それともこのデバイス固有のものなのか。それを試すには追加投資が必要となるわけです。これまた残念ながら。

 最近ではBT対応のステレオセットなんてのも数多くリリースされています。とくに気になるのがクリエイティブメディアの「ZiiSound D5」という製品(リンクはメーカーサイト)。

 Sound Blasterはじめスピーカー専業メーカーを傘下に持つなど、各種オーディオ関連製品では定評のあるメーカーの製品だけに期待が高まるというものです。ぜひ触ってみたいです。

 なんといっても、iPod用のBTドングル付属で、PC用のBTドングルも用意されるのですよ。しかも前者によりiPodがリモコンになるというすばらしさ。BTファン、オーディオファンは必見の製品です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月24日 (土曜日)

4月のすすめられ

 今月もおすすめメールが来たので記録。「お客様がこれまでにチェックされた商品を参考に、おすすめ商品を紹介させていただきます。」とあるけど、何を見たからこのメールが来たのか不明。

 それにしても、上海万博のテーマソングは、作者がいろいろな疑惑があるみたいなことがどんどん出てきている模様。おもしろいなあ。

続きを読む "4月のすすめられ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月21日 (水曜日)

CORESERVER引越し

 数年運営しているサイトはレンタルサーバーのCORESERVERを使用中。これがここんとこひどく重いので、引越しを考えた。

 CORESERVERでは、サーバーが複数あり、それらの間でFTPを利用して引越しが可能だ。サーバー間での引越しというわけだ。ファイル自体はたいした多くない。問題はデータベースの引越だ。WordPressのデータベースのバックアップはプラグインがあるというのでそれを試したのだけどうまくいかない。PHPMyAdminを使っても、最後までダンプしてくれないことが多い。うーん。

続きを読む "CORESERVER引越し"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ほんとは怖い一休さん

 NHK「歴史ヒストリア」の今日のテーマはいわずと知れた一休さん。

 アニメの映像とか普通に出るのね。NHK。

 で、一休さんがどれだけ有名か、どれだけ老若男女に知られているかという流れで、一休さんをとりあげた書籍やら本が映ったのだけど、それを見て驚愕。

一休さん (新・講談社の絵本)

 この顔!

続きを読む "ほんとは怖い一休さん"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月19日 (月曜日)

ウェブサービスの定義

 ウェブサービスというと、Amazonとか楽天のAPIみたいなのを想像するのだけど、「脳内メーカー」みたいなのをウェブサービスだという人もいるからややこしい。

 まあ、アフィリエイトのサービスプロバイダが提供するウェブサービスは上述のAmazonや楽天のやつみたいなもんなんだろう、と思ってたらこれもまた違った。

 リンクシェアがウェブサービスやってるってのを今頃知って調べているのだけれども、想像してたのとまったく違う。ベストセラーは拾ってこれない、ソートのバリエーションも少ない、カテゴリ分けがテキトー、などなど。ぱっと見キーワード検索をほんとにするしかないような感じ。これはこれで人によってまったく違うプログラムが出来上がりそうだという意味ではおもしろいのかもしれないけれども。ただ、リクエストの制限がまったくないってのは太っ腹。まあ、それをほんとにちゃんと処理できてるかどうかはまだわからなのだけども。

 APIとしてならビッダーズのほうが百倍まとも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上海万博のテーマソング

 ここ数日、ワイドショーやニュースでがんがんに取り上げられていたテーマソングのパクリ疑惑が意外なオチをもって終焉。中国側の判断はすごく合理的。なんかびっくりした。

 楽曲使用申請がされていたなんてニュースはもちろんこれまでなく、結果として「岡本真夜、“疑惑”の上海万博ソング使用を快諾」みたいなニュースを見るものだから、すんげーびっくりした。でもって、岡本さんのコメントもなんか素敵だな、と思って。

 追記。

 iTunesで買えるということを知ったので、貼ってみるテスト。
岡本真夜 - Smile - そのままの君でいて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

買ったCD

 まだ開けてない相対性理論 - シンクロニシティーン

 iTunes Storeへのリンクをテストしたかっただけだったりして。iTunesがない環境にとっては意味がないらしい。

 iTunes Store(Japan)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月17日 (土曜日)

春なのに寒すぎるのだ

 朝なんて雪が降ってたというじゃないか。東京・横浜で。そりゃ寒いわけだ。4月も後半だというのに。午前中はストーブ。午後から晴れて太陽が出てきたのだけど、外はそれでも肌寒い。冬の格好で出かけるのだった。そして、夜。風呂上りはまたストーブ。急いでしまわなかったのは今回に限っては正解。とかいう話を書くようなもんでもないんだけどな。とりあえず、メモ。

 東京で4月のこの時期に雪が降ったのは41年ぶりだとか。へー。そりゃ知るわけだがない。記録。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月13日 (火曜日)

明日の「スタジオパークからこんにちは」は菊地成孔

 ほんとに出るのかな。ゲスト出演。

 スタパー公式サイトはここ。CDや書籍はここ。菊地成孔本人のサイトはこれ。今週末からのドラマ『チェイス』の宣伝を兼ねて、か。音楽担当。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月12日 (月曜日)

Googleが検索結果の順位決定に表示速度を考慮

 うわさされていたことですが、公式にそれを発表した模様。英語の公式ブログから。

 「Official Google Webmaster Central Blog: Using site speed in web search ranking」

 インプレスRDからのメールの解説によれば、

どんな形で速度が順位に影響するのかは、グーグルからは明らかにされていませんが
これまでの情報によると、次のような形になるのではないかとおもわれます。

・遅いサイトの順位が下がるのではなく、速いサイトの順位が上がる
・上位20%が速いとみなされ、現在そのしきい値は約1.4秒
・HTMLだけでなく画像やCSSを読み込み、
 JavaScriptの動作が完了するまでの全体の時間が対象

 だそうです。

 ちょうど、最近、サーバーの引越し作業とかにより表示速度向上を図ったりしてたんで、グッドタイミングとか思ったりそうでもなかったり。まだ、結果が出るまではテストが必要な今日このごろ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 1日 (木曜日)

XML パースエラー: 実体の初めに XML またはテキスト宣言がありません。

 久々にWordPressをごにょごにょ。プラグインを作るのである。Lightweight Google Maps (地図プラグイン)とのマッシュアップ(うそ)。

 で、動いていたはずのLightweight Google Mapsの固定ページの表示がうまくいってないことに気づく。いつから? とりあえず、プラグイン自体のアップデートは行われてないようなので除外。WordPress本体か? と思いつつ最新にアップデート。それでもだめ。FirefoxのFireBugでチェックすると、本体と取得したXMLファイルについてこんなメッセージ。

XML パースエラー: 実体の初めに XML またはテキスト宣言がありません。
 このフレーズで検索すると、PHPスクリプトに空白行を出力する部分があるのではないか、とのこと。プラグインが問題を起こす場合もある、ともある。今、作っていたやつをチェック。問題なし。

PHPによるWordPressカスタマイズブック―2.8対応 テンプレートの改造からプラグインの作成まで で、もしやほかのプラグイン? と思い、いくつか無効にしてみたり。結果。前に作った自作のプラグインが原因。最後の「?>」のあとに空行があった。ということで、「?>」をはずすことで解決。

 自分のプログラムが問題を起こしてるとはまったく気づかなかった。今後は気をつけよう。

 で、今回の不具合。IEでは問題なく動いていたので気づくのが遅くなった。Firefoxでのみおかしかったのだ。Firefoxが厳密ってことなのか? ファイル頭の空行だけでこんなことがあるとは思わなかった。注意。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »