« 上海万博のテーマソング | トップページ | ほんとは怖い一休さん »

2010年4月19日 (月曜日)

ウェブサービスの定義

 ウェブサービスというと、Amazonとか楽天のAPIみたいなのを想像するのだけど、「脳内メーカー」みたいなのをウェブサービスだという人もいるからややこしい。

 まあ、アフィリエイトのサービスプロバイダが提供するウェブサービスは上述のAmazonや楽天のやつみたいなもんなんだろう、と思ってたらこれもまた違った。

 リンクシェアがウェブサービスやってるってのを今頃知って調べているのだけれども、想像してたのとまったく違う。ベストセラーは拾ってこれない、ソートのバリエーションも少ない、カテゴリ分けがテキトー、などなど。ぱっと見キーワード検索をほんとにするしかないような感じ。これはこれで人によってまったく違うプログラムが出来上がりそうだという意味ではおもしろいのかもしれないけれども。ただ、リクエストの制限がまったくないってのは太っ腹。まあ、それをほんとにちゃんと処理できてるかどうかはまだわからなのだけども。

 APIとしてならビッダーズのほうが百倍まとも。


|

« 上海万博のテーマソング | トップページ | ほんとは怖い一休さん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35726/48131653

この記事へのトラックバック一覧です: ウェブサービスの定義:

« 上海万博のテーマソング | トップページ | ほんとは怖い一休さん »