« アクセスポイント故障&買い替え!プライベート・ビエラでネットワーク設定を変更 レポその2 | トップページ | SDカードで録画番組を持ち出せる! プライベート・ビエラの「おでかけ番組」機能を試す »

2015年7月24日 (金曜日)

OMGって何? Web Audio APIなWebアプリがFluity Loops V1みたいだと言われ

 Web MIDI APIを使ってポケット・ミクを鳴らすWebアプリ「VOCACID」。公開したのは5月であった。

 MIDI音源がない状態でも遊べるようにWeb Audio APIを使って鳴るバージョンを作ったのも同じ5月のこと。


VOCACID Web Audio API ver. - Browser based rhytm machine & sequencer

 そのWebアプリが動作している状態の動画をYouTubeにアップしてたのだけど、ちょっと前にコメントがついてた。いわく。

 「OMG! Fruity Loops v1! =)」

 OMGって何?

 調べてみると、「Oh My God」の略のようだ。

 で、Fruity Loopsというのは言わずと知れたImage Line社のリズムマシン的なソフトウェアであり、現在はFL STUDIOという名称で知られるDAWソフトウェアだ。

 v1ってことは最初のバージョンのことであろう。

 当時、体験版を触った記憶があるのだけど、どんな感じだっけ?

 検索してみると、動作している動画があった。仮想環境で動作している状態のキャプチャなのかな?


fruity loops 1.0

 うん。そう言われてみると、確かに似ているかもしれない。

 それはそれで光栄なことだ。

 そういえば、このWeb Audio APIバージョンのWebアプリはちゃんと公開してなかったんだっけな。動画をアップして、Twitterでつぶやいて終わりにしてた気がしてきた。

 その後、Chromeのバージョンアップとかがあって、わちゃわちゃしてたからなあ。

 このへんは、またあとでまとめようと思います。


 Web MIDI APIでポケット・ミクをコントロールしているバージョンの動作デモドがはこれです。iPadでWeb MIDI Browserというアプリを使用しています。


Web MIDI API Rhythm & Bass Machine "VOCACID" / ブラウザで動くリズムマシン&ベースマシン+ポケミク用シーケンサーその1

 動画はiOSで動かしたやつですが、PC/MacではChromeで同様に動きます。詳しくは以下で。あらためてリンク。

 ブラウザで楽しめるドラム&ベース&ポケット・ミクのシーケンサー作った JavaScript/Web MIDI API: point of view point

 


|

« アクセスポイント故障&買い替え!プライベート・ビエラでネットワーク設定を変更 レポその2 | トップページ | SDカードで録画番組を持ち出せる! プライベート・ビエラの「おでかけ番組」機能を試す »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35726/61947949

この記事へのトラックバック一覧です: OMGって何? Web Audio APIなWebアプリがFluity Loops V1みたいだと言われ:

« アクセスポイント故障&買い替え!プライベート・ビエラでネットワーク設定を変更 レポその2 | トップページ | SDカードで録画番組を持ち出せる! プライベート・ビエラの「おでかけ番組」機能を試す »