« VOX「amPlug Acoustic」購入 | トップページ | ICR-PS501RMでピアノをホール録音 »

2010年5月 6日 (木曜日)

amPlug Acousticの機能(?)について

 前のエントリの続き。amPlug Acousticについて。

VOX amPlug [Acoustic] 本体側面にはスイッチがあり。写真は前のエントリ参照。「STANBY/ON/FX」の切り替え。ONはウォーム、FXはブライト。音色の切り替え用だとのこと。ウォームのほうが低音がふくよか、ブライトは明るい、というよりも高音がちょっと耳につく感じ。これは演奏でカバーできる範囲なんだろうか。

 上部にはボリュームが3つ。BLEND、TONE、VOLUMEのコントロール。BLENDは原音とアコースティック・ギター・シミュレーターのミックスバランスの調整。しぼると原音、まわすとアコギらしい音になる。しかし、サーっというノイズもいっしょに持ち上がる。これはギターのせい? まわしきらずにノイズを目立たせないほうが音も心地よい感じか。TONEは音色調整。まあ、ラジカセとかの感じかな。好みで。

 気になったのは、ピッキングの音が目立ちすぎるかな、というところ。これまた高音が強調されるためか、ピックが弦に当たる音が耳障り。これも演奏テクでなんとかなるものなのかもしれない。

 いずれにせよ、うまく聴かせるにはテクニックが必要っぽい。気持ちいい音を出すまでの道のりは長そうだ。まあ、下手でもそれなりにアコギっぽさが出るのでおもしろいっちゃおもしろいです。


|

« VOX「amPlug Acoustic」購入 | トップページ | ICR-PS501RMでピアノをホール録音 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35726/48284715

この記事へのトラックバック一覧です: amPlug Acousticの機能(?)について:

« VOX「amPlug Acoustic」購入 | トップページ | ICR-PS501RMでピアノをホール録音 »