« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月28日 (木曜日)

Mobile Music Sequencerフレーズ追加法2 Virtual MIDI経由でSynth Arp & Drum Padからレコーディング

 ナイスなiPad用シンセ内蔵シーケンスソフト、ヤマハのMobile Music Sequencerにユーザーフレーズを追加する方法その2。前回(浅倉大介アレンジを自分の曲に! 無料でヤマハのiPadアプリMobile Music Sequencerにフレーズを追加する )はデモソングから取り込みましたが、今度は別のソフトから。使うのは同じくヤマハのSynth Arp & Drum Padです。

 Synth Arp & Drum Padはアルペジエーターを使って内蔵シンセを演奏できるソフトウェア。鍵盤やドラムパッドも用意されているので、手軽に演奏が楽しめます。

 Synth Arp & Drum Pad - スマートデバイスアプリケーション - ヤマハ株式会社はてなブックマーク - Synth Arp & Drum Pad - スマートデバイスアプリケーション - ヤマハ株式会社

 公式の説明ではこんな感じ。

アルペジエーター(和音を分散して弾いたパターンを自動的に生成し演奏する機能)やドラムパッドを使って、アプリ内のシンセサイザーや接続したMIDI機器を簡単に演奏し、多彩な音楽ジャンルのフレーズで音楽制作できるアプリケーションです。

366種類のアルペジエーターと、80種類の高品位な音色を持つシンセサイザーを用いて、ダンスミュージックからヒップホップ・ロック・ポップといった多彩なジャンルのフレーズをリアルタイムに生成し、簡単にトラックメイキングできます。
 価格は700円。私は発売記念かなんかのセールの時に半額で買いました。リリースは2012年6月22日で、11月1日にはバージョンアップして1.1.0となってます。

 で、このSynth Arp & Drum Padに搭載されるフレーズは、ダンス系のものが充実しており、テクノ、トランス、ドラムンベースからR&B、HipHopと多彩。Mobile Music Sequencerが標準では持っていないフレーズが鳴らせます。今回も公式の動画でそのナイスっぷりをチェックしてもらいましょう。

Virtual MIDIに対応してるからできること

 で、Synth Arp & Drum PadはVirtual MIDIに対応してまして、Mobile Music SequencerとMIDI情報をやりとりできるんですね。

 すなわち。

 Synth Arp & Drum Padで演奏したフレーズを、MIDIデータとしてMobile Music Sequencerにレコーディングできるんです!

 ファイルのやりとりじゃなくって、演奏したのをレコーディングするっていう点が面倒に感じるかもしれませんが、iTunesを使ってやりとりするよりは手軽だと思います。では手順。

ポートと同期設定するだけで、すぐにシンク!

 最初に起動するのはSynth Arp & Drum Pad。設定から「MIDI Clock Out」と「Virtual MIDI Port」をONにするだけ。ここで、鍵盤を抑えた状態でHOLDボタンを押して、再生状態をキープしておくといいかもです。

Syntarp

 次にMobile Music Sequencerを起動。設定はSYSTEMで行います。以下手順。

 1. GENERALタブでMIDI SYNCのCLOCKをON
Mms1general

 2. MIDI PORTタブにSynth Arp & Drum Padが出てくるので、INを有効に
Mms2midiport

 3. METRONOMEタブはREC PRE OUNTを2に
Mms3metronome

 久々にやろうと思った際に、2のところでSynth Arp & Drum Padが出てこなくてあせったんですが、起動順が関係してるっぽいです。それでもうまくいかない場合はiPadを再起動とかでいくかもしれません。

 上記設定が終われば、Mobile Music Sequencerの内蔵シンセも鳴るはずです。

 あとは、通常のユーザーフレーズのレコーディングと同じです。セルをタップして「Create」、録音ボタンを押すと鍵盤が出てきます。VOICEで音色を選んで、再度録音ボタン。カウントが2回鳴るので、ここでSynth Arp & Drum Padに切り替えて演奏を開始っていう感じですかね。

 詳しくは動画を見たほうが早いですね。

 ポイントは鍵盤を演奏する際にCを弾くってところでしょうか。Mobile Music Sequencer側でコードを指定すれば、それに従って移調とかをしてくるので。ただ、どうやって7thとか9thに対応するかまでは調べてないので3和音じゃないほうがいいのかも。マニュアルではそのへんの詳細がわからずじまい。QYだとどうだったっけかな?

 それから同期してるとはいうものの、スタートがずれる場合も(手動なので)。その場合はずれた分を修正するとかが必要になります。もっとうまい方法があるような気もするんですけども。

ドラムフレーズはコードタイプに注意

 ドラムのレコーディングも同じです。こちらは1フィンガーでいかしたフレーズが演奏できるので、より楽しいです。途中で別のフレーズにしたりすればより複雑なドラムループも手に入ります。

 ただし、ただフレーズとしてレコーディングしてしまうと、セルに配置後、セクションでコードを指定すると移調してしまうことになります。ドラムパートはその必要はないので、コードタイプに「Bypass」を指定します。これで移調しなくなります。

 コードタイプについては、ドラム以外のフレーズ用にもいくつか選択肢があるので、マニュアルをよく読んでおくとよさそうです。

Keyboard Arp & Drum Padならもっと安い

 さて、ヤマハのiPadアプリにはSynth Arp & Drum Padに似たKeyboard Arp & Drum Padなんてのもあります。

Keyboard Arp & Drum Pad - スマートデバイスアプリケーション - ヤマハ株式会社はてなブックマーク - Keyboard Arp & Drum Pad - スマートデバイスアプリケーション - ヤマハ株式会社

 こちらはシンセを内蔵してないバージョン。おもに、ヤマハ製シンセサイザー(ハードウェア)と連携して使うことを想定して作られたものようです。リリースはKeyboard Arp & Drum Padのほうが約1年早いんですね(2011年6月20日)。

 でもって、価格は350円と安い。

 私はSynth Arp & Drum Padを買ったので、Keyboard Arp & Drum Padは試してないんですが、今回の手法はKeyboard Arp & Drum Padでもできるんじゃないかなあ、とふんでいます。内蔵シンセの有無だけが違いのようなので。

 さすがにこれを期待して買ってみてくださいとは言えないので、どなたかすでにお持ちの方はテストして結果を教えてもらえるとありがたいです。

(追記:2013年6月18日)
 Keyboard Arp & Drum Padではうまくいかないそうです。詳しくはこの下のコメント欄を参照。(追記終わり)

ヤマハの底力?

 こんな感じでヤマハ製のiOSアプリをいろいろ試してるんですが、TENORI-ON TNR-iをはじめおもしろいだけなく、Virtual MIDIやCore MIDI対応、さらにWIST、そして、WiFi MIDI(Network MIDI)対応とかとかしっかりやってるなあと感心しています。ソフトウェアの開発力もさすが!と思ったりしてます。

 あとはAudiobusだけですかね。そちらにも今後期待したいと思います。ヤマハさん、よろしくお願いしまーす。

続きを読む "Mobile Music Sequencerフレーズ追加法2 Virtual MIDI経由でSynth Arp & Drum Padからレコーディング"

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2013年2月27日 (水曜日)

ArturiaからiPad版Monimoogな「iMini」が登場

 ソフトウェアシンセのプラグインでMoog関連製品を多数リリースしているArturiaからiPad版の「iMini」がリリースされました。いつかくるだろうとは思ってましたが。Minimoogですよ!

 「iMini is a recreation of the classic 1971 Minimoog™ synthesizer, one of most iconic synthesizers of all time.」ってことなんで。

 初代iPadには対応せず、iPad 2からの対応。もちろん、iPad miniにも対応します。PC版同様TAEという技術を使用。これは、True Analog Emulation(トゥルーアナログエミュレーション)の略で、アナログ機器をデジタルで再現するための新しい技術、ってやつですね。というわけで、公式は以下のリンクから。「ついに!」って感じのコピーが踊ってますね。

Arturia - Musical Instruments | Introはてなブックマーク - Arturia - Musical Instruments | Intro

Arturia_mini

 購入するかどうかはまだ迷ってるんですが(このテのはPC用のがいっぱいあるので)、デモ映像見るとやっぱりぐっときますね。

 でもって、値段はいいとこツイてるって感じ(もう一個のビデオは本記事最後のほうに)。

Arturia MiniBrute アナログシンセサイザー 昨年、契約が切れたことでMoogの名称が使えなくなるということで、製品ラインナップを一新したArturiaですが、それでつまづくこともなく、コンスタントに製品を出してきてるという印象。

 MiniBrute(右の写真)なんていうフルアナログシンセなんてのも出してますしね。

 ハードウェアとソフトウェアのハイブリッドなSPARKなんてのもすごい気になってます。

 今後はiOS関連をがんがん出していくんでしょう。ネタはいっぱいあるでしょうし。まあ、iMiniの成果次第だとは思うんですが、まあ、売れますよね、これ。

続きを読む "ArturiaからiPad版Monimoogな「iMini」が登場"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月26日 (火曜日)

浅倉大介アレンジを自分の曲に! 無料でヤマハのiPadアプリMobile Music Sequencerにフレーズを追加する

 ヤマハのMobile Music Sequencerは豊富な楽器音とアレンジパターンを内蔵し、コード進行を指定すればさまざまなアレンジで曲がカンタンにできる音楽アプリ。しかし、内蔵パターンは古くてかっこわるいものばかり! 最新のダンスとかR&BとかHIP HOPは別料金! ひどい! そんな不満をちょっとだけ解消する方法を紹介。

最新の音楽ジャンルのフレーズは別料金

 iPad版QYが出た!なんて絶賛される一方で、「購入したものの内蔵フレーズがいまいち」「20年前のアレンジ機能搭載キーボードといっしょじゃん」なんて声もMobile Music Sequencerについては聞こえてきました。確かにデモ映像ではテクノチックなダンスミュージックぽい曲が流れるんですよ。冒頭とかで。

 でも、そのフレーズで曲を作ることはできない。そのフレーズはプリセットとして用意されてないんですね。

Mms1preset

 フレーズ選択画面には「Dance Pop」「Electronic」「Hip Hop」「R&B」っていうカテゴリもあるんですが、グレーアウトして選択できない。これは買えってことですよ。

Mms2addon

 これが購入画面。好きなジャンルだけ買えてリーズナブル! なんて声もあるかもしれませんが、全部揃えようと思うと、本体価格(キャンペーン価格850円、今月だけ)を軽く超えてしまうんですね。うーむ。

とりあえず、「20年前と同じ感じでロックとかポップスやっとくか」みたいになるわけですが、ちょっと待った。

浅倉大介が作ったデモ曲があるじゃないか!

 浅倉大介といえば、打ち込み野郎 or シンセ野郎ならある種畏敬の念を持ってしまう対象なわけですが、Mobile Music Sequencer内蔵のデモ曲もかっこいいです。まさに浅倉大介です。シンセ音自体は同じものを使ってるわけですが、フレーズがやっぱり違う。さすがです。でもって、もう1曲もテクノ-トランス・チックとなってます。こちらもかっこいい。

 こんな感じで自分の曲を仕上げたいと思うわけですよ。でも、そんなフレーズはプリセットにないっていう(同じこと言ってますが)。

 しかし。

 そこはちょっと考えれば気づくはず。このデモ曲からフレーズをセーブすれば自分の曲でいつでも使えるということに。意外と気づかない人も多いみたいです(私も友だちに聞くまでわかりませんでした)。

 ということで、やっと本題。

デモ曲からフレーズを抜き出す

 抜き出すとは言いましたが、抜き出すってほどのことはないです。

Mms3save

 上の図のように、デモ曲の気に入ったフレーズが入ってるセルをタップしてセーブするだけ。

Mms4save2

 必要なだけ繰り返した結果が上の画面。これで、プリセット選択画面のUSERタブに出てきます。

 なんて説明よりも動画のほうがわかりやすいですかね。

 ということで、これさえやっておけば新たに2曲分以上のバリエーションはできます(デモが2曲なので)。っていうか、デモ曲は展開もドラマチックなので、プリセットと組み合わせて小出しにすれば10曲くらいはできるかもしれません。

 浅倉大介によるフレーズを使って曲を作るってのは、まさに浅倉大介にアレンジ頼むみたいな感じです(言い過ぎ)。

 発売記念の半額セール(1,700円→850円)は残すところあと3日。お忘れなく(しつこい)。

続きを読む "浅倉大介アレンジを自分の曲に! 無料でヤマハのiPadアプリMobile Music Sequencerにフレーズを追加する"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Mobile Muisc Sequencerが1.0.4にアップデート、バグ修正

 ヤマハのQYライクな音源内蔵シーケンサーアプリMobile Muisc Sequenceがアップデートされた。内容はバグ修正。App Storeのアップデートのお知らせで発見。

Mobilemusicseq_update

 バグと思われた問題点については、ちょっと前にここで書いた。
 ヤマハのiPadアプリMobile Music Sequencerのバグ? ユーザーフレーズが変: point of view point

 内容的には上の画像にある「古いバージョンで作成したユーザーフレーズが選択出来ないバグの修正」のほか、消せない、同名で上書きできない、という点も解消されている。以前指摘した部分がすべて直ったというわけだ。すばらしい。対応が早い。

 次はAudiobusの対応お願いします!

 というわけで、リリース記念の半額セール終了まであと数日(2月末日まで!)。バグもないので、安心して買えますよ。個人的には現在お気に入りの3本に入る音楽制作アプリ。おすすめです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月25日 (月曜日)

これはすごい! iPad版 KAOSS PAD は Audiobusにも対応「LiveFX」

 タッチパッドを使い指1本でエフェクトを操る人気のエフェクターKAOSS PADシリーズのiPad版って感じのアプリ「LiveFX」がものすごくいいです。感動しました。ほんとよくできてる。触った感じとかサウンドはまさにKAOSS PADです。あっ、コルグの製品じゃないですよ。KAOSS PADライクなアプリの話です。

Livefx

 「LiveFX - DJ Effect Kit」っていうのが正式名称なんでしょうか。開発はelephantcandyというデベロッパー。

 同時に4つのエフェクトを利用可能。20種類のエフェクトを同時に4種類まで使用できます。カテゴリは4種類。ルーパー(ビートスライスとかバイナル・ブレイクとか)、モジュレーション(ディストーションとかフランジャー、フェイザー)、フィルター(ローパス/ハイパス/バンドパスとかピッチシフター)、そしてディレイ/リバーブ。画面上に色分けされてるのがそれで、各色ごとに1つずつが選択できます。カテゴリ=エフェクト・モジュールって感じです。

 まあ、見てもらうのが早いですね。まずは公式ビデオ。

 とにかく直感的に音を操れます。すごい楽しい!

 仕様的にはKAOSS PAD QUADとほぼいっしょ、っていう話です(2ch情報)。本家の情報はコルグサイトでどうぞ。
 KAOSS PAD QUAD Dynamic Effects Processor|KORG INC.はてなブックマーク - KAOSS PAD QUAD Dynamic Effects Processor|KORG INC.

ミュージック、外部入力、Audiobusでプレイ!

 で、エフェクトをかけるソースは何が使えるかというと、iPadなんで当然、内蔵のミュージック・ライブラリの曲が使えます。好きな曲にエフェクトをかけまくる。楽しい!

 もちろん、エフェクターなんで外部から入力も可能。好きな楽器にでプレイ。楽しい!

 上の動画ではiPhoneでTENORI-ONをプレイして、それをiPad用オーディオインターフェイスにつっこんでます。iPadの内蔵マイクも使えるみたいですが、それだとモノラルになっちゃうんで、別途インターフェイスは必須と考えたほうがいいです。

 そして、Audiobus。iOSのアプリ間でオーディオのルーティングを可能にするやつですね。Audiobus対応のアプリの出力を入力できます。好きなアプリにエフェクト、これまた楽しい!

 Audiobusでの使用にはちょっと注意が必要。自分が慣れてないってのもあるんですが、オーディオインターフェイスをつないでないと、内蔵マイクをソースにしてしまいフィードバック(ハウリング)して、とんでもない音がでかい出たりします。設定中はスピーカーのボリュームをしぼるとかしといた方がいいです。多分。アプリ内にソースを選ぶ設定項目がなく、自動で判別されるっぽいです。それが問題になってそう(実は見つけられてないだけかも)。

なんと無料! でも、課金してフル版にしないと意味なし

 で、こんなすごいソフトがなんと無料! 

 知ったときはびっくりしたんですが、ほんとに無料です。しかし、実際は購入した状態で使えるのは内蔵のサンプルソング再生時のみ。上記の3種類のソースにエフェクトをかけるには、アプリ内課金でフルバージョンにする必要があります。まあ、世の中そんなに甘くはないですよね。

 フル版へのアップグレードは800円です。それでも十分安いです。激安!

 とにかく、これは買いです! 発売は今年の1月みたいですが、なんでいままで気づかなかったんだろう。いやあびっくりしました。オススメ!

 あっ、Audiobusを利用するにはAudiobus(850円)も必要です。

 まあ、これは不要な人もいるでしょう。外部入力とミュージックライブラリだけでもお腹いっぱいになれます。

 

続きを読む "これはすごい! iPad版 KAOSS PAD は Audiobusにも対応「LiveFX」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BIG KNOBとオーディオインターフェイスを探して御茶ノ水へ

 先日、友人が遠方より遊びに来たので機材めぐりに御茶ノ水の楽器街へ。音楽制作環境を整えたいという話で、特にモニター環境をなんとかしたいという話。MACKIE.のBIG KNOBの実機が見たい、オーディオインターフェイスをチェックしたいというのがメインの目的。

Mackie マッキー Big Knob スタジオ Command System【並行輸入品】 BIG KNOBは名前のとおり大きなノブでボリュームをコントロールできるほか、複数のモニターを切り替えられるモニターセレクター機能を備えたもの。デスクトップに置くには場所が気になる。実際の大きさを確認したいのだという。いろいろ探しまわったのだけど、駅周辺の店頭では見当たらない。あきらめかけて秋葉原へ向かう途中の宮地楽器へ行ってみるとそこにあった。その手の機材がいっぱいあって満足。で、BIG KNOBだけど、友人曰く大きさは思いの外大きいという感想であった。

Steinberg スタインバーグ UR28M USB 2.O オーディオ インターフェース with Monitor Control【並行輸入品】 そのほか、オーディオインターフェイスもチェック。モニターセレクター機能が付いてるやつだと、ヤマハ/スタインバーグのUR28Mがいいんじゃね? という話に34,000円前後。ちょっと高い。でも、音質もいいらしいので候補に入れる。出力はアナログが6(ステレオ×3)で、これをモニター切り替えに使えるのだ。もちろん、普通のマルチアウトにもなるのだけど。切り替え用に専用ボタンが設けられているのがなんともよくできてる。デスクトップタイプでいろいろ操作ができるのも便利そう。そのぶん、置き場所がきになるところだけど、はBIG KNOBに比べたらなんでもない。
 UR28M : | http://japan.steinberg.net/はてなブックマーク - UR28M :  | http://japan.steinberg.net/

Focusrite Scarlett 8i6 オーディオインターフェイス さらにFocusriteのScarlett 8i6なんかも入出力多いからいんじゃね? という話に。こちらは21,000円前後。安い! オーディオ再生音を録音するなんてことも(ループバックっていうそうだ)できるDSPミキサーみたいなやつもあるので、ルーティングでいろいろ対応できそうなのもマル。アナログ入力は4、デジタルが2(コアキシャル)。さらに前述の再生音の録音。これで8inなのだった。マイクプリは2。こちらはHi-Zにもなる。でもって、VSTプラグインも付いてる。なかなかいい。国内代理店はハイ・リゾリューション。カタログは用意してないと言われた。店員いわくWebで見てほしいとのこと。
 Focusrite - Scarlett8i6 -はてなブックマーク - Focusrite - Scarlett8i6 -

 さらに入出力の多いScarlett 18i6も2万円台。アナログ入力は8i6にプラス4。さらにADATが加わる。8i6と異なり再生音の録音バス(ループバック)はないのかな?(ハイ・リゾリューションのサイトには記述はないが、ある!と書いてあるところも発見。どっちだ?) でも、物理的な入力が増えているので、ルーティングでなんとでもなりそう。でもアナログ出力が少ないのか。背面には2しかない。ヘッドフォンとデジタルあわせて6ってことか。5.1chミックスとかはちょっと無理かな。
 Focusrite - Scarlett18i6 -はてなブックマーク - Focusrite - Scarlett18i6 -

 いずれもMIDI入出力もあるので、これ1台でOK。バスパワー動作は不可で電源が必要だけど、iPadにつなぐ場合にUSBハブが不要となる点でもメリットはありそうだ。

 こういう話になった理由の1つとして、友人が持っているオーディオインターフェイスがWindows 8に対応しないということがあった。俺と同じで、手持ちのハードウェアのOS対応で困っていたというわけだ。
 ローランドのWindows 8対応にがっかりする話: point of view pointはてなブックマーク - ローランドのWindows 8対応にがっかりする話: point of view point

 まあ、どっちにしても最新のハイレゾ環境に対応してなかったので、今が買い替えどきではあったのだけども。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月23日 (土曜日)

リッチー・ホウティンがiPad版Traktorをプレイ

 PC DJソフトで大きなシェアを持つNative InstrumentsのTraktorがiPad版として登場。iPad 2以降とiPad miniに対応。価格は1700円です。YouTubeにはRichie Hawtinによるプレイを含むイメージビデオ(?)が公開されています。

 かっこいい。UIもなかなか使いやすそうです。さすが、PC版で鍛えられただけあります。

 IK MultimediaのDJ Rig買ったんですが、いまひとつ遊べず(iPhone版だったんですが有料版を買いました。その後iPad版が別に出てちょっとへこんだり)。Traktor DJのほうが音作りは楽しめそうです。

 NIもこれで本格的にiOSに参入って感じでしょうか。

続きを読む "リッチー・ホウティンがiPad版Traktorをプレイ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月21日 (木曜日)

rtpMIDIで名前が変更できない。ネットワークMIDI、Bonjour

 iOSとWindows間でワイヤレスでMIDI通信が可能なrtpMIDIというソフトウェアがある。MIDIドライバとして動作する仮想ドライバのような、MIDIルーターのようなソフトウェアだ。iPhone、iPadとのMIDIのやりとりができるので重宝するのだが、これを使っていて困ったことが発生。iOSデバイスの名前が変えられないというものだ。

20130221bonjour 変えられない、というか、変更しても反映されないというか。そんな状態。

 手元にあるiPhoneはもらいものなのだが、デバイス名がその元持ち主の名前になっていた。

 デバイス名と便宜上書いたが、これは「設定」-「一般」-「情報」の「名前」欄で入力されるものだ。rtpMIDIで表示されるものもこの名前だ。

 と思っていたのだが。

 他人の名前が出るのは、Web掲載時などの画面キャプチャ時に都合が悪い。とりあえず、名前を変えてみる。これでrtpMIDI側にもこの名前が出るのだと思ったのだが、これがそうではなかったという話。変わってくれないのです。

 マウスカーソルを持っていくと、新しい名前+「.local」のツールチップが出てくる。Bonjour name(Bonjour名)というものらしい(今日、一生懸命調べた)。IPアドレスではなく文字列でアクセスできるようにするというDNSチックな仕組みのようだ(ざっくりしたテキトーな理解)。

 たとえば、名前に「iPad 64GB」なんてふうにすると、Bonjour nameは「iPad-64GB.local」って感じになる。スペースなどの使えない文字はハイフンになるということのようだ。

 Bonjour nameはわかりましたよ。じゃあ、元の名前はどうなってるのか? ほかに設定するところがあるのか?

 あるいは、DNSみたいにキャッシュされててるのか? だとしたらクリアする方法はあるのか?

 かなり時間をかけて調べたのだけど、見つからない。英語のフォーラムなどでも同様な悩みを持つ人が質問してたのだけど、解決には至ってないようだった。うーむ。どうにかならないものか。

 まあ、rtpMIDIにかぎらず、iOSデバイス同士でもこの名前の変更が反映されないので、rtpMIDIの問題じゃなくて、ネットワークMIDIの問題なのだと思う。Appleのスタックの問題、とかいう言い方になるのか。わかんない。規格作ったのもAppleみたいだしなあ。

 いくつかリンク。まずは公式。配布元。

 rtpMIDI | Tobias Erichsenはてなブックマーク - rtpMIDI | Tobias Erichsen

 最初にrtpMIDIを知る切っ掛けとなった記事。

 SONAR X1とiELECTRIBEを同期させてみた - 藤本健の“DTMステーション”はてなブックマーク - SONAR X1とiELECTRIBEを同期させてみた - 藤本健の“DTMステーション”
 【藤本健のDigital Audio Laboratory】第469回:iPad版TENORI-ONなど、ヤマハ新アプリを試す -AV Watchはてなブックマーク - 【藤本健のDigital Audio Laboratory】第469回:iPad版TENORI-ONなど、ヤマハ新アプリを試す -AV Watch

続きを読む "rtpMIDIで名前が変更できない。ネットワークMIDI、Bonjour"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iOS 6.1.2 リリース

 iOSの不具合修正。「Exchangeカレンダーで過剰な通信やバッテリー寿命の短縮につながる可能性のある不具合が確認されていた。」(Apple、iOS 6.1.2を提供開始――Exchangeカレンダーの不具合を修正 - ITmedia Mobile
)みたいな部分が解消されている模様。とりあえず、iPad 2を即アップデート。

 バッテリーのもちがよくなればちょっとうれしい。ただ、細かいアップデートで不具合が修正されるのはいいんだけど、それで別の問題が起きたらあれ。アプリが正常に動作しないとか。でも、大きなバージョンアップ以外ではそういう話はあまりないんだっけ?

 6.1.1はセルラー・パフォーマンス改善でiPhone 4Sのみにリリースだったのでスルー。今回はそれ以外にも対応。6.1は1月29日リリースだったそうだ。その後いくつか不具合が発生し、いまに至ると。6.0は2012年9月19日だそうだ。

 バージョンの履歴はWikipediaを見ればいいか。
 iOS (アップル) - Wikipediaはてなブックマーク - iOS (アップル) - Wikipedia

 とりあえず、なんかあったときのためにアップデートのタイミングをメモ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月18日 (月曜日)

ヤマハのiPadアプリMobile Music Sequencerのバグ? ユーザーフレーズが変

 ヤマハが1月にリリースしたiPadアプリ「Mobile Music Sequencer」のバグらしき挙動に遭遇。2月12日にリリースされた新バージョン1.0.3で発生したと思うんだけども。

 「Mobile Music Sequencer」は、ヤマハの音源内蔵&フレーズ内蔵シーケンスソフト。フレーズを並べて、セクション単位でコードを指定できるという特徴から、楽曲のスケッチに非常に適したアプリだ。また、ヤマハのハードウェアシーケンサーQYシリーズとの類似性もよく語られ、「iPad版QY」なんて言い方もされている。

 ヤマハのサイトでの情報はこのへん。

 Mobile Music Sequencer - スマートデバイスアプリケーション - ヤマハ株式会社はてなブックマーク - Mobile Music Sequencer - スマートデバイスアプリケーション - ヤマハ株式会社

 まさにiPad版 QY! iPad用シーケンサーアプリ『Mobile Music Sequencer』を発売しました! « Yamaha Synth Blog ヤマハシンセブログはてなブックマーク - まさにiPad版 QY! iPad用シーケンサーアプリ『Mobile Music Sequencer』を発売しました! « Yamaha Synth Blog ヤマハシンセブログ

 当ブログでもこんなのを書いている。

 iPad版QY? ヤマハが割りと本格的なシーケンスソフトMobile Music Sequencerリリース! 今なら半額: point of view pointはてなブックマーク - iPad版QY? ヤマハが割りと本格的なシーケンスソフトMobile Music Sequencerリリース! 今なら半額: point of view point

症状(らしきもの

 で、今回見つけたバグらしきもの。内容としてはユーザーフレーズに関する動作がおかしいというもの。

 Mobile Music Sequencerでは、プリセットのフレーズが利用できるほか、ユーザーが自分でフレーズを作ることもできる。そのフレーズを指定したコード進行で鳴らせるっていうのがポイントなんだけど、それがうまくいかなくなってる。

 フレーズ選択画面(PHRASE - SELECT)の画面で、PRESET(あらかじめアプリに内蔵されたもの)を選ぶと、すぐにそのフレーズが再生、セルにセットされる。これが本来の動作。しかし、USERから選択すると無視される。

 でもって、フレーズのエディット画面のセーブ(PHRASE - EDIT - SAVE)で、ユーザーフレーズが削除できない(Deleteを押しても無視される)。

Mms_01

 同名での上書きもできない(エラーメッセージが出る。「Error The fille cannot be saved.」)。

Mms_02

 いずれも、最初のバージョン時に作ったユーザーフレーズだ。

新規でフレーズを作成してみる

 で、現在のバージョンで改めてユーザーフレーズを作って試したところ、これが問題なく動作する。ちゃんと選択できるし、プレビューも可能。削除もできるし、上書きもOK。

結論 前バージョンで作成したユーザーフレーズが使えない

 ということで、前バージョンで作ったフレーズを、現行バージョンで使おうとしても使えない。というのが結論っぽい。

 さらに。

 使えないフレーズであるばかりか、それを消すこともできない。

 iPadを再起動したりしても症状は変わらず。ちなみに、テスト環境はiPad 2で、iOSのバージョンは6.1だ。ほかの環境で症状が出るかどうかは不明。iPadユーザーの友だちに試してもらおうかとも思ったけど、850円の有料ソフトだけにカンタンには試してくれないだろう。

アプリの再インストールの壁?

 で、アプリをいったん削除して、再インストールすればいいんじゃね? なんていう対処方法も思いついたのだけど、すでに作ったデータのバックアップが取れないっぽい。

 エクスポートでMIDIファイルは吐けるけど、プロジェクトファイルに該当するものを出力する手段が、アプリのメニューに見当たらない。KORGのアプリみたいにSoundCloudにバックアップとれればいいのに!

 と、思いつつ、iTunesで同期してみると、プロジェクトファイル名らしきものがファイル共有で出てきた。拡張子が「yms1」っていうやつだ。なんだ、これでいけるんじゃないか。ということで、とりあえずこれらをPCにバックアップ。

 しかし、これはプロジェクトファイルだけで、フレーズはセーブできないのでは? とりあえず作ったフレーズをすべて1曲に突っ込んでおいて、再度登録し直すしかないのかなあ。それも面倒だなあ。

 ということで、アプリの再インストールはいったん保留。ほかの環境での動作の報告がないかをチェックしつつヤマハの対応をもうちょっと待ってみようと思う。

 その一方で。

 アプリ自体はほんとよくできているのでオススメ。これから買う人は問題ないと思われますし。半額の850円で買えるのは2月末までなので、忘れずに。

続きを読む "ヤマハのiPadアプリMobile Music Sequencerのバグ? ユーザーフレーズが変"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月16日 (土曜日)

笑う洋楽展(3)「ロック編」でフレディ&ザ・ドリーマーズ

 NHK BSでやっていた『笑う洋楽展(3)「ロック編」』という番組がおもしろかった。タイトルからして第3弾なのだけど、そのときまで番組の存在すら知らなかったのだ。放送されたのは2月5日。録画しておいたのを数日後に見て、今日また再び見た。

 出演はみうらじゅん、安齋肇の二人。60年代、70年代のロックバンドのビデオクリップを見ながら適当にトークするという番組。出てくるビデオはいずれもレアなものらしく、出演の二人も見たことないものばかりだった様子(私は1つも見たことなかったです)。そして、「これはロックじゃない」みたいに言われる感じの仕上がりばかり。音も映像も、である。

Ultimate Collection で、バンド名すら知らないのが半分くらい。その中でも気に入ったのが、「フレディ&ザ・ドリーマーズ」というバンド。

 とってもポップで、踊りながら演奏するのだ。ボーカルは「『小柄のフレディ』と呼ばれる元牛乳屋」と紹介される。メロディもいい。CDを探して買おうと思った。

 英語だとFreddie & The Dreamersって書くようだ。

 番組の二人はとでも馬鹿にしてたけど、とてもいい。ボーカルの声もこれまたいいんだなあ。子供向けバンドという紹介もあったな、そういえば。

 ああ。なんでこんないいのをいままで知ることがなかったんだろう。とか思いましたよ。

 あっ、番組の公式サイトはこちらです。洋楽倶楽部

続きを読む "笑う洋楽展(3)「ロック編」でフレディ&ザ・ドリーマーズ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 9日 (土曜日)

iPhoneゲット。iPadと同期させるとなお楽し

 いまさらながらiPhoneをゲットしました。弟がiPhone 5に機種変更するというので、iPhone 4が余る。それをゲットしたわけです。で、おもに使うのが楽器、音楽制作ソフトなわけです。

 で、そのiPhone 4。シリコン製のケースが付いてたんですが、これがぶかぶかで使いにくい。新しいのを探します。昨年くらいだとiPhone 4のケースが100円とかでがんがん売ってたのを秋葉原で見ていたのですが、先日久々に見てみるとまったくありません。
 パーツショップがある、ドスパラのあたりから北へ向かうと、店頭の路面に段ボール箱が置いてあって、そこにXPERIAとかGalaxyとかのケースとともにiPhone 4用のケースが100円、200円でいっぱいあったんですけどねえ。
 とりあえず、なんとか1店見つけました。300円です。2つ買うと500円と書いてあったんですが、そんなにいりません。100円ではないですが、なんとか納得できる範囲です。

 取り付けるとこんな感じです。

Cimg2512

Cimg2513

 まあ、掲載するほどのものではないですね。一見アルミっぽいんですが、軽くて上部なポリカーボネート樹脂。意外とすべらない。ただ、ちょっと露出部分が多い気もします。

 エレコムのシェルカバーという商品。型番はMPA-P10WPVBUだそうです。液晶保護フィルムも付属してましたが、付けてません。フィルムがいまいち好きになれないからです。iPhone 4の液晶のガラス面ってだいぶ丈夫なんでしょ? ってことで。

 で、iPhone 4を何に使うかというと、冒頭に述べたように楽器ソフトなんかを使います。iPad 2でいろいろやってると、このアプリとこのアプリをいっしょに使いたいなあ、と思ったりするわけです。iKaossilatorを鳴らしつつ、Figure鳴らしたい! とか。

 KORGによる複数のiOS端末を同期させるWISTというのがあるんですが、それも試せない状態でした。1台しかないので当然です。しかし、iPhone 4が入手できたので、それがようやくできたというわけです。

続きを読む "iPhoneゲット。iPadと同期させるとなお楽し"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 5日 (火曜日)

Amazonでディズニー腕時計が88% OFF

 Amazonのウェブサービスを使ったサイトのクリック履歴を見ていて発見したのが、びっくり値段の腕時計。参考価格59,600円がセール品ということで6,980円となっている。なんと88% OFFだ。

Disney ディズニー ミッキー ロゴ インデックス 腕時計 2本ペアセット ホワイト×ブラック ラバーベルト 白 黒 バレンタインギフトに 【ギフトラッピング無料】[並行輸入品]Disney ディズニー ミッキー ロゴ インデックス 腕時計 2本ペアセット ホワイト×ブラック ラバーベルト 白 黒 バレンタインギフトに 【ギフトラッピング無料】[並行輸入品]

 バレンタインを当て込んだ商品ということだろうか。

 このほかにもプライスオフな腕時計がたくさんリストアップされている。

Disney ディズニー 世界初 ミッキー スクエア デジタル タイプ 腕時計 2本ペアセット ブルー 文字盤×ピンク 文字盤 ラバーベルト 隠れミッキー 青 桃 バレンタインギフトに 【ギフトラッピング無料】[並行輸入品]Disney ディズニー 世界初 ミッキー スクエア デジタル タイプ 腕時計 2本ペアセット ブルー 文字盤×ピンク 文字盤 ラバーベルト 隠れミッキー 青 桃 バレンタインギフトに 【ギフトラッピング無料】[並行輸入品]

 これは59,600円が6,980円。52,620円 (88%) OFFだ。

Disney ディズニー 世界初 ミッキースポーツ デジタル タイプ 腕時計 グリーン カラーラバー ベルト 隠れ ミッキー 緑[並行輸入品]Disney ディズニー 世界初 ミッキースポーツ デジタル タイプ 腕時計 グリーン カラーラバー ベルト 隠れ ミッキー 緑[並行輸入品]

 こっちは、29,800円が3,980円。25,820円 (87%) OFFだ。

 どういう経緯でこんなに安くできるのか謎。単なる在庫整理? 腕時計の世界ってこんなもん?

続きを読む "Amazonでディズニー腕時計が88% OFF"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 4日 (月曜日)

Amazonが発売日前日お届けサービス開始 そんなことよりも……

 発売日に届かない!なんていう叫びが時折聞かれるAmazonですが、なんと発売日前日にお届けするサービスを開始しました。「発売日前日お届け」っていう名称になってます。

 発売日前日にお届け(DVD)- Amazon.co.jpはてなブックマーク - 発売日前日にお届け(DVD)- Amazon.co.jp

Amazon_adaybefore 発売日の前日に店頭に行けばすでに並んでいるのに、Amazonだと発売日当日まで届けてくれない。なるべく早く手元に欲しい人は店頭で購入する、なんてこともあったわけです。それもこれで解消というわけですね。

 ただし、誰でもOKではないところが、最近のAmazonらしいところ。Amazonプライム会員は無料でOKですが、非会員は「お急ぎ便」の配送料350円で利用可能となります。このへん、インプレスのWatchにうまくまとめられてますね。

 Amazon.co.jp、対象予約商品の「発売日前日お届け」サービス -INTERNET Watchはてなブックマーク - Amazon.co.jp、対象予約商品の「発売日前日お届け」サービス -INTERNET Watch

 あと、商品全部ってわけでもなくて、「対象の予約商品(CD、DVD、ブルーレイの一部商品)」ってことだそうです。本は対象外かあ。と思ったんですが、もともと発売日前日に店頭に並ぶのはCDとかDVDなんで妥当ところですかね。まあ、フラゲですな。

 さて、発売日どころか、「何日たっても届かない」とか、「発売日当日に注文した人より遅く届く」なんてこともあったりしたわけですが、そういうのは解消されるんでしょうか? 個人的には予約して発売日当日に欲しい、ということはめっきりなくなったので、そっちのほうが気になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »