« ギターを弾くタイナカ 彩智 | トップページ | 「弦高」は「ゲンダカ」と読む »

2011年5月23日 (月曜日)

POD Farm 2.5その後

 スタンドアローンモードで音出ねー、とか言ってたんですが(POD Farm 2.5にしたらスタンドアローンで入力できず: point of view point)、出るようになりました。Line 6のハードウェアをUSBから外して、ソフトのみで起動、License Managerを起動しろとか言われて、起動していろいろやってるうちに。ハードウェア外してどうこうがポイントだったぽいです。

 あと、Line 6のハードウェアがなくても起動する、とかいうのが2.5のウリみたいですが、ほんと?

 公式サイトの「Line 6 - POD Farm - Audio Software Plugins for Guitar and Bass」には、

ハードウェア無しに動作可能
POD Farm 2.5は、あらゆるUSBオーディオ・インターフェースで使用できます。特に推奨できるのが POD Studio インターフェース.であり、最小のレーテンシーと最高のSN比をギタリストへ提供します。

 って書いてある。でも、ハードウェアなしで動作するのって、新たに作られたソフトウェアだけで動くライセンスで購入されたものの話だよねえ? POD Studioとかのバンドル版でライセンス入手した人は違うんじゃないのかなあ? と思ってるんだけど。

 購入ページには、「ハードウェア不要版」と「iLoks Smart Key対応版」ってのがある。

 既存のユーザーは無償アップデートだったみたいで、こちらでは普通に2.5で動作している。しかし、Line 6のハードウェアがないと、ライセンスがねーぞって言われるし。なんかやり方があるのかなあ。見逃しがあるのだろうか?

 ちなみに、今回の2.5登場にあわせて、体験版(トライアル・バージョンと言っている)が登場。POD Farm Freeというのがそれだ。「15日間の無償トライアル版POD Farm for iLokをダウンロード 」ってのもあるんだけど、Freeってのはこれまたトライアル版とは違うのか? そのへんがわからん。

 それから、スタンドアローン版が用意されたのも2.5から、みたいになってて、2.0から用意されてたじゃん! とか思ってたら、2chのアンプシミュスレに、iLok版は2.0ではスタンドアローン版が起動しなかった、みたいなことがあった。へー。

 Line 6のハードウェアをつなげておけば、他社製オーディオインターフェイスで入出力できるのだけは確認できた。Tone Directができるかはチェックしてない。これはまた明日にでも。


|

« ギターを弾くタイナカ 彩智 | トップページ | 「弦高」は「ゲンダカ」と読む »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35726/51749924

この記事へのトラックバック一覧です: POD Farm 2.5その後:

« ギターを弾くタイナカ 彩智 | トップページ | 「弦高」は「ゲンダカ」と読む »