« Amazonのウィッシュリストを表示するブログパーツ提供終了のおしらせ | トップページ | 復活DCPRG at 日比谷野音 »

2010年10月 4日 (月曜日)

「世にも奇妙な物語」『厭な扉』があれにそっくりな件

 京極夏彦による作、主演は江口洋介。

厭な小説 「永遠の幸せ」が得られるとかいうホテルに向かった男の話である。なんでもそのホテルに泊まると巨額の富が得られるとかなんとか。それを聞いた元実業家らしい現在はホームレスの男が江口洋介だ。タイトルは「いやな扉でも」「嫌な扉」でもなくって「厭な扉」。

 で、この話。途中でオチがわかってしまう。
 というのも。これとほぼ同じ話を知っているからだ。というわけで以下ネタバレあり。注意。

 この話。骨格はほとんど手塚治虫の「火の鳥 異形編」だ。
 「嫌な扉」では最後のシーンだけが違うといえば違うか。

 「これで165回目だ!」

 主人公がループに気づくのは自分自身によって撃ち殺されるシーン。死ぬ直前だ。気づくというよりは思い出すのか。

火の鳥 9・異形編、生命編 一方、「火の鳥」では途中で気づくのだが、その運命からは逃れられないことを悟り、知ったうえで同じことを永遠に繰り返す。
 これを最初に読んだのは小学生のころだったと思うのだが、とてもおそろしくなったのを覚えている。

 まあ、両者は時代がまったく違う(一方は現代、他方は貴族と武士と刀の時代?)し、登場人物の立場も違う。でも、自分が自分に殺されるというループ構造はまったく同じだ。こんなに似ていていいのかというくらい。

 これ、「火の鳥 異形編」の前にも同様の話があるのだろうか? というのも。京極夏彦が「火の鳥 異形編」の存在を知らないはずがない。知っていてそのまんまの話をやるというのもどうかと思う(京極夏彦は手塚治虫よりも水木しげる派なのはいうまでもない)。

 今回の「嫌な扉」と「火の鳥 異形編」ともに、ある別の話が元になってたりするんじゃね? もっと昔にこれの本家みたいな小説なり映画なりがあって、2作ともそれへのオマージュなんじゃないか? という話をいっしょに見てた家人としてたのだが。さて、どうなんだろう? 知ってる方がいたら教えてください。

(追記)
 これを書いてすぐ気になって検索。「京極夏彦 厭な扉 火の鳥 異形編」でググったら、このエントリが出てきた。ただいま、23時14分。こわー。Google、反映早すぎ。

 で、このドラマの原作は「厭な小説」に掲載されてるやつなんですかね? これ、未読でした。あとで読みます。

(追記その2)
 「火の鳥」は手塚治虫全集で持っているのだけど、こちらはどの巻にどの話が載ってるのかがぱっと見わからない。1巻、2巻とかついてるだけだから。ということで、まとめてみた。

少女クラブ版   エジプト編・ギリシャ編・ローマ編
1,2   黎明編
 3  未来編
 4  ヤマト編・宇宙編
 5,6  鳳凰編
 7  復活編
 8  復活編・羽衣編
 9,10  望郷編
 11,12  乱世編
 13  生命編・異形編
 14-16  太陽編

 ちなみに、全集の通し番号でいうと、1巻が201、13巻が362。12巻と13巻の間で数字が飛んでいるのは、全集の発売タイミングが違うからか。最終巻でも昭和なんだよな。そういえば。忘れてた。表作成には「ブログ用表作成(オンライン テーブルエディタ) 」を使用。


|

« Amazonのウィッシュリストを表示するブログパーツ提供終了のおしらせ | トップページ | 復活DCPRG at 日比谷野音 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35726/49651206

この記事へのトラックバック一覧です: 「世にも奇妙な物語」『厭な扉』があれにそっくりな件:

« Amazonのウィッシュリストを表示するブログパーツ提供終了のおしらせ | トップページ | 復活DCPRG at 日比谷野音 »