« 中野サンプラザ、ムッシュかまやつ | トップページ | 角川ザ・テレビジョン、茂木由多加 »

2017年3月23日 (木曜日)

SC-04E カスタムROM、おサイフ、セルスタンバイ問題

 いまさらながらSC-04Eを購入した。DOCOMOのGalaxy S4。長いことSC-03D Galaxy SII LTEをKitKatで使っていたのだが、最新のOSを使ってみたくなり。

 SC-04Eにしたのは、単に中古でちょっと安く出ていたから。たまたま行ったブックオフで値札1万円のところ2000円OFFとのシール、すなわち8000円くらいで売られており、その場で調べる。どうやら、Android 7.0が動くらしい。その場で購入した次第。

 で、買って帰ってさっそくAndroid 7.0をインストール。っていうかカスタムROM。

 Dirty Unicornsというやつらしい。CyanogenModでKitKat、というところで止まっていたので最近のことはまったくわからなかった。すんげー調べた。カスタムリカバリを入れてroot化、カスタムROM導入までは意外なほどにすんなり。SC-02B、SC-03Dよりは楽勝に思えた。

 最初は海外の人がビルドしたROMを試したのだけど、その後いろいろあって、日本人の方が毎週ビルドしているのを発見。それに決定。とりあえず、Android端末として使用可能に。最新OS! ばっちり。しかもサクサク。最高! ほんとにありがとうございます!

 とはいえ、さらに欲が出てくるもので。あれはどうなってるの? と思い始め。

 こっからがやっぱり大変だった。

NFC動かない問題

 まず、NFCが動かない。おサイフは正直どうでもいいと思ってただけど、NFCが動かないのは痛い。Suicaの残高が見たいのだよ。設定でNFCをONにしようと思っても、スイッチが動かない。ONにしてもすぐにOFFになるという具合。どうやら、カスタムリカバリを入れると、NFCへの電源供給がストップされるらしい。おサイフを止めるためにNFCも止まる。そんな感じらしい。

 そこで原点に帰ろうかと思い、また調べる。まずは純正ROMでroot化、MVNOのSIMを使ってテザリングが可能、しかもおサイフもOK、とかいう手段に行き当たる。まずはこれを実践してみようかと。

 とはいえ、2017年にいろいろ探すと、すでに存在しないアプリとかファイルとかリンクとかに行き当たり。なんといっても、2013年の端末だ。4年前だよ。もうだめかなあ、と思いつつも小さな手がかりをたどってやっと見つけたのが以下の話。

 基本はここ。わかりやすい。

 でもって、純正のシステムに戻そうと思ってさらに調べると、Lollipopのやつが置いてあった。SC04EOMUGPD3。ここ

 ほぼ、上記2つのリンクにある方法でOK。ただし、ちょっとちょっとつまづくところも。 GalaxyでおなじみのOdinで焼くのだけど、カスタムリカバリがうまく焼けない。リブートした時点で元のリカバリが起動する。むむ。さらに調べると、Odineの設定でオートリセットをOFFにして手動で再起動する必要があるとのこと。これに気づくまですんごい時間がかかった。何度も2chのスレを見てわかったつもりになっていたのだけど、大事なところを見逃していた。
この時、ファクトリーリセットもやったほうがいいかも。もう忘れた。

 でもって、NFC & おサイフ問題。起動したらおサイフのアプリを起動、アップデートが必要。その後再起動すると、サードパーティのNFC対応アプリが動くようになる(再起動しないでいろいろ試してダメかと思った)。

 続いてOdinでCWMを焼く。これもオートリセットは不可。終わったら、VOL UPしながら電源ボタンで再起動、CWMが起動する。続いてSuperSUをCWMで焼く。

 システムを再起動。rootedな状態に。この時点でおサイフアプリはエラーが出るようになる。

 ここで、電源落として、バッテリーパックを外す。これが重要らしい。でもってStock Recoveryを焼く。再起動。
これで再度おサイフアプリが動くようになる。システムはrootedのまま。

 ここから/proc/cmdlineの中身をcatとかで取得。今回はPCでadb shellでログインして拾った。
再び、Dirty Unicornに戻す。CWMでバックアップしてあったデータをリストア。felica_keyとして、cordon=xxxxのxxxx(けっこう長い)を書いたやつを入れておく。テキストファイルはPCで作って、/sdcard/kbc/にadb pushした。これでNFCが使用可能に。時間かかった。

 felica_hack_kitとかいうのが必要かと思ったのだが、使用しているカスタムROMで使われているカーネルのおかげで不要だった模様。ファイルの置き場のヒントとなったのはここ。ありがとうございます。

 とりあえず、サードパーティのアプリでSuicaの残高はチェックできたし、nanacoのオフィシャルアプリで買い物もできた。

セルスタンバイ問題

 続いてセルスタンバイ問題。これもおなじみ。なんかすんごいバッテリの減りが速い。データのみ、SMSなしのSIMを使用。通話はしない(別の端末でやる)。そんな環境での話だ。

 KitKatまではXposed FrameworkとData Simpatcherの導入とかでなんとかなっていたのだけど(詳細忘れた)、Xposed FrameworkがAndroid 7(Android N / Nougat)以降にはまだ出てないそうで。あらら。

 SMS対応のSIMカードにしなきゃいけないのかなあ。めんどくさいし、月額150円増えるのもなあ、と思ってまた調べる。

 すると、自分でframework-res.apkを再構築すればいいという記事を発見。そういえば、SC-02Bの時に読んだ記事だ。Android 4.3の時代の話だけど、SC-04Eの/system/framework/以下のディレクトリ見たら、同じファイルがある。たぶん、これでいけるだろうと思い。この記事を見つけるキーワードはTwitterで「セルスタンバイ」で検索しててぶち当たった(「framework-res.apkバラしてconfig_voice_capableをfalseにしてみたら、セルスタンバイ対策は出来た」というつぶやき)。

 これまでいろいろやってるうちにadbとかも躊躇なく触れるようになったので、難なく作業終了。これで様子見る。

 すでに古い機種だけあって、情報はけっこうあったのが幸い。

 みなさん、ほんとにありがとうございました。


|

« 中野サンプラザ、ムッシュかまやつ | トップページ | 角川ザ・テレビジョン、茂木由多加 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35726/65056427

この記事へのトラックバック一覧です: SC-04E カスタムROM、おサイフ、セルスタンバイ問題:

« 中野サンプラザ、ムッシュかまやつ | トップページ | 角川ザ・テレビジョン、茂木由多加 »