« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011年12月25日 (日曜日)

Animoog for iPhone

 MOOGといえば、アナログシンセの代名詞ですが、その本家であるMoog MusicがiPad向けのAnimoogというシンセアプリを出したのが今年の秋。2600円のところ、イントロプライスで85円でリリースされていたので購入した人も多いかと思います。

 そして、この12月21日。iPhone版が登場しました。

 1画面に入る要素が少なくなってますが、やっぱりAnimoog。鍵盤が小さいのでリアルタイムで弾くのはむずかしいかもしれませんが、スケール機能を使えば、無駄な(といってはあれですが)鍵盤が表示されないので、なんとか演奏はできそうな気がします。

 まあ、iRig MIDIとかMIDI Mobilizer IIとかi-MX1とか使えばMIDIキーボードもつなげるわけですが、さらに言えばOoreMIDIのWiFi転送もできるかもしれないし(未確認)、とかいろいろ楽しめるわけです。
 とりあえず、いまだけ85円。

 iPhoneユーザーで音楽に興味があるなら、一個くらいは本格的なシンセを持っておきたい! ということを考えちゃったりしてる人は迷わずいっちゃって大丈夫ですよ! と、iPadバージョンを使った自分としては友達に伝えておきたいとか思ったりなんかしちゃったり。

続きを読む "Animoog for iPhone"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月22日 (木曜日)

HDD増設

 年末に向けて増設。2TBを購入。新品が高い(安いやつで12,000円とか!)。ここ数ヶ月はもう仕方がない。

 中古を扱う店に行ったら8000円台であったので、それを選択。Western Digitalの製品であった。8500円くらいだったか。

続きを読む "HDD増設"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月16日 (金曜日)

AmpliTube Fender for iPad/iPhone値下げ中

 ランキングをチェックしていると、AmpliTube Fenderが上位にランクインしている。なぜいまごろ? と思ってよく見るととなんかしらんが安くなってる。

 App Storeで見てもなんのアナウンスもないのだが。本国のサイトに行ったらこんな情報があった。「AmpliTube Fender Fest」ってことで50% OFFだそうだ。年内いっぱい。うーん悩む。この値段なら買ってもいいか。という絶妙な値段だ。いや、Mobile PODあるしなあ、とかいろいろ考えるわけで。あと2週間ほどあるのでじっくり考える。確か友達は持っていたはず。どう? ということでおすすめコメントもらえたら買う。なんちてな。

続きを読む "AmpliTube Fender for iPad/iPhone値下げ中"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月15日 (木曜日)

iPadをギターシンセに! SHREDDER - Synth for Guitar 登場

 ギターシンセといえば、ギターの音を拾ってMIDIノートに変換してシンセの音を鳴らす機材、といったものですが、iPadでそれが実現しました。

 けっこうすごいですよ、これ。ちゃんとギターの音程を拾って内蔵シンセで鳴らしてくれるんですよ。

 ギターシンセということで、拾えるのは単音のみ。弦ごとに個別でピックアップを用意する専用のやつ(たとえばローランドのGKシリーズ)とは違って、さすがに和音は無理なんですね。それでも、ギターでシンセ音が鳴らせる、しかも廉価なiPadアプリで! ってところはかなりぐっと来ます。

Shredder001

 発音するのシンセ部はちゃんとシンセらしく音色のエディットもOK。ADSRのA(Attack)を上げれば、ふわっと音量が上がっていく、いわゆるバイオリン奏法みたいなのも表現できます。音色もLeads、Basses、Pads、Instrumentsとカテゴリにわけて多数用意。ViolinとかSitar(シタール!)なんてのもあります。さらにDidgeridooまで!

 検出したノートは画面中央のちょっと下あたりにCとかC#とかいう感じで表示されます。自分がどの音を出しているのかわかるのはギター初心者にもうれしい感じ。

 標準の状態だと6弦とかの低音弦で誤検出しやすい(別の音と認識するとか、そもそも認識してくれないとか)んですが、設定の「INPUT SENSITIVITY」(画面左下あたり)を上げることで、しっかり拾ってくれるようになります。まあ、それでも拾えない場合もあるんですが、そこはピッキングとかを工夫すればなんとかなりそう。そこは経験が必要。なんてところもギターシンセですよね(いや、あんまりわかりませんが)。

 でもって、バーチャルMIDI(Virtual MIDI)にも対応。iPad内でMIDI信号をルーティングできます(で、いいのかな?)。対応アプリを起動した状態でMIDI設定画面で、出力先のアプリを指定、右下のMIDI OUTをONにすれば準備OK。「NLog Synth MIDI」を設定したらちゃんとそっちで音が出ました。内蔵シンセで満足できない人も大丈夫ってところですね。うーん。おもしろい! 以下が設定画面。

Shredder002

 NLog Synth MIDI側は、Sys画面でDevicesに「SHREDDER MIDI OUT」を選択、IN:Notes、Background Mode ONにしときます(こっちは画面割愛)。

 なお、SHREDDER側でRUN IN BACKGROUNDもONにすれば、受信側であるNLog Synth MIDI側を表示した状態でもギターの音を拾って発音してくれます。受信側アプリの音色をエディットしながらプレイできるわけですね。うーん。なかなか便利。PCっぽい環境が揃いつつあるのが実感できます。

 また、この状態ではSHREDDERと受信側の両方で音が鳴ります。受信側だけ発音させるには、SHREDDERの左下のVOLを下げればいい模様(ほかにもっといい方法があるかもしれない。と思ってたら、右下のMUTEでOKでした)。

 テストはLine 6 Mobile Inで行いました。iPad本体からシンセ音が出るので配線が楽です。オススメ。

 しかし、売れまくりらしく品切れ店続出で、入荷は来年になってしまうらしいんですけど。

続きを読む "iPadをギターシンセに! SHREDDER - Synth for Guitar 登場"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月12日 (月曜日)

iTunes/App Storeランキングをブログに! アフィリエイトリンク作成も。iPhone/iPadアプリや曲を紹介しよう

 iPad用ゲームのランキング1位がなんとマイケル・ジャクソンのゲームだよ!

Sticky300 なんていう話をブログに書きたいときに使うツール。


  • どうせなら、ついでに1商品だけでなくベスト10のリストも出したい。
  • しかも作業が一括でできたらいいな。とかそういう感じ。
  • さらにアフィリエイトもできたらなおいい。
  • 売れてる商品だけ紹介したい。
  • ランキングチェックにiTunes起動すんのは面倒だな。
 そんな要望に応えるためにウェブサービスというか、ツールを作ってみました。こっそり公開。

 というわけで、それを使うとこんなふうにリンクが作成できます。

2位: Infinity Blade II iTunesで見る
3位: Contre Jour HD iTunesで見る
4位: Sakura Goldfishing iTunesで見る
5位: Mr.Oops!! iTunesで見る
6位: TETRIS® for iPad iTunesで見る
7位: Sonic & SEGA All-Stars Racing iTunesで見る
8位: ZOOKEEPER DX Touch Edition iTunesで見る
9位: キス・オブ・マーダー iTunesで見る
10位: リアルつみネコ for iPad iTunesで見る

 どんな感じでしょうか? 

 で、上記のリンクの作成に使うツールがこれ。

 Sticky iTunes ランキングはてなブックマーク - iTunesランキング リンク作成 - Sticky iTunes Link Maker

 1位と、2以下は別の設定で書き出し。設定は、1位が「詳細」、2以下が「タイトル+ストアボタン」。表示されたランキングから必要なもののみ、選択可能。

 もちろん、すべてAppアイコンや価格の情報付きでもリンクが作成できます(当エントリの最後を参照)。

 以前にご紹介した検索結果からリンクを作成するツールと使い方はほぼ同じです。表示されるのが、検索結果かiTunesのランキングがどうかといったところ。

 捗るiTunesリンク作成! 検索結果まとめて iPhoneアプリ&楽曲対応はてなブックマーク - 捗るiTunesリンク作成! 検索結果まとめて iPhoneアプリ&楽曲対応: point of view point

 その後、仕様追加などもあるのでこちらもどうぞ。

 iTunes Storeリンク作成ツールのStoreアイコン変更&デザイン追加はてなブックマーク - iTunes Storeリンク作成ツールのStoreアイコン変更&デザイン追加: point of view point

 ランキングはiTunesのRSSからのもの。リンク用URLの作成においてはiTunes StoreのAPIと同様の方法でエンコードしていますが、元のURLの形式がRSSとAPIとでは異なるため、その妥当性や方法としての正当性など当方はいっさい責任を負いません。あしからず。

 また、Storeの価格は変動するので、現時点の価格であるという注意を毎回つけるのが面倒なので、日付を入れるようにしてみました(標準と詳細の場合のみ)。いかがでしょうか?

続きを読む "iTunes/App Storeランキングをブログに! アフィリエイトリンク作成も。iPhone/iPadアプリや曲を紹介しよう"

| | コメント (12) | トラックバック (0)

App Storeのメディカルカテゴリがちょっと怖い

 夜の学校で見たら逃げ出すレベルの人体模型とか骨格模型とか。

 以下はiPadの有償アプリのランキング。iPhone/iPadアプリとしてはけっこう高価なのが多いけど、こういうカテゴリだと当たり前だったりするんだろうか? 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月11日 (日曜日)

iTunesの新着に柳家小さん

 新着にこんなのが出ている。CD買うこと考えたら安いのかな?

 しかし、カテゴリ名の「スポークンワード」ってなんかわかんない名称だな。さらに3タイトルあって、1つは「コメディ」。全部コメディじゃないのが理由がわからない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 9日 (金曜日)

ローランドR-MIX Tabがミュージックカテゴリで1位

 昨日リリースされたローランド初のiPadアプリ「R-MIX Tab」が、App StoreのiPad有償アプリの「ミュージック」カテゴリで1位となっている。さすがに注目度は高かったと見える。また、iPad有償アプリ全体でもベスト10に入っている(正午現在9位、早朝では7位とかだったと記憶している)。

 で、昨日の記事(ボーカル・楽器をピンポイントで抜き出す・消せる「R-MIX Tab」-iPadアプリで今日リリース)を書いた時点では、リリース日のデータが11月18日となっていたのだけど、今日、App Storeで見たら12月8日となっている。また、カテゴリは「「ミュージック - ゲーム」となっていたのに対して、現在は「ミュージック」となっている。

 iTunes Storeのウェブサービスから見るとまだリリース日が11月18日になっているのだけれど、これは今日中に修正されるのだと思われ(Storeとウェブサービスのデータベースの反映に時間差があるのかもしれない)。

 で、気になるのはそんなことではなく、ちゃんとボーカルだけ抜けるの? ってとこだろう。楽器の音を消してマイナスワンができるってホント? とか。それはもう曲によるとしかいいようがない感じ。それを楽しむのもR-MIX Tabの楽しみ方だろう。安いしね。

 音の高さと定位がグラフィカルに表示されるのだけど、曲によってその違いを見るのも楽しい。Corneliusが手がけた曲とかはすんごい特殊な配置になってたりして。ミックスの仕方が普通じゃないというかなんというか。とにかく音と音との分離がすごい。ボーカルは定位を見ると中央の20~30%くらいの範囲なのが普通に、Corneliusのは5%とかすんごい狭い範囲に分布してたりするのだ。まあ、試したやつがたまたまそうだった気もするけど(iPodライブラリからの読み込みがちょっと手間だったりするので、次々に試す、ってのが実は面倒)。

 これでエンジニアリングの秘密がいろいろ見えてきたりする。宅録やってて、自分でミックスやるような人にはとっても魅力的なツールだと思った。週末はもっと試せるかなあ。

続きを読む "ローランドR-MIX Tabがミュージックカテゴリで1位"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年12月 8日 (木曜日)

ボーカル・楽器をピンポイントで抜き出す・消せる「R-MIX Tab」-iPadアプリで今日リリース

 ローランド初の有償iPadアプリ「R-MIX Tab」が本日リリースされました。音を聞きながら周波数・定位・音の強さを表す画面で、任意の位置を指定、その部分の音を抜き出したり消したりするもの。指定範囲の中と外を個別に音量指定することでこれをやるんですね。

Rmix_2 PC/Mac版の「R-MIX」に先行してiPad版の「R-MIX Tab」が出てきた理由はわかりませんが、とりあえず、買ってすぐ楽しめてます。イベントなどでPC/Mac版を触ったことはあったのですが、iPad版のさわり心地は独特。指で自由なカタチで範囲が描けます。範囲選択用ツールは大小2種類。消しゴムも2種類用意してます。長押しで範囲指定のカタチはそのままで移動。指定範囲をiPadを傾けることで移動させるという機能もあります。

 iPad内のiPodライブラリ(iOS5からはミュージック、か)から曲のロードが可能(DRM楽曲は不可)。

 周波数と定位で抜き出す・消すという仕様のため、同じ定位と音程さにある音はいっしょの位置に表示されます。ということでさすがにボーカルだけピンポイントで完璧に抜き出すみたいな感じにはなりませんが、リミックスの素材として使う、バッキングを自分で作るという用途ならほぼ気にならないくらいかと。これまでEQでやってたことを考えれば楽なことこのうえないです。

 範囲指定は複数箇所も指定可能。指でなぞった部分が、好きなカタチでどんどん追加されていきます。PC/Mac版は矩形や円形での指定だった気がするので、これはiPad版のみの仕様かもしれません。

 あと、ループ再生もできます。範囲指定は波形部分をドラッグするだけ。先にLOOPボタンを押してからでないと範囲指定できないのはちょっとほかとは違うなあ、と思いました(見つけるまで時間がかかった)。あと説明書も内蔵してるんですが、位置を覚えてくれないのが残念。アプリに戻って、また説明書に移ると表紙に戻ってるんです。これはすぐ修正されるんじゃないかと思いますけど。

 PC/Mac版に搭載されるファイル出力は、iPad版では不可。速度変更とかエフェクト付加もなし。このへんは差別化かと思われます。だいたい、App Storeでは「ミュージック - ゲーム」というカテゴリになってるんですよね。

 まあ、価格が850円ということで、PC/Mac版の1/10以下ですからね(未定ではありますが、16,000円くらいという話でした)。ゲーム扱いにしたい気持ちもわからないでもないですが、機能考えたら激安ですよ。

 これまでは、絶対無理!夢のような機能といわれてきたボーカル抜き出しですが、これからはたった850円で手に入るわけです。しかもiPadでいつでも持ち出せる環境として! いやあ、iPad買ってよかった、と思わせるアプリの1つではありますね。実力検証は、音源作ってからまたやってみたいと思います(著作権無視して市販曲を使ったテスト結果を掲載するわけにはいきませんしね)。

続きを読む "ボーカル・楽器をピンポイントで抜き出す・消せる「R-MIX Tab」-iPadアプリで今日リリース"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 7日 (水曜日)

NanoStudioがiPad対応! ユニバーサルアプリに

 これまでiPhone用として人気を集めていたNanoStudioがユニバーサル対応になった。更新日は12月6日。昨日だ! iPadだと拡大画像で粗いのがちょっと残念だったんだけど、これでキレイな画面で快適にトラックづくりが楽しめる。

 NanoStudioは、シンセ4台+トリガーパッド(16個のパッドを備えたサンプラーで、リズム用かな?)を装備。ピアノロールでのエディットができるのはGarageBandに対する大きな優位点。アプリ内課金でトラック数も増やせる。といった感じのバーチャルスタジオチックなアプリだ。

 画面が大きくなったことで、一画面に収まるパラメーターが増えてるのでエディットは格段に楽になってる気配(ユニバーサル対応前の状態がもう思い出せないんだけど)。ミキサーもエフェクターがいっしょに表示されるようになってるので、これも良い感じ。

 シンセを演奏、録音する画面はぱっと見変わってないんだけど、パラメーターを調整する画面に切り替えると一画面で多くの操作子が並ぶようになったのがわかる。さらにiPadへの最適化を進めてほしいところもまだあるような感じだけど、見通しがよくなったのは素直に歓迎したい。

 iPadだなあ、と感じられるのはこのへんの画面か。

続きを読む "NanoStudioがiPad対応! ユニバーサルアプリに"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 6日 (火曜日)

AmpliTube for iPhone/iPadがドック経由の入力に対応するそうだ

 朗報! IK MultimediaのFacebookページで知ったのだけど、AmpliTube for iPhone/iPadがドック経由の入力に対応するそうだ。

IK Multimedia Japan | Facebookはてなブックマーク - IK Multimedia Japan | Facebook

IK Multimedia Japan AmpliTube for iPhone/iPadも、いずれアップデートにて30-pin Dock経由のCore Audioに対応する予定なので、ご期待ください。
土曜日 8:08

 AmpliTubeのWindows版は、AmpliTube 2、同Jimi Hendlix、METAL、Fender、AmpliTube 3と揃えてきたくらい気に入ってるので、ドック経由で入力できるとなると、こちらもかなり使い込むことになりそう。

 iRigも持っているのだけど、音質面(クロストーク問題)でちょっと難あり。これもドック対応なら解決できるわけで。あとは、ユニバーサル対応してほしいな。iPhone/iPad用両方買っちゃった人もけっこういそうだからそれは無理だろうか(友達が別々になってることをぼやいてた)。

 ちなみに、上記Facebookにおけるリンクの発言。このブログにリンクが張られてたので知った。このエントリ。
 iPad 2でStealthPlugが使えた: point of view pointはてなブックマーク - iPad 2でStealthPlugが使えた: point of view point

 また、上記FacebookのIKの中の人の発言には、

初代iPadで試した時は、給電タイプのUSBハブ経由でないと​使えないことが多かったのですが... 検証してみます!

 ともある。検証結果が公式で出たら、StealthPlugを購入する人がここに来てまた増えるかもしれない。

 StealthPlugはケーブル一体型で手軽に使えるのがいい。USB接続時に「ブツッ!」っていう耳をつんざくようなノイズが出るのが難点だけども。

続きを読む "AmpliTube for iPhone/iPadがドック経由の入力に対応するそうだ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 5日 (月曜日)

Line 6 Mobile In到着! Mobile PODで気軽にギター練習

 届きましたよ、Mobile In! というわけで、iPhone 4 / iPad用のギター/ライン入力用オーディオインターフェイスです。8,400円前後ですね、いまんとこ。

 先週、予約したはずのが知らないうちにキャンセルになってたりして参った感じだったんですが、火曜日に注文したら木曜日に届きました。ありがとう!イケベ楽器!
 で、イケベ楽器ほか、多くのネットの楽器屋さんでは品切れ起こしてるみたいです。次の入荷は12月後半だとか。手に入ってよかった! ありがとう!イケベ楽器秋葉原リボレ店!

 で、アプリのMobile PODはだいぶ前から入手済み。でもこんな画面でした。

Mobilein01

 Mobile Inを挿したらもうこんな画面とはおさらば。ちゃんと動いて音が出ます(当たり前)。

Mobilein02

 音は、ああ、PODだなあ。といった感じ。弾いてて気持ちいいです。いや、実機知らなくってソフトウェア版のPOD Farmとの比較なんですけどね。

 便利なのはiPadのスピーカーから音が出るところ。そう、これまであったiRigとかとは違ってMobile Inは入力のみなんですよね。「iPadとかの出力の品質がいいので、そっちにまかせた」とLine 6の人が言ったとかいう話は、藤本さんの記事で見ました。

 これまでPCのオーディオインターフェイスを使って練習する際には、スピーカーへの接続が必要だったわけですが、iPad+Mobile Inの場合はギターとMobile Inの間のケーブル1本ですみます。iPadのスピーカーだとパワーが足りないほか、こまかいニュアンスもわかんないわけですけど、練習なら問題なし。なによりも手軽なのがすばらしいです。これは実際に試すまではわかんなかったですね。想像以上に楽!便利!

 ただ、音以外の部分で、ソフトウェアの出来はいまひとつな感じ。いや、それはPOD Farmも同じだったか。iPad内のMusic(元iPod)から曲呼び出して再生とかできないっぽいし。それに合わせて弾くとかそういうやつ。バックグラウンドでできたりすんのかな? そのへん、今後検証。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 1日 (木曜日)

楽天ウェブサービスで返ってくるURLのIDがおかしい

 久々に楽天ウェブサービス(RWS)をいじる。

 楽天ウェブサービスでは、ユーザーごとに割り当てられる固有のデベロッパーIDとアフィリエイトIDがあり、その2つをリクエストに含めることで、アフィリエイトID入りの商品リンクのURLが返される。

 しかし、先程見たら、まったく見覚えのない、知らないアフィリエイトID入りのURLが返されてる。

 どういうことだろう? いつから?

 まれに正しいURLが返ってくる場合もあるようだけど、ほぼ、違う人のID入り。人なのかなんのかわかんないけど。

 キャッシュをチェックしてみると、本日の16時以降から発生している模様。

 今日のクリック数がいつもより少ないのもこのせいだろうか? いや、その前から低いから違うか。

 そうえいば、楽天アフィリエイトのレポートページの構成も本日から変わっている。それの関係か? んなこたあないか。

 2chの該当スレでもまだ報告みたいなのはない。楽天公式のフォーラムのなくなったし。さて。

続きを読む "楽天ウェブサービスで返ってくるURLのIDがおかしい"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

MapFanの特別価格はあと1週間

 最近知ったのだけど、iPhone用の地図アプリのMapFanが新バージョン発売記念特価となっているのだな。

★新ver.公開記念特別価格 900円(税別) にて提供中! 12/8まで★
※キャンペーン価格が反映されていることを必ず確認してからご購入ください。

 とある。確かに900円だ。iPad対応などの新機能追加がなされたことをうけてのこと。

 これとは別に東北特別版というのもある。こちらには

復興活動に少しでも役立てていただきたく、「MapFan for iPhone 東北特別版」を期間限定で無償にてご提供させていただきます。

 とある。無料だ。とりあえず、こちらを試しているのだけど、すごいっすね。こっちはiPad未対応(というか動くけど小さく表示される例の対応)だけど。

 Googleのマップとは異なり、オフラインでも使える機能が多いのが魅力。住所検索や詳細地図、縮尺変更までできる。さすがにルート探索は無理だけど、これだけできれば立派。

 Androidのマップ(GoogleマップのAndroid版といっていいだろう)はオフラインでも使えるようあらかじめ位置を指定してキャッシュする機能があるのだけど、iPhone/iPadはまだ対応してない。

 それを考えるとMapFanは有料ではあるけど、すごいなあと思える。これなら有料でも買っていい感じ。さて、全国版、どうしよう。

 とりあえず、東北特別版でもオンラインなら関東の地図が表示できてる。でも道しか出てないのかな。建物情報とか皆無。

 画面はこんな感じ。

続きを読む "MapFanの特別価格はあと1週間"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »