«  「マイケル・ジャクソン ザ・イモータル ワールドツアー」見てきた。 | トップページ | 管楽器に最適? なチューナーアプリTunable、ただいま無料 »

2013年5月20日 (月曜日)

SIGMAの古いEFレンズをマイクロフォーサーズなLUMIX GH2で

 LUMIX DMC-GH2を購入したのが3月。レンズはキット付属の14-140mmを使用。そういえば、昔のキヤノン用EFレンズがあった。SIGMA(シグマ)製のやつが。それをマイクロフォーサーズ機であるLUMIX GH2で使うという話。

2img_7869

 EFマウントなので、当然ながらマイクロフォーサーズマウントのGH2では使えない。マウントアダプターとか言われるものが必要になる。EFマウントからマイクロフォーサーズマウントに変換する、という感じ。オーディオの変換コネクタみたいなもんか。

 で、そのマウントアダプターを使うと、各種設定はマニュアルになる。電子接点がないから当たり前。とかそういうところを基本から調べて知る。ほんとになにも知らない。

 で、昔のシグマのレンズはキヤノンの締め出しにあい、ある時期のキヤノン機からでは使えなくなってるとか。シャッターきろうとするとエラーが出るんだ、とかいろいろなことも調べてることに。ずっと使っていなかったEFレンズ。出てきた時点で、最初はEOS Mを買った友だちにあげようかと思っていたのだけど、それができない(現在のキヤノン機では使えない)ということを知って、自分で使うことにしたのだった。そこからマウントアダプターにつながるのだ。

 EF-マイクロフォーサーズなアダプターは大きく分けて2種類。絞りなしの3,000円程度のもの。もう1つはアダプター側に絞り機構のついたもの。1万円くらいのやつ。EFレンズはすべて電子制御なので、絞りリングは用意されていない。電子接点経由でコントロールするのだが、マウントアダプター経由だとそれはムリ。基本は絞り開放で使うことになる。というのが、ちょっと前までの常識だったのだが、数年前に絞り機構を内蔵したアダプターが出たんだとか。それが1万円くらいのやつ。しかし、はじめてのマウントアダプターで、1万円出して失敗すると目も当てられない(だいたい、その意味もあまり把握していない)。ということで、とりあえず、安いのを買うことに。Amazonのレビューをいろいろ見ながら。

Kernel キャノンEFマウントレンズ-マイクロフォーサーズマウントアダプター EF-m43 購入したのはKernelというブランドの製品(写真右、リンク先はAmazon)。

 お値段2,980円なり。CD1枚分ってとこか。

 カメラメーカーへのOEMもやってる、とかいう売り文句に惹かれて選択。

 すぐ届く。

4img_6952 5img_6953

 小さな紙箱に入っている。開けると、布製の巾着が。なんか得した感じ。

6img_6955 7img_6956

 で、これがアダプター。左の銀色のがレンズ側。右の黒い側がカメラ側。レバーみたいなやつをカメラ側に押すことで、レンズが外せるようになる。筒の側面に対して垂直に押すのではないことに注意。まあ、Amazonの商品ページに詳しく書いてある。

 カメラ側でレリーズなしでシャッターを切る設定にしないといけないのだけど、それはカメラが警告してくれるので、問題なくできた。で、最初に撮った写真。

1p1070689

 マニュアルでのピント合わせが初めてだったので、まったく要領を得ない。背景をぼかそうとか思ったりするのだけど、もともと絞りは開放にしかならないので、操作するところはない。フォーカスだけ気を遣う。

 「フォーカスアシスト」をONにする方法を調べるところから始めたり(ちょっと説明。LUMIXではマニュアルフォーカスの際に拡大表示する「フォーカスアシスト」という機能がある。マイクロフォーサーズのレンズならピントリングを回せば自動で拡大となるのだけど、今回はそうはいかない。後ダイヤルを押し込むことでこれが発動する。すぐにONにできるので面倒はあまり感じなかった)。

 それにしても、ファインダーを覗いてるとそれなりに明るいのだけど、シャッター切ったあとの結果表示の画像がどうも暗い。どういうことだろう? 絞り開放のままなので、そのままでもいいような気がするのだけど(何もわかってないので、どういう用語で調べていいのかもわからない)。とかそんな感じでしばらくは調べたり、テスト撮影をしたりを続けるのだった。

 測光方法を変えることで、それは解決できた。スポット測光にすれば、プレビューと結果の差はなくなったのだ。理由がいまいち理解できてないけど。参考(というかヒント)になったのが、これ。

「LUMIX DMC-G1」で楽しむマウントアダプター(ライカMマウント編)はてなブックマーク - 「LUMIX DMC-G1」で楽しむマウントアダプター(ライカMマウント編)

 あと、それとは別になんか一部ぼやける。レンズを見てもカビとかくもりとかは発生してる気配はないんだけども。外から見えないなんかがあるんだろうか? むー。

 まだまだ勉強だ。

 最後にレンズの写真。左がGH2のキットの14-140mm。右が今回出てきたSIGMAのEFレンズ。

1p1090352

 やっぱり、絞りありのにすればよかったかなあ。と思ったりもしてます。こんなの。KIPON製。

KIPON製キャノンEFマウントレンズ-マイクロフォーサーズマウントアダプター.絞り操作対応可能. EOS-m4/3AKIPON製キャノンEFマウントレンズ-マイクロフォーサーズマウントアダプター.絞り操作対応可能. EOS-m4/3A

 SIGMAのレンズで撮った写真を追加。

P1080028

P1080032

P1080020

P1080017

 夕方でちょっと暗いのを差し引いてもシャッキリ感がないように思える。


|

«  「マイケル・ジャクソン ザ・イモータル ワールドツアー」見てきた。 | トップページ | 管楽器に最適? なチューナーアプリTunable、ただいま無料 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35726/57426382

この記事へのトラックバック一覧です: SIGMAの古いEFレンズをマイクロフォーサーズなLUMIX GH2で:

«  「マイケル・ジャクソン ザ・イモータル ワールドツアー」見てきた。 | トップページ | 管楽器に最適? なチューナーアプリTunable、ただいま無料 »