« Windows 8のMetroをテレビで楽しむ | トップページ | 無料グループウェアのサイボウズLiveが200人まで対応に »

2012年12月 4日 (火曜日)

ThinkPad T400にWindows 8をインストール、ドライバの設定でいろいろ

 2009年に購入したThinkPad T400にWindows 8をインストールした。Lenovoによれば、このモデルはWindows 8への正式対応していない。検証が見送られたっぽい。次のも出るであるT400sは対象なのになあ。でも、Windows 8はWindows 7と互換性が高く、7用のドライバで動くという話もあるので、7のドライバでなんとかしてみることに。

 ソフトウェアとデバイスドライバーのダウンロード・ファイル一覧 - ThinkPad T400, T400sはてなブックマーク - ソフトウェアとデバイスドライバーのダウンロード・ファイル一覧 - ThinkPad T400, T400s

 ここからいろいろ拾ってくる。以下は記憶をもとにあいまいな表記でメモ。デバイスマネージャを見ると、いろいろと不明なデバイスがあるのだけど、まずは「Intelチップセット サポート」をダウンロード。起動すると、C:\DRIVERSに展開した上でインストーラが起動するというのが基本動作らしい。これでほとんどの不明なデバイスは消えた。あと、2つ不明なものがある。PCIとかシリアルとかいう名前だったと思うが、これはインテルAMT関連。「インテル AMT 4.2 ローカル マネージャビリティー サービス (LMS)および シリアル オーバー LAN (SOL) ドライバー」「
インテル AMT4_2マネジメント・エンジン・インターフェース」をインストールすればOK。

 「ThinkVantage システム アップデート 5.00 Windows 7(32bit, 64bit), Windows 8(32bit, 64bit)」ってのがあったので、これ入れればほかのも自動的にいくんじゃね? と思ったが、甘かった。本機はWindows 8対応じゃないってことなのか、アップデートすべきものはみつからないみたいなことを言われる。がっくり。ちょっと予想してたけど。

 あとは無線LANのドライバ(インテルワイヤレスLAN(11abgn_abg_bg)とか、トラックポイントまわりのUltraNaviのドライバとかも普通にインストール。グラフィックスドライバは標準で最大解像度が出てたけど、念のため、Lenovo提供(つってもインテルのやつ)のを入れてみたけど、別に変わらず。ThinkPadモニター・ファイルっていう液晶のプロファイルみたいなやつとか、パワーマネジメントも入れた気がする。それから「ThinkVantage ハードディスク・アクティブプロテクション・システム 64bit」も。

 BluetoothのON/OFFとかはどうするんだろう? と思いチェックすると、「ホットキー」というそれらしきものが。しかし、そのOSは対応してないとか英語で言われる。がっくりんぐ。そこでC:\DRIVERS\WIN\HOTKEYに展開されたSETUP.EXEファイルを右クリックして「互換性のトラブルシューティング」。「推奨設定を使用する」ではなく、「問題のトラブルシューティング」にて。OSのバージョンが選べるので、Windows 7を選択。これでインストーラが正常に動作(してるっぽい)。で、再起動すると、Fnキー+ファンクションキーでいろいろ起動するように。BluetoothのOn/OFFとか、UltraNaviの動作設定とか。ただ、本来ならオンスクリーンの表示がされるはずの音量や輝度は、Windows 8標準のままだ。これはまあいい。

 あと、ミュートが利かないっぽいんだけど、これはどうするんだろう。と、思ったら、表示は変わらないけど、利いてるっぽい。1回押してミュート、もう1回押してもミュート解除にならないので、音量アップを押す。これでまあいいか。

 ほかに忘れてるところはないかな? なんかあったらまた追加します。


|

« Windows 8のMetroをテレビで楽しむ | トップページ | 無料グループウェアのサイボウズLiveが200人まで対応に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35726/56250771

この記事へのトラックバック一覧です: ThinkPad T400にWindows 8をインストール、ドライバの設定でいろいろ:

« Windows 8のMetroをテレビで楽しむ | トップページ | 無料グループウェアのサイボウズLiveが200人まで対応に »