« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月28日 (木曜日)

テスターなしで通電確認

 前回のエントリにあるようにマイクを作っている。はんだごてを購入して以来、ほかにもいろいろ。はんだごてを使うのは中学の技術科の授業以来。で、そこで困るのがちゃんとはんだが有効になってるか。っていうか、付いてるか(なんていうんだろう? それすらわからない)。

 テスターで通電を確認すればいい。それはわかる。しかし、テスターを持っていない。

 これまでは回路もわかっているマイクなので、作業自体は単純。はんだを盛ったあと、確認はマイクとしてちゃんと動作するか、音で確かめていた。まあ、マイクアンプを壊す可能性もあるんだろうけど、なんとかなっていた。

 調子に乗って電子工作用にパーツなんかも購入し始めたりしてるのだけど、今度はそうはいかなくなった。そのパーツの回路図がないのだ。どの端子がどの端子につながるのか、みたいなのがわからない。さすがにこうなるとテスターが必要だ。パーツを購入したときは何も考えていなかったのだった。

 テスターの代わりが必要だ。テスターの代替となるものがなんかありそうなきがするんだけど……。

 で、テスター代わりになる方法を探す。

 意外な答えがそこにはあった。

 なんと、方位磁針(コンパス)を使う方法だ。

ケンコー・トキナー ケンコー Do・Nature ドライコンパス KC-02 141841 通電すると針が振れるんだそうだ。方位磁針の近くでコードに通電すればいいとのこと。

 試す。確かに通電すると振れる! びっくりー。

 そういえば、こういうの学校で習ったよな。小学校か中学校か覚えてないけど。

続きを読む "テスターなしで通電確認"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月27日 (水曜日)

iPhone用にマイクを自作 イヤフォンジャック直結タイプ

 昨年後半からマイクの自作を始めた。ちょっと興味が出たので道具を揃えてみたのだけど、これがけっこうおもしろい。最新モデルはiPhoneのイヤフォン/マイクジャック用。これでないとどうも人によってはぴんとこないみたいだからだ。というのも。

Iphonemic

 作ったマイクを人に見せるたびに、こう聞かれた。

 「これiPhoneに付けられるの?」

 作っていたマイクは、ICレコーダー用を想定してたので、3極のミニプラグを使ったものだった。しかし、iPhone直結用だと、4極プラグが必要。そのプラグをようやく購入したので作ったのが上の写真だ。

 PanasonicのWM-61Aというマイクユニットを使っているのだけど、作成の話とかは、また別の機会に。

続きを読む "iPhone用にマイクを自作 イヤフォンジャック直結タイプ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月26日 (火曜日)

livedoorのQuillが終了

 インターネットWatchでこんなニュースが出てた。タイトルだけ見て不安がよぎったのだけど、その予感が当たった。

 まず、こんな記事である。

「livedoor」ブランドの一部サービス終了、LINEやメディア事業注力のため -INTERNET Watchはてなブックマーク - 「livedoor」ブランドの一部サービス終了、LINEやメディア事業注力のため -INTERNET Watch

 NHN Japan株式会社は26日、「livedoor」ブランドで展開していた9つのサービスを終了すると発表した。livedoor Blogやポータルサイトを含むメディア事業、LINE事業に注力するためだという。

 さらにこう続く。

 ウェブメール「livedoor メール」を10月31日、写真共有サービス「livedoor PICS」を9月30日、店舗管理ツール「ロケタッチオーナーズ」と日記サービス「デコミィ」、Facebookページのコンテンツ作成サービス「ソーシャレット」を6月30日、ニュースサイト「ロケタッチ新聞」とメモサービス「Quill」、スパムフィルター「スパムちゃんぷるー」を5月31日、質問・回答投稿サイト「ANKER」を4月25日に終了する。

 livedoorメールがなくなるとすんげー困るんですけど。どうせ中身はGmailで手間はかかんないのに! と思ったけど、Googleに払うコストはかかってるか。

 で、もう1つ。Quillっていうのは、カンタンにメモが残せるサービス。ほんと手軽で重宝していたのだけども。

Quill(クイール)開発ブログ : Quill サービス終了のお知らせ - livedoor Blog(ブログ)はてなブックマーク - Quill(クイール)開発ブログ : Quill サービス終了のお知らせ - livedoor Blog(ブログ)

平素より Quill をご利用いただき誠にありがとうございます。 2008年8月のサービス開始以来、皆様にご利用いただきましたQuillですが、2013年5月31日を 持ちましてサービスを終了させていただくことになりました。

 これも残念だ。Quillはこれまで書きためたものをZIPで提供すると言っている。これがいつ提供されるかっていうと、4月15日とある。終了のお知らせとともにやってくれないと、そのころには忘れてしまいそうなんですけども。

 代替となるサービスはまああるんだろうけど、移行が激しく面倒だ。そのへんも面倒みてくれるとありがたいんだけどなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月21日 (木曜日)

祝Audiobus対応!GarageBand 1.4アップデート。Audiobusも期間限定値下げ

 ついにAppleがやってくれました。GarageBandがAudiobusサポートです! これで、AmpliTubeやJamUp XTのギターサウンドをGarageBandでカンタンに録音できるようになったんですよ!

Garagebandaudiobus

 まずは動画でチェックを。


GarageBand, Audiobus support! AmpliTube, JamUp Pro XT , Guitar recording

 朝からちょっと興奮気味です。GarageBandもアンプシミュレーター内蔵だったんですが、その出来はサードパーティ製の専用アプリにひけをとっていたのも事実。それが今回のアップデートで解消されたというわけです。好きなアンプシミュレーターアプリで作ったギターサウンドが直接録音し放題。それもGarageBandで作ったバッキングに合わせて。バッキングをGarageBandで軽く作って、すぐにプレイできるってだけでも楽しいんですが。

 もうAudioCopy/Pasteとかファイルでのやりとりなんて手間は不要なんです。そのまま直接GarageBandのトラックにほかのアプリの音が録音できます(同じようなことばっかり言ってますが)。

 もちろん、シンセアプリも使えます。GarageBandの内蔵音源に不満を持っていた人は歓迎するでしょうね。AnimoogでもSunrizerでも好きなシンセがカンタンにGarageBandに録音できます。もうCubasisとか高いDAWを買わなくても、Audiobusで思う存分ほかのアプリの音が録音できるわけです。同期とかMIDIコントロールまわりはまだチェックしてないのであれですけども。

 とにかく、よくやったApple! って感じです。

続きを読む "祝Audiobus対応!GarageBand 1.4アップデート。Audiobusも期間限定値下げ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月18日 (月曜日)

SONAR X2aのマルチタッチを激安で体験! 要アレ - SONAR X2, you can get a low-cost touch screen, now!

 Cakewalk SONAR X2が実現するマルチタッチなインターフェイス環境を激安で手に入れよう!という話。

Sonar_splach

Cakewalk SONAR X2 is first DAW to receive a multi touch interface.
This experience will be very expensive to carry out, because you must buy new display.
But if you have ****, you can experience at low cost - $9.99.

続きを読む "SONAR X2aのマルチタッチを激安で体験! 要アレ - SONAR X2, you can get a low-cost touch screen, now!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月17日 (日曜日)

 関東では今週末にも桜が咲く。ほんとかよ!と思ってたらほんとに咲いてた。

 近所で1本だけ、桜が咲いている。そのへんに別の桜の木もあるが、まだつぼみだ。

 木の違いか。日当たりや場所の違いか。

Cimg2648_2

Cimg2645_2

続きを読む "桜"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月16日 (土曜日)

アナログシンセの勉強にも最適? シンセアプリminiSynth 2登場、今だけ無料

 YonacからminiSynth 2というシンセアプリがiOS用で出ていた。無料だけど、けっこういい音。けっこう太い音も出る。モデルとなったのは、アナログ・モノラル・シンセですかね。

 2オシレータで、フィルター、ディレイ、リバーブなんかも備える。音作りがちゃんと楽しめるという感じ。テープデッキも備えているので、単体で録音もOK。でもって、Audiobus対応なので他のアプリと組み合わせていろいろ遊べそうなのもいい。

Minisynth2

 iPhone 3GS以降対応。iPadでも動くけど画面は小さいまんま。まあ、それもこのアプリには合ってる。

 なんでも、App Store初期からあるminiSynthというシンセアプリが存在していたそうだ。まったく知らなかったのだけども。現在の同社のフラッグシップシンセアプリMagellanの進化を取り込んで新たに作りなおした、みたいな感じだろうか? 前のバージョンはADSRはアタックとディケイのみだったみたいだけど、今回はフィルターのエンベロープとアンプがADSRフル対応の模様。プリセットも増えてる。っていうか、miniSynthは230円だったという記事も発見。miniSynth 2が無料なのは期間限定だったりするのかな? 何も書いてないけど。

続きを読む "アナログシンセの勉強にも最適? シンセアプリminiSynth 2登場、今だけ無料"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月13日 (水曜日)

Reason 7がアナウンス、MIDI外部出力、ReCycle機能を搭載

 Propellerheadのバーチャルラック(インストゥルメンツ&エフェクト)搭載ソフトウェアのReasonがメジャーバージョンアップです。前回のメジャーバージョンアップの6でRecordを統合し、DAWとなったReasonですが、基本的には新しいラックの追加が主な機能アップでした。しかし、今回の目玉はなんとMIDI出力です。

 Propellerhead

 External MIDIインストゥルメントっていうラックが用意され、それを介して外部ハードウェアをコントロールできるようになります。これまで頑なに拒んできた外部音源などがやっと使えるようになったわけです。意外っちゃ意外。バーチャルインストゥルメントからCVでコントロールってのもできるみたいですよ(どんなのか想像できない)。

 さらに録音したオーディオを自動的にスライスし、パーフェクトなタイミングにマッピングすることも可能。これは最近のDAWでは当たり前になってきましたよね(最上位グレードのみだったりしますが)。でもって、そのスライスしたオーディオをREXファイルにエクスポートできるようになりました。そう、Recycle機能が内包されたって感じです(ReCycle持ってないので厳密な違いなどはわかりませんが)。

 あと、ミキサーのルーティングの自由度が上がったりとか、EQがリアルタイムで波形表示できるとか、新デバイスもいろいろあるみたいです。サンプルライブラリもハウスとかダブステップ、メタル(!)とか、最新のものが搭載されてる模様。詳しくはビデオ見てください。日本語字幕付きです。親切!

 この日本語字幕はどこが作ってるんですかね? 国内代理店のKORGがやってると思われる日本語サイトはまったく情報なし。

 プロペラヘッド | Propellerheadはてなブックマーク - プロペラヘッド <http://www.propellerheads.jp/> | Propellerhead

 やる気ないんですかね、コルグ。前の代理店(MI7)だったころのほうが情報も多くて早くてよかった気がします。

続きを読む "Reason 7がアナウンス、MIDI外部出力、ReCycle機能を搭載"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月12日 (火曜日)

Native Instruments、KOMPLETE 9が3月27日リリース

 Native Instrumentsの音源&エフェクトバンドル「KOMPLETE 9」がついにアナウンスされた。今回もハードディスク収録の「KOMPLETE 9 ULTIMATE」もラインナップされる。思ったより早くきた、というのが第一印象。

 まずは公式へのリンク。

 Komplete : Bundles : Komplete 9 | Productsはてなブックマーク - Komplete : Bundles : Komplete 9 | Products

 Komplete : Bundles : Komplete 9 Ultimate | Productsはてなブックマーク - Komplete : Bundles : Komplete 9 Ultimate | Products

 目玉はやっぱりBATTERY 4だろうか。「ヒップホップやエレクトロニックミュージックに特化したパワフルなライブラリと、制作に集中できる非常に直感的なワークフローが組み合わされています。」ってことなんで、最近の音楽シーンに強烈にコミットした感じ。でもって、ちょっと前に製品名を明かさずに公開されていたビデオがBATTERY 4だったのだね。

 このライブラリだけで魅力に感じる人は多そうだ。もう時代遅れなんて言わせない!みたいな感じ。

 Komplete : Drums : Battery 4 | Productsはてなブックマーク - Komplete : Drums : Battery 4 | Products

 昨年単体発売された音源(KONTAKTのライブラリ)もすべて収録。DAMAGEとかACTION STRINGS、SESSION HORNSが収録されてるのもいいなあ。 

 MoogっぽいモノフォニックシンセサイザーMONARKなんてのも。REAKTORで動作するそうだ。これもまったくの新規シンセ。

 Komplete : Synths & Samplers : Monark | Productsはてなブックマーク - Komplete : Synths & Samplers : Monark | Products

 KOMPLETE 8 ULTIMATEからは「アップデート版」という名称で、39,800円なり。ちょっと高い気がするんだけれども。
 
 価格や、購入ガイド的な記事はここがわかりやすいかも。

 KOMPLETE 9/ULTIMATEの発売日が今月27日に決定!MASCHINEと機能統合され、全てを備えた第9世代KOMPLETE全パッケージにRock oN限定初回予約特典付!! | Rock oN 音楽制作機材レビュー「Now oN Sale」はてなブックマーク - KOMPLETE 9/ULTIMATEの発売日が今月27日に決定!MASCHINEと機能統合され、全てを備えた第9世代KOMPLETE全パッケージにRock oN限定初回予約特典付!! | Rock oN 音楽制作機材レビュー「Now oN Sale」

続きを読む "Native Instruments、KOMPLETE 9が3月27日リリース"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月11日 (月曜日)

Twitter自動投稿 dlvr.itの上限が減った(登録可能フィード数)

 ブログの更新を知るために使われたりもするdlvr.it。RSSフィードなどを登録して、更新されたらTwitterで勝手につぶやいてくれるというサービスだ。わゆる自動投稿サービスの一種。その登録可能数が減ってるっぽいという話。

 よく見るブログの更新状況を知るために、RSSリーダーの代わりに使ってみようと思って登録したのが数年前。で、今回テスト用にもう1つフィードを追加しようとしたら、もうできないと言われる。無料プランの上限は5だという。それ以上登録するには有料プランへ移行しろというのだ。

Dlvrit

 たった5つ? そんなに少なかったっけ?

 と、思ってすでに登録してあるフィード数を確認すると、5つなんてもんじゃなく登録してある。これは以前よりも上限が減ったってことだろうか?  っていうか、有料プランなんてのもあったんだっけ?

 もしかして、1個削除したらまた1個追加できたりするかも。と、試すとやっぱりだめ。無駄に1つの登録済みフィードを減らすことになった。

 いつからこうなったんだろう?

 と思って公式のブログを検索。これか?

 Introducing dlvr.it Premium Account Plansはてなブックマーク - Introducing dlvr.it Premium Account Plans

 2012年10月22日の記事。

The most notable change is that we will limit all new free accounts to five (5) content feeds and three (3) social profiles.

 無料アカウントは5つへの制限を加える、みたいなことが書いてある。このタイミングか。

 で、これまでの登録分はそのまま、みたいなことも書いてあるっぽい。で、それが施行されたのが11月1日だそうだ。へー。まあ、今頃気づいても後の祭りだけども。

続きを読む "Twitter自動投稿 dlvr.itの上限が減った(登録可能フィード数)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 9日 (土曜日)

再度ドメインキングを100円で。激安レンタルサーバーを借りる話

 2010年に一度借りて、1年で解約したドメインキング。それから約1年。ちょっとテストしたいことがあったのでまた借りてみた。今回も1年間で100円だ。

Domainking

 設定の仕方などはほぼ忘れてた。それをやったのはもう2年も前になる。多少、コントロールパネルのデザインなども変わっているようだ。それでも前にやったことをメモしておいたのが役立った。

 ドメインキングのレンタルサーバー契約、サブドメインの引越しで悩む話: point of view pointはてなブックマーク - ドメインキングのレンタルサーバー契約、サブドメインの引越しで悩む話: point of view point

 以前、1年でやめたのは思いのほか転送量に余裕がなかったことが原因だったように記憶しているのだが、実際のところどうだったんだろう? 思い出せない。同じことを繰り返すことになりそうだと思いつつ。

 なんと言っても、今なら1年間で100円だ。すでにドメインを持っているなら、サブドメイン運用のために借りてもいいだろうということで。



続きを読む "再度ドメインキングを100円で。激安レンタルサーバーを借りる話"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 7日 (木曜日)

ThinkPad T400の内蔵スピーカーが鳴らなくなる

 突然音が出なくなる。今までにない経験。メインで使っているThinkPad T400のスピーカーが鳴らなくなったのである。

 最初はOSとかソフトウェア側の問題かと思ったのだけど、Windowsのタスクトレイに出てるスピーカーのインジケーターは従来どおり振れている。しかし、音はまったく出ない。再起動してもそれはおんなじ。これはハードウェア側だろうなあ。

 ということで、とりあえず分解してみる。スピーカーはキーボード奥側の左右にある。でもって、ケーブルはトラックポイントのボタンの下あたりにある。ということは、検索して見つかった保守マニュアルで確認。ばらし方もちゃんと掲載されているので、不安はない。っていうか、何度もこれくらいはばらしているからだ。ハードディスク入れ替え、メモリ増設などで。そのへんはThinkPadユーザーなら当たり前のことだと思われるのだけども。

T400spk

 左右のベゼルの下にスピーカーユニットがあるのだけど、そこにたどり着くネジが固くて外れない。がーん。ねじ山つぶしてもあれなんで、いったんあきらめる。

続きを読む "ThinkPad T400の内蔵スピーカーが鳴らなくなる"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 6日 (水曜日)

DJ RigのiPad版が90% OFFの170円! iPhone版も170円

 IK MultimediaのDJソフトウェアが期間限定で激安。iPad版は1,700円が170円。iPhone版は850が170円。これは買うしかない。ということで、iPad版を購入した。

 まあ、iPhone版ももう持ってるわけですよ。iPhone版登場時はiPad版がなくて、たぶん今後リリースされるかもだけど、ユニバーサル版になるから大丈夫じゃね? と思ってました。iPadでは拡大表示で「画面粗いなあ」なんて思いながら使ってたわけですよ。その後、蓋を開けてみるとiPad版は別アプリとしてリリースされるという結果に。まあ、同社のAmpliTubeを見れば予想できてたはずなんですけど、違う可能性にかけたというかなんというか、悲しい結果ではありました。

 で、本日、メールのお知らせを見て、170円ならと飛びついたわけです。ええ。このくらいの価格なら問題ない、っていう感じで麻痺してるんじゃないかと思うところもありますが。

 上記価格は2013年3月6日までです。

 で、今回の値下げの背景は当然ながら、ライバルへの対抗という意味があるのでしょう(というかそれしか考えられない)。

 先日リリースされたばかりのNative Instruments(NI)の「Traktor DJ」がかなりの話題と人気を集めてますからね。

 定価では1,700円と横並び。

 機能的にもDJ Rigがかなり劣っているという印象ですし。しかも、DJ Rigのエフェクトは標準搭載はほんの少しで、アドオンは850円もする。

 iOSアプリでは早くからリリースをしてきたIK Multimediaですが、DJソフトの経験はPC/MacでTraktorを長らく展開してきたNIにはかなわないんじゃないかと踏んでます。

 でも、DJ Rig for iPadが170円なら当然買います。いくらiPhone版持っててもね。半分ヤケクソな感じもしますけど。

続きを読む "DJ RigのiPad版が90% OFFの170円! iPhone版も170円"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年3月 5日 (火曜日)

へたったiPhone 4で録音3時間、バッテリのもちはぎりぎり

 ちょっと前に仕事で音声記録の必要があり、iPhone 4をレコーダーにした話。なんとか3時間の録音ができた。ところで、このバッテリーの持続時間はソフトによってもちは違うのだろうか? という話。

 こういう仕事での音声記録の機会は年に数回あり(遊びではよく使ってるけど)、ここ3年くらいはサンヨーのICレコーダーICR-PS501RMを使ってきた(音質とかはここで何度か書いた。左上から検索してください→手抜き)。それに加えて今回投入した録音機材は、ちょっと前に弟にもらったiPhone 4だ。このiPhone 4はけっこう使われてきたのでたぶんバッテリーはへたってきてるはず。そこが不安だった。

 なんとなく2時間のつもりでいたのだけど、結局3時間。それでもバッテリーは10%くらいは残っていたと思われ(Phone 4の右上に出てるアイコンから判断。これとは別に数値で確認する方法ってあるんですかね?)。その際に使ったのがこれ。

 以前、家でiPhone 4でテストしたときは1時間30分くらいはこのアプリで問題なく録音できたので、今回もそれで。ただ、このアプリ、ちょっと不安定。いったんバックグラウンドにやると、表示が変になる(ステータスバーが出たり消えたりを繰り返し、アプリを起動し直すはめになる。OSのバージョンのせいなのか原因不明)。録音だけなら問題はないっぽい。

 結果は最初に書いたとおり。3時間はもった。正確にいうと1時間30分を2回。途中で休憩があったのだ。休憩時にバッテリーの残りは半分くらい。ちょっと不安になったものの、ここでネットワークをOFFにしてないことに気づき、機内モードをONにする(ほかの方法もあるだろうけど、確認する時間がなく、他の保保うもわからず)。それで最後までいったという感じ。

 同様の録音機会がその後もあり。その際は1時間20分+1時間40分という感じ。休憩時間は今回もあり。その際に使ったアプリがこれ。

 マルチトラックの必要ないんじゃない? と思うかもしれないが、録音後のデータをPCに持っていくのが無線LANでできるっていのに魅力を感じて。App Storeのレビューで見て安定してるという話もあったし。もちろん、本番投入前にはテストをした。2時間はOKだったので。

 で、結果。なんと録音中に画面が消えない。ちょっとあせった。

 前の時=TASCAM PCMRecorderのときは数分で画面が消えてた(もちろん、録音は継続)。これはiPhone 4の自動ロックの機能によるものだろう。

 それに対して、MultitrackDAWは画面が出たまんまだ。いつまでたっても消えない(どっかに設定があるのか?)。バッテリーのもちに関しては不利な気配。それでも休憩タイミング(1時間20分後)に確認すると、バッテリーは30%くらいしか減ってない(MultitrackDAW動作時はステータスバーが表示されないのでわからないのだ)。

 で、休憩後の1時間40分が終わりバッテリーのインジケーターを見ると、残りはやっぱり10%くらい。

 あらら。結果は同じか。アプリによる違いが出るのかな? とも思ったのだけど。まあ、比較条件がいっしょじゃないしなあ。今回は最初から機内モードはONにしているし(前回は途中から)、画面が出てるのと出てないのもあるし。比較にならないと言えばならない。

 だいたい、だいぶ使われたiPhone 4のバッテリーの性能劣化具合も個体によってまったく違うのだから、他の人の参考にもなりそうにない。とりあえず、記録ということで。

続きを読む "へたったiPhone 4で録音3時間、バッテリのもちはぎりぎり"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 1日 (金曜日)

これが無料?! LiveライクなiPad音楽アプリNovation Launchpad

 シンセやキーボードをリリースしているNovationからiPadアプリが出てました。「Launchpad」といえば、ableton Liveに特化したMIDIコントローラーですが、今回のiPadアプリはコントローラーではなく、多数のサンプルとともにLiveの機能を内包したソフトウェアのようです。しかも無料!

Launchpadsplash ハードウェアの会社というイメージがあるNovationですが、ソフトウェアもいくつか出してます。PC用のプラグインもありましたよね。でもって、iPadアプリとしてはLaunchkeyなんてシンセも出してましたが、それはやっぱりプレイヤーとかシンセ好きのためのソフト。今回のLaunchpadは、誰でもすぐに楽しめます。ダンスミュージック好きならまずは試していただきたい、そんな仕上がり。また、ableton Live+ハードウェア版Launchpadと違って、PCも必要ないですしね。お手軽ライブセットにもなります。

 まずは公式。
 Novation Launchpad for iPad is Out Now | NovationMusic.comはてなブックマーク - Novation Launchpad for iPad is Out Now | NovationMusic.com

 基本画面は、8×6のパッドにサンプルが割り当てられており、タップでループ再生。ビートをくずさずループします。当然。さらにワンショットも割り当てられます。

Launchpad01main

 トラックのボリュームのほか、フィルター(フェーダーで操作、上方向がハイパス、下方向がローパス?)、そして、FXのパッドも用意されます(下の画面はクリックで拡大)。FXはルーパーやビートスライサーみたいなやつと、これまたフィルター。FX側のフィルターは1小節単位とか8分音符単位でフィルターの開け閉めが行われる模様。エフェクト内蔵なのはよくわかってらっしゃるという感じ。

Launchpad02filter Launchpad03volpng Launchpad04fx

 まあ、動画見てくださいな。


Novation Launchpad - iPad app - DEMO - YouTubeはてなブックマーク - Novation Launchpad - iPad app - DEMO - YouTube

Launchpad00


 膨大なサンプル(ループ&ワンショット)を収録しており、これがまた出来がいい。Breaks、Drum&Bass、Dubstep、Hip Hop、House、House 2、Tech House、Tranceのセットがあらかじめプリセットされてるんですが、これを開くだけでそれらしいサンプルが割り当てられたライブセットが立ち上がります。これだけでも数時間は楽しめること間違いなしです。

 各パッドのサンプルはもちろん変更可能。好きなものが割り当てられます。ただ、自分で用意したサンプルを鳴らす機能はない模様。そういう機能が欲しい場合は自社のコントローラーを買ってLiveといっしょに楽しんでくれってことなのかもしれません。abletonに気をつかったなんてこともあるかも。そういう機能がないぶん誰でも楽しめるアプリになってるってのもあるわけですが。

 とにかく無料でダンスミュージックをプレイしてる気分が味わえる最高のアプリ。iPadユーザーでよかったと思うこと間違いなしです。これが無料でいいのかってくらい。

続きを読む "これが無料?! LiveライクなiPad音楽アプリNovation Launchpad"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »