« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月

2015年10月16日 (金曜日)

初音ミクとブラウザで会話できるやつ作った。しゃべるよ(ただし、要ポケット・ミク)

Chatscreenshot

 初音ミクと会話できるウェブサービスというかウェブアプリを作りました。ちゃんと初音ミクの声でしゃべるのがポイント。ただし、声を聞くにはポケット・ミクが必要だ(なくても会話は楽しめます)。こんな感じ↓で遊びます(動画は現在のバージョンとはちょっと違ってますが)。

(追記:2015/10/20)ポケミクなしでも音声で返答できるようにしました。詳しくは最後(追記終わり)

 パソコンだけでも楽しめますが、ポケット・ミクがあれば、より楽しめます。

 文字入力はキーボードのほか、Chromeの音声認識も利用可能(iOSを除く)。

 自分のアイコンは変更可能(会話設定)。URL指定のほか、ツイッターのIDでも指定OK。

 ポケット・ミクは設定不要で自動認識されます。

 ミクはなぜか関西弁です(NTT雑談対話API使用のため)。

 ポケット・ミクによる発声にはWeb MIDI APIというのを使用。そんなわけでブラウザはChromeを使います。iOSのChromeはWeb MIDI API未対応なので、無料で使用できるWeb MIDI Browserを使ってください。

 というわけで、以下のリンクから。


 39 Chat (仮)

 
 とりあえず、まずはブラウザだけで遊んでみてください。

 あと、APIなどの使用制限でサービスが停止する場合があります(そこまで人気が出るとは思いませんが)。その場合は翌日まで待つとかしてください。

 それと、おもしろい会話の履歴があったら教えて下さい。ニコニコ動画にアップしてもらってもいいですよ(たぶん)。ニコニコ生放送で使ってもらってもうれしいです(見に行きます&コンテンツツリー登録お願いします)。

続きを読む "初音ミクとブラウザで会話できるやつ作った。しゃべるよ(ただし、要ポケット・ミク)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月15日 (木曜日)

AndroidのChromeの音声認識で困っています

 AndroidのChromeで音声認識をいろいろ。WindowsのChromeでうまくいくところが、Androidではうまくいかない。

 音声認識を連続で行うためにcontinuousパラメータを設定。認識されるたびにresultが発火する。これをごにょごにょすれば目的は達成される。

 しばらく音声入力がないと、認識は終了する。ここでendなどのイベントが発火する。必要ならもう一度認識を開始するようユーザーにうながすことになる。

 問題はここからだ。

 Androidではendが発火する前にresultが発火する(Windowsではそんなことはない)。でもって、resultので返ってくる値が、これまで認識された言葉がすべてつながった状態となっている。どういうことだよ。

 自分のプログラムがおかしいのかと思い、似たような例がないか探してみた。あった。

 ブラウザのみで音声認識とテキスト読み上げを実現する Web Speech API | CYOKODOG

続きを読む "AndroidのChromeの音声認識で困っています"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iijmioが急につながらず、あせった話

 外出先でつながらない。MVNOのiijmioを使っている。アンテナは4本立つのだけど、Hとか3GとかLTEとかのアイコンが出ない。結局わからず帰宅していろいろ見直す。

 カードを挿し直したり、再起動を何度もしたり。で、やっぱりあれだろうとAPNの設定を見直すことに。

 見直すというよりも新たにAPNを登録し直す。これがやっぱり早かったりする。結局、これでOK。

 つながらないAPN設定と見比べると、「MVNOの種類」が「SPN」になっていた。その下の「MVNO値」は「NTT DOCOMO」むむ。これはいつ設定したんだっけ? これを設定すると接続までの時間が短くなるとかいう記事を見て設定したんだっけか? まったく記憶にない。

 とりあえず、MVNOの種類、MVNO値は未設定でOK。今後また同じことがあったら、困らないようにということで。メモ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月14日 (水曜日)

x-webmidiのautoselect試した

 なかなか便利。これまではMIDI出力先をドロップダウンリストで選択していたのだけど、その必要がない。便利。


x-webmidi / autoselect 自動接続 (Polymer, Web MIDI API)

 というわけで、x-webmidi の話。

 Polymerのバージョンアップに伴い、なのかはちょっとわからないのだけど、こちらもバージョンアップされている。知らないうちにいろいろ機能が追加されていた。その1つがautoselect。デバイス名を指定しておくと、それが接続されたらMIDI信号の出力先をそっちに自動的に切り替えてくれるのだ。ナイス。

 上の動画ではいつものようにポケット・ミク(NSX-39)を使用。このデバイス名がなかなかクセモノで。

続きを読む "x-webmidiのautoselect試した"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月11日 (日曜日)

Material Desgin Lightでいろいろ困る。iframeとかスクロールとか

 Material Design Lite
を試している。最新のデザインとUIをカンタンなコーディングで得られる、Bootstrapよりも軽い(サイズが小さい)、とかそういうのが利点だろうか(そういう比較は各所で見れる)。

 COMPONENTSのページにはUIで使えるコンポーネントみたいなやつが、デモとコードで示されている。これをコピペすればそれなりにいい感じできあがる。わかりやすい。

 しかし、実際に動かしてみると困ったことがいくつか。まず、iframeを使ったウィジェットなどの挙動が変。たとえば、はてなブックマークボタンが表示されないのだ。

はてなブックマークボタンなどが表示されない問題

 はてなブックマークボタンが一瞬表示されるのだけど、すぐ消える。そんな感じ。余計な画面リフレッシュが走ってるような気もする。Chromeの開発ツールを見ると、消えたタイミングでiframeの中身が空になるのだ。

 これは「mdl-js-layout」というclassが一番外側のdivで指定されてると発生する(menu関連のサンプルのコードを見ればわかる)。消せばはてなブックマークは問題なく表示される。しかし、このclassの指定がないと、メニューまわりの動作がおかしくなる。ドロワーが出なくなったりとか。そういう動作を司っているのが「mdl-js-xxxx」みたいなclassなのだろう。各コンポーネントは見た目と動きを司る別々のclassが存在するっぽい。

 で、どうするかというと、はてなブックマークボタンを表示するためのJavaScriptのロードを遅らせること。Material Desgin Liteが、「mdl-componentupgraded」というイベントを発生させているのでこれをイベントリスナーでキャッチすればいい。このイベントはUIが更新されるたびに発生するのだけど、1回目だけをチェックすればいい(というわけで、キャッチしたらイベントリスナーを削除でいいらしい)。

続きを読む "Material Desgin Lightでいろいろ困る。iframeとかスクロールとか"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 7日 (水曜日)

青い空

 写真を整理中。見つかったのがこれ。こういう青空は撮った記憶がなかった。

 2014isezakicho

 2014年の横浜伊勢佐木町あたりにて。ジャズプロムナードというイベントをやっていた時だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »