« ヤマハから録音できるシンプルアプリCloud Audio Recorder | トップページ | 世界で1本の“hide”モデル »

2012年3月 1日 (木曜日)

「iCloudストレージの保存容量がもう少しで上限に達します」というメールが

 iCloudのアカウントme.comドメインのメールあてにこんなタイトルのメールが来てた。初めて。

iCloudの無料保存容量は5 GBです。 現在4.2 GBを利用中であるため、iCloudストレージの使用量がほぼ上限に達しています。 ストレージが一杯になると、iCloudでのご利用のデバイスのバックアップ、またはアプリケーションで作成した書類の保存が不可能となります。
 確かに残りは800MB程度。いや、元が5GBだからまだ余裕があるようなきがしないでもない。

 で、ストレージの管理方法へのリンクも書いてあった。Appleのサイトだ。

 iCloud:iCloud ストレージの管理

 とりあえず、メールにあった「設定」-「iCloud」-「ストレージとバックアップ」とタップして、アプリごとのバックアップを何個かOFFしていったらわりと空いた。さて、今後はどうしていきますかね。重要なアプリのみにしたら増量する必要はないようなんですけどね。

 音楽アプリのデータとかもいまんとこなくなっても大丈夫な気がするんだよなあ。練習みたなスケッチみたいなものばっかりだし。できた曲はiCloudにアップしたりしてるし。とか。iKaossilatorで奇跡的によくできたフレーズとかは、AudioCopy経由NanoStudioからNanoSync経由でオーディオファイルやりとりできるし、とか思ったりも。面倒でそんなことしないと思うけど。なんかあったらそのときに後悔するんだろけど。とか、「けど」と「とか」ばっかり。


|

« ヤマハから録音できるシンプルアプリCloud Audio Recorder | トップページ | 世界で1本の“hide”モデル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35726/54117532

この記事へのトラックバック一覧です: 「iCloudストレージの保存容量がもう少しで上限に達します」というメールが:

« ヤマハから録音できるシンプルアプリCloud Audio Recorder | トップページ | 世界で1本の“hide”モデル »